Paint

CG News

AdobeがSubstance3Dコレクションを発表

AdobeがSubstance Suiteの代わりとなるSubstance3D Collectionを発表しました。製品名が変更され、新しいアドビの3Dブランディングとして緑色のアイコンに統一されました。
Designerにプロシージャルモデリング機能が搭載されたのと、VRスカルプトモデラーSubstance Modelerが公開されたのが驚きですね。

  • Substance Designer
  • Substance Painter
  • Substance 3DStager (旧Dimension)
  • Substance 3D Sampler (旧Substance Alchemist)
  • Substance Modeler (ベータ版)

https://www.adobe.com/creativecloud/3d-augmented-reality.html
https://blog.adobe.com/en/publish/2021/06/23/announcing-adobe-substance-3d-tools-for-the-next-generation-of-creativity.html#gs.4yxei3

このコレクションは、プロジェクトの最初から最後まで、3Dクリエイティビティをサポートする相互運用可能なツールとサービスのスイートです。

このコレクションは3Dコミュニティにおいて非常に優れた伝統を持っています。Substanceは、「Half Life Alyx」や「Microsoft Flight Simulator」をはじめとするAAAゲームタイトルの大半や、「Star Wars: Episode IX」や「Blade Runner 2049」などの映画、デザイン、建築などの制作に長年にわたって使用されてきました。Substanceを開発したチームは2年前にアドビに入社して以来、パワフルで使いやすく、統合された3Dツール群の構築に取り組んでいます。

チームが目指したのは簡単に学べて成長できないツールを作り、創造性に限界を与えないことでした。Substance 3Dはベテランの3Dアーティストが必要とする最先端の技術を提供する一方で、新しい3D愛好家がアクセスできるメディアでもあります。
人工知能の力を利用して3Dデザインの技術的な複雑さの多くを排除し、アーティストがPhotoshopやIllustratorで慣れ親しんだ「見たままが得られる」インターフェースを採用しています。このコレクションにはツールだけでなく、何千ものモデル、テクスチャ、照明システム、その他のアセットが含まれており、プロジェクトのスタートに利用することができます。

 

Substance 3D Collectionには以下が含まれます。

Substance 3D Stager

Adobe Dimensionで確立された基盤の上に構築されたStagerは、モデル、マテリアル、ライトを3Dシーンに簡単に組み立て、魅力的なバーチャル写真やレンダリングを作成することができます。

https://www.adobe.com/products/substance3d-stager.html

 

Substance 3D Painter

3DのPhotoshopとも呼ばれるPainterでは、3Dオブジェクトにテクスチャやマテリアルを適用することができます。手を伸ばして触ってみたくなるようなリアルな3Dオブジェクトを実現するには、細かくカスタマイズ可能なテクスチャーが鍵となります。

https://www.adobe.com/products/substance3d-painter.html

 

Substance 3D Sampler

Substance Alchemistの基盤の上に構築されたSamplerは、マテリアルの作成をさらにシンプルにします。写真を持ってきて、すぐにフィルターをかけたり、要素を混ぜたりしてあっという間にテクスチャーなどの素材を作ることができます。

https://www.adobe.com/products/substance3d-sampler.html

 

Substance 3D Designer

Designerではカスタマイズ可能な独自のテクスチャ、マテリアル、さらには3Dモデルをゼロから作成することができます。

https://www.adobe.com/products/substance3d-designer.html

 

Substance 3D アセットライブラリ

当社のコンテンツチームは、モデル、ライト、マテリアルなど、カスタマイズ可能な数千の3Dアセットを作成しました。錆びたドライバーから飛行機の客室の壁まで、ファッション、自動車デザイン、建築、ゲームなど、さまざまな用途に応じたモデルが用意されており、企画中のプロジェクトを一足先に進め、ディテールやニュアンスに富んだシーンを作るために必要なものばかりです。また、これらの高度なアセットがどのように作られたかを見ることができるので、自分の作品に同じテクニックを応用することができます。

