ZBrush

CG News

ZBrush 2019

ZBrush 2019が発表されました。大きく扱われてるのはNPRですが、フォルダー機能、インターセクションマスカー、Zリメッシャー v3.0が便利そうですね。今回から月額プランが追加になったようです。
https://pixologic.jp/zbrush/zbrush-2019/

続きを読む

CG News

ZWrap for ZBrush

ZWrap for ZBrushがリリースされたようです。ZWrapは既存のトポロジを自動的にモデルにフィットさせるプラグインで、3Dスキャンされた人物のトポロジに変換を高速化するツールです。価格は$ 99 /年。
https://www.russian3dscanner.com/zwrap/

以前から似たようなソフトがあったなと思いましたが、スタンドアロンソフトのWarpXをZBrushに移植したものみたいです。

CG News

ZBrush 2018 リリース

ZBrush 2018 がリリーされたようです。ダイナミックテッセレーション「SCULPTRIS PRO」が気になります。
http://pixologic.com/features/index.php

Sculptris Proデモとして、ベータテスターが球体からスカルプトした画像が公開されています。
http://pixologic.com/features/spheres.php

SCULPTRIS PRO

ダイナミックなテッセレーションスカルプティングのワークフローであるSculputris Proは、ポリゴンによる制限を考えることなく、ただスカルプトすることができます。

 

プリミティブ投影

メッシュのリシェイプ、サーフェスへのカットイン、別なメッシュからの構築などのために、複数のプリミティブを使用することができます。

POLYGROUPIT

PolyGroup Itが提供されます。PolyGroupを削除、追加、コピー&ペースト、拡張または縮小、シンメトリに作成することや、さらにPolyPaint(ポリペイント)を使えば、あなたがまさに見たいと思っているPolyGroupを描画することができます。

 

その他
  • Curveモードの弾性オプション
  • Curveモードの液状オプション
  • Equidistant Gizmo Mesh Duplication
  • 描画サイズの記憶
  • 描画サイズ用Dynamicモードの記憶
  • Tessimate ジオメトリ
  • Normal アルゴリズムによる新しいPolyGroup
  • 3D プリントハブ用の出力サイズ増大
  • SculptrisPro用の新しい Snake Hook ブラシ
  • スタートアップ・デフォルト・ マテリアルの保存オプション
  • QuickSaveで、ついにあらゆるハードドライブへの保存が可能
  • ユニークログインサポートが附属した、新しいアクティベーションおよびライセンス管理システム
  • HDジオメトリのレベルが示されている場合、最高位のサブディビジョンレベルからディスプレイスメントマップを作成
CG News

Goz for Modo アップデート

Modo用のGoZを使用すると、ノーマル、ディスプレイス、テクスチャマップでシェーディングネットワークを再現する手間は必要はありません。
ワンクリックでGoZはZbrushシーンをModoに転送し、適切なシェーディングネットワークがすべて完成します。
メッシュをZBrushに送り返すことも簡単です.Mozoのトポロジーを大きく変えたとしても、GoZは既存の高解像度の詳細をメッシュに自動的に再マッピングします。
GoZはポイントやポリゴンの順番や完全な再マッピングが必要な操作など、メッシュエラーの修正を管理します。更新されたメッシュはマップの作成とModoへの転送の詳細がすぐにわかります。
https://community.foundry.com/discuss/post/1076158

特徴

  • GoZ for ModoはZbrushとModoの間のシームレスなブリッジを可能にし、素早く創造的なワークフローのために、スカルプトのディテール、トポロジー編集、マテリアルマップなどを自動的に運搬します。
  • GoZはZBrushのコア機能に基づいています。サポートされていないアプリケーションでもGoZの機能のZBrush部分を使用することができます。
  • GoZはZBrushとそのターゲットアプリケーション間で複数のツールやサブツールの転送をサポートします。
Tips

modoのGoZでサブディビをOFFにする方法

ZBrushからmodoにモデルをGoZすると、デフォルトではサブディビジョンが有効で読み込まれます。
重いデータが更に重い状態になってしまうため困ります。

スクリプトファイル GoZBrushToModo.py の以下の283行目に以下の1行を追加するとサブディビジョン無効状態でGoZからメッシュを読み込むことができます。

lx.eval(‘poly.convert face subpatch false’)

情報元 https://community.foundry.com/discuss/post/991296

CG News

ZBrush 4.0 Unleashed!!!

