CG News

Cinema 4D R21リリース

Cinema 4D R21がリリースされたようです。今回の大きな変更は「エディションの変更」「価格改定」「サブスクリプションライセンス追加」の3つのようです。

これまで機能ごとに4種類のエディションを販売していましたが、今回からStudio相当の1エディションに統一されました。
価格はこれまでPrimeの永久ライセンスが$995ドル、Studioは$3,695+年間メンテナンス方式でしたが、サブスクリプション形式の年額$719.88がメインに変わったようです。サブスクリプション1ヶ月間は$94.99。まだ永久ライセンスを$3,495購入することができるようです。
ライセンスはネット認証方式になり、PC間のライセンス移行が簡単になったようです。
また4月に買収したRedshiftのバンドルも利用可能とのこと。将来的にはサブスクリプションに完全移行しそう。デノイザーは便利そうですね。

https://www.maxon.net/jp/%E8%A3%BD%E5%93%81/cinema-4d/new-in-release-21/%E6%A6%82%E8%A6%81/

機能リスト
https://www.maxon.net/jp/%E8%A3%BD%E5%93%81/cinema-4d/new-in-release-21/complete-feature-list/

 

新しいキャップとベベル

ボリュームモデリングの向上

フィールドフォース

MIXAMO コントロールリグ

 レンダリングの機能強化

新しいマテリアルノード

コアアーキテクチャとインターフェイスの改善

コメントを残す

*