参考資料

参考資料

Physically-based Feature Line Rendering

フィジカルベースのラインレンダリングの論文だそうです。ラインを光源としてモデル化してるのが特長のようです。

http://lines.rexwe.st/

 

本論文では、特徴線をビュー依存の暗黙の光源としてモデル化することで、物理ベースのレンダリングに特徴線を組み込むためのパスベースの手法を紹介します。

これにより、フィーチャラインレンダリングは、レンズブラーやディスパージョンなど、従来はスクリーン空間でのポストプロセスやコンポジットで近似されていた様々な物理的効果に拡張されます。これらの効果を正確にシミュレートし、シームレスに組み合わせることができるようになったことで、アーティストの創造的な表現に新たな道が開かれました。

概要

特徴線は3Dオブジェクトの形状や構造を視覚化するもので、多くのノンフォトリアリスティックなレンダリングスタイルには欠かせない要素です。

しかし,既存の特徴線レンダリング手法は,すぐに見える表面や鏡面反射など,限られた状況でしか特徴線をレンダリングできません.本研究では、パスベースの特徴線レンダリング手法を開発し、光沢反射、被写界深度、分散などの複雑な物理現象がある場合でも、特徴線を正確にレンダリングできるようにしました。

我々の重要な洞察は、特徴的なラインは視界に依存する光源としてモデル化できるということです。これらの光源は,通常のパスの一部としてサンプリングすることができ,既存の物理ベースのレンダリング手法にシームレスに統合することができます.この手法の有効性を、様々な物理現象を伴う実世界のレンダリングシナリオで実証します。

 

参考資料

CLIP STUDIO PAINTの漫画パース特許

CLIP STUDIO PAINTの漫画パースが特許取得してると話題なってたのでメモ。ボーン単位で変形してるっぽい?

https://astamuse.com/ja/published/JP/No/2014149748

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000046.000005223.html

 

 

マンガパース機能

マンガ的なパース表現(目前に迫るパンチの拳だけが極端に大きく描写される等)は、マンガやイラストで迫力や臨場感を表すためによく用いられる表現技法のひとつです。このマンガ的なパース表現の作画を支援するために「マンガパース」機能は開発されました。

「マンガパース」機能は、マルチパースペクティブと呼ばれる考え方に基づいて、複数のカメラパラメータを一毎の絵に合成する方法により、3Dモデル側の変形を一切伴わずに、マンガ的なパースが適用された3D空間の表示を実現するものです。ポーズやアングルが変更されても、リアルタイムにマンガ的なパースが表示されます。

既に過去、同様の表示結果をもたらす技術はありましたが、それらは固定のポーズやアングルにおいて、3Dモデル側を変形させることでマンガ的なパースを実現しており、少しカメラを動かしたり、モデルを移動・回転させると、見た目の大きさや形状のバランスが崩れてしまうため、3Dモデル側を都度変形させる必要がありました。

3Dモデルを活用したマンガ制作の過程では、ポーズやアングルの試行錯誤が必要で、それに耐えられる技術の登場が待ち望まれていました。

この「マンガパース」機能は、独立行政法人情報通信研究機構(NICT)の委託研究「革新的な三次元映像技術による超臨場感コミュニケーション技術の研究開発」において東京大学苗村研究室と(株)日立製作所が案出した技術に基づき、(株)日立製作所の協力のもと開発したものです。

参考資料

Chrome拡張機能のGIFプレーヤー「GIF Scrubber」

Animation ResourcesさんでアニメーションGifをシークできるChrome拡張機能「GIF Scrubber」が紹介されてたので使ってみました。
アニメーションGifをビデオプレイヤーのように一時停止したり巻き戻したりできます。

https://chrome.google.com/webstore/detail/gif-scrubber/gbdacbnhlfdlllckelpdkgeklfjfgcmp

 

概要

GIF scrubberは、アニメーションGIFのムービープレーヤーのようなものです。速く再生したり、遅く再生したり、逆に再生したり、スクラバを使って前後に移動したりすることができます。

  • GS 4.0の新機能。これまで以上に高速になりました!
  • Imgur と Gfycat のリンクをサポートしました
  • 新しいダークデザインで見やすくなりました
  • GIFスクラバーがオープンソースになりました
    https://github.com/0ui/gif-scrubber

 

使い方

Gif画像やリンクを右クリックして「GIF Scubber」を選択するとプレーヤーが開きます。

 

 

 

このサイトでは手軽に画面キャプチャできて便利なScreenToGifを使用しています。Gifなので操作手順がわかりづらい場合があるかもしれません、そんな時は「GIF Scrubber」を使うと便利かもしれません。

参考資料

Summer Yeti

デフォルメ具合がステキ。

 

参考資料

アニメ背景を生成するAI「Anime Art Painter」

Deep Learningを用いてアニメ用の美術背景を生成する新サービス「Anime Art Painter(アニメ アート ペインター)」がリリースされています。

