Unreal Engine

CG News

EmberGenFX for OctaneRender ベータ版リリース

EmberGenFX for OctaneRender ベータ版がリリースされました。OctaneRenderサブスクユーザーはベータ期間中無料で利用できるようです。EmberGenFXとOctaneRender の統合バージョンの価格やリリース日は発表されてませんが、JangaFXによると標準のOctaneRenderサブスクリプションの有料アドオンになるらしいです。

レンダリング品質がいいですね。元NewTekでLightWaveの開発に携わってたLinoがデモビデオを公開してます。

https://render.otoy.com/forum/viewtopic.php?f=7&t=75386

 

EmberGenFXスタンドアロンの完全な商用ライセンスが追加料金なしで利用可能になりました。パブリックベータ期間中のすべてのOctaneRender 2020サブスクライバーが利用できます。

最終リリース時に、OTOYサブスクライバーはEmberGenFX(およびその後のLiquiGenFX)をBlender、Maxon Cinema 4D、3DS Max、Maya、Unity、Unreal、NukeなどのすべてのOctaneRender DCCプラグインに直接統合する機能を備えた、完全なEmberGenFXスイートにアップグレードするオプションを利用できます。

EmberGenFXパブリックベータ機能

  • リアルタイムの反復モーショングラフィックスワークフローとゲームボリュームに関する中間ベーキングプロセスをバイパスする、プロシージャルベースのパーティクルと流体シミュレーション
  • すべてのOctaneRender DCC統合で使用するVDBファイルとしてエクスポート
  • イメージシーケンスとボリュームのVDB、PNG、TGA、EXRエクスポートのサポート
  • シミュレーションおよびアニメーションキーフレーミング中に、EmbergenFXビューポートで完全にインタラクティブなリアルタイムレイマーチボリューム

 

更新履歴

  • 実験的なGPUパーティクル。GPUパーティクルが基礎となるシミュレーションデータを使用して移流される新しいレンダリングモード。単独で使用することもハイブリッドモードでボリュームレンダリングと一緒に使用することもできます。
    このモードは不安定で、一部の機能が不完全である可能性があります。ボリュームノードのGPUパーティクルにアクセスするには、レンダリングモードのドロップダウンでGPUパーティクルを選択します。「GPUP」で始まるプリセットは、これらの新しいGPUパーティクルを使用することを意味します。
  • イメージをエクスポートするためのアルファブレンディングが改良されました。描画モードは、SettingsではなくCaptureノードに表示されるようになりました。
    また、Straight Alphaモードには、透明な背景カラーの基本的な塗りつぶし形式があり、描画後のカラーは以前よりもわずかに良くなっています。
  • 個々のウィンドウのサイズを変更できるようになりましたが、レイアウトはまだ変更できません。
    ビューポートのサイズを変更すると、レンダターゲットのサイズのプレビューが表示されます。これは、ビューポート内直接スクリーンショットまたは記録機能を使用したときに生成されるイメージのサイズになります。
  • 書き出しモードでは、カメラは操作できなくなりました。
  • 基本的なログシステムを追加しました。毎日エンコードされるログは、「ログ」フォルダに表示されます。
  • 基本的なタイルレンダリングが追加されたため、長いレンダリングを実行してもUIの停止が少なくなり、最悪の場合、時間がかかりすぎてOSがドライバを強制的にクラッシュさせて回復させるためにクラッシュすることがなくなりました。
  • すべての書き出しイメージノードが完了したら、シミュレーションを一時停止するオプションを追加します。
  • EmberGenFXの起動時に更新された有効期限をチェック
  • タイムラインのズーム機能の改善
  • ノードグラフの相互作用の改善
  • ウィンドウタイトルのリフレッシュレートが向上しました。
  • 合計19の新しいプリセットが追加されました。
CG News

Deform Dynamics for 3ds Max

「Deform Dynamics」はマルチプラットフォームのクロスシミュレーションプラグインのようです。現在3ds Maxのプラグインをベータ中らしい。ゲームエンジンでも動くのは早そうでいいですね。
https://deformdynamics.com/
https://docs.deformdynamics.com/

