参考資料

Spider-Man: Into the Spider-Verse

映画「スパイダーマン:スパイダーバース」のメイキング記事が掲載されています。機械学習を使用したラインの予測や、ゲームのように2D画像を使用した爆発表現が面白い。

https://www.sidefx.com/community/spider-man-into-the-spider-verse/

 

アーティストはライブラリから画像を選択してから、ビューポートでリアルタイムでアニメーションを表示できます。同じHDAはレンダリング用に別のジオメトリも出力します。

 

爆発は2’sでアニメーション化され、それから1’sにシフトされました。、FXアーティストは単純なパーティクルシステムを使用したり、必要に応じてこれらの要素を手動で配置したり、レンダリングや最終的な外観についてあまり心配せずに要素のタイミングや構成に集中できます。

Imageworksは開発プロセスの早い段階で、インクラインを作成するためのさまざまな解決策をいくつか試しましたが、すぐに「ルール」に基づいてインクラインを作成するアプローチ(トゥーンシェーダなど)は手書きではないことを発見しました。

アーティストは機械学習による予測でショットを開始し、必要な場合にのみ調整します。Houdiniは機械学習に最適です。HoudiniのPythonとの緊密な対話のおかげで、SklearnをHoudini内で直接実行しました。私たちは学習モデルを訓練し、Houdini環境内で直接予測を呼び出しました。

インクラインはHoudiniからKatanaへのポリゴンラインとしてエクスポートされました。アーティストはレンダリング時に照明が線の太さを調整できるようにラインを選択しました。

インクラインツールを使用してHoudiniで絵を描いているアーティストの例。

コメントを残す

*