Diary

参考資料

A Future Begins

農業に関するストップモーションアニメーション、雰囲気がいいです。

CG News

Slice Effector Icons for Modo

modo 15.2で機能追加されたスライスエフェクターを感覚的に使用できるようにアイコンを追加する無料キットが公開されています。
modo標準機能をアイコン化したい場合にも参考になりそうです。

https://khellstr.gumroad.com/l/Gsoqj

 

概要

このキットはSlice Effector Operationsのドロップダウンリストをボタンに置き換えます。
ZIP形式で圧縮された「kHellstr_Slice_Effector_Icons」フォルダをKitsフォルダにコピーしてください。

 

警告

スライスエフェクターのフォームに変更を加えた場合(例えば、ミニプロパティの可視性を変更した場合)、このキットはすぐには動作しません。動作させるには、Modo の環境設定をリセットするか、設定ファイルからスライスエフェクターフォームのフラグメントを手動で削除する必要があります ( フォームのキーは "25982698593" です )。

Tips

modoのFBXのメディア埋を込み

modoのFBXのメディア埋め込みについて書いてみます。

modo 15.1v2から「初期設定」のFBX入出力に「メディアを埋め込み」が追加されました。これはシェーダーツリーで使用しているテクスチャ画像をFBX内に保存するためのオプションです。

 

.lxo内に保存される画像パスに絶対パスや相対パスが混在してしまい、他の人にデータを渡したときにリンク切れが発生することがあります。「メディアを埋め込み」を使用するとFBXファイル内に画像を保存しているので、他の環境でファイルを開いても画像のリンク切れを気にしなくてよくなります。

「メディアを埋め込み」を使用する場合は、画像パスに日本語文字が含まれていると正しく出力できないので注意が必要です。

メディアの埋め込みした場合は、画像が含まれているためFBXファイルの容量が大きくなります。

メディアを含むFBXファイルを開くと、.lxoファイルと同じディレクトリに「FBXファイル名.fbm」フォルが作成されて画像が保存されます。

 

画像を編集する場合はメディアの埋め込みしない方がFBXファイルの容量が小さく取り回しが便利なのですが、とりあえずFBXファイル単体でデータを完結したい場合には便利なオプションです。

CG News

AIを使用したAfterEffects用プラグイン

AIを使用したAfterEffects用プラグインを見かけたのでメモ。Depth Scannerはブラックフライデー25% Offセール中です。

Depth Scanner
https://aescripts.com/depth-scanner/
https://github.com/isl-org/DPT

Goodbye Greenscreen
https://aescripts.com/goodbye-greenscreen/
https://github.com/PeterL1n/BackgroundMattingV2

Blace
https://aescripts.com/blace/

 

Depth Scanner

自動深度推定のための人工知能ベースのAfterEffectsプラグイン。

 

視差マッピング

 

ポストエフェクトDoF

 

深度ベースのグレーディング

スライス効果

 

GPUサポート

CUDA 10.2以降をサポートするNVIDIAカードを使用すると、パフォーマンスを大幅に向上させることができます。プラグインのCPUバージョンは、解像度が大きくなると動作が非常に遅くなることに注意してください。

互換性

Depth Scannerは、現時点ではWindows専用のプラグインです。AE2022以降で動作します。購入する前に、無料トライアルを使用して構成をテストしてください。

制限事項

GPUモードはCPUモードほど安定していない可能性があります。

 

 

Goodbye Greenscreen

背景マットとカラーキーイングのための人工知能ベースのAfterEffectsプラグイン。

 

自動マスキング(v1.3の新機能!)

顕著な前景オブジェクトからマットを作成します。手動のクリーンプレート、色の選択、回転ブラシなどは必要ありません!

 

背景マット

ビデオときれいな背景からマットを作成します(ページの下部にあるこのテスト映像をダウンロードしてください!)

 

AIベースのカラーキーヤー

そしてボーナスとして、それは強力なクロマキーイングでもあります!

 

GPUサポート

CUDA 10.2以降をサポートするNVIDIAカードを使用するとパフォーマンスを大幅に向上させることができます。

 

PremiereProの限定サポート

カラーキーイングとオートマスキングは、PremiereProで実行できます。

 

互換性

Goodbye Greenscreenは、現時点ではWindows専用のプラグインです。AE2020以降で動作します。無料トライアルを使用して構成をテストしてください。

 

制限事項

  • AIは主に人間をキーアウトするように訓練されているため、他のオブジェクトではうまく動作しない可能性があります。
  • 16ビットレンダリングはアーティファクトを生成する可能性があります。現在、解決策に取り組んでいます。
  • GPUモードはCPUモードほど安定していない可能性があります。

 

Blace

顔検出とぼかしのための人工知能ベースのAfterEffectsプラグイン。

 

使いやすいAIベースの検出

 

検出領域の制御と検出の除外

 

カスタマイズ可能なスタイル

 

検出サイズをカスタマイズする

 

PremiereProのサポート

制限された機能セット(制限されたマスキングワークフローとカスタムスタイルなし)を備えたPremiereProで実行されます

  • 完全な8 / 16- / 32ビットサポート
  • 検出を使用して他の効果を制御します(カスタムブラーなど)

 

互換性

Blaceは、現時点ではWindows専用のプラグインです。AE2020およびPP2020で実行されます。デモモードで構成をテストしてください。

 

免責事項

AIベースのソリューションは、手動によるアプローチよりも優れている可能性がありますが、予測できない結果をもたらす可能性もあります。
検出フレームワークは広範囲にわたってテストされましたが、場合によっては失敗する可能性があります。たとえば、フッテージの顔を間違えたり、似たようなオブジェクトを誤って検出したりします。

購入する前にプラグインをテストして、ユースケースで機能するかどうかを確認してください。特にBlaceをID保護に使用する場合は、その検出結果を検証する必要があります。

