Motion Graphics

参考資料

CYMATIC

金属板の上に砂をまいて共振させて作るクラドニ図形っぽくて面白いですね。

参考資料

BRIO toys

質感やライティングが綺麗です。薄いフォグがいい感じ。

参考資料

Casa Nespresso

レンダリング綺麗で楽しげなアニメーションがいいですね。

参考資料

Christmas Chügelibahn

ピタゴラスイッチ風のクリスマス ショートフィルム。

参考資料

Gullwing

メルセデスベンツ300SLガルウィングをフィーチャーしたcgショートフィルム。アニメーションも気持ちよくてライティングも綺麗、溢れ出る車好きを感じます。

参考資料

MECHA-YouTube

80年代のアニメっぽい密度の高いメカがカッコイイですね。

参考資料

Tecmash

カッコイイ

参考資料

Showreel 2020

 

機械系の反射やライティングが綺麗です。

CG News

STARDUST 1.6 リリース

AfterEffects用のシミュレーションプラグインSTARDUST 1.6がリリースされました。新機能のボリュームレンダリングと、VDBファイルのインポートは面白そう。

https://superluminal.tv/blog

新しいエキサイティングな機能

ボリュームレンダリング:パーティクルシステムの設定から煙の効果を作成します。他の3 DパッケージからVDBファイルをインポートして素晴らしいシミュレーションを行うと、コンポジション内でAEのカメラを使用して制御とレンダリングを行うことができ、コンポジティングワークフローとの統合が容易かつシームレスになります。

  • ボリュームレンダリング:VDBファイルからロードするか、パーティクルから作成します
  • 更新されたパネルUI:新しいノードのデザインとカラー
  • Physics:Save and Load State-Physicsの初期状態を保存します
  • モデル:Nullを使用して複製、AE Nullを使用して3 Dモデルを複製します
  • Physics:空気密度、アニメート可能な空気密度を追加します
  • マテリアル:Stencil、マテリアルをStencilに設定するオプションが追加されました
  • Physics:Properties Timeサンプル、現在の時間/パーティクル発生時のPhysicsプロパティのサンプル
  • モデル:UVリピートおよびオフセット
  • Stardust Studio:Studio Lights、Studio Cameraにカスタムライトを追加します
  • モデル:Export OBJ、カレントモデルをOBJファイルとしてエクスポートします
  • パーティクル:Limit rotations、パーティクルのランダムな回転を固定値に設定します。例:90度
  • エミッター:ライトサイズ
  • グラフ:反転
  • Physics:ライフのタービュランス
  • 補助:非表示のパーティクルに関する問題が修正されました