Unreal Engine

参考資料

UEの新しい自動車マテリアルパック

Unreal Engine用に2016年にリリースされた無料の自動車マテリアルパックが更新されたようです。10のマスターマテリアルと150を超えるインスタンスの完全に新しいセットが付属。
ムービーを見ると、かなり綺麗で実用的なマテリアルに見えます。
https://www.unrealengine.com/en-US/blog/new-automotive-materials-pack-now-available-on-the-marketplace-for-free

CG News

Twinmotion 2020 リリース

Twinmotion 2020がリリースされました。Twinmotionは去年無料公開されていましたが、今回から有料リリースになります。

[価格]

  • 永久ライセンス$499(現在50% OFFの$249ドルで提供中)
  • 学生と教育者向けは無料
  • 以前TwinmotionをダウンロードしたユーザーにはTwinmotion 2020.1が無料で提供
    (資格はアカウントに自動的に追加され、ソフトウェアはEpic Gamesランチャーからアクセスできます)

https://www.unrealengine.com/en-US/get-now/twinmotion
https://www.unrealengine.com/en-US/blog/twinmotion-2020-1-delivers-new-levels-of-realism-and-much-more

新機能

  • 自動露出
  • エリアライト
  • ボリュームライト
  • フォトスキャンされたポーズ済みのアニメーション人間
  • 植生の成長
  • 植生散乱
  • 草フェード距離
  • ノートオブジェクト
  • BCFエクスポート
  • ビデオマテリアル
  • Xレイ マテリアル
  • すりガラスマテリアル
  • カスタムカットアウト
  • カスタムデカール
  • Rhino Direct Linkプラグイン
  • 動的解像度
  • V-sync
  • タッチスクリーンの完全サポート

強化された照明とレンダリング

屋外のシーンには物理​​的に基づいた新しい大気の太陽と空があり、美しい夕日を含むさまざまな場所、季節、時刻を正確に反映するより現実的な空を提供します。

新しいエリア照明とボリューム照明を使用すると、天井パネルや窓などの大きな表面からの照明をシミュレートし、霧、霧、ほこり、煙でシーンに雰囲気を加えることができます。
また、被写界深度機能は映画のような効果を実現するために、実際のカメラの機能に非常によく似ています。室内から野外へ、またはその逆に移動するときに、より良い視聴体験を提供する新しい自動露出オプションもあります。

マテリアルでは、通気口や配管などの遮蔽されたオブジェクトを表示するための新しいXレイ マテリアル、フロストガラスマテリアル、発光グローマテリアル、ビデオをマテリアルが追加されています。

強化された植生システム

Twinmotionの植生システムは、手続き型の有機3DモデラーXfrogからの新しい高解像度ツリーアセットから始まり、いくつかの重要なアップグレードを取得します。
以前のアセットより桁違いにポリゴンが多いツリーは、3つの異なる年齢と4つ季節になります。リアリズムをさらに強化するために、マテリアルのテクスチャ解像度が向上しました。葉を通過する光のフィルタリングの効果を描写するサブサーフェススキャタリングを備えた新しい両面フォリッジシェーダーがあり、風はリーフレベルでシミュレートされます。

すべての茂みを含む他の植生アセットは、高品質のQuixel Megascansアセットに置き換えられました。

多くの建築プロジェクトやランドスケープデザインプロジェクトでは、新しい植栽が長期にわたってどのように発展するかを視覚化することが重要であり、場合によっては必須の要件です。Twinmotion 2020では成長スライダーを使用して、提供された3つの樹齢をブレンドおよびスケーリングすることにより、数年後、そしてすべてが完全に成熟したときにプロジェクトがどのように配信を見るかを簡単に示すことができます。

