Video

参考資料

Olav VFX Breakdown

一人で3ヶ月間、35Kドルの予算で制作されたらしいです。3ds Max、V-Ray、TyFlow、Phoenix FD、Forest Pack Pro、PF Track、Perception Neuron、Marvellous Designer、Metshape、After Effectsで制作されたとのことです。

参考資料

Converse Renew

お菓子のCMかと思ったら靴だった。

参考資料

0110

少し懐かしい感じのする短編映像です。

参考資料

The Virtual Production of The Mandalorian, Season Two

The Mandalorianシーズン2で使用された画期的なバーチャル・プロダクション・テクノロジーの舞台裏をご紹介します。

ルーカスフィルムのディズニー+の大ヒットシリーズ「The Mandalorian」の第2シーズンに向けて、インダストリアル・ライト&マジックはStageCraftバーチャル・プロダクション・プラットフォームを再構築し、バージョン2.0をリリースしました。

その中でILMは、リアルタイム・ビジュアル・エフェクト用に設計されたインダストリアル・ライト&マジック初のシネマティック・レンダー・エンジン「Helios」を導入しました。
映画やテレビの制作を念頭に置いてゼロから設計されたHeliosは、驚異的なパフォーマンス、高忠実度のリアルタイム・レイトレーシング、ILMの比類なきカラーサイエンスを活用しながら比類なき複雑さを持つシーンを処理する能力を備えており、ILM StageCraftとシームレスに動作するように最初から設計されています。

ILM StageCraftとシームレスに動作するように最初から設計されています。目的に応じて構築されたプロダクション向けプラットフォームにより、フィルムメーカーは新しいアイデアを探求し、コンセプトを伝え、ショットを実行することができます。

参考資料

Radugadesign x Output Wangfujing

北京の裸眼3D効果を備えたマルチメディアLEDコンテンツらしい。どんな感じに見えるんだろう。

参考資料

HiPhi X launch

中国のEV車の発表映像らしい。モーショングラフィック風の背景がいい感じ。

参考資料

CYMATIC

金属板の上に砂をまいて共振させて作るクラドニ図形っぽくて面白いですね。

参考資料

BRIO toys

質感やライティングが綺麗です。薄いフォグがいい感じ。

参考資料

Casa Nespresso

レンダリング綺麗で楽しげなアニメーションがいいですね。

参考資料

SATELLIKE

流体アートとマクロシネマトグラフィーらしい。砂、石粉、翡翠、マラカイトパウダーなどの自然色を使用したアースカラーが綺麗ですね。