ZBrush 4.0がリリース開始されたようです。使いやすくなってるか気になります。

http://www.zbrushcentral.com/showthread.php?t=091973

ZProjects
* Save all loaded tools, document size, light, material, timeline and render settings in one click.
* ZBrush 4 even includes sample projects to help you discover new features.

Best Preview Render
* Renders Shadows, Ambient Occlusion, Fibers, SSS and Transparency with advanced anti-aliasing.
* Multi-pass rendering with Shadow, Color, Ambient Occlusion, Mask and Depth as separate maps.
* Render for still images or animations.

Project presentation
* Timeline for more than just simple turntables and animations.
* Keyframe management: copy, move, etc.
* Audio support with color beats for manual animation synchronization.
* Fade in/out and cut keyframes for nice transitions.
* Ease in/out keyframes.
* MDD animation file format support for exporting and importing animation.
* Animation-capable layers, Tools, ZSpheres, background and more.

Concept creation
* Shadow Box for free-form creation.
* Move Elastic Brush to create stretch-free extrusions.
* Reproject improved for more finely tuned control of the results.
* Mannequin for quick scene setup.
* TransPose units to help you in proportions and sizes.

Hard Sculpting
* Clip brushes for slicing your models.
* By Radius and By Polygroups modes for the Clip brushes.
* Shadow Box to create original sculpting bases, combined with radial symmetry.
* New Strokes: Circle, Square, Curves.

Major brushes:
* MatchMaker, the perfect brush to deform your mesh to conform to other 3D models.
* Deco brushes, turn, spin – perfect for creative patterns!
* Clay Buildup will be your new Clay brush for the rough sculpting.
* Move Elastic, Move Topo, Move Parts: Stretch and deform with no constraints.

Strokes:
* Roll mode improved with the Roll distance.
* New lasso/marquee selection mode, circle by center, perfect circle, curve for masking and hiding.
* Marquee, Lasso and Circle strokes working with symmetry for hiding, masking and slicing.

Pipeline and Productivity
* GoZ with Autodesk Maya (2008, 2009, 2010, 2011), Autodesk 3DSMax (2009, 2010, 2011), Luxology modo 401 (Sp2 to sp5),

Cinema 4D R11 and R11.5
* GoZ SDK for integrating GoZ in additional software packages.
* Xpose to explode all SubTools, making it easy to work on a hidden one or create stunning animated effects.
* SubTool Duplicate and Insert, List All + ABC, Merge All for more flexibility when working on complex models.
* Solo mode to quickly isolate the current SubTool.

3D Painting and Materials
* PolyPaint Layers for more freedom in 3D painting.
* SpotLight to edit textures on the fly and then use them to paint by projection.
* Gradient transparency for anti-aliased transparency in PolyPainting.
* New shaders: Fast Overlay and Fresnel Overlay for more effects in your materials.
* New Fresnel and SSS settings for more realistic materials!
* New Blinn Specular added to the default shader for a better skin specular effect.
* Large number of blending modes between materials: Add, Subtract, difference, darken, etc.

Misc
* Topology auto masking to protect closed areas which are not directly connected.
* Elasticity settings to stretch your model without stretching the topology.
* Orientation settings: rotate your alphas while sculpting.
* Tile alphas for more creativity with brushes.
* Non-Square alphas are supported, avoiding distortions.
* Contact support for SubTools: deform multiple SubTools while maintaining your defined contact points between them!
* Relax Deformation: relax your topology without altering the shape.
* Inflate Balloon Deformation for a variation of the relax deformation.
* Deformations are now in real-time when moving the sliders, giving you live feedback.
* New File menu to manage all content.

Plugins
* Decimation Master is now 64bits.
* Original size is kept when exporting with 3D Print Exporter.
* Unwrap all SubTools at once with UVMaster.
* New Multi-map exporter for fast and easy creation of many maps at once including: normal, displacement, ambient occlusion,

etc.
* Various additions in SubTool Master and TransPose Master.