Software

CG News

Storm 0.2 リリース

スタンドアロンの粒状シミュレーションツール「Storm 0.2」がリリースされたようです。

より速いビューポート表示、より良いパーティクル/デフレクターの相互作用によるパフォーマンスの向上が含まれます。また、SDFの作成と視覚化の改善、時間の経過とともにパーティクルを再リンクしたり、パーティクルを殺したり、パーティクルを変形させたり、パーティクルをジオメトリでスリープ/アウェイクさせたりする機能も追加されています。内部ジオメトリのスケーリングと同様に、アダプティブサブステップが可能になりました。

この新しいリリースでは、アニメーションのショートカットや、さらに多くのデータをPRTとしてエクスポートする機能も追加されています。インポートはAlembic経由のカメラインポートをサポートしました。MacOSのバージョンが利用可能になりました。

CG News

Adobe CS サポート終了

Adobe CSシリーズのサポートが終了とのことです。Windowsの場合は古いOSと互換が比較的保たれてるので、いきなり動かなくなることは少なそう。

https://www.adobe.com/jp/creativecloud.html?sdid=19SCDRPS&mv=search&ef_id=CjwKCAjwmJbeBRBCEiwAAY4VVc-fOXL8UQetRNgAm0FAuHBKygWOeKOemkrrXvVxrYesFQ2JxKx9OxoCVJMQAvD_BwE:G:s&s_kwcid=AL!3085!3!247455464587!e!!g!!adobe&gclid=CjwKCAjwmJbeBRBCEiwAAY4VVc-fOXL8UQetRNgAm0FAuHBKygWOeKOemkrrXvVxrYesFQ2JxKx9OxoCVJMQAvD_BwE#creative_suite

 

旧製品(Creative Suite – CS)サポート終了のお知らせ

すでに販売を終了しているCreative Suite(CS)製品をお使いいただいているお客様は、 Windows 10やMac OS High Sierraなど最新のOS環境では、製品のインストールができなかったり、使用中に不具合が生じたりする場合があります。また、セキュリティのアップデートや技術サポートも提供されませんので、パソコンやOS入れ替えの際はご注意ください。
安心して最新環境をご利用いただくために、この機会にぜひCreative Cloudをご検討ください。

CG News

Foundry製品が学生向けに1年間無料化

Foundry製品(Nuke Studio、Mari、Modo、Katana 、CaraVR、3Delight )が学生向けに1年間無料で提供されるようです。
https://www.foundry.com/industries/education?_ga=2.247933582.842438022.1537836244-113635308.1486795389

modoはゲームエンジンとのブリッジ機能を提供してるので、ゲーム向けのアセット作成にはいいかもしれません。Nuke、Mari、Katanaはハリウッド映画の定番ソフトです。

申請は専用のフォームを使用して、大学のメールアドレスを使用して割引コードのチェックボックスをONにしてくださいとのこと。既にアカウントを作ってる場合は対象外なのか?
https://community.foundry.com/discuss/topic/143073/foundry-s-1st-year-free-program-for-students

 

さらに学生版から70%オフで商用ライセンスにアップグレードできるようです。 たとえば、永続的なPRODUCTION COLLECTIVEのライセンスが$2,179で、$6,120の節約になります。学生さんが羨ましい!

CG News

リアルタイムモーショングラフィックソフト「Notch Builder」

リアルタイムでモーショングラフィックのような映像を作成するソフト「Notch Builder」。現在はベータ版として販売中。価格はベース£99とプロ向けライセンスの年間£2,100。ちょっと面白そう。
https://www.notch.one/products/notch-builder/

概要

Notch Builderはギグ、ステージイベント、インスタレーション用のライブビジュアルを生成するために設計されたツールです。過去の使用方法は、U2とFoo FightersのツアービジュアルからBroadwayミュージカルFrozenまでさまざまです。

プロフェッショナル版はライブ再生用にメディアサーバーと直接統合するように設計されていますが、Base Editionは他のDCCツールと同様に標準のビデオフッテージをレンダリングします。

