悲しい

参考資料

雑誌Cinefexが廃刊

41年間続いたVFX系の雑誌「Cinefex」が廃刊するそうです。コロナの影響で広告主がいなくなったのが原因のようです。

https://cinefex.com/media/Message_from_the_Publisher_022232021.htm

41年の発行期間を経て、Cinefex 172号が最終号となります。長年にわたりCinefexを支えてくださった忠実な読者と広告主の皆様、そして、私たちに物語を語り、秘密を共有し、映画の視覚効果の歴史を保存するために信頼を寄せてくださった数え切れないほどの映画製作者や芸術家の皆様に、心より感謝申し上げます。皆様に幸多きお別れを申し上げます。

 

CINEFEX (1980年~2021年)

1年前の今月、Cinefexは創刊40周年を迎えました。

歴史的に見ても数少ない画期的な出版物でした。私たちはその達成を非常に誇りに思い、その達成を支えてくれた人々に感謝しています。

そして、世界は大きく変わりました。

数週間のうちに、コロナウイルスのパンデミックが地球上を席巻し、致命的で容赦ないものとなり、今日に至るまで、国や地域社会、家族の間でその容赦ない猛威を振るっています。

人的被害は壊滅的であるが、企業も同様に被害を受けており、数え切れないほどの数の企業が経済的な必要性や政府の命令により操業を停止している。

米国だけでも10万以上の企業が、決して再開することはありません。

Cinefexもその一角を占めることになり、大変残念に思っています。

パンデミックの影響で、私たちは題材、小売店、そして最も重要なことに、広告主を失いました。

私たちは嵐を乗り切るために最善を尽くしましたが、最終的には嵐が勝ってしまいました。

エンターテインメントの歴史の中で最も活気に満ちたエキサイティングな芸術形態の一つを記録し、称えてきた雑誌の最終号を出荷しました。これは私たちの大きな名誉であり、特権でもあります。皆様との別れを惜しみません。

Gregg Shay
Publisher

 









CG News

Softimage 開発終了

Softimage は2015が最終バージョン。2年後にサポート終了。MayaかMaxに移行するプランを発表。
オートデスクのMax Maya の紹介文が興味深い。Mayaはプラットフォームで、Maxは総合ソリューション。https://www.autodesk.co.jp/products/softimage/overview

Softimage の最終リリースについてのお知らせ

残念ながら、これからリリースされる Softimage® 2015 が、このソフトウェアの最終リリースになることとなりました。この最終バージョンは 2014 年 4 月 14 日に出荷される予定です。オートデスクでは 2016 年 4 月 30 日までこの製品サポートを提供いたします。また、必要なホットフィックスやサービスパックも 2016 年 4 月 30 日まで無償ですべてのお客様に提供いたします。

弊社では、このことにより皆様に制作環境を見直す必要が出るということを理解しています。そこで、Autodesk Subscription のお客様に特別に、Maya または 3ds Max のいずれかに無償で移行できるという特別オプションを提供させていただきます。移行後も引き続き Softimage を使用して制作することができます。このオプションは、2016 年 2 月 1 日まで使用することができます。アップグレード パスは、Subscription をご契約ではないお客様にもご利用いただけます。

開発中止の決定は弊社としても誠に残念ですが、開発リソースを主力製品に集約することで、メディアとエンターテインメントの業界のニーズに幅広く対応でき、より良い製品をより早くお客様に提供できるようになると確信しております。オートデスクでは今後も皆様との関係を継続していきたいと考えています。この決定により皆様にご迷惑をお掛けすることについてお詫びいたします。一方で、移行後の製品が皆様のニーズを十分に満たすことになると確信しています。