参考資料

Battlefield 2042 Opening Cinematic

PS5で見るとエフェクトのグリッチなのか圧縮荒れなのかわからない個所があった。

CG News

ZBrush 2022 リリース

ZBrush 2022 がリリースされました。

https://pixologic.com/features/

 

ZBrush 2022は、ZBrushに登録しているすべてのユーザーを対象とした無料のアップグレードで、探求心と創造性を刺激するように設計された革新的な新機能を中心に、ワークフローのさまざまな分野に影響を与える機能が強化されています。

ZBrush 2022で新たに追加された機能の詳細については、Pixologic社のキーノートプレゼンテーションをご覧ください。

 

バスレリーフを使いこなす

ZBrush の新機能であるバスレリーフを使えば、エンボス加工された表面を驚くほど詳細に作成できます。モデルを思い通りにポーズさせ、そのビューから特別な新しいアルファを作成します。

このアルファを使用して、伝統的なレリーフ彫刻の結果に近い、ディテールの盛り上がったセクションを作成することができます。

 

任意のモデルを読み込んで、カメラビューからBas Reliefアルファを作成し、伝統的なレリーフ彫刻の結果に近い、ディテールの盛り上がったセクションを作成することができます。

また、カラーピッカーは、フロート値と整数値(0〜255)の間で選択でき、表示方法もリニアとsRGBの間で選択できます。また、カラーピッカーは、同じレイヤーでペイントしている間も開いているので、ペイントを中断することなく、新しい色をすばやく選んだり、色見本を交換したりすることができます。

 

ベベルをつける

新しいBevel Proプラグインは、ローポリ・モデリングを行わずに、あらゆる解像度のメッシュに複雑なベベルを作成することができます。
中~高解像度のメッシュに適したBevel Proでは、マスキングとポリグループを使用して、ベベルを施すエッジを正確に決定することができます。

また、ベベルをジオメトリの別のセクションとして作成し、Live Booleanで使用することもできます。

 

Two By Two

ブラシがデュアルアルファとテクスチャに対応し、ストロークの筆圧に応じて2つのアルファとテクスチャを切り替えることができるようになりました。この多彩な新機能を使って、色とディテールの印象的なブレンドを作成してください。

 

ディテールの拡散開始

任意の画像、グラフィックノイズ、ノイズプリセットをブラシに適用して、局所的な彫刻のような表面ノイズのディテールを再現します。
ブラシサイズやペンの筆圧感知を使って、ノイズのスケールをその場で調整できます。ローカルプロジェクションでは、ブラシの位置によってノイズを再適用するユニークな方法があります。この機能は、環境作品を作成したり、肌のディテールを適用したりする際に威力を発揮します。

 

ジャストアライメント

複数のサブツールや1つのサブツール内のジオメトリを、ボタン1つで瞬時に再配置することができます。他のプログラムに搭載されている整列機能と同様に、メッシュを左、右、中央、そして上辺、下辺に整列させることができます。

 

スライス&ダイスの新しい方法

新しいナイフブラシは、円と矩形のストロークタイプをサポートしています。これらのツールを使ってメッシュをきれいに切り抜くと、ストロークを正確に反映したカットができます。

 

多様な補間方法

ストローク補間機能では、ZIntensity、ブラシサイズ、RGB Intensity、Front and Back Colorを使用して、設定されたステップ数でストローク間を移行できるようになりました。
メッシュの表面上の2つのストロークの間に、目の覚めるようなブレンドや、色とディテールの複雑なパターンを作成できます。

 

XMDツールボックスに素早くアクセス

ZBrushでは、XMD ToolBoxにZBrush内からアクセスできるようになりました。XMD ToolBoxをインストールすると、ZBrushのすべてのリソースを検索・整理する新しい方法が提供されるほか、ZBrushにデフォルトで含まれていない追加の無料・商用のブラシ、アルファ、テクスチャ、マテリアルにアクセスできるようになります。
ZBrushは、ZBrushの内部からXMD ToolBoxインターフェースを起動し、XMDによって維持・サポートされているコンテンツや機能にアクセスすることができます。

 

リリースノート

  • StagerにCopy/Pasteオプションが追加されました。
  • Stager に Interpolate オプションが追加されました。
  • SpotlightにEdge Detectオプションが追加され、画像のエッジをインタラクティブにハイライトして様々な効果を得ることができるようになりました。
  • Visibility Sets: 異なる可視性設定のサブツールのセットを最大8個まで保存できます。
  • ScribeStandard と ScribeChisel のブラシが追加されました。どちらも「カーブのサブステップ」スライダを利用しています。
  • ギズモ(Gizmo)が、フォーカルシフト(Focal Shift)によって調整されたフォールオフ(Falloff)を持つソフト変形を適用できるようになりました。
  • FBXがカメラアングル付きのイメージを読み込むようになりました。フォトグラメトリーや他のアプリケーションのイメージプレーンを使用する場合に最適です。
  • [変形]メニューの[変形]アクションが、[ギズモの複数選択]オプションによって複数のサブツールに同時に影響を与えることができるようになりました。
  • Dynamesh Resolutionのスライダから対象のメッシュポリゴンにドラッグすることで、キャンバス上のメッシュから直接サンプリングできるようになりました。
  • カメラからの各ポイントの距離に基づいてモデルをマスクする「深度によるマスク」機能を追加しました。
    カメラに直接面していないポリゴンをマスクする「法線でマスク」機能を追加しました。
参考資料

Tsugi製品全品50%OFF

Tsugi製品が全品50%OFFのブラックフライデーセール中です。各製品200ライセンス限定。

Tsugiはゲームやアニメーション向けの効果音をプロシージャルに生成する、ユニークな効果音作成ソフトウェアをリリースしてます。ペンタブ入力に合わせてSEを作成できるということで、簡単にゲームや映像用のSE作れるなら欲しいなと少し気になってました。

