Technical

参考資料

Incredibles 2のエンジニアリングに忠実な髪

Pixar が Incredibles 2 向けに開発したヘアワークフローを紹介するビデオをアップロードしています。 SIGGRAPH 2018でおこなう講演用らしい。プレビューでの再現性が高そうですね。

参考資料

スマフォ使ったAIモーションキャプチャ「RADiCAL」

スマフォで撮影した動画からモーションキャプチャーするサービスだそうです。動画をサーバーにアップして解析し、FBX形式でダウンロード可能とのこと。現在ベータ版でモーションキャプチャのプレビューを5分間無料で利用できます。
アプリ入れてみたけど撮影できなくて試せなかった。
https://getrad.co

 

参考資料

NVIDIA RTX and GameWorks Ray Tracing Technology Demonstration

映画品質のリアルタイム レンダリングを提供するレイトレーシング技術の NVIDIA(R) RTXを発表されました。DrectX 12にレイトレーシングのパイプラインを統合した「DirectX Raytracing(DXR)」のAPIを使用するアプリケーションと互換があるようです。

レイトレースのメリットであるシャドーやリフレクションの正確さがわかるいいデモです。擬似的な表現に比べて絵が安定して見えます。デノイズを使用してリフレクションブラーを滑らかにするデモも素晴らしい。

DXRはDrectX 12に対応したGPUであればDXRを使用できるとのことですが、RTXはデモに使用されたハードスペックがだいぶ高いっぽいです。将来的には昔から研究されているレイトレース専用チップを搭載したグラフィックカードが登場して、DCCツールのビューポートでレイトレースが動いたり、レンダリングが早くなったりしたら面白いですね。
http://www.4gamer.net/games/033/G003329/20180323013/

参考資料

Snappers Advanced Facial Rig for Maya and Unreal Engine

MayaとUnreal Engineを使用したフェイシャルリグのデモ映像。凄いリアル。

特長

-FACSベースのリグ
-Adaptive rig:最適化されたブレンドシェイプのリストを使用して、任意の数のエクスプレッションを組み合わせることができる。
-リアルな顔の筋肉コンストレイント:高度なリグのロジックは、実際の顔の筋肉の制約をシミュレート。
– 高度なスキンシェイダー(MayaとUnreal用):微細な細部と細孔のストレッチを備えた最大16個のしわマップと16個の動的ディフューズマップを保持。
-顔のコントローラやGUIを使用して操作するのは簡単。
-すべてのゲームエンジンとアニメーションパッケージと互換性があります。
-すべてのクスプレッション間の滑らかな遷移。
-調整レイヤー:顔の複数の領域を自由に操作して、同じ表現の無制限のバリエーションを作成。

参考資料

The New Pioneers: Animation Tools and Techniques

映像向けのセルルックはこういうリグがいいんだろうな。
3Dソフトに付属のリグはモーキャプやゲーム用途の物がベースなので、アヌメ用途はカメラスクリーンに特化したリグが必要な気がします。

参考資料

CelAction Rigging Showreel

CelAction 2Dというソフトがあるのですね。
コレ系のリグはたまに見かけますが(アングリーバードとか)、どの程度効率が上がるんだろ?

CG News

BSuite

社内で開発したモデリング、アニメーション、コンポジット、アセット管理のCGパイプラインをカバーしたソフト群。
BSuiteにはハイエンドのレンダリング、ノードベースコンポジットソフト、バッチ·プロセスマネージャ、モデリング、ダイナミクス、アニメーションなどの完全な3Dパイプラインを備える。

http://bufsoftware.com/products/bsuite/

CG News

Open Game Engine Exchange (OpenGEX)

テキストベースの汎用的なゲームフォーマット。
OpenGEXはモデリングツールおよびゲームエンジンなどのアプリケーションとの間の複雑なシーンデータの転送を容易にするために設計されたテキストベースのファイル形式である。Colladaが信頼できないのでOpenGEX形式が作成されたらしい。

http://opengex.org/