Video

参考資料

“One Small Step” Official Trailer

宇宙飛行士になることを夢見る中国系アメリカ人の女の子、Lunaの話だそうです。リムライトの当て方とか絵の雰囲気やアニメーションがいい感じです。

参考資料

漫画家浅野いにお氏のキャラクターに命を吹き込む

キャラクターアニメーションの制作工程をノーカットで見れる貴重なウェビナーです。Mayaの特別な機能は使用しておらず、移動と回転のみでキャラクターをアニメーションする光景を見ることが出来ます。ソフトを問わず普遍的な作業手順なので、これからアニメーションを作りたい方にはよい参考になると思います。

ちなみにmodoを使用する場合、フェイシャルリグの頬を補正する機能はトランスフォームデフォーマとフォールオフ、ウェーブデフォーマの計算順はデフォーマスタックで同じような表現ができます。

 


Mayaでアニメーションにチャレンジしてみたい皆様向けに、プロフェッショナルのアニメーター、森江康太氏が全くのゼロからアニメーションを作成する様子をウェビナーでお届けします。
https://area.autodesk.jp/movie/maya-animation/

参考資料

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」制作風景

現在放送中のアニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の制作風景が作業工程ごとに公開されています。
海外フォーラム見てると日本のアニメ制作に関する情報の探し方がわからない。みたいな話しを見かけるので、国内の情報もまとめとこうかなと思います。

 

総作画監督

中割り

ペイント

背景

3DCG

撮影

参考資料

Land O’Lakes “Tub Butter”

コマ撮りアニメなんですが、やっぱりCGとは違う面白さがあっていいですね。

参考資料

Dakar 18

砂と埃のVFX以外はUE4で作られたムービーらしいです。キャラの質感はUE4の方が自然な気がします。
http://www.realtimeuk.com/video/dakar-18/

Bigmoon Entertainmentの「Dakar 18」は、我々のスタジオにとって重要なマイルストーンとなっています。これは初めてUE4で作ったゲームのシネマティックです。
私たちは、伝説のダカールラリーのスリリングで息を呑むほど現実的な描写を分かち合うことを誇りに思っています。予告編は、Houdiniで作成された砂と埃のVFXを除いて、完全にUE4エンジンで作られました。

Bigmoon Entertainmentが開発したビデオゲームのアセットとUnreal4エンジンを使用して、この予告編を作成しました。
エンジンの柔軟なテクノロジーにより、私達のプリレンダーパイプラインのプロダクションプロセスに容易に適応させることができ、既存のモデリング、テクスチャリング、アニメーションの強みをゲーム内のライブアセットとともに活用することができました。

UE4ではより創造的で流動的な開発プロセスを提示します。各シーンを開発しながらアーティストにリアルタイムのフィードバックを与え、インスピレーションを受けた実験やダイナミックワークフローに大きなチャンスをもたらしました。

参考資料

MechaStorm – Heroes of the Storm

海外スタジオによるアニメ風のCGムービーらしいです。だいぶレタッチ入ってる気がしますが、手描き風なエフェクトやハイライトがいい感じですねー。

参考資料

TOTAL WAR: Three Kingdoms

ゲームのムービー。水墨画っぽいエフェクトがカッコイイ。群集シーンのレンダリングやクロスも綺麗ですねー

参考資料

Merry Christmas 2017

クマのモーションや毛の質感が素晴らしい。

参考資料

BBC One Christmas 2017 | The Supporting Act

BBCのクリスマス広告だそうです。ストップモーションでキャラクターをアニメーションし、CGでフェイシャルを作って合成してるようです。いい感じの映像ですね。