この領域の他の新機能には、選択したジオメトリに植生を適用する新しい散乱ツール、草のカスタマイズオプションの追加、ペイントシステムの改善などがあります。

忠実度の高い人間

3D人間キャラクターのビルトインライブラリは、新しい高品質の写真スキャンアセットに置き換えられ、シーンの信頼性と雰囲気が向上しています。
62個のモーションキャプチャアニメーションキャラクターがあり、それぞれに5つの着替えがあり、さらに82個のポーズの整ったキャラクターがあるため、さまざまなバリエーションがあります。すべてのキャラクターはarchvizに 3Dの人々を提供することに特化したAXYZ designから供給されています。

Rhinoとのワンクリック同期

Twinmotion 2020では、SketchUp Pro、Revit、ARCHICAD、RIKCADに加えて、Direct LinkでサポートされるパッケージのリストにRhinoが追加されています。これにより、組織と階層を保持しネイティブマテリアルをTwinmotion PBRマテリアルに自動的に置き換えながら、RhinoとGrasshopperのデータをシングルクリックでTwinmotionに同期できます。SketchUp Pro 2020のサポートも更新されました。

プロジェクトのプレゼンテーションとレビュー

BIMmotionの後継である新しいTwinmotionプレゼンターを使用すると、スタンドアロンビューアーで個々のプロジェクトを軽量のパッケージ化された実行可能ファイルとして共有できるため、クライアントと利害関係者はTwinmotionをインストールしなくてもプロジェクトを確認できます。
複数の視点とカメラパスを持つプレゼンテーションを簡単に作成できます。ビューはフリー、ガイド、またはロックに設定でき、視聴者が自由に探索できるか、事前に選択した位置からのみプロジェクトを表示するか、レンダリングされたアニメーションのみを再生するかを選択できます。

デザインレビューでフィードバックを提供したり、ブランド名や価格設定などの非ビジュアルデータを記録したりする場合、新しいノートツールは、情報がコンテキストでキャプチャされることを確認するのに最適です。
注釈はzipファイルでBCF形式(IFC標準)にエクスポートし、Revit、ARCHICAD、または他の多くのBIMパッケージにロードして、反復プロセスを合理化できます。

参考資料

The Virtual Production of The Mandalorian, Season One

The Mandalorian,Season Oneで使われているバーチャル制作技術の舞台裏の紹介ビデオが公開されています。以前Epic GamesがUnreal Engineを使用したバーチャルプロダクションツールを研究していましたが、それを実戦投入という感じでしょうか。

マンダロリアン・シーズン1の50%以上がこの画期的な新しい方法論を使って撮影されたため、ロケの必要性はまったくなくなりました。その代わり俳優は、没入型の高さ20インチ、270度の半円形LEDビデオウォールと天井で、直径75インチのパフォーマンススペースを使用し、実際のセットピースと画面上のデジタル拡張機能を組み合わせました。

ILMによって作成されたデジタル3D環境は、撮影中にリアルタイムで編集されたLEDウォール上でインタラクティブに再生され、NVIDIA GPUを搭載したシステムによって高解像度でレンダリングされたピクセル精度のトラッキングとパースペクティブ補正3D画像を可能にしました。

環境はカメラの視点から照らされてレンダリングされ、リアルタイムで視差を提供します。まるでカメラが俳優や実用的なセットで正確なインタラクティブライトを使用して物理的環境を実際にキャプチャして、撮影中のビジュアルエフェクト主導の作業のために具体的な創造的な選択を行い、リアルタイムのカメラ内合成を実現します。

インカメラ合成とエフェクトをオンセットで使用するために実用的なものにするために必要なテクノロジーとワークフローは、Golem Creations、Fuse、Lux Machina、Profile Studios、ARRIなどのパートナーの創意工夫とILMのStageCraft仮想制作映画制作プラットフォーム、そして最終的にはUnreal Engineプラットフォームのリアルタイムインタラクティビティを組み合わせたものです。

