雰囲気がよい

参考資料

独創的なグラフィックのゲーム

IGFで大賞受賞した作品「Blueberry Garden」

 

PixelJunk Eden

 

Fez
ビッグリトルプラネットもそうですが、ここ最近は独創的なアートスタイルのゲームが増えてますね。
Epic GamesもGoW2のインタビューで、リアルさよりも魅力的な絵づくりが必要だという内容の話もあった気がします。
インタラクティブアートよりのゲームと言えば、「塊魂」や「のびのびBOY」もそんな感じの路線ですね。

参考資料

ミニチュア風写真 WEB版

ミニチュア風写真 WEB版
http://tiltshiftmaker.com/

これ系はいろいろありますね。
今もあるわかりませんが、工事関連のWEBでの使われ方がよかったです。

ソフト
http://blog-tech.rikunabi-next.yahoo.co.jp/blog/hirabayashi/148

フォトショ
http://recedinghairline.co.uk/tutorials/fakemodel/

動画
http://www.synthereal.com/jp/miniaturize.html

参考資料

Fishdog

ウナギ犬の親戚ですねw
カワイイ。他の作品も色の作りや、ハッとされるような演出が素晴らしい。
http://www.bittanimation.com/

参考資料

Afro Samurai

海外では人気らしいアフロサムライのゲーム。
ハッチングや水彩っぽいテクスチャ、白黒漫画風の演出が良い感じです。
Program バンナムアメリカと書いてますが、グラフィックも海外で作られてるんでしょうか?
海外出作られた日本作品というと、UBIのナルトを思い出しますね。

参考資料

好きなギャルゲーの2Dムービー

ゲームで使用されるアニメムービー。
個人的には1999年までのGONZO制作ものが、3Dとの融合を感じさせられて好きだったりします。サターンのマクロスとかグランディアとか。
今回は簡素なムービーが多く、キャラの立ち絵がスライドするだけの作品が多いキャルゲーという括りで、ユンユンくる個人的に好きなムービーのご紹介。
ちなみにどのゲームタイトルも遊んだことがないw

■サクラ大戦3
3Dパートのカメラは勿論のこと、その後のキャラクターのダンスや塔の回転が素晴らしい。当時、驚きまくりでした。

■ef - the latter tale
minoriのゲームは新海さんが担当されてるので有名です。
このタイトルはコンポジットの美しさも、ダイナミックなカメラ移動も、抜きに出て良かったと思います。

■プリミティブ リンク
Purple softwareのゲームはこった物が多い。
冒頭のカメラ移動が好き。まねしてみたいですね。

■明日の君と逢うために
同じくPurple software。回転が好きだー

参考資料

Left 4 Dead

かなり面白いらしい。どのハードで買うかそれが問題だ。
PC版だとMODで楽しめそうだな~と思う反面、Co-opは360のが楽しそうだ。
http://www.l4d.com/