Home Profile Diary Tips Gallery BBS PBBS Links Contact
TIPS
LF 2.7
modo LW化
TurbulenceFD
ムービー作り
本の紹介
モデリング
モーキャプ
アンチ
被写界深度
ボクセル
MD

アンチエリアシングとブラー

LWには幾つかのアンチエリアシングとブラー設定がある。どの設定が一番綺麗なのか比較してみました。
LWのアンチは1ピクセルに満たないポリゴンの描画(アンチ)が汚くて
そこそこ密度のあるモデルだとフリッカーの原因になる。

比較の方法は直線が多く密度の高いオブジェクトを使用。テクスチャは使用せずグレー単色。スペキュラはオン。
オブジェクトが回転する連番を作成し、1ピクセル以下のポリゴンの描画、アンチエリアシングの具合とブラーを観察しました。

レンダリングサイズはD1を使用。アンチ無しで1フレーム1分程の物を360フレーム分レンダリングしたものを比較しました。
2倍表記のものは、D1の2倍のサイズをレンダリングしたものを縮小して使用するものです。

綺麗、汚いというのは私の主観なので、メモ書きを公開してる程度に思って頂いた方が良いかと思います。

アンチ設定 評価 コメント
Low × 細部の再現性が悪い。
-Adaptive Sampling off  × -
Enhanced Low 細部の再現性がマシになるが、滑らかなアンチとは言い難い。

-Adaptive Sampling off 

-
Medium × アンチLOWエンハンスの方が綺麗。細部が描画出来ていない。
-Adaptive Sampling off  -
Enhanced Medium ○○ 品質、レンダリング時間的にバランスが取れている感じがする。
-Adaptive Sampling off  ○○ -
Enhanced High ○○○ Enhanced Mediumと比べ、ほとんど違いが見られないが、細部がボケるためフリッカーはおき難いかも。
Antialiasing off 2倍 × Lowより汚い。1ピクセルに満たない部分はどうにもならない。
Enhanced Low 2倍 ○○△

細いラインもしっかり出て、いい結果だと思う。


ブラー設定 評価 コメント
Low 斜めのラインでジャギる。
Dithered Motion Blur × -
Enhanced Low ブラーにアンチが掛かるため、Low よりはジャギが弱い。

Dithered Motion Blur

× -
Enhanced Medium ○○ Lowよりサンプリングのフレームが多いため、ジャギは無い。
Dithered Motion Blur × -
Low 2倍 ○○○ Enhanced Mediumより綺麗だが、サンプリングフレームが少ない。大きな動きの場合に目立つかも。
Dithered Motion Blur ○○○○ 滑らかで最も綺麗。


アンチ比較画像
以下は実際にテストした画像ではないですが、わかりやすく見ていただくためにレンダリングしてみました。アンチレベルと、参考までに画像に使用されている色数を表記してみました。
画像のオブジェクトは適当に作った階段状の物で、面取り等は行なっていません。

Antialiasing off 6色
Low 54色
Low (Adaptive Sampling off) 167色
Enhanced Low 167色
Enhanced Low (Adaptive Sampling off) 167色
Medium 97色
Medium (Adaptive Sampling off) 97色
Enhanced Medium 203色
Enhanced Medium (Adaptive Sampling off) 203色
High 132色
High (Adaptive Sampling off) 132色
Enhanced High 219色
Enhanced High (Adaptive Sampling off) 219色
Enhanced Low 2倍 216色



感想と補足

Adaptive Samplingは、テクスチャを貼った場合などケースバイケースで設定が必要なので、特にコメントはしていません。
基本的にAdaptive Samplingをオフにすると、シャープな画像を得る事が出来ます。
マニュアルを読むと、逆にボケそうな感じがしますけど^^;

Adaptive Samplingは劇的にアンチの品質が上がるわけではないので、オフなら綺麗だ・・
という事は無いですが、サブピクセルの判定が微妙なポリゴンに関しては、描画してるようです。
(階段のLowだとわかりやすいです)

Dithered Motion Blurはフレーム間のサンプリング数が多いが、1ピクセル置きにディザリングするので、
PC上で見るには良いがTV出力時に問題がおきそう。(実験して無いので、勘ですが・・・・)

アンチ、ブラー共にEnhanced Medium現実的。時間が許せば2倍のサイズでレンダリングするのが、
最も良い結果が得られる気がする。