趣味

「山本二三展」行ってきた

誰と知らないまま強く影響受けてたので、ナマの背景画を見れて凄く楽しかった。
未来少年コナンやルパンのTVシリーズの背景でも、想像以上に細かく線が入ってるのに驚いた。VHSで見た印象で、もっと荒いと思ってた。
ブックとして切り抜かれた部分は普通に白いまま。
セルが複数重なると透明度が落ちるというより、黄色く色が乗る感じに見えた。3枚で10〜15%な印象。

予算がありそうな背景と、そうじゃ無い背景の違いは線の太さとタッチの数のように見えた。
ゲームやPR用のイラストは線が細くストローク数が多い。
もののけ姫の水面はセルに描かれてるのが多かった。今度見直してみよう。
時かけとかポスター用は大きめに書くのかと思ってたけど、比較的普通サイズだったのも意外。拡大しても結構大丈夫なんだね。

絵の具と思えない鮮やかな発色と光源処理が凄かったです。加算合成されてるみたいw
透明水彩と不透明の使い分けが絶妙。
制作風景のみぞ引き定規でボールペン使ってるのが面白かった。滑りやすいのかな?

紙の質感、絵の具の乾燥跡、エアブラシのザラつき、ホワイトの重ね。まねしてアナログ絵が描きたくなりました。

コメントを残す

*