0.9.21ではリジッドボディダイナミックス、フェイシャルトラッキング、アレンビックサポートなど、450以上の新機能が追加されてるとのこと。

ノッチ・ビルダーは完全にノードベースのアプリケーションであり、デモではCinema 4DとHoudiniのクロスといったようなものがあります。

モデリングツールはありません。複雑なジオメトリはOBJ、FBX、または最新のAlembic形式、Cinema 4DまたはLightWaveシーンとしてインポートする必要があります。

シーンは、MIDI、ビデオ、またはモーションキャプチャのデータ入力(ストリーミングライブまたはオフライン)によって動かされ、ソフトウェアはMicrosoftのKinectおよびIntel RealSense 3Dカメラと統合されます。

レンダリングのために、ソフトウェアは独自のDirectXベースのエンジンを使用します。

このソフトウェアは、Cinema 4DのMoGraphツールセットから、RealFlowの.binとBlenderのポイントキャッシュファイル、CSV、および「選択されたクローンシステム」をインポートできます。

スクリプティングはPythonやC#ではなくJavaScriptを使用して行われます。イメージやテキストを取り込むためのRSSフィードを読むことができるなど、いくつかの珍しいオプションがあります。

 

CG News

After Effects CC 2018 秋

After Effects CC 2018 の秋バージョンが発表になったようです。3Dレイヤーの深度が使えるようになるのはよさそうですね。
https://theblog.adobe.com/design-with-more-control-and-performance-improvements-in-after-effects-cc/CC

 

メッシュスカルプティング

パペットツールをより詳細に制御できる新しいパペットエンジンを導入しました。2種類の新しいピンタイプを追加。Mesh Sculptingをまったく新しいレベルにする新しいAdvanced PinsBend Pinsを使用してレイヤーを曲げたり、ねじったり、スケーリングしたり、ワープしたりします。

 

深度パス

After Effectsで3Dレイヤーを作成することができましたが、3Dチャンネルエフェクトは他のアプリケーションで生成されたレンダリングでのみ機能しました。
3Dコンテンツがどこから来ても、3Dレイヤーの深度パスにアクセスすることができます。 Classic 3DまたはCINEMA 4Dレンダラーのいずれかを使用して、任意の3DコンポジションからZ深度データを読み込みます。3Dチャンネルエフェクト(深度マット、被写界深度、フォグ3D)を3Dプリコンポに直接適用するか、3Dチャンネル抽出を使用して深度にアクセスします 。 ボーナスとして、3D Channel Extractは32ビット対応になりました。

レスポンシブ デザイン

すべてのインスタンスでキーフレームを移動することを心配することなく、コンポジションを時間伸縮できます。マスタープロパティとの連携も優れています。コンポジションをMotion Graphicsテンプレートとして書き出して、Premiereエディタに同じコントロールを与えます。

 

データ駆動型インフォグラフィックス

スプレッドシート駆動のインフォグラフィックテンプレートを設計できるようになり、編集者はデータを更新してコンテンツを動的に更新することができます。

さらに新しいモーショングラフィックスのテンプレートオーサリングの改良により、編集可能なパラメータを持つ整然としたモーショングラフィックステンプレートを、カスタム見出しと巻き上げを含むグループにまとめ、それぞれのコントロールを表示したり非表示にしたりすることができます。また、編集者がさまざまなフォントプロパティを変更できるようにすることもできます。(これはAfter EffectsとPremiereのユーザーからの一般的なリクエストでした。)

 

CG News

SUBSTANCE for MODO アップデート

SUBSTANCEのMODO用プラグインがアップデートされました。ワークフローと生産性に焦点を当てて、Modo内のSubstanceのパワーをさらに強化、より簡単に作業できるらしい。
https://www.allegorithmic.com/blog/substance-modo-improved-workflow-and-productivity

 

32ビット浮動小数点サポート

Substanceマテリアルは32ビット浮動小数点をサポートし、高品質のディスプレイスをレンダリングできます。

 

glTF / Principledシェーダのサポート

マテリアルのPrincipled Shading Modelをデフォルトにしました。Principledモードを使用するとシェーダツリーで変換することなく、メタリック/ラフネス出力で直接作業できます。ModoのglTFマテリアルのサポートも追加しました。

 

プリセットと相対パス

プリセットの読み込みと保存のための新しいUIと、Substanceファイルの埋め込みプリセットを読み込む機能を作成しました。Substanceファイルを相対パスで保存することで、Substanceマテリアルを使用したModoプロジェクトのオープンと共有が簡単になりました。