参考資料

無料のTwinmotionマテリアルコレクションがUEで利用可能

無料のTwinmotionマテリアルコレクションがマーケットプレイスで利用可能になったようです。レンガ、コンクリート、生地 、グラス、草と土、木材 、プラスチックなどのマテリアルが497個公開されてます。
https://www.unrealengine.com/en-US/blog/free-twinmotion-materials-collection-now-available-for-unreal-engine-on-the-marketplace
https://www.unrealengine.com/marketplace/ja/product/twinmotion-materials

現在Marketplaceで入手可能なこれらの豊富で強力なマスターマテリアルは、最新のレイトレーシングの進歩をサポートし、ベストプラクティスを使用して約500のPBRマテリアルの使用方法を定義しています。この作業には次のものが含まれます。

  • レイトレーシングの特定の最適化
  • レリーフが必要なマテリアルの視差オクルージョンマッピングなどの高度なシェーディングテクニックは、レンガなどのサーフェスに便利です。
  • オブジェクトのUVを使用したり、3平面マッピングを使用したりする機能。適切なUV座標が指定されていない可能性があるオブジェクト上のテクスチャを自動的に位置合わせすることで、テクスチャの位置合わせを支援します。
  • 実世界のスケールを定義する機能

参考資料

サイクロングラフィックス、リアルタイム レンダリングで人気漫画をアニメーション化

Unreal Engineを使用して背景を制作せいているアニメ「ノー・ガンズ・ライフ」の記事が公開されています。画像が大きいので細かな所まで見られるのがいいですね。
https://www.unrealengine.com/ja/spotlights/cyclone-graphics-turns-comics-into-animation-with-real-time-rendering

ちなみに背景はUnreal Engineが使用していますが、背景以外では3dsMaxも使用されてるようです。偶然なのかガルパンと同じですね。

続きを読む

CG News

Epic GamesがQuixelを買収

Epic Gamesはフォトグラメトリーによる3Dスキャンデータライブラリを公開しているQuixelを買収したようです。

1万点を超えるMegascansアセットはUnreal Engineユーザーが無料で利用できるようになり、UE4以外のユーザーのアセットコストは削減されます。当初ベータ終了時に$99のスタンドアロンアプリケーションになる予定だったMixerBridgeは無料でリリースされます。最初の無料バージョンであるMixer 2020とBridge 2020は今年後半に出荷予定。

Quixelは元の名前を残し、6か国で100名を超える従業員全員がEpic Gamesに参加します。
https://www.unrealengine.com/en-US/blog/epic-games-and-quixel-join-forces-to-empower-creators

https://quixel.com/blog/2019/11/12/quixel-joins-forces-with-epic-games

MegascansがUnreal Engineで使用できるようになります

Megascansライブラリは、Unreal Engineで使用するために完全に無料になりました。

つまりMegascansをUE4で使用している場合、BridgeとMixerおよびUnreal Engine Marketplaceの豊富なMegascansパックを介して、すべてのMegascansに無料で無制限に即座にアクセスできます。10の高解像度パックが本日、Unreal Engine Marketplaceで無料で共有され、追加のアセットパックはUnreal Engine 4.24のリリース期間内にMarketplaceで無料で利用できるようになります。これにより好きな方法でコンテンツにアクセスできます。

UE4でのみMegascansを使用している場合、2019年のすべてのサブスクリプションを払い戻します。アクティブなサブスクリプションをお持ちの場合は、ログインして払い戻しを取得する方法を確認してください。2019年にMegascansを購入したが、有効なサブスクリプションがない場合は払い戻しについて連絡します。

Megascansサブスクリプションの価格がすべての人に対して低下しました

Epic Gamesの支援により、Megascansの価格設定を即座に削減し、ダウンロードするコンテンツをほぼ2倍にし、解像度キャップを削除します。サブスクリプション期間の残りの期間についても払い戻しを行っており、新しいプランのいずれかに飛び乗ることができます。有効なサブスクリプションをお持ちの場合は、ログインして払い戻しを取得する方法を確認してください。