 

このコレクションは、私たちの3Dイノベーションの始まりに過ぎません。また、Substance 3D Modelerという次期ツールのプライベートベータ版を公開しました。これは、独自の3Dオブジェクトを作成できるモデリングツールです。Modelerは、VRインターフェースを用いて、粘土を手で彫るような自然で有機的な感覚を再現します。また、デスクトップ上でモデルを操作できるので、マウスやタブレットの精密な操作性を活用することができます。

 

3Dクリエイティブの魅力の一つは、その汎用性の高さです。現在、多くのデザイナーがマーケティングイメージや製品カタログを作成するために3Dを使用していますが、仮想現実や拡張現実の中に、クリエイティブな人の想像力だけで、没入感のある世界を作り出すことも可能です。私たちの未来の体験の多くは、3Dの没入型インターフェースを通してもたらされると思います。アーティストは、この新しいメディアで何が可能かを発見する夢想家であり、リスク・テイカーでもあります。

参考資料

CARVE for Substance Painter

Substance Painterでディテールをスカルプトするブラシセットらしい。面白い。価格は$20。https://gumroad.com/l/ScmEJ

概要

CARVE for Substance Painterは、Painter内で3 Dでスカルプトするためのブラシセットです。これらは、ディスプレイスメントとテッセレーションとの相乗効果で、Zbrushでのスカルプトの経験を模倣します。

スカルプトはCARVEの重要な部分ですが、主な目的は、すでにベイク処理されたアセットをさらに詳細にすることです。しわを増やすためにZbrushに切り替える必要がありません。

このセットには8つのブラシが含まれています

  • Standard
  • Smooth
  • Clay
  • Clay Buildup
  • Rake
  • Flatten
  • Carve
  • Chisel

rarに含まれる:インストールマニュアル+追加の使用方法のヒント

Painter 2019.3.3-2020.1でテスト済み

CG News

オープンソースの3Dペイントツール「ArmorPaint」

オープンソースの3Dペイントツール「ArmorPaint」がバージョン0.7に更新され、Nvidia RTXのハードウェアアクセラレーションによるベーキングが追加されたようです。GitHubからソースを入手できますが、コンパイルされたバイナリは€16で購入&開発支援することができます。

https://armorpaint.org/index.html
https://armorpaint.org/notes.html

まだ開発途上ですが、Substance Painterの変わりとして期待されてるみたいですね。ArmorPaintはオープンソースゲームエンジンArmoryのチームによって開発されてます。

  • アーティストはリアルタイムの3Dビューポートで3Dモデルに直接ペイントできます。
  • 消しゴム、 塗りつぶし、クローン、ぼかしツール、実験的なパーティクルブラシ。
  • 32bit深度でテクスチャマップをベイクまたはエクスポート : AO (DXR)、Cavity、Curvature、Normal (World)、Position、TexCoord、Material ID、Object ID
  • 3Dアセットのインポート形式 : OBJ、FBX、STL、Blenderシーンファイル
  • テクスチャのインポート形式 : .jpg、.png、.tga、.bmp、.gif、.psd、.hdrなど
  • テクスチャのエクスポート形式 : .png、.jpg、.exr
  • 独自のノードベースのマテリアルエディタが含まれており、ArmorPaint内でモデルのベースマテリアルを直接作成
  • 3DビューとUVレイアウトの更新をリアルタイムで表示

 

概要

PBRテクスチャペイント

ArmorPaintは、物理ベースのテクスチャペイント用に設計されたスタンドアロンソフトウェアです。3Dモデルをドラッグ&ドロップしてペイントを開始します。ペイント時にビューポートで即座に視覚的なフィードバックを受け取ります。ArmorPaintは、UnrealやUnityなどのPBR対応エンジンで使用できるテクスチャを作成します。