GameSynthを買えばDSPシリーズは買わなくていいのか、シリーズの違いが気になる。

http://tsugi-studio.com/web/jp/store.html

 

GameSynth

 

DSP Motion

 

DSP Action

参考資料

新しいレイヤーベースのコンポジットソフト「Autograph」

新しいレイヤーベースのコンポジットソフト「Autograph」のページが公開されています。2022年第2四半期に発売予定とのことです。

https://www.left-angle.com/#page=95

 

Autographはモーションデザイン、ビジュアルエフェクト(VFX)、ハイパーカスタマイズビデオの大量生産に特化した新しい2D/3Dオーサリング・合成ソフトウェアで、レイヤーベースのアプローチの利点とノーダルオーサリングのコントロールレベルを兼ね備えています。

高度に最適化されたレスポンシブなソリューションは、アーティストが創造性に集中できるよう、安定した生産性の高い環境を提供します。Autographは、数々の賞を受賞したRE:Vision Effects社によって独占的に配給されます。

正確で応答性の高いレンダラー

Autographのレンダリングエンジンは、速さと正確さを兼ね備えた設計になっており、リアルタイムに対応できる応答性を備えています。

マシンのリソースを最大限に活用し、プロセッサーのすべてのコアとGPUを利用します。すべての計算は32ビットのリニアフロートパイプラインで行われるため、処理の過程でディテールが失われることはありません。

AutographはOpenColorIOとACESを使用して、優れた色空間管理と高い画像忠実度を実現しています。また、中間的なラスタライズを制限し、最後まで変換や変形をベクトル形式で保存・蓄積します。

 

2Dと3Dの垣根がなくなる

この2つの側面を組み合わせることは、モーション・デザインにおいても、VFXやコンポジットにおいても、必ずしも容易なことではありません。

レフトアングルが開発したエンジンは、この2種類の要素を同じタイムライン上に混在させ、ハイエンドのPBRエンジンでレンダリングすることを可能にしました。あなたのプロジェクトの2Dと3Dのアニメーション要素は、すべての境界線が廃止された統一されたビューアに結合されます。

シーンや外部の3D要素を読み込み、プロシージャルオブジェクトを追加し、Autographで直接レンダリングした後、これらのグラフィック要素を2Dソースと混合して合成します。すべて同じソフトウェアで このようにして、アーティストは自由に、独立して、迅速かつ効率的に創作活動を行うことができるのです。

 

USDを介したDCCとの相互運用性

Autographは、PIXARが作成したUSDインターチェンジフォーマットを使用して、シーン全体を取り込むことができます。これにより、外部のソフトウェアを使用せずに、マテリアル、ライト、カメラを含むアニメーションモデルを取り込み、その場でレンダリングすることが可能になりました。

レンダリングパスは、ストレージデバイスに画像を書き込むことなく、合成スタックに直接利用できるため、レンダリング上で直接2Dレタッチを行うことができます。

また、モデルを単独でインポートしたり、Autographの内蔵ジェネレーターを使って、何もないシーンに何千もの動くシェイプを配置することも可能です。これらの要素は、他のUSDソースと融合させることができます。

 

2Dのための3D......その逆もまた然り

2Dパイプラインで3Dシーンを直接レンダリングすることだけが、この2つの世界を融合させるメリットではありません。

通常、3Dの表面に適用される素材は、ストレージにあらかじめ記録された画像やアニメーションをテクスチャとして使用します。
Autographでは、アニメーションをコンポジションの一部として構築し、それを素材のソースとして接続することが可能です。

コンポジションインスタンスのシステムのおかげで、その場でバリエーションを作成し、PBRシェーダのさまざまな入力に接続することも可能です。ディフューズ、メタルネス、ラフネス、ノーマルの各ソースを動的に生成し、アニメーション素材を作成することができます。

 

インテリジェントでマルチフォーマットなコンポジション

Autographでは、コンポジションは、異なるパラメータで呼び出すことができる関数のように動作します。そのため、同じ組成でもサイズを変えて2回計算することができます。

その中の要素を相対的に配置することで、AutographはレスポンシブWebデザインの原則を動画に適用した唯一のソフトウェアです。1つのプロジェクトの中で、1つのハイブリッドコンポジションから16:9、4:3、スクエア、9:16のバージョンを生成することが可能です。

これにより、リビングのテレビだけでなく、TwitterやFacebook、Instagramなどのソーシャルネットワーク向けのコンテンツをワンアクションで作成できるようになり、驚異的な時間短縮を実現しました。

 

マルチプラットフォームと柔軟性

Windows、MacOS、Linuxに対応したAutographは、RAW、WebM VP8/VP9、MP4 h.264/h.265、最近リリースされたAV1など、さまざまなコンテナやコーデックを使ってファイルを再生・エンコードすることができます。また、OpenEXRをはじめとする多くの静止画フォーマットの読み込みにも対応しています。

レンダリングマネージャーは、複数のフォーマットを同時に扱える革新的なシステムにより、異なるエンコーディングを使用して、同じハイブリッドコンポジションから複数のビデオを並行して作成することができます。現代の生産ニーズに対応するために必要なイノベーションです。

 

制限のない定義とFPS

フルHDで作業していたプロジェクトが、最後の最後で4Kや8Kで納品すべきだと判断することもあります。

Autographでは、ぼかしや相対的な位置関係など、空間的な値を使ったエフェクトを含め、プロジェクトのすべてのパラメータを再計算しますので、これが可能です。このような新しい制約に対応するために、ビューワやレンダリングマネージャーに依頼してください。

また、オプティカルフローやモーションベクトルの計算に基づく補間技術を用いて、ビデオファイルや画像シーケンスなど、25FPSで構成されたものを60FPSの新しいフレームレートに適応させることも可能です。

 