Bridge と Mixer 2020はすべての人に100%無料です

Epicは今後の2020バージョンのBridgeとMixerをすべての人に100%無料で提供するのに役立ちます。サブスクリプションは不要で両方とも完全に機能します。私たちは新しい無料バージョンを今から数週間以内にリリースします、そして最終的にあなたと今後のアップデートを共有できることを嬉しく思います。

Bridge 2020

Bridge 2020は大幅に改善されたブラウジングエクスペリエンスをもたらし、時間を可能な限り節約し、創造性を刺激するように設計されています。

閲覧はより視覚的で関連性が高く、楽しくなりました。ほぼ100の新しいコレクションが追加され、検索バーがよりスマートになり、強力なフィルタリングが導入されました。さらにフィードする画像内のすべてのアセットを検索するAI検索機能を実装しました。これにより、現実世界のリファレンスやコンセプトアートがあるかどうかに関係なく、環境計画が大幅に容易になります。

Mixer 2020

Mixer 2020は3Dペインティング、リアルタイム3D Curvature、スマートマテリアルなどを導入しました。

このアップデートでは最終的にMixerを究極にするための別のステップとして、3Dブラー、グループ化、マップ固有のブレンド、高度なAOミキシング、ボックス投影、マテリアルIDマスキング、3D位置グラデーション、3D法線も導入しました。現在、無料のテクスチャアプリです。

つまりスマートマテリアル、3Dペイントメッシュの設計、タイル化可能なサーフェスの作成をすべて1つのアプリで行うことができます。QuixelMixer 2020はスキャンデータ、PBRペインティング、手続きオーサリングをシームレスに融合し、毎日10,000回のスキャンと新しいコンテンツのローリング。Mixer 2020はオーガニック、ハードサーフェス、フォトリアル、または定型化されたテクスチャリングを対象としても、3Dまたは2Dで作業していても、最終的にカバーします。

CG News

Modo QuickExport Plugin

ゲームやチーム向けにモデルを手軽にエクスポートするキットが公開されています。価格は$10。
https://gumroad.com/l/jWtAW

概要

QuickExportはゲームやチーム向けに特別に設計された時間を節約するツールキットであり、従来のほとんどのパイプラインに適応することができます。

自動更新

MLToolsキットの一部であるQuickExportには自動更新機能が付属しており、修正や改善を行ったときに最新情報を簡単に入手できます。

特徴
  • シーンディレクトリに基づいてアイテムごとに保存されたパスをエクスポートします
  • シーンのエクスポートアイテムを簡単に識別するためのドッキング可能なエクスポートインターフェイス
  • アイテムまたはワールドスペースのエクスポート
  • 階層のマージ(およびルートのマージ)
  • MeshOp、Deformerおよびインスタンスのサポート
  • 設定可能なエクスポートパスプリセット
  • 構成可能なパスの置換(ゲームへのソース)
  • FBXプリセットおよび上記すべてのアイテムごとの設定
  • ジオメトリに適用されたモーフをエクスポートします
  • 階層のクリーンアップ
互換性

主にModo11および13でテストされていますが、今後のバージョンも引き続きサポートします。

参考資料

次世代映画制作のためのリアルタイムインカメラVFX

Epic GamesがUnreal Engineを使用したバーチャルプロダクションツールを研究してるようです。従来のグリーンスクリーン撮影の代わりにLEDスクリーンを使用することで、リアルな環境照明のある撮影が可能になるようです。

バーチャルプロダクションのワークフローに関する資料も公開されてます。
https://www.unrealengine.com/ja/blog/virtual-production-field-guide-a-new-resource-for-filmmakers

 

