Home Profile Diary Tips Gallery BBS PBBS Links Contact
TIPS
LF 2.7
modo LW化
TurbulenceFD
ムービー作り
本の紹介
モデリング
モーキャプ
アンチ
被写界深度
ボクセル
MD

はじめに

このページはTurbulenceFDの各パラメータの覚え書きです。
FluidSimulationは各パラメータが相互に影響し合うのでとても複雑です。
自分が必要なところだけですが記録しておきます。Cinema4D版でも同じパラメータで似た絵になると思います。
(2010/06/23)


TurbulenceFD for LightWave 3D とは何か?



TurbulenceFD とはLightWave 3D、Cinema4D用のFluidDynamicsプラグインです。
標準のHyperVoxel機能では表現出来ないような、
流体力学に基づくリアルな炎や煙の表現が可能になります。

プラグインは主に「Fluid Emitter」「FluidContainer」の2つです。
FireShaderと関連してライティングを行う「FireLight」 が提供されています。

将来的には液体の表現が可能になるかも知れません。
TurbulenceFDは現在パブリックベータ期間です。
開発・販売元は以下のURLを参照してください。
購入するとライセンスキーと、ライセンス登録の仕方が書かれたメールが届きます。
jawset visual computing


シーン設定

Ball Object(Emitter)=200mm
Fluid Container=X 1m , Y 2.3m
Light=平行ライト 1個

1mを基準サイズとして開発されてるCGソフトが多いのですが、
手に収まるボールのようなサイズを目安にしてみました。
ContainerとVoxelSizeのバランさえ合ってれば、違うサイズのシーンでもある程度イメージ出来ると思います。
プラグインバージョンは2010/06/23現在最新のv0.2.36を使用しています。



Fluid Emitter Parameters




●Dissipation over lifetime


●Particle Velocity Scale
Particleは上の動画と同じ設定です。


●Density


●Divergence


●Normal Force


ローカルでWindを使用したい場合の設定


●Directional [X]


●Radius


●Noise Scale


●Noise Level
NoiseSizeが小さかったので、あまり変化が見られなかった…


●Noise Frames
Noiseの切り替わるタイミングだと思う



Fluid Container Parameters



●Voxel Size
5mmが途中で消えてるのは32bit OSの限界のため。16MV( millions of voxels )
Simulationは正常に終了しましたが、メモリが足りないとレンダリングエラーで強制終了する。






●RayStep
レンダリング精度は上がるがレンダリング時間が延びる。
VoxelSizeが大きければ大きいほどフリッカーが目立ちやすくなる。


●Interpolation
画像が小さくてわかりにくいかも。結構違います。


●Velocity Displacement
1以上は使えるか微妙。レンダリング速度も重くなる気がする。

−値





●Smoothing
−値は効果が無いようなあるような…



●Thickness
高いThicknessはRay Step Sizeが小さくないと、フリッカーが出やすいようだ。


Simulation Parameters



●Simulation Step Size
計算の更新タイミング。 右の2つは19Fまでは全く同じ形状になる。
HQは自動で更新してくれるが必ずしも良いとは限らない。






●Wind Speed
DirectionはX「1.0」設定。Windはコンテナ全体に影響する。






●Intensity
右2つが途中のフレームで極端に変化して見えるのは、30FごとにPeriodが切り替わってるため。

●Turbulence Scale


●Period
Turbulenceの動きが指定のフレームで切り替わってる。


●Vorticity Gain


Temperature Parameters




●ContainerThreshold
計算結果に変化が見られない。何か失敗してる希ガス。


●Cooling
冷え冷え


●Diffusion



●Buoyancy

浮力。Buoyancy Directionは「Y=1.0」


Smoke Parameters




●Dissipation
消失


●Diffusion



●Gravity

Gravity Directionは「Y=-1.0」


Fuel Parameters



燃料に関するパラメータ。より複雑な炎が欲しい場合に設定する。
各パラメータは複雑に連携している。

●Barn Rate



●Ignition Temperature




●Expansion



●Heat Creation


●SootCreation



Fire Parameters




●Decay