概要

繊維と変形ボディーの未来的なアニメーションツール

Deform は変形可能オブジェクトの魅力的な3 Dアニメーションをリアルタイムで作成するためのツールです。3 DS MAXなどの現在のアニメーションツールは静止シーンには最適ですが、リアルタイムアニメーション用にはまったく設計されていません。

 

特徴

  • 3 DS MAXと同等の(または高い)品質ですが、10~100倍高速です。
  • リアルタイムで、バーチャルリアリティで自然なインタラクションを可能にします。
  • インタラクティブ性は、ほとんどの設計者が新しいオブジェクトの作成時に経験する試行錯誤のループを短縮します。

仕様

物理エンジンはC++とCUDA Cで記述されています。このエンジンはマルチコアCPUとマルチスレッドGPUの並列計算機能を利用して、正確で信頼性の高いアニメーションを生成しながら、優れたパフォーマンスとスケーラビリティを実現します。

  • メッシュコライダ。アニメートされたキャラクタとの正確な衝突。
  • マルチレイヤード。アニメのキャラクターは重ね着ができます。
  • リアルな摩擦。

 

サポートされるプラットフォーム

Deform Animation Tool は、Unity、Blender、Unreal Engine、Maya、AutoDeskをサポートしています。

 

制限事項

  • 現在、GPUを使用したシミュレーションでは、CUDA対応のNVIDIAグラフィックスカードのみがサポートされています。
  • 衝突システムには、高性能なシミュレーションを提供するために、2つの基本的な制限があります。
    • 自己衝突は現在、球-球交差テストを使用して検出されています。これにより、布地が衝突したときに不自然な動作が発生することがありますが、高忠実度の衣服をシミュレートしたときにはほとんど目立ちません。
    • 衝突は時間的に離散的です。これは、非常に速い速度では、一部の衝突が失敗する可能性があることを意味します。にもかかわらず、衝突はぴったりした衣服を着た高速で移動するキャラクタをシミュレートするのに十分な強度を備えています。
  • 弾性材料の動的挙動を近似して性能を最大化しました。このようにして作成されたアニメーションは、CAD、視覚効果、ビデオゲームなどのインタラクティブなグラフィックスアプリケーションに、視覚的に妥当なものであり、完全に適しています。

 

技術背景

ライブラリの背景にある技術的な背景について学ぶには、以下を読むことをお勧めします。

Vivace: a Practical Gauss-Seidel Method for Stable Soft Body Dynamics

CG News

Unreal Engine 5 初公開

Epic GamesはPlayStation 5でライブで実行されている次世代のUnreal Engine 5のリアルタイムデモの映像を公開しました。驚くようなグラフィックですね。
https://www.unrealengine.com/ja/blog/a-first-look-at-unreal-engine-5?lang=ja
https://www.fxguide.com/fxfeatured/ue5-first-look/

Lumen in the Land of Naniteデモ

デモはゲームのようですが、実際のゲームやプロトタイプではありません。 UE5の機能を示すためだけに特別に作成されました。Epicチームはまるで新しいゲームの一部であるかのように、完全にインタラクティブに体験できる短い作品を作ることにしました。数多くのチームとテクノロジーが集まり、表示品質を飛躍的に向上させました。

「すべてが動的なので、どのオブジェクトでも移動できます。そのすべてが完全に動的なGIと兵士の各像だけでも、3,000万を超える三角形です」とLibreriは指摘します。Naniteジオメトリテクノロジーを示す大きなシーンは、Quixel Megascansライブラリを多用しました。Quixelは現在Epicの一部であり、最大で数億のポリゴンを持つフィルム品質のオブジェクトを提供します。

 

Nanite

Naniteは仮想化されたマイクロポリゴンジオメトリシステムであり、驚異的なジオメトリのディテールを可能にします。長年にわたり、フィルムグレードのアセットとゲームアセットとの間には大きな隔たりがあります。アセットの変換は単純でも迅速でもありませんでした。
特殊な低解像度メッシュ、法線マップ、およびより高い幾何学的複雑さをエミュレートする一連のトリックを使用して、リアルタイムコンテキストで使用するためにフィルムアセットの解像度を下げるために最適化を行う必要がありました。