概要

リアルタイム技術は映画制作の技術を変えつつあり、Unreal Engineには次世代のバーチャルプロダクションツールが登場します。SIGGRAPHでEpic Gamesは、Magnopus、Lux Machina、Quixel、Profile Studios、ARRI、DP Matt Workmanと提携して、グリーンスクリーンを使用し後処理で合成を行うことが急速に旧式のテクニックになっているかを示しました。このビデオでは、LEDウォールを使用して仮想環境を提供するだけでなく、現実世界の要素を照らしてシーン全体を1回のパスでカメラに取り込む方法を見ることができます。

参考資料

映画撮影シミュレータ「Cine Tracer」

Unreal Engineをベースとした映画撮影シミュレータ「Cine Tracer」がリリースされました。照明、カメラ、小道具をデジタルで再現したバーチャルセットを使用して、ショットを計画したりストーリーボードのフレームをキャプチャしたりできます。現在早期アクセス中で価格は¥ 9250。

3Dソフトの複雑な操作を覚えなくても、ゲーム感覚で習得が簡単なツールという物のようです。リアルタイムレイトレーシングのサポートによりレイトレーシングシャドウ、反射、AO、半透明、GIでショットをプレビューができるようです。

VRoidもそうでしたがゲームエンジンを使用したアプリケーションというのが面白いですね。今後もこういうソフトが増えるのかしら。
https://store.steampowered.com/app/904960/Cine_Tracer/
https://www.cinetracer.com/

概要

Cine TracerはUnreal Engineで作られたリアルタイムの映画撮影シミュレータです。ハイブリッドゲーム/アプリは、現実的なシーンを視覚化してストーリーボードに取り込むために、現実世界のカメラとライトをユーザーに制御させます。

Cine Tracerシステム

Cine Tracerには、製品の仮想環境を実現するために連携して動作するいくつかのコア「システム」が含まれています。これらには、カメラ、照明とグリップ、建物、小道具、そしてアクターが含まれます。

カメラ

  • フロートカメラ
  • 三脚
  • ハイハット
  • トラック付き台車
  • 伸縮クレーン
  • ハンドヘルドカメラ

照明とグリップ

  • だ円
  • 小型パネルライト
  • 4×4フレームライト
  • 12×12フレームライト
  • 実用ライト

建築システム

  • ブロックシステム
  • スタジオシステム

小道具

  • たくさんの小道具

アクター

  • 3Dスキャン
  • CCアクターズ
  • 単純なアクター

 

 

 

 

CG News

Epic Gamesが「Shave and a Haircut」を買収

Epic Gamesがヘアー&ファープラグイン「Shave and a Haircut」を買収したようです。数週間以内にMayaプラグインと関連シェーダのソースコードとコンパイル済みバイナリの両方を利用できるようにする予定とのこと。
https://www.unrealengine.com/en-US/programs/shave-and-a-haircut/shave-and-a-haircut-v9-6-for-maya

Shave and a HaircutはLightWave、Maya、C4D、XSI、3dsMaxと、当時としては珍しいマルチプラットフォーム展開したヘアープラグインとして有名でした。しかし、米国で取得した特許によりMaya用のヘアープラグインYetiを米国での販売を禁止したり、Disneyがオートデスクにライセンス供与した XGenを訴えるなどの問題もあったようです。Epicの買収によって、この特許の問題がどう変化するのか注目です。
http://www.cgchannel.com/2012/05/yeti-fur-plugin-will-not-be-sold-in-the-us/

Shave and a Haircutは、Arnold、RenderMan、およびV-Rayでのオフラインレンダリング用シェーダを使用した、髪と毛皮用のインタラクティブなグルーミングおよびスタイリングツールです。現在はAutodesk Maya用のv.9.6プラグインとして製品化されています。

Epic GamesはShave and a Haircutを買収し、今後数週間以内にv9.6 Mayaプラグインと関連シェーダのソースコードとコンパイル済みバイナリの両方として利用できるようにする予定です。これらは、Unreal Engine 4 EULAの下で誰もが自由に使用できます。