自分で作ったものも含め、何十種類ものエフェクトが用意されています。

Autographには数多くのエフェクトが搭載されていますが、Shadertoyの統合によりテックアーティストが独自のフィルターやジェネレーターを開発することも可能です。

これらの新しいエフェクトは、カスタマイズ可能なコントロールパネルに組み込むことができ、簡単な方法で配布して利用しやすくすることができます。

スーパーバイザーは、新しいツールを作成し、技術的に完全に抽象化された状態で、その専門知識をチームに活用させることができます。レフトアングルは、現在開発中のクラウドサービスの一環として、近い将来、これらのツールの交換や収益化を可能にするマーケットプレイスを構築しています。

 

VFXとコラボレーションのためのツール

2Dトラッカー、3Dトラッカー、フォトグラメトリーをベースにした3D再構築機能、高速で革新的なクロマキーヤー、モーションベクトルをベースにしたイメージインターポレーター、複雑なデフォーマ、数十種類のエフェクトなど、モーションデザイナーのために作られたツールであるだけでなく、ビジュアルエフェクトアーティストが必要とする機能もすべて搭載されています。

現在開発中のクラウドサービスの一環として、Left Angleはチームや最終顧客など、プロジェクトのさまざまな関係者間でより良いコミュニケーションを可能にするコラボレーション環境を提供します。

 

強力なプロシージャルジェネレータ

Autographには、グラフィック要素、数値やテキストの値、3Dでのレンダリングが可能な幾何学的な要素をその場で作成するジェネレーターのセットが付属しています。

一般的に有限サイズのグラフィック要素を生成するためのフレームワークを定義する必要がある競合他社とは異なり、ここでは無限サイズのプロシージャルイメージを生成し、それを支えるレイヤーの変換を行うことができます。

このようにして、巨大なフラクタルノイズを作成し、そのノイズを別のレイヤーに親和させることができ、空間的な限界を気にすることなく、そのノイズを利用することができます。これらの要素はすべてGPUによってリアルタイムに作成されるため、4Kや8Kであっても、素早く簡単に操作することができます。

 

画像と連動したオーディオパイプライン

グラフィックレイヤーの山の中にオーディオメディアを挿入しても意味がないので、Autographは編集ソフトのようにタイムラインを分割して表示します。

オーディオソース専用の2つ目のスタックでは、プロジェクトのサウンドトラック、複数のソースのマージ、エフェクトの追加、そして何よりもこのミックスを使ってパラメータをコントロールすることができます。

グラフィック・スタックに適用されたアナライザ・ジェネレータは、特定の周波数帯域を選択するために、スペクトル・フィルタを使ってこれらのプリミックスを供給することができます。これが抽出されると、その振幅を利用して、色や形、変形パラメータを変化させることができます。

 

コンポジションから独立したテンプレートへ

Autographのコンポジションは、複数のフォーマットに対応しているだけではありません。また、内部機構につながる隠れたパラメータを公開することもあります。

そのため、コンポジションを独立したテンプレートとしてエクスポートすることができ、その複雑さは、カプセル化されているため、ユーザーには見えません。

ここでも、現在開発中のMarketplaceによって、グラフィックデザインの収益化や、すぐに使えるプロジェクトの交換が可能になります。これは、Autographが外部データと接続し、Dataをフィードする機能を持っているからこそ可能な、パーソナライズされたビデオの制作に欠かせないポイントです。

 

接続と自動化

レフトアングルのチームは、構想当初からAutographを外部のデータを取り込み、常に情報源に接続されているソフトウェアと考えていました。テーブルという概念が統合されており、ExcelやCSVファイルだけでなく、様々なAPIを介してデータベースとの連携も可能です。

このように、テンプレートという概念を反復的に使用することで、同じグラフィック・プロジェクトに基づいて何千ものビデオを生成することが可能になります。

ドキュメント化されたAPIを介してソフトウェアを制御することで、テレビチャンネルの自動化ニーズや、超カスタマイズされたビデオの大量生産に対応することができます。

参考資料

AutodeskがTangentLabsを買収

Autodeskがクラウドベースのアニメーションパイプラインソフトウェア「LoUPE」を開発するTangentLabsを買収しました。
LoUPEは元々、Blenderを使用して大規模なアニメーションプロジェクト用に作成されましたが、Maya用のネイティブプラグインもあるらしいです。

https://www.tangent-labs.com/
https://adsknews.autodesk.com/news/acquisition-software-from-tangent-labs

 

LoUPEの紹介

LoUPEはクラウドベースのアニメーション制作パイプラインの新しい形であり、完全なオールインワンソリューションを組み込んだものです。

LoUPEは「アーティストのための、アーティストによる」というコンセプトのもとに開発され、アニメーターやスタジオが次の素晴らしいストーリーを創造する力を与えてくれます。
LoUPEがあれば、すべてのメディアアセットの管理、コラボレーション、レビュー、レンダリングを、クラウド上の1つの場所で行うことができます。これはとても素晴らしいことです。

 

特長

LoUPEはクラウドベースの技術を用いて、デジタル制作パイプラインのすべての主要コンポーネントを1つの強力なツールに統合しました。LoUPEは柔軟性とソフトウェアの統合性を提供し、アニメーターやスタジオがより協力的に、より効率的にクリエイティブな作品を作ることを可能にします。つまり、より多くの時間を創造に費やすことができるのです。

 

アセットマネジメント

すべてのアニメーション制作アセットの包括的なバージョニングがすぐに可能になります。クラウドベースのテクノロジーと当社のLoUPE「Transit Manager」を使用することで、チームは複数の場所にあるデジタルメディア資産のすべてのバージョンを簡単に追跡することができます。また、カスタムビューやフィルタを作成して、すべてのメディアアセットを管理、ソート、表示することができます。

 