Nanite仮想化ジオメトリにより、文字通り数億または数十億のポリゴンを持つフィルム品質のソースアセットをUE5に直接インポートできます。ZBrush、フォトグラメトリー、CADデータで生成されたアセットはすべてUE5にインポートできます。
Naniteジオメトリはリアルタイムでストリーミングおよびスケーリングされるため、複雑なポリゴンバジェット、ポリゴンメモリバジェット、描画カウントバジェットは必要ありません。
また、法線マップにディテールを焼き付けたり、ディテールレベル(LOD)を手動で作成したりする必要もなくなります。Natiteはプロセスを仮想化するので、Mipmapの動作とは異なり品質の目に見える損失はありません。

3,000万を超える三角形でインポートされたZBrushモデル。LODやベイクマップはありません。

 

Lumen

Lumen は完全に動的なグローバルイルミネーション ソリューションで、シーンやライトの変更に対して即座に反応します。レイトレーシング向けの特別なハードウェアは必要としません。
このシステムはキロメートルからミリメートルまでの規模の巨大で詳細な環境において、無限のバウンスと間接スペキュラ反射を利用し、ディフューズ相互反射をレンダリングします。Lumen を使用することで、アーティストやデザイナーはさらに動的なシーンを制作できるようになります。

例えば、時間経過による太陽角度の変化、懐中電灯の点灯、天井に穴を開ける爆破などに対して、間接ライティングが適応的に変化します。Lumen によってライトマップのベイクが終わるまで待つ必要も、ライトマップ UV の作成の必要もなくなります。時間が大幅に削減されます。アーティストが Unreal Editor の中でライトを動かすだけで、ライティングの見た目はゲームをコンソールで実行した場合と同じになります。

ダイナミックグローバルイルミネーション

前の世代よりも非常に大きく詳細なシーンをサポートするために、PlayStation 5はストレージ帯域幅を劇的に拡大します。デモでは物理と破壊システムの Chaos、Niagara VFX、Convolution reverb、Ambisonics レンダリングといった既存のエンジンシステム機能についても活用しています。

デモは複雑なパーティクルの相互作用と相互接続性を示しています。あるシーンでは、たいまつがパーティクル駆動型の虫を駆り立て、虫が互いに通信し、環境を理解できるように虫を暗闇に散らします。Niagara には群れ行動の強化もあり、すべてがはるかに複雑で自然な背景要素を可能にします。

キャラクターでは、キャラクターの重心を支援する新しいツールがあり、複雑な地形の上を歩くための新しい予測的な足の配置があり、ゲームデザイナーはコンテキストキャラクターアニメーションをシームレスにトリガーして、キャラクターを頼りにしたり、エフェクトをかけたり、それらが近づくオブジェクトを移動します。

「これらすべてのツールを提供するという私たちの哲学は、人々がゲームに必要なコンテンツを簡単に作成できるようにすることで、ゲームプレイに集中したり、映画を制作している場合は、素晴らしいストーリーの作成に集中したりできます。そして、クリエイティブに力を与えることで、彼らが実際に追跡に近づくことができ、必要のないことをしたり、努力を複製したりするのに時間を無駄にしないようにします」とLibreriは説明します。

 

UE4およびUE5

2020年5月にリリースされたUnreal Engine 4.25は、PlayStation 5とXbox Series Xをサポートしています。Epicは、コンソールメーカーや、Unreal Engineを使用する数十のゲーム開発者やパブリッシャーと緊密に協力して、次世代ゲームを構築しています。

UE5はUE4との上位互換性があるため、現在UE4で構築している開発者はプロジェクトをUE5に簡単に移行できます。アンリアルエンジン5は、2021年の初めにプレビューで利用可能になり、2021年の終わりに完全リリースされて、次世代コンソール、現行世代のコンソール、PC、Mac、iOS、およびAndroidをサポートします。

