CG News

3ds Max 2021.1 リリース

3ds Max 2021.1がリリースされました。
http://help.autodesk.com/view/3DSMAX/2021/JPN/?guid=GUID-9C24A540-EDA3-4BE3-BBF6-EB5C005BE8CC
https://makeanything.autodesk.com/3dsmax/

 

ベイクテクスチャ

Bake to Textureツールの継続的な進化。

  • 共通のファイルパターンへの出力や、マルチタイルマップを介してマテリアルに直接戻ることを含む、複数のUVタイルベイクサポート。
  • アニメーションサポート(単一フレーム、アクティブタイムセグメント、指定された時間範囲)。出力はファイルにすることも、アニメーションビットマップノードを介してマテリアルにフィードバックすることもできます。

上位投票されたユーザビリティとパフォーマンスの改善

  • テクスチャの焼き付けツールでのアクティブなレンダラーの表示
  • 出力列のマルチ編集
  • フレームバッファーでベイク処理されているマップの表示が改善され、パフォーマンスが向上しました。

 

インストーラ

高速でシンプルなインストールエクスペリエンス。

  • 3ds Max 2021.1は個別にインストールでき、3ds Max 2021の既存のインストールは必要ありません。
  • 2021.1への3ds Max 2021バージョンのアップグレードは、以前のリリースと比較して高速です。

 

共有ビュー

共有ビューは、視覚的な品質と精度を高めるために、Webビューアの物理的マテリアルをサポートするようになりました。

 

Arnold

すぐに使える最新のハイエンドレンダリングエクスペリエンス。

MAXtoA 4.0.4に含まれるもの

  • 出力を整理するためのAOVトークンシステム
  • Alembicのアニメーションサポート
  • UIコントロールの精度が向上
  • テクスチャへの焼き付けワークフローのサポート(高解像度から低解像度の投影、法線空間、MikkT)
  • レンダリングオプションの[アーカイブ]タブからシーンをUSDファイルにエクスポートできるようになりました。
  • 大規模なインスタンスをレンダリングした後のシャットダウンの高速化。

 

物理ベースのレンダリング(PBR)

レンダリング時、およびリアルタイムエンジンでの作業時に、ビューポートでワークフローをPBRする新機能。

  • PBRマテリアルでディスプレイスメントマップがサポートされるようになりました。

 

ビューポートの品質と設定の改善

よりシンプルなビューポート構成ワークフローにより、高品質で忠実度の高いビューポートを作成できます。

  • ビューポートの被写界深度が背景/環境マップに影響するようになりました。
  • ビューポートのビネットスケールは、カメラ設定で定義された値と同じになりました。
  • カメラごと/ビューポートの露出とホワイトバランスの設定。
  • マット/シャドウマテリアルがビューポートでサポートされるようになりました。
  • ビューポートは、OSL BitmapLookupマップから最大128のUDIMテクスチャを直接表示できるようになりました。

 

ユーザー定義のデフォルト

Maxscriptを使用すると、ユーザーは3ds Maxセッションを通じて持続する独自のデフォルト値を設定できるようになり、作業環境をさらに構成して、必要な方法で操作できるようになります。

 

モデリング

編集可能ポリゴンの新しい押し出しエクスペリエンス、[ポリゴンを編集]モディファイヤ、[重み付き法線]モディファイヤの機能強化。

  • [編集可能ポリゴン]または[ポリゴンを編集]モディファイヤのShift +ドラッグショートカットにより、より高速なポリゴン押し出し(移動変換ツールを使用)およびインセット(スケール変換ツールを使用)が可能になります。
  • 安定性の改善やマルチスレッドサポート(このモディファイヤの速度とパフォーマンスが7倍向上)を含む、Weighed Normalsモディファイヤにさまざまな改善が加えられました。
  • Edit / Editable Meshモディファイアでさまざまなコマンドを適用および使用するときに、明示的な法線が保持されるようになりました。

 

テリアルエディター

スレートマテリアルエディタのパフォーマンスと機能が改善されました。

  • スレートマテリアルエディタのインターフェースは、ナビゲート時にスムーズで高速になり、高解像度のディスプレイが大幅に改善されています。
  • スレートマテリアルエディタに、マテリアルとマップのグローバル検索が追加されました。

 

レンダリング設定

最新のデフォルトの更新は次のとおりです。

  • デフォルトの出力サイズプリセットをHDTV、720pに更新
  • HDTVプリセットは現在、720p、1080p、1440p、2160pです。

 

SketchUpインポート

拡張されたSketchUpインポーターエクスペリエンス。

  • 内部エッジの可視性設定の処理が改善され、SketchUpソースデータの設定が保持されます。

 

流体

流体にさまざまな機能強化が行われました。

  • 速度チャンネルの修正
  • 署名付きおよび署名なしのPRTエクスポートのサポート
  • 流体ローダーを公開して、データをロードし、3ds Max内で動作する他のシステムやオブジェクトとやり取りできるようにします。

コメントを残す

*