プロジェクト管理

プロジェクト管理機能では、すべてのプロダクションタスクのトラッキングとデータセットを一元的に安全に管理できます。
プロジェクト管理機能では、リストビューやカンバンビューなど、複数の方法でタスクを表示することができます。
また、期日、メディアレビュー、アクティビティページを把握することができ、LoUPEのどこからでも簡単にタスクを作成することができます。モダンで直感的なインターフェースを使用しています。

 

レビュー&コラボレーション

世界中のさまざまな場所にいる協力者とリアルタイムでメディアレビューセッションを行うことができます。
LoUPEでメディアを見た場所から、ドラッグ&ドロップで簡単にプレイリストを作成できます。メディアを再生したり、スクラブしたり、マークアップしたり、メモを取ったりすることができます。ソフトウェアをダウンロードすることなく、チームのレビューセッション内で直接タスクを作成し、割り当てることができます。実際に体験してみてください。

 

レンダリング管理

社内でのレンダリングと、クラウドベースの強力な機能を統合することができます。
なんてことはありません。AWS Thinkbox Deadlineの手間のかからないハイブリッドレンダリング管理ツールがLoUPEに同梱されています。レンダリング時間の短縮、信頼性の向上、ハイパースケール機能、アニメーション制作の効率化を実現します。

 

レポーティング&アナリティクス

プロジェクトの報告は欠かせません。それにはデータが欠かせません。
LoUPEとOData接続を使用すると、一般的なビジネス生産性パッケージと統合して、生産性のインサイトを得ることができます。
ヒートマップ、ダッシュボード、ヘルス・ステータス・メトリクスなどのリアルタイム・レポートを作成し、プロジェクトの進捗状況を把握することができます。簡単にカスタマイズできる一目瞭然の戦略的な分析により、スタッフに力を与えることができます。

 

バーチャルワークステーション

PCoIPテクノロジーを使用したバーチャルワークステーションで、オフィスや世界をまたいだコラボレーションが可能になります。
つまり、オンプレミスのインフラをほとんど使わずに新しい制作スタジオを立ち上げたり、バーチャルオフィスを組み込んだりすることができます。クラウド上の1つの場所から、複数のプロダクションプロジェクトでの共同作業が容易になります。いつでも、どこからでも。

 

ンテグレーション

オープンソースのコンテンツ制作ソフトウェアであるBlender 3Dと完全に統合され、Autodesk  Maya のネイティブ・プラグインとしても利用可能な、柔軟でコラボレーティブなツールを提供できることを誇りに思います。
SideFx® Houdini、Epic Games® UnrealEd、Pixar® Universal Scene Description (USD)への追加サポートは今後のリリースを予定しています。

 

パートナー

LoUPEをシームレスに動作させるために、私たちはテクノロジー・パートナーの強力なネットワークに依存していますが、それぞれが独自の能力と専門知識を持っています。
LoUPEのような強力なプロダクション・パイプライン・ツールを構築し、サポートしていくためには、"It takes a village "という言葉がありますが、まさにその通りだと思います。
タンジェント・ラボはBlender Foundationとそのコミュニティの大きな支援者であり、私たちはBlender Foundationを未来とみなしています。Teradici、Independent Security Evaluators (ISE)、Blender、Intel、AWSとのパートナーシップは、LoUPEの高速性、効率性、拡張性、安全性を確保するために不可欠なものです。

CG News

Custom Controls for 3dsMax

3dsMax用のカスタムシェイプ作成ツール Custom Controlsがリリースされました。

https://www.kinematiclab.com/products/custom-controls

 

価格

  • ノードロック €20
  • 3 ユーザーフローティングライセンス €140
  • 5 ユーザーフローティングライセンス €160
  • 10 ユーザーフローティングライセンス €220

 

 

概要

カスタムコントロールは、リギングの際に、アニメーションコントローラ用のカスタムシェイプを作成するのに役立ちます。

簡単に選択でき、美しいコントロールを備えた、アニメーターが使いやすいリグの作成に役立ちます。

新しいスプラインを作成してライブラリに追加したり、既存のオブジェクトをこれらのカスタムシェイプで置き換えたり、サイズや方向、色を変更したりできます。

ベースとなるオブジェクトを置き換えるだけなので、モディファイアやアニメーションコントローラなど、他のものはすべてそのままです。

 

システム要件

  • 3dsmax 2018 ~ 2022

 

ライセンスの詳細

本製品はNode LockedまたはFloat Licenseとして利用できます。

CustomControlsは単なるスプライン形状なので、CustomControlsを使ってシーンを開いたり使用したりするのにライセンスは必要ありません。

CG News

CablePlacer 1.0 for 3dsMax

ジオメトリにケーブルを配置するスクリプト、CablePlacer 1.0がリリースされました。

https://cdanc.gumroad.com/l/cableplacer

 

価格

  • 1 ユーザー $42/年
  • 3 ユーザー $122/年
  • 5 ユーザー $197/年
  • 10 ユーザー $382/年

 

CablePlacerとは?

CablePlacerはスプラインやジオメトリにケーブルを配置するために活用するAutodesk 3dsMax用ツールで、作業のスピードアップに役立ちます。

  • 3dsMaxスクリプト
  • バージョン要件 3ds Max 2013-2022

 

特徴

  • サイズ変更可能なミニマルなUI
  • ケーブルアイテムをサムネイル付きでライブラリに保存・読み込み、サイズを調整できます
  • ケーブル・アイテムのサムネイルを表示します
  • さまざまなパラメータを使ってケーブルノードを構築できます
  • UV付きのKitbashケーブルが含まれており、すぐに使用できます
  • 既存のジオメトリをケーブルノードで置き換える
  • ジオメトリからスプラインを抽出
  • スプラインの形状をビュースクリーンスペースに描画するか、またはヒットサーフェスに合わせて描画する
  • ビューポートでケーブルを操作して、位置、回転、スケール、ツイストを調整

 