ノードベース

ノードの利便性を利用して迅速に作業できます。実証済みのワークフローを使用して、複雑で完全に手続き型のマテリアルでペイントします。ブラシノードはマテリアルの他にペイントパターンやプロシージャブラシの作成にも使用されます。

GPUアクセラレーション

ArmorPaintはGPU上で完全に動作するように最初から設計されているため、中程度のハードウェアでもスムーズな4Kペインティングが可能です。16Kのテクスチャペイントは、ハイエンドのグラフィックスカードを使用してシームレスに行われます。

レイトレーシング

現在開発中です。今後のリリースではレイトレースによるベイク処理、ペイントエフェクト、およびビューポートレンダリングが機能するようになります。ArmorPaintは、自社の3Dレンダリングエンジンを搭載し、最高のペイント体験を実現しています。

ペインティング

2Dビュー

参考資料

CGモデルにディテールを追加するツール「Nexture」

フランスのCronobo VFXが開発するディテール生成ツール「Nexture」。
NextureはCGモデルにディテールを追加する方法を提供することを目的としたまったく新しいツールです。人工ニューラルネットワーク(ANN)とカスタム画像合成アルゴリズムを組み合わせて、参照パターンバンクからCGテクスチャマップにディテールを転送します。
https://cronobo.com/

AIを使用したディテール生成というと、映画アリータ毛穴生成を思い出しますね。以下のURLインタビューが公開されています。元々VFXとは関係ないエンジニアの方がテクスチャ転写技術に興味を持って作ったのが始まりのようです。数週間以内にインターフェースがあるソフトウェアをリリース予定らしい。
https://beforesandafters.com/2019/06/20/ever-felt-you-might-need-a-texture-micro-details-synthesizer/

概要

NextureはAIを使用して単一のテクスチャから多数のバリアントを合成します。最も細かい部分を統合しながら、テクスチャの構造に合った新しい画像レイヤーを生成します。

4Kディスプレイスメント

 

CG News

Paintstorm Studio 2.32 アップデート

Paintstorm Studioが2.32にアップデートされました。細かいところが便利になってきてますね。Paintstormは葉っぱブラシが用意されてるのと、ブラシサイズがパースに対応してるので、サクッとそれっぽい背景が欲しいときに便利に使ってます。
http://www.paintstormstudio.com/index.html

 

アップデート内容

  • 万華鏡モード追加。それは信じられないほどの装飾品を作成するための強力なツールです
  • フレームと "Free transform"ポイントを移動するためのアンドゥ/リドゥオプションが追加されました。また、 "Free transform"フレームはエッジを越えて移動することができます
  • 「ハイライトレイヤー」機能追加(ハイライトオプションは、[オプション] > [メイン] > [ハイライトレイヤー]でカスタマイズできます)
  • 「スナップ」機能追加。レイヤーを動かすときだけでなく "Free transform"フレームを動かすときにそれを使うことができます
  • レイヤーをそろえる機能が追加されました。対応する[整列]ボタンが[レイヤー移動ツール]パネルに表示されます
  • 「最近使ったファイル」パネルが完全に変わりました。ドキュメントのプレビューを確認したり、対応するファイルのあるフォルダにすばやく移動することもできます
  • [自動保存]設定がオプションパネルに追加されました。自動保存は "FileName-date-time"形式で保存され、保存するフォルダと最大ファイル数を選択できます。またjpgの "Drawing Stage"に自動保存機能を追加しました
  • レイヤーやフォルダを隣の文書にドラッグ&ドロップできるようになりました
  • トップメニューでドキュメントをポイントしたときにプレビューが表示されるようになりました。オプションはOptions-> Interfaceで無効にできます
  • ブラシのアンチエイリアシングを無効にできるようになりました
  • キャンバスに近似したピクセルのグリッドを表示できるようにする機能が追加されました([オプション] > [openGL] > [ピクセルグリッドを表示])
  • 「グラデーション」パネルに反転ボタンを追加
  • いくつかの新しいホットキーが追加されました。「左右にレイヤーを反転」「上下にレイヤーを反転」「画像のサイズ変更」「キャンバスのサイズ変更」「次のドキュメントに切り替える」
  • 複数のレイヤーの「不透明度」と「ブレンドモード」を一度に変更できます。
  • 一度に複数のレイヤーを複製することができます。
  • いくつかのレイヤーを選択した状態でフォルダーをクリックするとグループ化されます
  • ブラシの透明度を「オプション」で変更できる機能を追加しました
  • 「オプション」に「TABのメニューを隠す」機能を追加しました
  • パネルアニメーションを有効または無効にできるようになりました([オプション] > [インターフェイス] > [パネルアニメーションを有効にする])
  • 現在のフォルダとテクスチャが青でハイライトされている間、テクスチャウィンドウはテクスチャの中心になります。 「カスタムフォーム」にも同じ機能が適用されます
  • すでに開かれているファイルを開くことはできなくなります。このファイルを再度開くように指示されます。
  • 小さなバグ修正
CG News

