Video

参考資料

Intel AI “Hoobox”

技術イメージ紹介的な映像。CPUのテクノロジー感の表現がいい感じ。

 

参考資料

Cascadeur:ディープラーニングポーズ予測ツール

Cascadeurのディープラーニングを使用したポーズ予測ツール(アルファ版)のムービーが公開されてます。
システムはキャラクターの体の6つのポイントを追跡します。首、腰、手首、足首の1つが動かされたとき、ソフトウェアはディープラーニングに基づいて自動的に他のものの位置を調整するようです。

フルボディーIKよりは気が利いてそうに見えます。ポーズが勝手に動くのは好みじゃないけど、細かいこと気にしなければ便利なのかな。

参考資料

Houdini Reel 2019

Houdini のリールはクオリティー高くて楽しそうでいいね。

参考資料

Talking animals | made with modo

modoを使用したCMとメイキング映像が公開されています。トラッキングにSyntheyes リグにCharacterBox、Modoのネイティブのファーマテリアル、AfterEffectsで合成とのことです。メイキングではテクスチャのペイントにもmodoを使用してるみたいですね。

参考資料

Artem Smirnov RnD reel

破壊、液体、エフェクトのRnDリール。シミュレーション時間が凄いことになってそう。

参考資料

MotionReel 2019

使用ツールはCinema4d、X-particle、Redshift、Octane、Cycles4d。

参考資料

Interdax Launch Video

Interdaxという暗号取引プラットフォームのローンチビデオだそうです。

参考資料

KandaoのAIを使用したスーパースローモーション変換

中国のカメラメーカー Kandaoが機械学習システムを使用して、30fpsの通常のビデオを最大300fpsの超スローモーションに変換できる「AIスローモーション」と呼ばれる新機能を発表しています。
この機能は360 / VRカメラであるObsidianとQooCamに適用され、どちらも高品質のスローモーションを作成できるカメラにアップグレードされる。
https://www.kandaovr.com/2019/04/09/kandao-cameras-use-ai-to-turn-normal-video-into-300fps-super-slow-motion/

新機能を使用すると、ユーザーは撮影後にフッテージを最大10倍のスローモーションできます。たとえば、元々8K 30fpsでキャプチャされた360度ビデオは8Kで240fpsのスローモーションに変換でき、4K 60fpsのビデオは4K 480fpsでエクスポートできます。