 

ワークフローの改善

プラグインがLPK形式をサポートするようになりました。Substanceプラグインをインストールするには、LPKをModoにドラッグアンドドロップするだけです。また、グローバルな環境設定にアクセスするための新しいSubstance Kitメニューを追加しました。

Substance Engineを使用すると、GPUエンジンとCPUエンジンの両方でバンプが発生します。CPUエンジンは4Kをサポートしており、GPUエンジンで最大8Kまで出力できます。

 

Linuxサポート

Substance in ModoプラグインはLinuxをサポートしました。

 

CG 日記

VRoidStudio 使ってみた

VRアバター作成ソフト、VRoidStudioを使ってみました。
https://vroid.pixiv.net/

髪が一筆入魂な男らしい作りです。このソフトはUnityで作られてるというのが面白いです。まだベータ段階ということで一般的な3D/2Dソフトに比べると全体的に粗削りな状態ですが、今後改善されれば3D未経験者が手軽に3Dにふれるいい機会になるんじゃないでしょうか。

 

モデルとテクスチャはmodoに読み込むこともできました。VRoidがエクスポートするVRM形式はglTF v2.0互換フォーマットのようです。拡張子を.vrm から .glb に書き換えることで、.glb対応のソフトに読み込むことができます。
modo 11.2V3以降はglTF v2.0形式に対応してたと思ってましたが、出力に対応してるけど読み込みできないという中途半端な対応状態だったので、Windows10 にプリインストールされている 3DBuilder を使ってobj形式でエクスポートした物をmodoで読み込みました。

 

modoでの質感ですが、テクスチャは「ディフューズ色」として読み込まれますが、トゥーンぽくしたかったので「ルミナンス色」に変更して「ルミナンス量」を1.0にしています。
髪や眉毛のテクスチャは白黒マップとして出力されるので、シェーダーツリーでテクスチャを「乗算」にして色を乗せています。また読み込んだ直後だと髪や眉毛の板ポリ表示されてるので、テクスチャを複製して「反転」、アルファチャンネルを「アルファのみ使用」、レイヤーエフェクトを「ディゾルブ」にして透明部分を抜いてます。

3D初心者にとって作るのが難しい髪やキャラクターを手軽に作成できるので、3Dのとっかかりとして便利かも知れませんね。

CG News

Shot Sculpt

Shot Sculptと言うスカルプトソフトのデモ版が公開されました。単純にメッシュをスカルプトしたり、ChronoSculptのような時間軸に沿ってスカルプトできるソフトです。選択した頂点にクロスやジグルのような物理計算を加えることが出来るほか、スカルプトしたメッシュの形状を転送したりできるのが面白い。最終的にAlembiとして書き出すこともできるみたい。
http://luizelias.com/ssculpt

CG News

Gaeaの新しい早期アクセスビルド リリース

Gaeaが新しい早期アクセスビルドをリリースしました。地形の侵食ツールが追加されてるようです。動作が重そうですけど面白いですね。価格は現在プレリリース中で15%割引。インディーライセンスは$84、プロフェッショナルライセンスは$169、エンタープライズライセンスは$254。
http://quadspinner.com/gaea/

 

 

手続き型ランドスケープ作成ツールの浸食は、普通は全領域に適用されるか、またはマスクすることができますが、Gaeaでは細かい調整や地形のアートディレクションのために、侵食効果を「スカルプト」する機能を追加しました。

ユーザーがさまざまなタイプの侵食をペイントできる12の新しいツールが含まれています。

  1. LandBreaker、一般的な汎用の侵食ブレークダウン。
  2. ブレーカースタイルの幅広いフローラインを作成するフローライン。
  3. 土壌堆積ツール。
  4. WideFlowを使用すると、長いワイドフローを作成できます。
  5. 強力な岩の彫刻のためのカーバー。
  6. 穏やかな流れの谷間を作るためのギャリー。
  7. 小さな衝撃の穴のためのポケットマーク。ディテールに役立ちます。
  8. 岩石を作るための岩。
  9. カオスな土壌/岩流のためのラフフロー。
  10. 表面を細部化して粗面化するための粗さ。
  11. 表面的なスクラッチを作成するためのスクラッチ。
  12. 強い土壌の流れのための堆積物。