ノードロック・ライセンス

ノードロックライセンスとは、ライセンスキーがコンピュータ上で使用され、そのコンピュータの物理的(MAC)アドレスに関連付けられていることを意味しています。

gumroad会員ランクを購入する際には、物理的(MAC)アドレスの欄に、物理的(MAC)アドレスをスペースや特殊文字(「-」、「.」、「:」など)を含まないフォーマットで入力し、セミコロン「;」で区切る必要があります。

例:mac1 = C594B093BDB1

階層別 > 1ユーザー/月 > 物理(MAC)アドレス > mac1

階層>3ユーザー/月>物理(MAC)アドレス>mac1;mac2;mac3

注:物理(MAC)アドレスの項目は、購入後に変更することはできなくなりました。

CG News

Modo 15.2 リリース

Modo 15.2がリリースされました。

https://community.foundry.com/discuss/topic/158167/modo-15-2-is-now-available
https://learn.foundry.com/modo/content/help/pages/welcome_modo/whats_new.html

メッシュフュージョンのチュートリアルも公開されました。
https://learn.foundry.com/course/6123/view/modo-15-2-fast-non-destructive-modeling-with-meshfusion-in-modo

 

 

アセンブリプリセットでプリセットを簡単に共有

プリセットはパッケージ化され、画像などの関連コンテンツがプリセットパッケージに含まれるようになりました。プリセットを他のアーティストに渡す際に、必要なコンテンツが揃っているかどうかを確認することができます。

新しいプリセットシステムでは、シーン内にアセンブリが自動的に作成され、プリセットとアセンブリの関係がより密接になりました。
アセンブリはスケマティックアセンブリのすべての要素を公開する必要がなくなりました。スタックノードとスケマティックには、スケマティックにいながらにして、より多くの作業を行うために必要な要素が含まれています。

 

ダイレクトモデリングとプロシージャルモデリング

プリミティブ・スライス

カーブはモデリングに不可欠な要素です。プリミティブスライスは、Modoのカーブモデリング機能をさらに向上させます。
プリミティブシェイプをジオメトリにスライスすることができ、スライスエフェクタを使ってプロシージャルツールのバリエーションを活用する場合には、深さを制御してブーリアンエフェクトを生成することもできます。

スライスエフェクター

 

エッジに頂点を追加

Edge Subdivideは、選択された各エッジを複数のエッジに分割するだけで、エッジに沿った頂点の追加が容易になります。これはトポロジーを素早く修正・改良するのに非常に便利です。

 

ウェイト付きエッジを使ってMeshFusionで正確なベベルを作成

15.0ではメッシュフュージョンのワークフローが全面的に見直されました。15.2ではさらにフュージョンの選択モードを廃止しました。変更したい要素を選択するだけで、必要な情報が得られるようになりました。

 

Geodesic Distance Modifierを使って複雑なパターンを作成

3Dサーフェス上に2Dデザインをプロシージャルに生成することは、デザイナーにとって非常に価値のあることです。Geodesic Distance Modifierを使用すると、2点間の距離を求め、サーフェス上の2点間のパスをトレースすることができます。これにより、複雑なパターンの生成が可能となり、エキサイティングなプロシージャルモデリングの結果を得ることができます。

 

頂点法線の設定と最大法線を使ったメッシュの調整

頂点法線と頂点マップのコントロールは、3D全般、特にリアルタイムレンダラーにとって非常に重要な部分です。最大法線のオプションは、マテリアル スムージング プロパティの一部になりました。カラーツールとRGBの設定ノードに、不連続値のオプションが追加され、選択範囲の境界を越えたカラーブレンドがなくなりました。最後に、Set Vertex Normals MeshOpが追加され、プロシージャルツールセットで可能なことがさらに広がりました。

 

選択スタックを使ってスケマティックビューポートを整理

ModoのOrder Of Operationsシステムは非常に強力です。しかし、スケマティックビューポートでMeshOpやSelectionOpの順番を理解するのは難しいものです。15.1でMeshOp Stackノードが追加されました。15.2では、選択操作にもこの機能が追加され、スタックがノードグラフとどのように関連しているかをアーティストにわかりやすく伝えられるようになりました。

 

レンダリング

mPathを使ってレンダリング時にブーリアン効果を作る

mPathはFoundryの強力な新しいハイブリッド・パストレース・レンダラです。15.2では、Render booleansを追加しました。これにより製品やグラフィックのビジュアライゼーションのための断面図の作成が非常に簡単になりました。

 

機能強化

スクリプトエディターのクオリティ・オブ・ライフの向上

リリースのたびに既存の機能やワークフローに意味のある改良を加えようとしています。スクリプトエディタとスケマティックビューポートには、スクリプト作成とナビゲーションをより快適にするための多くの改良が加えられています。「インスタンスをレプリカに変換」では、インスタンスとレプリカの切り替えが容易になりました。

 

スケマティックビューポートの強化による生産性の向上

 

AVPプログレッシブモードでレンダリング品質の高いプレイブラストを作成

Playblast Advanced Viewport Progressiveノードでは、ビューポートのプレイブラストを作成する際に、プログレッシブ・アンチエイリアシングの利点を活かすことができます。

 

インポートしたテクスチャをPBRワークフロー用に素早く設定

PBR ローダーは、インポートされた PBR テクスチャを正しいポリゴンタグを持つグループに自動的に追加するようになりました。

 


今回はプリミティブスライス、エッジ分割、スケマティックの改善がよさそうです。

噂によるとModo 13から取り組んでいた技術的負債に関する作業が、目標の80%〜90%に達したらしいです。CコードがC ++に置き換えられているとのこと、これで言語が古く開発者が見つからない問題も解決するのかしら?以前のように開発加速してくれたら嬉しいですね。

