Short Film

参考資料

LightWaveでモーション、modoでレンダリングしたショートフィルム 「RUIN」

長いこと制作されてましたが、ついに完成したようです!スピード感があって、荒廃した未来的な世界観もステキです。

modoの動画レンダリングはほとんど試したこと無いですが、このムービー見る限りLWにありがちな高密度オブジェクト部分のアンチのチラツキが無く滑らかな動画に仕上がってるように見えます。きつめにポストエフェクト掛けてるってのもあるかも

http://www.conceptruin.com/

参考資料

The Chase

パトカーがゴミのよう。久々に派手なフルCGのアクションムービーを見た気がします。

こういう楽しげなムービーは好きだなー
カーチェイスのカット割りやCGのクオリティーも素晴らしい!

参考資料

Back to the Start

畜産をテーマにした映像。
コマ撮り映像の美しさ、アニメーションのおもしろさ、内容の良さが光るのですが、メイキングもなかなか面白い。3Dデータを3Dプリントしてキャラクターや家畜を作成してる。
映画などで模型をスキャニングというプロセスはよく見かけましたが、3DCGを人形化という流れに新鮮さを感じました。

参考資料

The Pirat

ミニチュアのような質感が凄い。Cartoon Network のStation IDでしょうか。
デフォルメされた海賊の質感・アニメーション共にクオリティーが高くて素晴らしいです。

参考資料

Robot

インドのVFX技術凄い。
画質の影響もあると思いますがCGとの合成が綺麗に見えますね。それ以前に発想が凄すぎてどこから突っ込むか迷う(^^;
世界の何処でも通用する映像も魅力的ですが、この国にしか作れないという映像にも憧れる。

http://www.youtube.com/watch?v=svOlz2ei4Yk&feature=player_embedded

参考資料

Meet Buck

トゥーンの質感と疾走感が素晴らしい。
チームフォートレス2とか、コレ系の質感良いですよね。いつか真似してみたい。

 

「Salesman Pete」も凄い

参考資料

PATHS OF HATE trailer

トゥーンの空戦が素晴らしい。コミック、漫画風と言った方がイメージが近いかな。
冒頭の分厚い雲の表現が秀逸。画面の情報量のコントロールが上手い。

参考資料

TODOR PETRU

実写と手描きのミックスですがカッコイイ!アキラを彷彿とさせる腕の暴走がいい感じw
腹のアップは…いらないと思うです(´Д`υ)

参考資料

TIME TRAVELLER

3DCGを始めて半年のハイパー初心者のヲタ女子が師匠に教わりながら、しこしこと5ヶ月で作った個人制作3DCGムービーです。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12101367

凄すぎる((((;゜Д゜))ガクブル

参考資料

Between Bears

凄く雰囲気の良い動画です。シンプルなんだけど間が持つ美しいコンポジットは見習いたい。

参考資料

Making of AT-AT

頭は別録りなんですね。やっぱり表情が重要だからなのかな。

参考資料

Azureus Rising

フルCGのショートフィルム。モーションやモデリングなど素晴らしい。
インタビューにもありますが、ドラゴンボールZ 攻殻機動隊など日本のアニメーションの強い影響がうかがえます。
ゲーム的な印象が強い映像ですね。
メイキングページなど詳細なインタビューは参考になりそうです。

http://azureusrising.com/index.php/videos

 

参考資料

Pixels

ドット絵、ゲームをモチーフにした映像作品。
素晴らしいクオリティーです。僕も時間があれば似たようなの作りたい。

参考資料

GRENDIZER RETURNS RELOADED

グレンダイザーかっけー!
Cinema4DはVrayがリリースされたりfinalRenderがあったり、Max環境に似てていい感じです。

参考資料

NINJA’S UNBOXING

ストップモーションなんですが凄く滑らか。相変わらず忍者が無国籍ですw
グリーンバック併用でここまで自然な映像が作れるんですね~驚きました。
デジタル+人形劇ってのはアクロバティックな事できて面白いかもしれない。