Service

CG News

Epic GamesがQuixelを買収

Epic Gamesはフォトグラメトリーによる3Dスキャンデータライブラリを公開しているQuixelを買収したようです。

1万点を超えるMegascansアセットはUnreal Engineユーザーが無料で利用できるようになり、UE4以外のユーザーのアセットコストは削減されます。当初ベータ終了時に$99のスタンドアロンアプリケーションになる予定だったMixerBridgeは無料でリリースされます。最初の無料バージョンであるMixer 2020とBridge 2020は今年後半に出荷予定。

Quixelは元の名前を残し、6か国で100名を超える従業員全員がEpic Gamesに参加します。
https://www.unrealengine.com/en-US/blog/epic-games-and-quixel-join-forces-to-empower-creators

https://quixel.com/blog/2019/11/12/quixel-joins-forces-with-epic-games

MegascansがUnreal Engineで使用できるようになります

Megascansライブラリは、Unreal Engineで使用するために完全に無料になりました。

つまりMegascansをUE4で使用している場合、BridgeとMixerおよびUnreal Engine Marketplaceの豊富なMegascansパックを介して、すべてのMegascansに無料で無制限に即座にアクセスできます。10の高解像度パックが本日、Unreal Engine Marketplaceで無料で共有され、追加のアセットパックはUnreal Engine 4.24のリリース期間内にMarketplaceで無料で利用できるようになります。これにより好きな方法でコンテンツにアクセスできます。

UE4でのみMegascansを使用している場合、2019年のすべてのサブスクリプションを払い戻します。アクティブなサブスクリプションをお持ちの場合は、ログインして払い戻しを取得する方法を確認してください。2019年にMegascansを購入したが、有効なサブスクリプションがない場合は払い戻しについて連絡します。

Megascansサブスクリプションの価格がすべての人に対して低下しました

Epic Gamesの支援により、Megascansの価格設定を即座に削減し、ダウンロードするコンテンツをほぼ2倍にし、解像度キャップを削除します。サブスクリプション期間の残りの期間についても払い戻しを行っており、新しいプランのいずれかに飛び乗ることができます。有効なサブスクリプションをお持ちの場合は、ログインして払い戻しを取得する方法を確認してください。

Bridge と Mixer 2020はすべての人に100%無料です

Epicは今後の2020バージョンのBridgeとMixerをすべての人に100%無料で提供するのに役立ちます。サブスクリプションは不要で両方とも完全に機能します。私たちは新しい無料バージョンを今から数週間以内にリリースします、そして最終的にあなたと今後のアップデートを共有できることを嬉しく思います。

Bridge 2020

Bridge 2020は大幅に改善されたブラウジングエクスペリエンスをもたらし、時間を可能な限り節約し、創造性を刺激するように設計されています。

閲覧はより視覚的で関連性が高く、楽しくなりました。ほぼ100の新しいコレクションが追加され、検索バーがよりスマートになり、強力なフィルタリングが導入されました。さらにフィードする画像内のすべてのアセットを検索するAI検索機能を実装しました。これにより、現実世界のリファレンスやコンセプトアートがあるかどうかに関係なく、環境計画が大幅に容易になります。

Mixer 2020

Mixer 2020は3Dペインティング、リアルタイム3D Curvature、スマートマテリアルなどを導入しました。

このアップデートでは最終的にMixerを究極にするための別のステップとして、3Dブラー、グループ化、マップ固有のブレンド、高度なAOミキシング、ボックス投影、マテリアルIDマスキング、3D位置グラデーション、3D法線も導入しました。現在、無料のテクスチャアプリです。

つまりスマートマテリアル、3Dペイントメッシュの設計、タイル化可能なサーフェスの作成をすべて1つのアプリで行うことができます。QuixelMixer 2020はスキャンデータ、PBRペインティング、手続きオーサリングをシームレスに融合し、毎日10,000回のスキャンと新しいコンテンツのローリング。Mixer 2020はオーガニック、ハードサーフェス、フォトリアル、または定型化されたテクスチャリングを対象としても、3Dまたは2Dで作業していても、最終的にカバーします。

CG News

Foundry「Ather」をサービス終了

FoundryがAtheraを終了したようです。Atheraは2018年発表されたクラウドベースのVFXプラットフォーム で、Foundry製品やHoudiniなどのアプリケーションを実行できるように設計されていました。
ちょっと面白そうだったので残念ですね。
https://www.fxguide.com/quicktakes/foundry-closes-athera/