Quixel Mixerベータ版を無料公開

QuixelはPBRテクスチャ編集ソフト「Mixer」のベータ版を無料公開すると発表しました。
https://quixel.com/blog/2019/1/30/the-year-of-mixer

ベータ期間は1年以上あるようです。Mixerの開発にはPhotoshopプラグインだったNDOとDDOのホームを作成する意図があると説明しています。MixerはMegascansの一部としてのみ利用可能でしたが、Quixelは無料ベータ期間が終了すると$99の永久ライセンス方式で利用可能になることも発表されました。

https://quixel.com/mixer

DDOは購入してましたが、新規に作り直すと発表され初期バージョンは無料公開されてました。現在はDDO自体がダウンロード出来ない状態で不安に思ってましたが、開発が続いてたということかな?

CG News

AdobeがAllegorithmicを買収

AdobeがAllegorithmic社(Substance Designer、Substance Painter)を買収したようです。突然の買収に見えますが、Adobeは2年間Allegorithmicの投資家として協力関係にあったとのことです。
https://theblog.adobe.com/adobe-acquires-allegorithmic-substance-3D-gaming/

今回の買収によりPhotoshop、After Effects、Project Aero、最近のARコンテンツ作成ツールなどのCreative Suiteに加え、「フラッグシップ製品」としての開発がさらに進むようです。

メールによると今のところライセンスに変化はないっぽいですが、永久ライセンス買っておくか悩む。

ライセンスは今のところ変化しません。あなたの現在のライセンスは更新を実行し取得し続けます。私たちは、Adobeの家族に参加するように、我々はまた、今後数ヶ月の間に、新たな、より柔軟なサブスクリプションの提供を発表します。後日これらのライセンスオプションの詳細を共有します。

Allegorithmicはmodoの旧開発元Luxologyと協力してimageSynthというソフトを販売していました。スタンドアロン版はmodoと同じNexusフレームワークを使用していたので、 Allegorithmicはmodoと兄弟感がありました。今後Adobe製品とどんな形で進化するのか気になります。

CG News

SketchBook 無料化

デジタルスケッチソフトウェア SketchBookのWindows、Mac、Android、iOSなどすべてのプラットフォームで無料化されたようです。スタジオ向けの有料エンタープライズライセンスは引き続き販売する予定で、ソフトウェアは引き続き開発されるらしい。
https://forums.autodesk.com/t5/sketchbook-forum/sketchbook-for-free-faq/td-p/7970245

 

SketchBookは引退しますか?

いいえ。SketchBookは廃止されません。私たちはデザイナー、建築家、アニメーターがアートやデザインを取り込めるようにする機能を追加することに重点を置いて、SketchBookとSketchBook for Enterpriseを開発していきます。すべての機能がSketchBookとSketchBook for Enterpriseの両方で終了するわけではありませんが、SketchBookの堅牢な機能を引き続き利用し、継続的な拡張機能を無償で利用できます。

SketchBook for Enterpriseのメリットは何ですか?

