Software

参考資料

Apple 「iLife’09」「iWork ’09」

「iPhoto」の顔認識による画像分けとか、これは素晴らしい!と思いました。精度は不明ですが、既存の技術でも提供のされ方次第でハッとさせられる。
http://www.apple.com/jp/ilife/

パワーポイントとかワードなどのMS製品が苦手なのでw
Keynoteのように使えるテンプレートやトランジッションがあらかじめ用意されてたり、小粋なエフェクトが手軽に作れたりするApple製品のWindows版が欲しいです!
http://www.apple.com/jp/iwork/

参考資料

ミニチュア風写真 WEB版

ミニチュア風写真 WEB版
http://tiltshiftmaker.com/

これ系はいろいろありますね。
今もあるわかりませんが、工事関連のWEBでの使われ方がよかったです。

ソフト
http://blog-tech.rikunabi-next.yahoo.co.jp/blog/hirabayashi/148

フォトショ
http://recedinghairline.co.uk/tutorials/fakemodel/

動画
http://www.synthereal.com/jp/miniaturize.html

参考資料

物理エンジン無料化

今年は有名な物理エンジンが非商用にかぎり無料版を配布するという発表があったね。

■Havok
360ゲームではお馴染みですね。
非商用のゲーム/アプリケーションにおいて無償でHavokPhysics/Animationを使用出来るらしい。
10USD未満ならば無料で、10USD以上ならばHavokロゴの表示など。
http://software.intel.com/sites/havok/

■PhysX(NovodeX)
PCのWindowsとLinuxに関しては、商用・非商用・PPU利用の有無に関わらず無料らしい。
http://developer.nvidia.com/object/physx.htm

参考資料

ATOK2009/一太郎2009発表

ATOK2009
ハイブリッドコアの進化と『日本語使いさばき辞典』の改訂増補が目玉かな。
すでに完成されてるソフトなので、CPU負荷を軽くして欲しいですが…
辞書フル装備なのも重い原因なのでむづかしい。
http://www.justsystems.com/jp/products/atok/


一太郎2009
ワープロソフトとしてはすでに完成されてるので、
軽さと快適さを追求して欲しいところ。
http://www.justsystems.com/jp/products/ichitaro/

参考資料

BlendMagic

BlendMagic は3D空間上に炎や煙、魔法などを作り出すためのポリゴンベースのエフェクト作成ツールです。
http://matchlock.co.jp/

CG News

fryrender SWAP 1.0

「fryrender SWAP」は写真品質のリアルタイムフィードバックでマテリアル編集が出来る世界最初のツールだそうです。
UVなどジオメトリ情報を維持しつつ、テクスチャや色を変更できるようですが、目新しさは感じないですね。
http://www.randomcontrol.com/swap