Software

参考資料

スケッチをフォトリアルに変える

ディープラーニングを使用してラフスケッチから、フォトリアルな絵を作る技術デモのようです。もう少し進化したら絵コンテ書いたりするのに使えそうかも。
https://blogs.nvidia.com/blog/2019/03/18/gaugan-photorealistic-landscapes-nvidia-research/?ncid=so-you-n1-78256

NVIDIA Researchが開発したディープラーニングモデルは、Generative Adversarial Network(GAN)を使用して、ラフな落書きを非常にリアルなシーンに変換します。このツールはスマートな絵筆のようなもので、セグメンテーションマップをリアルな画像に変換します。

CG News

finalRender for Maya オープンベータ開始

finalRender for Maya のオープンベータが開始されています。現在ライセンスが無料で公開されており、商用プロジェクトでの使用が許可されているとのことです。Max版にあるGPUレンダリングアーキテクチャ搭載前にフィードバックを収集するのが目的だそうです。

finalRenderはVray登場前にGIで存在感のあったレンダラーでした。頑張って欲しいですね。
https://www.cebas.com/?pid=productinfo&prd_id=203

finalRender for Mayaの機能

サポート
  • Windows 64 Bit/マルチコア
  • フォトメトリック、リアルエリアライト
ネットワークレンダリング
  • 真の分散ネットワークレンダリング
  • 標準ネットワークファームレンダリング、バッチレンダリングをサポート
カメラ
  • 実世界物理カメラ露光モデル
  • 複数の現実世界のカメラから選択できる
ライト&シェーダーから選択するリアルワールドカメラ
  • 高度なコースティックレンダリングエフェクト
  • 高度に最適化されたマルチレイヤースキンシェーダー
  • Mayaシェーディングネットワークのサポート

 

Depth Of Field

Caustics

Displacement Rendering

Render Elements

Hyper Shade

Photometric Lights

Network Rendering

Texture Baking

Keep Rendering

CG News

ZBrush 2019

ZBrush 2019が発表されました。大きく扱われてるのはNPRですが、フォルダー機能、インターセクションマスカー、Zリメッシャー v3.0が便利そうですね。今回から月額プランが追加になったようです。
https://pixologic.jp/zbrush/zbrush-2019/

続きを読む

参考資料

オープンソースのプロダクショントラッキングツール「Kitsu」

オープンソースのプロダクショントラッキングツール「Kitsu」が販売開始したようです。「Kitsu」はフランスの企業が開発してる中小規模のスタジオ向けのプロダクショントラッキングツールで、「エクセルより良く、ショットガンよりも安い」というキャチが直球でいいですね。
https://www.cg-wire.com/en/kitsu.html

価格はユーザー数で大中小の3プラン。

  • € 99 /月 (1〜10人のユーザー、200GBのストレージ)
  • € 299 /月 (11~50ユーザー、1TBのストレージ)
  • € 999 /月 (51~150ユーザー、3TBのストレージ)

このシステムはオープンソースで商用クラウドホスティングソリューションとしても利用可能。フランスの主要なVFX施設と共同で開発中らしいです。

参考資料

DeNA「AIによるアニメ生成の挑戦」の資料公開

DeNAが「AIによるアニメ生成の挑戦」の資料公開を公開しています。「構造的生成学習」技術開発により従来AI生成で難しかった “複雑な構造での高品質生成”、”構造変化が大きい画像間の補完生成・中割” 等の課題を解消しているとのことです。

確かに人の全身のような画像生成が実現できてるみたいです。中割に関してはフレーム間がクロスフェードっぽくなっちゃうのが気になりますが、だいぶ綺麗に補完されてる気がします。

 

参考資料

ディープラーニングを用いたアニメの自動彩色開発インタビュー

OLMデジタルと奈良先端科学技術大学院大学共同研究による、チームディープラーニングを用いたアニメの自動彩色のインタビュー記事が公開されてます。
「ピカチュウは高確率でサトシの肩に乗っているので、どこの領域までがピカチュウで、どこからがサトシなのかを機械に判断させるのが難しい」というような話は面白いですね。
https://cgworld.jp/feature/201902-autocolor.html