また、グレッグさんがModoのプロダクトマネージャーに就任したようです。Foundry はユーザーとのコミュニケーションが上手く行ってないんじゃないかとの意見に「来年ロードマップや『modoの状態』について話し合うことができるかもしれません」とのこと、「次の数回のBrewO時にぜひご注目ください。ModoとFoundry全般の将来について、さらにいくつかの発表があります」と言うことで、何かビジョンが共有されるのかが気になりますね。

CG News

UnityがWetaDigitalエンジニアリングチームを買収

UnityがWetaDigitalのアーティスト用ツール、コアパイプライン、知的財産、エンジニアリングを16億ドルで買収したと発表しました。
ツールだけでなく市街環境、自然環境、動植物、人間、人工物、マテリアル、テクスチャ等のアセットもUnityに引き継がれた用です。

先日発表されたMayaや Houdini用のツールを販売するWeta DigitalのVFX サービスチームは、WetaFX の名称で独立会社として存続するようです。

https://blog.unity.com/ja/news/welcome-weta-digital

Unity は本日、Weta Digital のアーティスト用ツール、コアパイプライン、知的財産、そして世界的にも評価されるエンジニアリング人材買収の最終合意に達したことを発表しました。

アカデミー賞受賞で知られる Weta Digital の VFX サービスチームは、WetaFX の名称で独立会社として存続し、メディアおよびエンターテインメント業界における Unity 最大の顧客となります。

業界をリードする VFX ツールと Weta の素晴らしいチームが持つ技術力、そして Unity の開発とリアルタイム 3D に対する知識を組み合わせることで、メタバースの可能性を存分に解き放つツールをお届けしたいと考えています。

 

ツール紹介

  • Manuka:Manuka は最終版のフレームの生成に使われるパストレーシングレンダラーのフラグシップツールで、指定のスペクトルライティング設定における物理的に精確なレンダリングを行えます。
  • Gazebo:Gazebo はパイプラインが接続されたあらゆるアプリケーション内で、現実感のあるビジュアルと共にリアルタイムでシーンを確認できるコアインタラクティブレンダラーです。Gazebo の 3D ビューポートのリアルタイムレンダリングは、Manuka でのレンダリングに近づいているため、アーティストはどのアプリケーションを使用していても、最終版のフレームを想定したイテレーションが可能になります。また、Gazebo はプリビジュアライゼーションとバーチャルプロダクションワークフローのための制作パイプラインの中核をなします。
  • Loki:Loki は水、煙、毛髪、布地、筋肉、植物を含むビジュアルエフェクトの物理ベースシミュレーションを行います。クロスドメインカップリングと高精度数値ソルバーの使用により、複雑なシミュレーションにおいて物理的精確性が実現されます。
  • 物理ベースワークフロー:ライティングとカラーワークフローの基礎を提供する PhysLight、PhysCam、HDRConvert を含むツール群です。これらのツールを使用することで、アーティストはスペクトルベースのライティングを作成し、各種レンズ、センサーおよびパイプラインの他のパートの効果を精確に再現できます。これにより Gazebo と Manuka 両方のための物理的に精確なレンダリングワークフローが実現されます。
  • Koru:Koru は速度と複数キャラクターでのパフォーマンスに最適化された高度なパペットリギングシステムです。Koru を使用することで、テクニカルディレクターとデベロッパーは、ハイパフォーマンスアニメーションやクロスシミュレーション、その他の類似の応用を実現するための、コンストレイント、リグ、デフォーマー、パペットを作成できます。
  • Facial Tech:Facial Tech は高度なフェイシャルキャプチャとマニピュレーションのワークフローを提供し、機械学習を使用して顔の筋肉の直接操作とアクターの顔キャプチャの対象(パペット)モデルへの転写を行えます。
  • Barbershop:Barbershop は毛の成長からグルーミングまでの全ワークフローをサポートする毛髪と毛皮のためのツールセットです。アーティストはプロシージャルツールとアーティスト主導ツールの組み合わせにより、毛髪と毛皮の成長、成長パターンの調整、最終モデルのグルーミングを行えます。高度なプロシージャルツールは髪の毛の編み込みなどの概念に対応し、生成されるモデルは初めからシミュレーションに対応して、動作と風のもたらすリアルな動きを再現できます。
  • Tissue:Tissue により、アーティストとアニメーターは生物学的に正しいキャラクターの解剖学的モデルを作成できます。出来上がったキャラクターは筋肉と皮膚の正確な動作が反映されていて、シミュレーションツール群に転送できます。
  • Apteryx:Apteryx は、羽毛のプロシージャル生成、ハンドスカルプティング、アニメーション対応の羽毛を持つ生物や衣装のグルーミングに始まるフルセットのワークフローを可能にします。
  • World Building:世界の構築、レイアウト、惑星規模からより小規模までのセットの仕上げに対応したツール群です。Scenic Designer と Citybuilder を含みます。これらのツールにより、アーティストはプロシージャルにノードグラフを伴うシーンを作成し、プログラムを使ってコンテンツを配置し、配置を手動調整できます。
  • Lumberjack:Lumberjack はモデリングツール、編集ツール、デフォーメーションツールを含む植生用のコアツールセットを提供します。Lumberjack を使用することで、アーティストは植物トポロジーを作成、編集することができます。その要素にはアニメーションジオメトリ、詳細度(LOD)の管理、インスタンシング、個々のアセット間のバリエーション性が含まれます。
  • Totara:Totara は植生とバイオームのプロシージャルな繁茂とシミュレーション用のシステムです。Lumberjack と組み合わせて大規模で複雑なシーンをプロシージャルに生み出せます。アーティストは Totara を使って一本一本の木から森全体までを生み出すことができ、ツタなどの植生も生やし、成長パラメーターを調整したり、バイオメカニクスを制御したり、雪で覆ったり、シーンの複雑度とサイズを減らしたりすることができます。
  • Eddy:Eddy はボリューメトリックエフェクトを洗練させるための高度な液体、煙、炎の合成プラグインです。Eddy により、アーティストは新しい高品質な流体シミュレーションを生成し、合成環境の中で直にレンダリングすることができます。
  • Production Review:HiDef と ShotSub はプロダクションレビューのための基礎をなします。HiDef はプロダクションレビューの中核ツールで、コメント保存、バージョン閲覧などの機能を備え、正確な色を再現可能なブラウザーと再生エンジンが統合されています。ShotSub はプロダクションレビューの中核ツールで、適切な色空間、フレーム範囲、フレームレートと解像度設定のもとアーティストの作業結果をレビュー用に準備するツール群が含まれています。
  • Live Viewing:Live Viewing は配置済みカメラフィードによるリアルタイムでの CG コンテンツのミキシングを行うツール群です。オンセットビューのライブミキシング、クロマキーや他の CG エレメント上への CG エレメントのライブ合成、モーションキャプチャパペットへのフェイスキャプチャの深度に基づくライブ合成とプロジェクションをサポートします。
  • Projector:Projector はスケジューリング、リソーシング、予測をサポートする制作用ツールです。データアクセスの制御と制作における意思決定を向上させるための分析を行えます。