次世代コンソールをターゲットとする開発者は、UE4でビルドを開始し、必要に応じてプロジェクトをUE5に移植することをお勧めします。

制定法は500回インスタンス化され、制定法だけで160億の三角形を表す。

ロイヤリティ

アンリアルエンジンのロイヤリティは、100万ドルのゲーム内収益を免除しました。これは以前よりも大幅に増加しています。2020年5月13日から有効になり、2020年1月1日まで遡ってロイヤルティの免除額が、タイトルあたり1,000,000ドルに増加し以前の総収益レベルの四半期あたり3,000ドルから増加しました。チームがすでにロイヤリティを支払っている場合、Epicは差額を払い戻します。

 

Epic Online Services

EpicのFortniteをプレイする際の印象的な側面の1つは、同じエクスペリエンスとユーザーデータが共有され、さまざまなプレイモードやデバイス間で引き継がれることです。
Epicは現在、Fortnite用に作成したサービスを他のゲーム開発者に提供しています。例:フレンド、マッチメイキング、ロビー、アチーブメント、リーダーボード、アカウント:PlayStation、Xbox、Switch、PC、Mac、iOS、Androidの7つの主要なプラットフォームで共有できます。

Epicは、シンプルなマルチプラットフォームSDKを使用して、Epic Online Servicesをすべての開発者に無料で提供しています。つまり、開発者はこれらのサービスを会社独自のアカウントサービス、プラットフォームアカウント、またはEpic Gamesアカウントと組み合わせて組み合わせることができます。

 

Epic Games

企業としてのEpic Gamesは、世界的なシャットダウンから恩恵を受けており、ゲームの世界的な成長は巨大で、ゲームの販売は一般的に35%、オンラインゲームは70%以上増加したとの推定があります。

現在Fortniteは世界最大のソーシャルグラフを持ち、3億5000万人以上のプレーヤーと22億人の友達とのつながりが5億のデバイスにまたがっています。重要なことにEpicはFortniteの範囲を拡大し、より多くの 「ライブ」 コンサートを提供し、単なるゲーム以上のものとして強化しています。

参考資料

UEの新しい自動車マテリアルパック

Unreal Engine用に2016年にリリースされた無料の自動車マテリアルパックが更新されたようです。10のマスターマテリアルと150を超えるインスタンスの完全に新しいセットが付属。
ムービーを見ると、かなり綺麗で実用的なマテリアルに見えます。
https://www.unrealengine.com/en-US/blog/new-automotive-materials-pack-now-available-on-the-marketplace-for-free

CG News

Twinmotion 2020 リリース

Twinmotion 2020がリリースされました。Twinmotionは去年無料公開されていましたが、今回から有料リリースになります。

[価格]

  • 永久ライセンス$499(現在50% OFFの$249ドルで提供中)
  • 学生と教育者向けは無料
  • 以前TwinmotionをダウンロードしたユーザーにはTwinmotion 2020.1が無料で提供
    (資格はアカウントに自動的に追加され、ソフトウェアはEpic Gamesランチャーからアクセスできます)

https://www.unrealengine.com/en-US/get-now/twinmotion
https://www.unrealengine.com/en-US/blog/twinmotion-2020-1-delivers-new-levels-of-realism-and-much-more

新機能

  • 自動露出
  • エリアライト
  • ボリュームライト
  • フォトスキャンされたポーズ済みのアニメーション人間
  • 植生の成長
  • 植生散乱
  • 草フェード距離
  • ノートオブジェクト
  • BCFエクスポート
  • ビデオマテリアル
  • Xレイ マテリアル
  • すりガラスマテリアル
  • カスタムカットアウト
  • カスタムデカール
  • Rhino Direct Linkプラグイン
  • 動的解像度
  • V-sync
  • タッチスクリーンの完全サポート

強化された照明とレンダリング

屋外のシーンには物理​​的に基づいた新しい大気の太陽と空があり、美しい夕日を含むさまざまな場所、季節、時刻を正確に反映するより現実的な空を提供します。

新しいエリア照明とボリューム照明を使用すると、天井パネルや窓などの大きな表面からの照明をシミュレートし、霧、霧、ほこり、煙でシーンに雰囲気を加えることができます。
また、被写界深度機能は映画のような効果を実現するために、実際のカメラの機能に非常によく似ています。室内から野外へ、またはその逆に移動するときに、より良い視聴体験を提供する新しい自動露出オプションもあります。