Atheraの魅力の1つは、実際に使った時にのみ課金されることだった。定期購読料はかからず、ライセンスするソフトウェアも簡単に変更できる。つまり、理論的には使用量を0にまで減らして、途中で何も払わずに次の大きなプロジェクトのため1ヶ月単位ですぐに元に戻せるということだ。残念ながら、このサービスは十分な数のユーザーと接続できませんでした。

参考資料

ダンジョンジェネレーター

ダンジョンを自動生成してくれるサービス。部屋の説明も作ってくれる。絵の雰囲気もいいですね。
https://watabou.itch.io/one-page-dungeon

操作
  • ENTER : ダンジョン生成
  • N: ノート切り替え
  • T : タイトル切り替え
  • S : シェーディングモード切り替え
  • E : PNGとしてエクスポート

ジェネレータで作成したイメージは、必要に応じて使用できます。たとえば、コピー、修正、市販のRPGアドベンチャーへの組み込みなどです。帰属は認められるが、必須ではない。
Patreonでこのプロジェクトをサポートすることを検討してください。

参考資料

AIを使用して嫁を生成するサービス「WAIFU LABS」

WAIFU LABSは好みの絵を数回クリックするだけで、AIがオリジナルキャラクター(嫁)を生成してるというサービスです。生成したキャラクターを枕にプリントして購入できるというのが面白いですね。日本でも購入可能です。
https://waifulabs.com/

 

 

WAIFU LABS

世界的な人工知能にアニメの描き方を教えました。あなたが見ている絵はすべて人間ではないアーティストによって作られたものです!ワイルドですね。実は機械は人間と同じくらいワイフを愛しているのです。

私たちは、人類の歴史の次の章を誇らしげに紹介します。世界で最も賢いAIアーティストからのライトワイフコミッション。

5分足らずで、アーティストはあなたの好みに合った完璧なワイフを作ります。

 

参考資料

Lightbrush Cloud

画像からテクスチャマップをキャプチャしてテクスチャとイルミネーションに分けて画像操作ができるツールが、Webアプリケーションとしてサービス開始しました。現在アルファ版で提供されています。https://lightbrush.org/

価格
  • 1画像 $1
  • 100画像 $30/月
  • 500画像 $95/月

 

光と質感をトータルコントロール

Lightbrush Cloudを使用すると、画像のイルミネーションとその表面の色をさまざまなレイヤーに分割して編集できます。テクスチャマップの作成から写真の変更まで可能性は無限です。

 

3Dグラフィックスやビデオゲーム用のテクスチャマップを簡単に作成

 

正確なイルミネーションを維持しながら表面の色を変える

 

元の表面色を維持しながらイルミネーションを変更する

 

新しいLightbrush Cloud

新しいLightbrush Cloudアプリケーションにより、PCとインターネットにアクセスできる人なら誰でもLightbrushの背後にある強力なテクノロジにアクセスできるようになります。この新しいプラットフォームに依存しないアプリケーションを使用すると、画像をアップロードしてGoogle Cloud Computer Networkの機能で数秒で処理できます。

参考資料

ブラウザベースのGPUレンダリングエンジン「Light Tracer」

ブラウザで動作するGPUレンダリングエンジン「Light Tracer」が公開されてるようです。
OBJモデルをアップロードしPCのGPUを使用してブラウザでレンダリングすることができます。Chrome、Firefoxと互換性があり。Light Tracerは現在無料で使用できます。

ブラウザで動作するレンダラーというとオートデスクに買収された「LAGOA」を思い出しますが、その後どうなったんだろう。

Light Tracer Renderのハイライト

クライアントサイドWebレンダラー

Light Tracerは、Webブラウザ内でGPUによって高速化されたフォトリアリスティックなクライアントサイドレンダリングのための世界初のソリューションです。現時点では、Google ChromeとMozilla Firefoxのみがサポートされています。

 

物理的に正しいエンジン

NVidia / AMDのようなGPUと、Intelのような統合されたGPUの両方のグラフィックカードで動作する物理的に正確で偏りのないレイトレーシングエンジンをベースにしてます。

 

高速かつ効率的

高度に最適化されたGPUパストレースエンジンにより、3Dシーンのナビゲーション中にビューポートで即座にフィードバックを得ることができます。部分的な加速構造の再構築によって可能になったインタラクティブな変更。

 

プログレッシブリファイン

Light Tracer はノイズの多いイメージから開始して、最終的な結果に向けて徐々にリファインするプログレッシブレンダリングモードを使用します。ノイズレベルが許容できると判断した時点でレンダリングを停止できます。

