Video

参考資料

Dante’s Inferno Cinematic Trailer HD

インクのようなエフェクトがいい感じです。
最近こういった方向性のムービー多いですね>EA

参考資料

とらぶるツインズ

なんの事はない全年齢のPC用ギャルゲーです。
偶然アンテナに引っかかった。

妙に立ち絵が動くって話は珍しくもないのでスルーw
ギャルゲーくわしくないのですが、このゲームちょっと特殊?
サイトがしっかり作られてるわりに、原画は記載されてもシナリオが書かれてない。
おかしいな…と思いページを色々見てみると、コピーライトが「とらぶるツインズ製作委員会」と記載されている。

ちょっと調べるとゲームではなくCDとして流通してるっぽい。CDにゲームディスクが付いてくる。
発売はドワンゴ・エージー・エンタテインメント/TeraBytes Records。
ゲームは有名なエロゲブランド制作っぽいですね。TeraBytes Records関連。
変則的な販売のソフトは過去にもありましたが、なかなか興味深い。

参考資料

「Killzone 2」Opening Cinema HD

前にも見た記憶がありますが…フルではなかったのかな?
流れるようなカメラが良い感じ。

参考資料

Fishdog

ウナギ犬の親戚ですねw
カワイイ。他の作品も色の作りや、ハッとされるような演出が素晴らしい。
http://www.bittanimation.com/

参考資料

好きなギャルゲーの2Dムービー

ゲームで使用されるアニメムービー。
個人的には1999年までのGONZO制作ものが、3Dとの融合を感じさせられて好きだったりします。サターンのマクロスとかグランディアとか。
今回は簡素なムービーが多く、キャラの立ち絵がスライドするだけの作品が多いキャルゲーという括りで、ユンユンくる個人的に好きなムービーのご紹介。
ちなみにどのゲームタイトルも遊んだことがないw

■サクラ大戦3
3Dパートのカメラは勿論のこと、その後のキャラクターのダンスや塔の回転が素晴らしい。当時、驚きまくりでした。

■ef – the latter tale
minoriのゲームは新海さんが担当されてるので有名です。
このタイトルはコンポジットの美しさも、ダイナミックなカメラ移動も、抜きに出て良かったと思います。

■プリミティブ リンク
Purple softwareのゲームはこった物が多い。
冒頭のカメラ移動が好き。まねしてみたいですね。

■明日の君と逢うために
同じくPurple software。回転が好きだー

参考資料

好きなCGスタジオのリンク

いい感じのReelがみれたり、好きなCGあれこれ。

■Blur Studio
http://www.blur.com/

■The Embassy Visual Effects Inc
http://www.theembassyvfx.com/

■PSYOP
http://www.psyop.tv/

■kotoc
http://www.kotoc-produccions.com/cuatrobots/

■exopolis
http://www.exopolis.com/home/reels.php

■LEIF ARNE PETERSEN
http://leifarnepetersen.com/

 

■shilo
http://www.shilo.tv/

■KOO-KI
http://www.koo-ki.co.jp/

https://vimeo.com/kooki

参考資料

Ninja Blade TGS 08: Extended Trailer

現代の忍者は、必ずミサイル攻撃されるので大変そう。
武器収納でメタルウルフカオス思い出した。