Presentation

参考資料

JPEG to RAW AI

JPEG圧縮をAIを使用してRAW品質に変換するソフト。価格は$99.99、2/8まで$79.99だそうです。
https://topazlabs.com/jpeg-to-raw-ai?fbclid=IwAR0walOFniuch4GqoGcv_wusOhCdm-Jh2j6-rhz_v3u59q2uDB0NL4JXoKw

概要

JPEGをRAWで撮影したように編集します。より良い編集のために機械学習を使ってJPEGを高品質のRAWに変換してください。バンディングの防止、圧縮アーチファクトの除去、細部の回復、およびダイナミックレンジの向上。

 

ダイナミックレンジ

JPEGに変換すると画像は大きなダイナミックレンジを失います。RAW AI to JPEGは失われた影とハイライトのディテールを取り戻すことによってこの失われたダイナミックレンジの一部を回復するのを助けます。完全に足りないディテールを回復することはできませんが、それは非常に少量の情報でさえも働くことができます。

 

色空間

色空間は、画像でサポートされている色の範囲を表します。JPEG画像は通常sRGBカラースペースです。これはWebには適していますが、印刷や編集には適していません。sRGBで写真を編集するときは、彩度や鮮やかさを調整すると、醜い色のしみが現れることがよくあります。

あなたはRAW AI to JPEGを実行することによってこれが起こるのを防ぐことができます。RAW AI to JPEGの機械学習モデルは、sRGBカラースペースをProPhoto RGBに拡張します。これは通常のRAWファイルよりも優れています。私たちのモデルが欠けているディテールを高いレベルの正確さで再構築するのに十分な情報が少なくとも1つのカラーチャンネルに通常あるので、これはとてもうまくいきます。

結果として得られる色空間が大きいほど、目に見えるアーティファクトを発生させることなく、彩度と鮮やかさをより適切に編集できます。

色深度

色深度(ビット深度とも呼ばれます)は、画像に保存できる色情報の量です。ビット深度の低い画像を編集するときは、空のような滑らかなグラデーションでカラーバンディングが見えます。

8ビットJPEGは、1チャンネルあたり256個の値しかありません。そのJPEGからRAW AI to JPEGを実行すると、1チャンネルあたり65,532の値に拡大されます。これにより、画像のコントラストを調整したときにポスタリゼーションやバンディングが防止されます。

アーティファクト

高圧縮された画像を編集すると、画像内に目に見える圧縮アーティファクトが表示されます。RAW AI to JPEGは、自然な画像の特徴を維持しながらこれらのアーティファクトを除去するのに優れています。

ディテールレベル

JPEGは小さなセンサーや処理が重いため、細部がスムーズになっていることがよくあります。たとえば、iPhoneの写真は保存される前に大量に処理されるため、多くのディテールが削除されることがあります。

RAW AI to JPEGは、あなたが変換プロセスの間に取り除かれる細部を回復するのを助けます。

 

CG News

新しいモーションデザインツール「Cavalry」

「3Dのパワーと柔軟性、2Dの使いやすさを兼ね備えた」新しい手続き型アニメーションアプリ「Cavalry」が発表されました。現在クローズドベータ版中のようです。AfterEffectsっぽいですね。
https://mainframe.co.uk/cavalry

Cavalryは2Dの使いやすさと3Dのパワーと柔軟性を組み合わせた、新しい2Dアニメーションアプリケーションです。際立っているのは、Cavalryは完全に手続き型であるということです。いつでも戻って何でも変更することができます。手続き主義への私たちのアプローチはかなり過激です。