マテリアル

Light Tracer は単純だが堅牢な2層の物理ベースマテリアルモデルを特徴としており、光沢のあるサーフェス、ガラス、金属、セラミック、プラスチック、木材、カーペイントなど、一般的なマテリアルタイプのほとんどをシミュレートできます。

 

ライティング

Light Tracer は主にHDRI環境マップを使用するように設計されていますが、メッシュエミッタや、球状光源や遠方光源などの分析的に定義されたエミッタもサポートしています。

参考資料

PlayCanvas

WEBブラウザで動くゲームエンジン。以前からあったみたいですがメモ。
https://playcanvas.com/

工業製品のビジュアル化にUnityやUEのようなゲームエンジンが使われることが増えてるみたいですが、ブラウザで編集して3Dモデル見るならコレ系のサービスでも十分楽しそうな気がします。

 

CG News

Maverick Studio

RandomControlが新しいレンダリングソフト「Maverick Studio」をリリースしています。価格は月額 €39.99、年間プランの場合は月額€33.99。

RandomControlは元々ArionというGPUレンダラーやPhotoShopのプラグインを開発していましたが、Arionをスタンドアロンアプリケーションとして再スタートしたもののようです。
https://maverickrender.com/

特長

物理ベース

完全に物理的に正確で正確なMaverickは、写実的でもっともらしい出力を徹底的に保証します。

 

GPUアクセラレーション

Maverickは、CUDA対応Nvidia GPUの巨大なコンピューティング能力を最大限に引き出すために、その基盤から設計されています。

 

インタラクティブレイトレーシング

Maverick Studioはあなたのすべての変更に耳を傾け、妥協のない最終的な品質でインタラクティブに反応します。

 

スペクトル

フルスペクトルレンダリングは、あなたの材料の光学特性に忠実で豊かで見事な色とトーンを再現します。

 

アダプティブ

アダプティブレンダリングは、計算能力を自動的に利用して、画像のノイズの多い部分を優先します。

 

ファイルのインポート

最も一般的なCADおよび3D交換フォーマットを完璧にインポートします。サポートされている形式には、STEP、IGES、OBJ、Alembicがあります。

 

真のカメラ光学

Maverickはデジタルの世界をまるで本物のように捉える仮想カメラと見なすことができます

 

強力なライトシステム

一般的な形とグラデーションを持つカスタマイズ可能なライトからの速くて滑らかな柔らかい影。

 

画像ベースの照明

現場の写真をとらえる信じられないほどの詳細でシーンを照らすための最も簡単で最速の方法。

 

照明ライブラリー

Maverick StudioはストックHDRIとマッチングバックプレートを備えた広大なライブラリを備えており、シーンを簡単に照らすことができます。

 

物理的な空と太陽

地理的位置、天文、およびカスタムの向き制御を備えた完全な物理的な太陽と空のシステム。

 

シェーディングライブラリ

Maverick Studioは、モデルの上にドラッグアンドドロップすることができる1300以上の非常に豊富なライブラリを特徴とします。

 

マテリアル

コーティング、スキャッタリング、半透明、私達のフィジカルモデルで信じられないレベルでマテリアルを制御することができます。

 

トーンマッピング

私たちの高度で完全にインタラクティブなトーンマッピングコントロールで完璧な外観を実現してください。

 

ノード マテリアルグラフ

高度なマテリアルは、複雑さからあなたを守る簡単な方法を必要とします。ノードエディタがそれを行います。

 

パスをレンダリングする

Maverickは高度なポスト処理とコンポジットタスクのための、レンダーパスの広範なリストを提供します。それらはすべてワンショットで単一の.EXRファイルに保存できます。

 

ビルトインフロア

あらゆる光源からの自動シャドウキャッチ、バックプレート画像とのシームレスな統合、およびカスタムマテリアルオーバーライドを特長としています。

 

テキストシーンフォーマット

Maverick Scene(.MKS)ファイルは人間が読める形式なので、1行のコードを書かなくても当社の技術をあらゆるシステムに統合することができます。

 

AIデノイズ

NvidiaのOptix AIデノイズ機能を使用して、最終的な画像をさらに速くレンダリングします。あるいは、編集するときに素早く最終的なプレビューに近づくだけです。

完全な文書
https://maverickrender.atlassian.net/wiki/spaces/MST/overview

 

参考資料

Webで記録して形にできる構想ノートアプリ「Qoso」

Webで記録して形にできる構想ノートアプリ「Qoso」。
https://qoso.jp/

マインドマップベースのサービスで、ワークスペースに自由にノードを配置してストーリーを考えるサービス。さまざまなノードが用意されていて、見た目や動作も今時なのだけど、ビュー操作でノードが移動していまいちょっと使い難い感じ。背景が白色なのも目に痛い。