ツールは3つのモードのいずれかで使用できます。ノーマルモードは、自然界で予想されるように動作し、侵食は地形から物質を取り除き他の場所に堆積させます。2つめのモード、無限の流れは土地に残骸を堆積させるが、どこからでもそれを除去することはない。最後に 腐食モードは逆の処理を行い、再デポジションを行わずにマテリアルを削除します。

方向付けられた浸食の詳細については、Quadspinner by Mediumのブログ記事を参照してください 。
https://medium.com/quadspinner/introducing-directed-erosion-3871d8fd0c

CG News

Live2D Cubism 3 のAEプラグインリリース

Live2D Cubism 3 で作成したモデルをAEに読込めるようになるプラグインのベータ版です。タイムラインで直接キーを打つことやモデルのモーション編集が可能とのことです。
http://docs.live2d.com/cubism-editor-manual/after-effects/

 

beta版についての注意
  • beta版公開中は無償でご利用いただけますが、正式リリース後はCubism3 PROライセンスが必要になります。
  • データについては、念のためバックアップを作成することをおすすめします。
  • beta版での提供となりますので、今後リリースするバージョンとの互換性は保証できない可能性もございます。
    最大限配慮いたしますが、あらかじめご了承いただければと思います。
  • beta版での不具合やご要望についてはコミュニティまでぜひお寄せください。

 

正式版までに今後対応予定の機能案
  • モーションの読み書きだし
  • model3.jsonの読み込み時の手順簡略化
  • CC2018へ対応
  • AE上でパラメータ名を表示
  • ファイル収集機能対応
CG News

Storm // Granular Solver

スタンドアロンのシミュレーションツール。Alembic / PRT / BINファイルがエクスポートが可能な粒状ソルバーです。砂からゼリーにシミュレート可能なようです。価格は$ 279。
modoの標準パーティクルは特殊効果的な表現が弱いので、スタンドアロンはいいかもしれません。
https://effectivetds.com/resources/fx-tools/storm/

CG News

Modo 12.1 リリース

Modo 12.1 がリリースされました。今回も大きな目を引く機能追加より、地味ながらありがたい機能改善がおこなわれてます。

個人的には12.1の新しいBetaレイアウトいい感じ。ビューポートのアイコンが増えたのと、上下左右のビュー展開アイコンはもう少し何かいいUIデザインないかなと思いますが、タブ切り替えする必要が少なくなり全体的にスッキリしてて好印象です。
プロシージャルモデリング機能の充実も好印象、堅実に表現の幅が広がってます。カーブパーティクルジェネレータはようやく便利になってきました。modoはもともとカーブ関連の使い勝手が悪かったのですが、他のソフトに比べて同等かより便利になってきた気がします。エッジからカーブツールは短冊形のポリゴンからヘアーガイドに変換して便利に使えそうです。
ドリブンアクションはノンリニアアニメーション機能の基礎的なものに見えます。ドリブンアクションを追加するとセットアップモードで編集できなくなったり、アクションの編集がしづらくなるなどの問題がある気がします。ですがグラフ編集のボックススケーリングツールは便利なものですし、今後も継続的なアニメーション機能の改善に期待したいですね。

 

アニメーション


Modo 12.1ではキーフレーム処理を高速化し、キーフレームデータを再利用するようにアニメーションワークフローの拡張機能を導入しています。ドリブンアクションはシーン内のアクションクリップを再利用、リタイム、リギングする機能を追加し、アクションを完全に利用できるようにします。
新しいデフォルトのキースロープタイプではキー間のスムーズな補間が可能になり、アニメーション中に必要なキー調整の量が大幅に削減されます。
新しいボックストランスフォームツールを使用して、グラデーションエディタで複数のキーを操作する方がはるかに簡単です。
ミニグラディエント エディタでは、プリセットの保存と読み込みを可能にするメニューの追加など、さまざまな改良が施されています。
 