マテリアルでは、通気口や配管などの遮蔽されたオブジェクトを表示するための新しいXレイ マテリアル、フロストガラスマテリアル、発光グローマテリアル、ビデオをマテリアルが追加されています。

強化された植生システム

Twinmotionの植生システムは、手続き型の有機3DモデラーXfrogからの新しい高解像度ツリーアセットから始まり、いくつかの重要なアップグレードを取得します。
以前のアセットより桁違いにポリゴンが多いツリーは、3つの異なる年齢と4つ季節になります。リアリズムをさらに強化するために、マテリアルのテクスチャ解像度が向上しました。葉を通過する光のフィルタリングの効果を描写するサブサーフェススキャタリングを備えた新しい両面フォリッジシェーダーがあり、風はリーフレベルでシミュレートされます。

すべての茂みを含む他の植生アセットは、高品質のQuixel Megascansアセットに置き換えられました。

多くの建築プロジェクトやランドスケープデザインプロジェクトでは、新しい植栽が長期にわたってどのように発展するかを視覚化することが重要であり、場合によっては必須の要件です。Twinmotion 2020では成長スライダーを使用して、提供された3つの樹齢をブレンドおよびスケーリングすることにより、数年後、そしてすべてが完全に成熟したときにプロジェクトがどのように配信を見るかを簡単に示すことができます。

この領域の他の新機能には、選択したジオメトリに植生を適用する新しい散乱ツール、草のカスタマイズオプションの追加、ペイントシステムの改善などがあります。

忠実度の高い人間

3D人間キャラクターのビルトインライブラリは、新しい高品質の写真スキャンアセットに置き換えられ、シーンの信頼性と雰囲気が向上しています。
62個のモーションキャプチャアニメーションキャラクターがあり、それぞれに5つの着替えがあり、さらに82個のポーズの整ったキャラクターがあるため、さまざまなバリエーションがあります。すべてのキャラクターはarchvizに 3Dの人々を提供することに特化したAXYZ designから供給されています。

Rhinoとのワンクリック同期

Twinmotion 2020では、SketchUp Pro、Revit、ARCHICAD、RIKCADに加えて、Direct LinkでサポートされるパッケージのリストにRhinoが追加されています。これにより、組織と階層を保持しネイティブマテリアルをTwinmotion PBRマテリアルに自動的に置き換えながら、RhinoとGrasshopperのデータをシングルクリックでTwinmotionに同期できます。SketchUp Pro 2020のサポートも更新されました。

プロジェクトのプレゼンテーションとレビュー

BIMmotionの後継である新しいTwinmotionプレゼンターを使用すると、スタンドアロンビューアーで個々のプロジェクトを軽量のパッケージ化された実行可能ファイルとして共有できるため、クライアントと利害関係者はTwinmotionをインストールしなくてもプロジェクトを確認できます。
複数の視点とカメラパスを持つプレゼンテーションを簡単に作成できます。ビューはフリー、ガイド、またはロックに設定でき、視聴者が自由に探索できるか、事前に選択した位置からのみプロジェクトを表示するか、レンダリングされたアニメーションのみを再生するかを選択できます。

デザインレビューでフィードバックを提供したり、ブランド名や価格設定などの非ビジュアルデータを記録したりする場合、新しいノートツールは、情報がコンテキストでキャプチャされることを確認するのに最適です。
注釈はzipファイルでBCF形式(IFC標準)にエクスポートし、Revit、ARCHICAD、または他の多くのBIMパッケージにロードして、反復プロセスを合理化できます。

参考資料

The Virtual Production of The Mandalorian, Season One

The Mandalorian,Season Oneで使われているバーチャル制作技術の舞台裏の紹介ビデオが公開されています。以前Epic GamesがUnreal Engineを使用したバーチャルプロダクションツールを研究していましたが、それを実戦投入という感じでしょうか。

マンダロリアン・シーズン1の50%以上がこの画期的な新しい方法論を使って撮影されたため、ロケの必要性はまったくなくなりました。その代わり俳優は、没入型の高さ20インチ、270度の半円形LEDビデオウォールと天井で、直径75インチのパフォーマンススペースを使用し、実際のセットピースと画面上のデジタル拡張機能を組み合わせました。