サンプル開くとこんな感じになる。

CG News

CHAOS CLOUDサービス開始

V-Rayのクラウドレンダリングサービス「CHAOS CLOUD」が利用可能になったようです。20クレジットを無料配布中のようです。
https://www.chaosgroup.com/cloud

 

概要

新しいクラウドレンダリングサービス、Chaos Cloudを開始しました。Chaos Cloudは5年間のR&Dと6か月間で600万フレームと50万以上の仕事をレンダリングした広範なベータプログラムによって支えられています。これらのテストのおかげで、アセットを追跡したり、ライセンスを管理したり、仮想マシンを設定したりすることなく、1フレームをレンダリングする時間でアニメーション全体をレンダリングできます。

 

Chaos Cloudを試すと20個の無料クレジットがもらえます

V-Ray for 3ds Max, Maya, Rhino, Cinema 4D, Revit, Modo, Houdini , SketchUp (Next and 3.6 editions)は、Chaos Cloud内のボタンを介してアクセス利用可能です。

Chaos Cloudの機能は次のとおりです。

SmartSync

SmartSyncテクノロジを使用すると、データをChaos Cloudに一度アップロードするだけで済みます。その後はシーンの変更された部分だけを再同期します。アップロード時間を最小限に抑え、作業中の迅速な繰り返しを保証します。

SmartVault

Chaos Cloudを介してアップロードされたすべてのデータは安全なSmartVaultデータベースに保存され、簡単に呼び戻したり追加のレンダリングを行うことができます。SmartVaultはアセットの「指紋」を追跡しているため、名前の付け方、使用されているシーン、またはローカルの場所に関係なく、それらを再度アップロードする必要はありません。

ライブビューとリモートコントロール

Chaos Cloudインターフェースは完全にブラウザベースであるため、スマートフォンを含むほぼすべてのデバイスからそれを制御できます。ライブビューとリモートコントロールを使用すると、ユーザーは進行状況を監視したり、画像をプレビューしたり、インターネットを使用してどこからでもレンダリングを一時停止したりキャンセルしたりできます。

 

価格設定

一部のクラウドレンダリングサービスとは異なり、Chaos Cloudの価格はすべて込みです。ライセンス、アップロード、ダウンロード、保存、またはすぐにレンダリングジョブを開始するための隠れた料金や追加料金はありません。

Chaos Cloudクレジットのパッケージを購入することができます。これは数量割引で利用できます。今のところパッケージは100クレジット$100から始まり、価格はより大きなパッケージでは1クレジットあたり55セントにまで下がります。

参考資料

オープンソースのプロダクショントラッキングツール「Kitsu」

オープンソースのプロダクショントラッキングツール「Kitsu」が販売開始したようです。「Kitsu」はフランスの企業が開発してる中小規模のスタジオ向けのプロダクショントラッキングツールで、「エクセルより良く、ショットガンよりも安い」というキャチが直球でいいですね。
https://www.cg-wire.com/en/kitsu.html

価格はユーザー数で大中小の3プラン。

  • € 99 /月 (1〜10人のユーザー、200GBのストレージ)
  • € 299 /月 (11~50ユーザー、1TBのストレージ)
  • € 999 /月 (51~150ユーザー、3TBのストレージ)

このシステムはオープンソースで商用クラウドホスティングソリューションとしても利用可能。フランスの主要なVFX施設と共同で開発中らしいです。

参考資料

Unblending Web App

画像から「色分解」してレイヤー分けするサービスが公開されています。イラスト入れて試したけど、面白いです。
https://unblending.ongaaccel.jp/

Unblending Web App

Unblendingとは、Color Blending(=色混合)の逆操作(=色分解)を実現する技術です。これにより、デジタルイラストレーションなどの画像データを入力として、それを再構成可能な半透明レイヤー群に分解することができます。

参考資料

空撮映像が作れる「Google Earth Studio」

Google Earthの3D画像や衛星写真を、映像製作に活用できるツール「Google Earth Studio」が公開されたみたい。フォームに必要事項を記入して申請、承認されると使用できる。
https://earth.google.com/studio/docs/making-animations/rendering/

位置のキーフレームアニメーションの他に、特定のビルをターゲットにして回転や、太陽の位置も編集出来るみたい。レンダリングは画像シーケンスで、Zipにまとめられた物をダウンロード。