企業向けSketchBook は、より大きな組織での展開をサポートし、さまざまなオートデスクのコレクションの一部として含まれています。この製品にはコレクション内の他のオートデスクソフトウェアに関係する特定のクロス製品機​​能を除いて、同様の機能があります。

CG News

VR対応の3Dスカルプト「Kanova」


FoundryがVR対応の3Dスカルプトソフト「Kanova」を公開予定のようです。技術的なフィードバックを得るのが目的で、早期アクセス版は無料公開のようです。
Kanovaには2014年に買収したADF技術(Adaptively Sampled Distance Fields)を使用しているようです。modoとのファイル互換が予定されているようですが、ぜひmodoにもADFスカルプト機能を搭載して欲しいですね。
http://store.steampowered.com/app/730550/Kanova/

Kanovaについて

Kanovaはシンプルで使いやすいVR対応3Dスカルプトアプリケーションです。Foundryが開発した特許取得済みの 3D Adaptive Distance Field(ADF)テクノロジを使用しています。市場にある他のツールとは異なり、Kanovaは純粋なVR形式、またはハイブリッド/ VRデスクトップアプリケーションとして使用できます。アーティストは、Foundryの3Dコンテンツ作成プラットフォーム、ModoとModo indieにエクスポートすることで、作品をさらに洗練しすることができます。

VRのスカルプトは技術的なツールや用語を学ぶことから解放し、3Dオブジェクトを自然な形で直感的にスカルプトすることができます。 Kanovaのインタラクションのシンプルさは、熟練したアーティストや業界の専門家だけでなく初めて3Dを使用するユーザーにアピールすることを意味します。

主な特長

  • デスクトップモードとVR環境でのKanovaを使用したシーン編集
  • 異なるモデリングツールの選択
  • 複数レイヤーの作成
  • スカルプトとカラーペイント
  • Sketchfab形式のエクスポート

 

早期アクセスにした理由

私たちが開発を進めすぎる前に機能がどのように実装されているかについて、より多くのユーザからのご意見をお待ちしております。 購入ボタンをクリックして(無料)、正直で建設的なフィードバックをお寄せください。

早期アクセスはいつまで?

Kanovaの早期アクセスプログラムが6ヶ月間実行されることを期待しています。 その時点で、私たちは商用製品に進むか、R&D Labに戻って他の適切な製品アイディアにするか決定を下します。

早期アクセスバージョンとフルバージョンの違いは?

Kanova 1.0にはユーザーが要求した拡張機能やバグ修正が含まれます。早期アクセス期間の終わりに達し、適切な製品になってない場合はR&D ラボに戻ります。

早期アクセスバージョンはどんな感じ?

早期アクセスバージョンのKanovaは、VR、デスクトップ、または両方でさまざまなブラシを使用したスカルプトをサポートしています。 VR機器なしでKanovaを使用することも可能です。
マウスとキーボードに加えて、デスクトップ上のペン入力をサポートしています。 VR入力の場合 HTC Vive と Oculus Touch コントローラをサポートしています。現在 Windows Mixed Realityはサポートされてません。

早期アクセスバージョンがはいくつかのバグが含まれている場合があります。定期的に保存することをお勧めします。 パフォーマンスはまだ完全には最適化されていません。ほとんどの場合は適正ですが、まだ改善しています。

ソフトウェアの価格は変わりますか?