 

買収のもう 1 つの目玉は Weta Digital から Unity に引き継がれるアセットライブラリです。市街環境、自然環境、動植物、人間、人工物、マテリアル、テクスチャなど多くが含まれます。

WetaFX チームは、今後も大作映画とテレビ作品のために業界最先端の VFX 制作を続け、このアセットライブラリへのアセットの提供をさらに進めます。

CG News

HDR Light Studio - Xenon Drop 4

HDR Light Studio - Xenon Drop 4が公開されています。ブラックフライデーセール中でStudio Indie、Pro、Automotiveが15%OFFのようです。HDRモーションブラーが面白いですね。

https://www.lightmap.co.uk/blog/hdr-light-studio-xenon-drop-4/

 

進化したモーションブラー

HDR Light Studio - Xenon Drop 3では、HDRマップ用に使いやすいモーションブラーフィルターを導入しました。今回、最も要求の厳しいユーザーのニーズに応えるために、新たに高度なモーションブラーフィルターを追加し、追加のモーションブラーコントロールを提供しています。これにより、よりリアルでクリエイティブなモーションエフェクトが可能になりました。

カーブとチルト

モーションパスを任意の方向にカーブさせることができます。角を曲がるときのモーションブラーを再現するのに最適です。

 

ノイズプロファイル

パスにノイズプロファイルを追加することができます。ロードノイズの効果を再現したり、クリエイティブなライトトレイル効果を生み出すのに最適です。

 

深度画像

モーションブラーの量は、ロードされた画像の値によってピクセルごとにスケーリングすることができます。ユーザーが画像をペイントすることで、マップのどこにどれだけのモーションブラーをかけるかをコントロールすることができます。

 

Advanced Motion Blurは、自動車イメージの正確な反射や照明を作成するのに最適です。

 

新しい「高度なモーションブラー」フィルターの使い方は、以下のチュートリアルビデオをご覧ください。

 

NVIDIA Omniverseコネクション

NVIDIA Omniverse用の新しいHDR Light Studio拡張機能をリリースします。アーティストが使いやすいリアルタイム照明ツールキットを、3D制作パイプラインのためのNVIDIAの強力なマルチGPUリアルタイムシミュレーションおよびコラボレーションプラットフォームのユーザーが利用できるようになります。

この拡張機能は、HDR Light StudioとOmniverseの間にライブリンクを作成し、自動車、ビジュアライゼーション、エンターテイメントのアーティストが、正確でフォトリアリスティックな照明セットアップをより迅速に、直感的に、創造的に作成できるようにします。

HDR Light Studioライティングソフトウェアは、NVIDIAのアーティストが10年以上前からワークフローに欠かせないツールとして使用しています。その間、機能や互換性が向上し、マーケティングや広告イメージを制作するプロの3Dアーティストの間で高い評価を得てきました」と、NVIDIAのOmniverse開発プラットフォーム担当副社長のリチャード・ケリスは述べています。「この新しいOmniverse互換性リリースにより、我々のすべてのユーザーは、彼らのビジュアライゼーションを真に際立たせる直感的で高品質な照明ツールを利用することができます」。

新しいOmniverseの接続は、HDR Light Studio - Automotiveに含まれています。

 

アップデートされたBlender Connection

Blender Connection が更新され、Octane と RenderMan レンダラーのサポートが追加されました。
このリリースでは、Blender 2.93.2 以降のバージョンでのシーンエクスポートのバグも修正されています。

 

www.lauktien-friends.de のデジタルアーティストである Rüdiger Lauktien 氏は、新しい Blender Connection と Octane のベータテストを行いました。

「HDR Light StudioとOctaneを使ったBlenderでの作業は非常に中毒性があります。Cyclesと比較して、Octaneのレンダリングのリアルさと速さが気に入っています。しかし、Octaneはネイティブライトをサポートしていないため、ライティングのプロセスには時間がかかりました。Octane用のエミッシブメッシュを手作業で設定する必要がありました」。とRüdiger氏は言います。 「HDR Light Studioを使えば、製品撮影のための完璧な照明設定を簡単かつ迅速に行うことができます。必要な場所に正確にOctaneのライトを作成して配置し、製品のレンダリングを輝かせることができます」と述べています。

 

Cinema 4D R25コネクション

Cinema 4D R25 Connectionは、HDR Light Studio -Xenon Drop 4とともにリリースされ、Cinema 4D Physical Render、Redshift、Octane、Arnold、V-Ray 5、Coronaに対応しています。

 

Houdini 19 Connection - Coming Soon

Houdini 19 Connectionは、現在社内での品質テストを完了しており、数週間以内にリリースされる予定です。

リリースノートと互換性

完全なリリースノートは、HDR Light Studio - Xenon Drop 4のこちらをご覧ください。