UI の改良


ModoのUIが調整されました。より高速にアクセスできるように、ツールパレットボタンはツールパレットをフォームに直接切り替えできます。背景メッシュの表示、アイテム描画、ウェイトマップ描画、それに UV 歪みの表示を3Dビューポートで直接切り替えることが、状態をひとめで確認することができます。
Modoモードのフォームには、セットアップモードボタン、レンダリングボタン、ネストされたセンターボタン・ピボットモードボタンがあり、レイアウト間の一貫性を保つことができます。
すべてのキットはUIの右上にあるキットボタンからアクセスできるキットポップオーバーフォームに存在します。
Modoには新しいベータ版のレイアウトが付属しており、単一のレイアウトで作業するための新しいUIコンセプトを多数紹介しています。
 

プロシージャルモデリング


Modoの手続きモデリングシステムは、新しくメッシュと選択オペレーションの範囲で改善を続けています。Surface Constraintは、シーンの他のジオメトリにジオメトリを手作業で拘束することを可能にする背景コンストレイントのプロシージャルバージョンです。
その他に、選択の変換、連結の選択、ループ選択といった選択オペレータ、エッジスライド、プッシュ、エッジの分割、ポリゴンの統合、ポリゴンの単一化などがあります。すべての新機能を完全に実行するための動画をご覧ください!
 

ダイレクトモデリング


Modo 12.1では頂点の法線の編集や定義が大幅に改善されています。頂点法線ツールキットは、終端や角度、ポリゴン境界、UV 境界、UV 島の境界などより多くのオプションを使用して、よりシンプルに更新されました。
新しいスムージンググループマネージャーがあります。ポリゴンが存在するグループを定義し可視化するためのUIです。モデルの頂点法線は別々の頂点マップではなく、Modoのネイティブなスムージングの一部として保存されるため、スムージングに悪影響を与えることなくモデルを自由に編集して変形できるようになりました。
サーフェスの法線を制御するための新しいオプションがマテリアル プロパティに追加されました。マテリアルごとにスムージンググループの効果を制御するオプションもあります。
 

UV ツールと MeshFusion


UV Packコマンドの更新により、より高速にパッキングする新しいアルゴリズムが実現しました。UVアイランドとUV境界の間の距離は、Gaps by Pixelオプションでより正確に制御できます。新しいUVマップにパックする新しいオプションがあります。さらにポリゴンタグに基づいてパックする機能が追加されました。この機能はUVをタグに基づいて別々のUDIMにパックする機能を提供します。
MeshFusion Surface Stripsが追加され、生成されたトポロジをより詳細に制御できます。
 

統合された VR ビューポート


新しく統合されたVRビューポートを使用すると、VRヘッドセットを接続しVR環境内でモデルを表示、調整することができます。このリリースではアイテム変換、シーンレイアウト、およびデザインレビューに焦点を当てています。
移動、回転、スケール、インスタンス、複製、変換のリセットなど、多くの主要なアイテム編集ツールが利用できます。また、スナップオプションやアクションセンターも用意されているため、VR環境内のオブジェクトを正確に移動できます。
 

レンダリングとリギング


アドバンストビューポートは大幅に改善され、より複雑なマテリアル設定をビューポートで直接レンダリングしたり、リアルタイムで変更を加えることができます。グループマスクを完全にサポートされ、複数のマテリアルレイヤーをマスクした複雑なマルチレイヤーマテリアルをレンダリングできます。また、グループブレンディングモードと不透明度の変更も完全にサポートされているため、AVPとModoのネイティブレンダラーでのマテリアル表現の違いはほとんどありません。
他のレンダリングの改良点には、フィルムロールチャンネルの追加があります。これにより2Dアニメーションパイプラインで便利な、カメラのフィルムオフセットチャンネルに対するカメラの2次元ロールをアニメートすることができます。
 

Modo 12.1 新機能一覧

http://modogroup.jp/modo/modo12s_120/modo121v1_newfeatures

Modo 12.1 新機能ムービー

https://community.foundry.com/discuss/post/1134072

CG News

Rocket 3F 1.5 リリース

ポリゴンモデラーRocket 3F 1.5がリリースされました。
https://www.rocket3f.com

Rocket 3FはポリゴンモデラーNvilを使いやすいUIに置き換えて、別ソフトとして販売している製品です。 1.5ではレンダリングエンジンが追加されて、以前€55で販売されていたソフトウェアの基本版(すべてのツールは含まれているが、カスタマイズ不可)がフリーバージョンとして提供開始されました。Pro版の価格は€155から€79に値下げになりました。