早期アクセスプログラムが完了すると価格が上がります。

CG News

VECmap tools リリース

ベクターマップを使用してパーティクルを制御するためのツールセットのようです。楽しそう!
価格は25.00€
http://hocuspocus-studio.fr/tools/product/vecmap-tools/

特徴 
  • メッシュペイント
  • ブラシサイズの変更:CTRL + SHIFTキー
  • ブラシ不透明度
  • ブラシのブラー変更
  • ブラシストロークの方向にベクトルペイント
  • 引き込み/拒絶 オプション
  • 元に戻す、やり直し、リセットオプション
  • 削除ブラシ:ALTキー
  • 直線ブラシ:SHIFTキー
  • マップサイズ変更
  • 保存/ロード マップ

Pflow モード

  • ベクトルマップを読み込むための2つの新しいデータプリセット
  • ベクトルマップから速度を設定
  • サーフェース スティック
  • マップ上のパーティクルの速度を変更します。
  • ベクトルからの回転

UVモード

  • ベクトルマップに沿ったUVの変形をシミュレートする新しいモディファイヤ、またはメッシュ変形をシミュレート

これはスクリプトモディファイヤでうまく動作しますが、ハイメッシュには注意が必要です。シミュレーションには時間がかかります。ハイメッシュにベクトル線を表示しようとすると、3dsmaxが遅くなることがあります(低解像度メッシュにマップをペイントし、シミュレートするために解像度を上げてください)

Vrayファーモード

  • Fur Initial directionとBend Directionを駆動するためにマップペイント
CG News

Paintstorm Studio 2.10

Paintstorm Studio の2.10が公開されています。使い勝手に関するアップデートがメインのようです。http://www.paintstormstudio.com/changelog.html

- 新たに«Refine Edge»が選択に追加されました。選択した領域を展開したり、羽を付けたり、滑らかにすることができます。

- «Lasso»ツールが改善されました。 Altキーを押しながら多角形のラッソーモードに戻って戻るには、Backspaceを押して最後の点を変更するかEnterキーを押して適用します。より正確な選択のためにラスタ用の«スタビライザ»スライダが追加されました。選択の端がより滑らかになりました。

"自動アクション"オプションが追加されました。自動的に選択した後にアクションを実行するために使用することができます:塗りつぶし、グラデーション、削除。

- «カラーホイール»をカスタムパネルにドラッグできるようになりました。«C»(デフォルト)を保持している場合、"カスタム1"パネルはマウスポインタに移動し透明な背景になり、リリース時に元の位置に戻ります。

- «ブラシヒストリー»が追加されました。 «ブラシ»パネル設定で有効にします。

- «ルーラー»が改良されました。ルーラーの状態を保存/ロードできるようになりました。線の色を選択することができます:グレー、RGBまたはカスタム色。ALT + Rキー(デフォルト)を押すとすべてのルーラーの状態を強調表示し、必要なものをすばやく選択することができます。2点および3点のパースペクティブについては地平線を回転させるために使用できる点が追加されます。«次のルーラーを無効にする»機能が追加されました。

- H、S、Bブラシのパラメータが少し変更されました。スライダを動かすとより正確なランダム値の分布になります。

- 画像を現在のドキュメントにインポートするため メニュー / ファイルに«画像を配置»機能を追加しました。複数のファイルを選択すると別々のレイヤーとしてインポートされます。

- メニュー / ファイル / オプション / カーソル からカーソルタイプを矢印、ポイント、クロスに変更できるようになりました。«ブラシ ドラッグリサイズ»ツールモードも選択できます。

- «ツールチップ»が追加されました。ホットキーを設定することもできます。

- 選択したプリセットを«New File»パネルのデフォルトとして設定することができます。再起動後に新しいデフォルトサイズの新しいキャンバスが作成されます。

細かなところ:
- ガイド、ルーラー、ヘルパーなどのために、メニュー / ファイル / オプション / メイン に新しいく«線幅»スライダーを追加しました。

- «フリートランスフォーム»は、Altキーを押しながら両方向に伸び、Shiftキーを押しながら5度ずつ回転できます。

- «グラデーション»ツールは、Shiftキーを押しながら使用すると方向を5度ずつ調整できます。

- レイヤーを移動するときにShiftキーを押すことで垂直/水平方向に移動します。

- 「フリートランスフォーム」ツールを使用している間に「ブラシツール」をクリックすると、トランスフォームが適用されすぐに描画を開始できます。