写真が元だと情報量が多くてイラストっぽく見えないですね。バイラテラルフィルタと似た印象ですね。

https://ja.cre8tiveai.com/aap

 

Anime Art Painter で美術背景を生成した事例

 

4種類のアニメ美術背景をすべて提供します

Anime Art Painter は、1枚の画像から4種類の美術背景を生成します。アニメでよく使われるような水彩風で2種類、ベタ塗りに近いアニメ風で2種類を生成します。生成した画像はすべてダウンロードすることができます。

 

開発の背景

RADIUS5 は「人の創造性を最大化する」をビジョンに掲げて、クリエイティブやエンタメに関連するAIを提供するスタートアップ企業です。これまで、漫画家のために線画を生成するAIやゲーム業界のためにキャラクターを生成するAI、アニメ業界のために映像を高画質に変換するAIなど、エンタメ業界の課題を解決するために様々なAIを開発して参りました。

今回リリースしたAnime Art Painter は、制作工数が逼迫するアニメ業界で活用いただくことを目的に開発をしたAIです。現在アニメ業界では制作が2年待ちとも言われるくらい制作が逼迫しており、特にアニメの背景を描く人材の不足に悩まされています。背景が出来上がっていないために制作のスケジュールを調整せざるを得なくなったプロジェクトなどもあり、業界全体の大きな課題の一つになっています。
そういった状況を踏まえて、AIでアニメ制作の課題を解決するために開発したのがAnime Art Painter です。

また、アニメだけではなく、イラストや漫画、ウェブトゥーン、ゲーム、デザイン用途などでの利用も見込んでいます。

Anime Art Painter 3つの特徴

(1) 4種類のアニメ調の背景を提供

Anime Art Painter では、1回のAIの処理で4種類のアニメ調の背景を生成します。最近のアニメによく使われるような水彩調とベタ塗りに近いアニメ調の2種類を生成します。さらに、エッジが強調されるようなフィルタ処理をかけて、よりアニメらしい表現に近づけたものを2種類生成し、合計4種類を一度に創り出します。

(2) 30秒で生成

Anime Art Painter は、画像をアップロードしてから約30秒程度でアニメ背景を生成します。Anime Art Painter と同じ背景を制作するために、背景絵師の方が手書きで描いた場合、一般的には数時間から数十時間の時間がかかります。また、写真加工ソフトの利用に習熟している人が作業した場合でも30分以上の時間がかかります。
Anime Art  Painter は、写真をドラッグアンドドロップして30秒程度待つだけでアニメ風の背景に変換できます。アニメ背景の生成が早いことはもちろんですが、デザイナーでない人でも簡単にアニメ背景を作ることができます。

(3) 圧倒的なコストパフォーマンス

アニメの美術背景をアウトソースすると、一般的には手作業の場合は数日程度の納期と数千円から数万円の予算が必要です。Anime Art Painter では、月額無料のエントリープランの場合、480円で4種類のアニメ背景を生成することができます。サブスクリプションに加入している場合は、10クレジットで利用することができ、ライトプランで実質240円、プロプランで実質99円、メガプランで実質80円で利用することができるので、アウトソースと比較すると圧倒的にコストパフォーマンスが高くなります。
※サブスクリプションでは、各プランごとに毎月の支払金額と付与されるクレジットの量が異なるため、実質的な金額が変わります(上位プランに加入するほどボリュームディスカウントがあります)。

Anime Art Painter の概要

技術について

Anime Art Painter はAI技術(Deep Learning)を用いて独自に研究・開発したRADIUS5のオリジナルのサービスです。Anime Art Painter は、写真のテクスチャを簡略化し、 アニメやイラストに使われるような画風に変換する処理を行っています。 単にテクスチャを簡略化するだけでなく、建物、植物、乗り物など 物体に応じたテクスチャに変換することができます。 また、色合いを調整してエッジを乗せる技術も開発したことでよりアニメらしい表現ができるようになりました。

Anime Art Painter の仕様について

出力数 : 4種類(選択不要で、すべてダウンロードできます。)
解像度 : 長辺が1920px になるように拡大・縮小して出力します
出力ファイル形式 : PNG
入力ファイル形式 : JPEG, PNG, WEBP, BMP

 

PRICE

アニメ背景を生成して、クオリティを確認するところまでは無料でご利用いただけます。生成されたアニメ背景にはウォーターマーク(透かし)が入っているので、ウォーターマークが入っていないアニメ背景をダウンロードするにはエントリープランの場合480円、その他のプランの場合は10クレジットが必要となります。

  • エントリープラン(月額利用料無料):アニメ背景 4 種類480 円
  • ライトプラン4,800円/月:アニメ背景 4 種類10 クレジット
  • メガプラン月額利用料80,000円/月:アニメ背景 4 種類10 クレジット