ILMによって作成されたデジタル3D環境は、撮影中にリアルタイムで編集されたLEDウォール上でインタラクティブに再生され、NVIDIA GPUを搭載したシステムによって高解像度でレンダリングされたピクセル精度のトラッキングとパースペクティブ補正3D画像を可能にしました。

環境はカメラの視点から照らされてレンダリングされ、リアルタイムで視差を提供します。まるでカメラが俳優や実用的なセットで正確なインタラクティブライトを使用して物理的環境を実際にキャプチャして、撮影中のビジュアルエフェクト主導の作業のために具体的な創造的な選択を行い、リアルタイムのカメラ内合成を実現します。

インカメラ合成とエフェクトをオンセットで使用するために実用的なものにするために必要なテクノロジーとワークフローは、Golem Creations、Fuse、Lux Machina、Profile Studios、ARRIなどのパートナーの創意工夫とILMのStageCraft仮想制作映画制作プラットフォーム、そして最終的にはUnreal Engineプラットフォームのリアルタイムインタラクティビティを組み合わせたものです。

参考資料

無料のTwinmotionマテリアルコレクションがUEで利用可能

無料のTwinmotionマテリアルコレクションがマーケットプレイスで利用可能になったようです。レンガ、コンクリート、生地 、グラス、草と土、木材 、プラスチックなどのマテリアルが497個公開されてます。
https://www.unrealengine.com/en-US/blog/free-twinmotion-materials-collection-now-available-for-unreal-engine-on-the-marketplace
https://www.unrealengine.com/marketplace/ja/product/twinmotion-materials

現在Marketplaceで入手可能なこれらの豊富で強力なマスターマテリアルは、最新のレイトレーシングの進歩をサポートし、ベストプラクティスを使用して約500のPBRマテリアルの使用方法を定義しています。この作業には次のものが含まれます。

  • レイトレーシングの特定の最適化
  • レリーフが必要なマテリアルの視差オクルージョンマッピングなどの高度なシェーディングテクニックは、レンガなどのサーフェスに便利です。
  • オブジェクトのUVを使用したり、3平面マッピングを使用したりする機能。適切なUV座標が指定されていない可能性があるオブジェクト上のテクスチャを自動的に位置合わせすることで、テクスチャの位置合わせを支援します。
  • 実世界のスケールを定義する機能

参考資料

サイクロングラフィックス、リアルタイム レンダリングで人気漫画をアニメーション化

Unreal Engineを使用して背景を制作せいているアニメ「ノー・ガンズ・ライフ」の記事が公開されています。画像が大きいので細かな所まで見られるのがいいですね。
https://www.unrealengine.com/ja/spotlights/cyclone-graphics-turns-comics-into-animation-with-real-time-rendering

ちなみに背景はUnreal Engineが使用していますが、背景以外では3dsMaxも使用されてるようです。偶然なのかガルパンと同じですね。

続きを読む

CG News

Epic GamesがQuixelを買収

Epic Gamesはフォトグラメトリーによる3Dスキャンデータライブラリを公開しているQuixelを買収したようです。

1万点を超えるMegascansアセットはUnreal Engineユーザーが無料で利用できるようになり、UE4以外のユーザーのアセットコストは削減されます。当初ベータ終了時に$99のスタンドアロンアプリケーションになる予定だったMixerBridgeは無料でリリースされます。最初の無料バージョンであるMixer 2020とBridge 2020は今年後半に出荷予定。

Quixelは元の名前を残し、6か国で100名を超える従業員全員がEpic Gamesに参加します。
https://www.unrealengine.com/en-US/blog/epic-games-and-quixel-join-forces-to-empower-creators

https://quixel.com/blog/2019/11/12/quixel-joins-forces-with-epic-games

MegascansがUnreal Engineで使用できるようになります

Megascansライブラリは、Unreal Engineで使用するために完全に無料になりました。

つまりMegascansをUE4で使用している場合、BridgeとMixerおよびUnreal Engine Marketplaceの豊富なMegascansパックを介して、すべてのMegascansに無料で無制限に即座にアクセスできます。10の高解像度パックが本日、Unreal Engine Marketplaceで無料で共有され、追加のアセットパックはUnreal Engine 4.24のリリース期間内にMarketplaceで無料で利用できるようになります。これにより好きな方法でコンテンツにアクセスできます。

