参考資料

粘弾性流体、発泡体およびスポンジのためのマテリアル ポイント メソッド

UCLAとディズニーの研究らしい。

コメントを残す

*