Cavalaryは3Dアニメーション用ではありませんが、3Dアニメーターにはなじみのあるワークフローが組み込まれています。キーフレーム作成や曲線編集だけでなく、本格的なグラフエディタを備えています。つまり、変形、リギング、ダイナミクス、スキャッタリング、インスタンス化が可能です。
ユーザーは既成の動作をオブジェクトにドラッグアンドドロップするだけで、複雑な手続き型アニメーションシステムを構築することもできます。

参考資料

インテルがオープンソースのイメージ デノイズ ライブラリを公開

IntelがApache 2.0ライセンスの下でOpen Image Denoiseと呼ばれる新しいオープンソースのイメージ デノイズライブラリを公開しました。
https://openimagedenoise.github.io/
https://github.com/OpenImageDenoise

 

オープンイメージDenoiseの概要

インテル Open Image Denoiseは、レイトレーシングでレンダリングされたイメージ用の高性能・高品質のデノイズ フィルターのコレクションです。Open Image DenoiseはIntel Rendering Frameworkの一部であり、Apache 2.0ライセンスの下でリリースされています。

Open Image Denoiseの目的は、レイトレーシングベースのレンダリングアプリケーションでレンダリング時間を大幅に短縮できる、オープンで高品質、効率的で使いやすいデノイズ ライブラリを提供することです。パストレーシングなどの確率論的レイトレーシング法に固有のモンテカルロノイズを除去し、1ピクセルあたりの必要なサンプル数を数桁(グランドトゥルースへの望ましい近さに応じて)減少させます。

Open Image Denoiseは、インテル64アーキテクチャー・ベースのCPUと互換アーキテクチャーをサポートしており、ラップトップからワークステーション、HPCシステムの計算ノードまで、あらゆるもので動作します。オフラインレンダリングだけでなく、使用するハードウェアによっては、インタラクティブレイトレーシングにも十分効率的です。

Open Image Denoiseは、ディープニューラルネットワーク用インテルマス・カーネル・ライブラリー(MKL-DNN)の上に構築され、インテルSSE4、AVX2、AVX-512などの最新の命令セットを最大限に活用して、高いノイズ除去性能を実現します。Open Image Denoiseを実行するには、少なくともSSE4.2をサポートするCPUが必要です。

CG News

Quixel Mixerベータ版を無料公開

QuixelはPBRテクスチャ編集ソフト「Mixer」のベータ版を無料公開すると発表しました。
https://quixel.com/blog/2019/1/30/the-year-of-mixer

ベータ期間は1年以上あるようです。Mixerの開発にはPhotoshopプラグインだったNDOとDDOのホームを作成する意図があると説明しています。MixerはMegascansの一部としてのみ利用可能でしたが、Quixelは無料ベータ期間が終了すると$99の永久ライセンス方式で利用可能になることも発表されました。

https://quixel.com/mixer

DDOは購入してましたが、新規に作り直すと発表され初期バージョンは無料公開されてました。現在はDDO自体がダウンロード出来ない状態で不安に思ってましたが、開発が続いてたということかな?

CG News

Kanova スタンドアローン製品としての開発終了

Foundryが開発していたVR対応の3Dスカルプトソフト「Kanova」のスタンドアローンソフトとしての開発終了が発表されています。2018年にベータテストしながらどのような製品にするか検討するということで公開されていましたが、スタンドアロンソフトとしてリリースすることは無くなったようです。今後は既存のソフトに統合されるのかな?
https://steamcommunity.com/app/730550/discussions/0/1743358239838983230/

 

Kanovaスタンドアロン開発は終了しています

悪い知らせと良い知らせの両方があります。残念ながら我々はKanovaのスタンドアローン製品としての開発を終了しています。KanovaはFoundryでここで取り組むべきエキサイティングなプロジェクトでした。 Vilya HarveyがADFテクノロジを使って行った作業は他に類を見ないものです。

KanovaはVR環境における立体スカルプト/モデリングの可能性を調査することを目的とした研究プロジェクトとして始まりました。研究の観点からそれは大成功でした。スカルプトはもちろんボリュームの操作に関して始めるべき自然な場所でした。ただしスカルプト専用の新しいアプリケーションを既存の一連の3Dツールと一緒に市場に投入することは、戦略的には有利ではありません。それはまた、私たちが提供したいワークフロー向上の結束を私たちの製品ユーザーに提供しません。