UE4でのみMegascansを使用している場合、2019年のすべてのサブスクリプションを払い戻します。アクティブなサブスクリプションをお持ちの場合は、ログインして払い戻しを取得する方法を確認してください。2019年にMegascansを購入したが、有効なサブスクリプションがない場合は払い戻しについて連絡します。

Megascansサブスクリプションの価格がすべての人に対して低下しました

Epic Gamesの支援により、Megascansの価格設定を即座に削減し、ダウンロードするコンテンツをほぼ2倍にし、解像度キャップを削除します。サブスクリプション期間の残りの期間についても払い戻しを行っており、新しいプランのいずれかに飛び乗ることができます。有効なサブスクリプションをお持ちの場合は、ログインして払い戻しを取得する方法を確認してください。

Bridge と Mixer 2020はすべての人に100%無料です

Epicは今後の2020バージョンのBridgeとMixerをすべての人に100%無料で提供するのに役立ちます。サブスクリプションは不要で両方とも完全に機能します。私たちは新しい無料バージョンを今から数週間以内にリリースします、そして最終的にあなたと今後のアップデートを共有できることを嬉しく思います。

Bridge 2020

Bridge 2020は大幅に改善されたブラウジングエクスペリエンスをもたらし、時間を可能な限り節約し、創造性を刺激するように設計されています。

閲覧はより視覚的で関連性が高く、楽しくなりました。ほぼ100の新しいコレクションが追加され、検索バーがよりスマートになり、強力なフィルタリングが導入されました。さらにフィードする画像内のすべてのアセットを検索するAI検索機能を実装しました。これにより、現実世界のリファレンスやコンセプトアートがあるかどうかに関係なく、環境計画が大幅に容易になります。

Mixer 2020

Mixer 2020は3Dペインティング、リアルタイム3D Curvature、スマートマテリアルなどを導入しました。

このアップデートでは最終的にMixerを究極にするための別のステップとして、3Dブラー、グループ化、マップ固有のブレンド、高度なAOミキシング、ボックス投影、マテリアルIDマスキング、3D位置グラデーション、3D法線も導入しました。現在、無料のテクスチャアプリです。

つまりスマートマテリアル、3Dペイントメッシュの設計、タイル化可能なサーフェスの作成をすべて1つのアプリで行うことができます。QuixelMixer 2020はスキャンデータ、PBRペインティング、手続きオーサリングをシームレスに融合し、毎日10,000回のスキャンと新しいコンテンツのローリング。Mixer 2020はオーガニック、ハードサーフェス、フォトリアル、または定型化されたテクスチャリングを対象としても、3Dまたは2Dで作業していても、最終的にカバーします。

CG News

Modo QuickExport Plugin

ゲームやチーム向けにモデルを手軽にエクスポートするキットが公開されています。価格は$10。
https://gumroad.com/l/jWtAW

概要

QuickExportはゲームやチーム向けに特別に設計された時間を節約するツールキットであり、従来のほとんどのパイプラインに適応することができます。

自動更新

MLToolsキットの一部であるQuickExportには自動更新機能が付属しており、修正や改善を行ったときに最新情報を簡単に入手できます。

特徴
  • シーンディレクトリに基づいてアイテムごとに保存されたパスをエクスポートします
  • シーンのエクスポートアイテムを簡単に識別するためのドッキング可能なエクスポートインターフェイス
  • アイテムまたはワールドスペースのエクスポート
  • 階層のマージ(およびルートのマージ)
  • MeshOp、Deformerおよびインスタンスのサポート
  • 設定可能なエクスポートパスプリセット
  • 構成可能なパスの置換(ゲームへのソース)
  • FBXプリセットおよび上記すべてのアイテムごとの設定
  • ジオメトリに適用されたモーフをエクスポートします
  • 階層のクリーンアップ
互換性

主にModo11および13でテストされていますが、今後のバージョンも引き続きサポートします。