9ヵ月前のKanovaの公開中および公開後に私たちが受けたフィードバックは、私たちの技術的研究と市場調査の両方にとって非常に役に立ちました。私達はここFoundryの舞台裏で常に新しいアイディアや技術をいじっていて、その過程でアーティストを巻き込むことができたのは素晴らしいことです。意見を表明した皆さんのおかげで良いことも悪いことも私たちにとって助けになりました。

Kanovaは現在の状態で利用可能なままになります。私たちはそれを使っている人々からそれを奪いたくありません。さらに、これはKanovaの開発の終わりであるかもしれませんが、それはADFの開発の終わりではありません。 ADFは開発が非常に困難なテクノロジです。それは非常にデータ量が多く、初期のパフォーマンスとサーフェース品質の課題を提示しました。これはまた私達にDCC VR開発について多くのことを教えてくれました。私たちは自分たちの予想をはるかに超えてこれらの問題をうまく解決できました。将来の形態が特にKanovaではないとしても、私たちが知っている技術が商業的に実行可能であることを知っています。

CG News

AdobeがAllegorithmicを買収

AdobeがAllegorithmic社(Substance Designer、Substance Painter)を買収したようです。突然の買収に見えますが、Adobeは2年間Allegorithmicの投資家として協力関係にあったとのことです。
https://theblog.adobe.com/adobe-acquires-allegorithmic-substance-3D-gaming/

今回の買収によりPhotoshop、After Effects、Project Aero、最近のARコンテンツ作成ツールなどのCreative Suiteに加え、「フラッグシップ製品」としての開発がさらに進むようです。

メールによると今のところライセンスに変化はないっぽいですが、永久ライセンス買っておくか悩む。

ライセンスは今のところ変化しません。あなたの現在のライセンスは更新を実行し取得し続けます。私たちは、Adobeの家族に参加するように、我々はまた、今後数ヶ月の間に、新たな、より柔軟なサブスクリプションの提供を発表します。後日これらのライセンスオプションの詳細を共有します。

Allegorithmicはmodoの旧開発元Luxologyと協力してimageSynthというソフトを販売していました。スタンドアロン版はmodoと同じNexusフレームワークを使用していたので、 Allegorithmicはmodoと兄弟感がありました。今後Adobe製品とどんな形で進化するのか気になります。

参考資料

FlowScape

自然環境を描くためにスケッチアプリ「FlowScape」がリリースされたようです。価格は$10。
https://pixelforest.itch.io/flowscape

FlowScapeはスタンドアロンアプリケーションで、樹木、茂み、花、岩、丸太、動物などのアセットをペイントすることができる。環境は空、効果音、カメラと照明をリアルタイムで調整することが可能。現在、3Dシーンをエクスポートすることはできないらしい。

CG News

物理ベースのキャラクターアニメーションソフト「Cascadeur」

物理ベースのキャラクターアニメーションソフト「Cascadeur」のクローズドベータ版が発表されました。
https://cascadeur.com/en

CascadeurはEndorphinのような物理ベースのシステムと、ポーズ、タイミング、パスなどのキーフレーム機能を組み合わせたものっぽいです。物理ベースのアニメーションとMocapデータを組み合わせて、物理的に正しい動きを失うことなく変更することもできるらしい。

Cascadeurの歴史が10年に及ぶ社内ツールとして開発され、最近ではNekkiのShadow Fightシリーズの一部として使用されてるとのこと。

 主な機能

  • 物理ベースのキャラクターアニメーション
  • 短時間で高品質のアニメーション
  • モーションキャプチャに追加または置換
  • キャラクターアニメーションを扱うのに適した簡単なインターフェース
  • キャラクターのリグのクイックセットアップ
  • 初心者でも素晴らしい結果を達成するための素早い学習