Sculpting

CG News

Shot Sculpt

Shot Sculptと言うスカルプトソフトのデモ版が公開されました。単純にメッシュをスカルプトしたり、ChronoSculptのような時間軸に沿ってスカルプトできるソフトです。選択した頂点にクロスやジグルのような物理計算を加えることが出来るほか、スカルプトしたメッシュの形状を転送したりできるのが面白い。最終的にAlembiとして書き出すこともできるみたい。
http://luizelias.com/ssculpt

CG News

VR対応の3Dスカルプト「Kanova」


FoundryがVR対応の3Dスカルプトソフト「Kanova」を公開予定のようです。技術的なフィードバックを得るのが目的で、早期アクセス版は無料公開のようです。
Kanovaには2014年に買収したADF技術(Adaptively Sampled Distance Fields)を使用しているようです。modoとのファイル互換が予定されているようですが、ぜひmodoにもADFスカルプト機能を搭載して欲しいですね。
http://store.steampowered.com/app/730550/Kanova/

Kanovaについて

Kanovaはシンプルで使いやすいVR対応3Dスカルプトアプリケーションです。Foundryが開発した特許取得済みの 3D Adaptive Distance Field(ADF)テクノロジを使用しています。市場にある他のツールとは異なり、Kanovaは純粋なVR形式、またはハイブリッド/ VRデスクトップアプリケーションとして使用できます。アーティストは、Foundryの3Dコンテンツ作成プラットフォーム、ModoとModo indieにエクスポートすることで、作品をさらに洗練しすることができます。

VRのスカルプトは技術的なツールや用語を学ぶことから解放し、3Dオブジェクトを自然な形で直感的にスカルプトすることができます。 Kanovaのインタラクションのシンプルさは、熟練したアーティストや業界の専門家だけでなく初めて3Dを使用するユーザーにアピールすることを意味します。

主な特長

  • デスクトップモードとVR環境でのKanovaを使用したシーン編集
  • 異なるモデリングツールの選択
  • 複数レイヤーの作成
  • スカルプトとカラーペイント
  • Sketchfab形式のエクスポート

 

早期アクセスにした理由

私たちが開発を進めすぎる前に機能がどのように実装されているかについて、より多くのユーザからのご意見をお待ちしております。 購入ボタンをクリックして(無料)、正直で建設的なフィードバックをお寄せください。

早期アクセスはいつまで?

Kanovaの早期アクセスプログラムが6ヶ月間実行されることを期待しています。 その時点で、私たちは商用製品に進むか、R&D Labに戻って他の適切な製品アイディアにするか決定を下します。

早期アクセスバージョンとフルバージョンの違いは?

Kanova 1.0にはユーザーが要求した拡張機能やバグ修正が含まれます。早期アクセス期間の終わりに達し、適切な製品になってない場合はR&D ラボに戻ります。

早期アクセスバージョンはどんな感じ?

早期アクセスバージョンのKanovaは、VR、デスクトップ、または両方でさまざまなブラシを使用したスカルプトをサポートしています。 VR機器なしでKanovaを使用することも可能です。
マウスとキーボードに加えて、デスクトップ上のペン入力をサポートしています。 VR入力の場合 HTC Vive と Oculus Touch コントローラをサポートしています。現在 Windows Mixed Realityはサポートされてません。

早期アクセスバージョンがはいくつかのバグが含まれている場合があります。定期的に保存することをお勧めします。 パフォーマンスはまだ完全には最適化されていません。ほとんどの場合は適正ですが、まだ改善しています。

ソフトウェアの価格は変わりますか?

早期アクセスプログラムが完了すると価格が上がります。

CG News

ZBrush 2018 リリース

ZBrush 2018 がリリーされたようです。ダイナミックテッセレーション「SCULPTRIS PRO」が気になります。
http://pixologic.com/features/index.php

Sculptris Proデモとして、ベータテスターが球体からスカルプトした画像が公開されています。
http://pixologic.com/features/spheres.php

SCULPTRIS PRO

ダイナミックなテッセレーションスカルプティングのワークフローであるSculputris Proは、ポリゴンによる制限を考えることなく、ただスカルプトすることができます。

 

プリミティブ投影

メッシュのリシェイプ、サーフェスへのカットイン、別なメッシュからの構築などのために、複数のプリミティブを使用することができます。

POLYGROUPIT

PolyGroup Itが提供されます。PolyGroupを削除、追加、コピー&ペースト、拡張または縮小、シンメトリに作成することや、さらにPolyPaint(ポリペイント)を使えば、あなたがまさに見たいと思っているPolyGroupを描画することができます。

 

その他
  • Curveモードの弾性オプション
  • Curveモードの液状オプション
  • Equidistant Gizmo Mesh Duplication
  • 描画サイズの記憶
  • 描画サイズ用Dynamicモードの記憶
  • Tessimate ジオメトリ
  • Normal アルゴリズムによる新しいPolyGroup
  • 3D プリントハブ用の出力サイズ増大
  • SculptrisPro用の新しい Snake Hook ブラシ
  • スタートアップ・デフォルト・ マテリアルの保存オプション
  • QuickSaveで、ついにあらゆるハードドライブへの保存が可能
  • ユニークログインサポートが附属した、新しいアクティベーションおよびライセンス管理システム
  • HDジオメトリのレベルが示されている場合、最高位のサブディビジョンレベルからディスプレイスメントマップを作成
CG News

Mudbox 2018.2 – Dynamic Tessellation

Mudboxがアップデートがされて、Sculptrisのように動的にポリゴンを細分化する機能が搭載されたみたい。ビューのズームと連動してるらしい。
ここ数年Mudboxは新規能なしと停滞してましたが、開発に注力することが去年発表されました。思ったより早く結果が現れましたね。
https://area.autodesk.com/blogs/thebuzz/announcing-mudbox-20182-update-and-introducing-dynamic-tessellation/

Tips

modoのGoZでサブディビをOFFにする方法

ZBrushからmodoにモデルをGoZすると、デフォルトではサブディビジョンが有効で読み込まれます。
重いデータが更に重い状態になってしまうため困ります。

スクリプトファイル GoZBrushToModo.py の以下の283行目に以下の1行を追加するとサブディビジョン無効状態でGoZからメッシュを読み込むことができます。

lx.eval(‘poly.convert face subpatch false’)

情報元 https://community.foundry.com/discuss/post/991296

Tips

modo の Sculpt Layer

modo 901で新しく搭載されたSculpt Layer使ってみた。
軽く試しただけなので複雑な形状の再現性がイマイチだけど、トポロジー気にせずモデリングできる機能に成長して欲しいですね。
現状は重くてボーン設定して動かそうとは思えないけど、将来的にそんな使い方ができて欲しい。

CG News

Foundryがスケッチソフト Mischief を買収

Mischiefは開発者がディズニー時代にアーティストからフィードバック受けながら開発したソフト。無限なくらいキャンバスを拡大できるのが特長です。
https://community.foundry.com/discuss/topic/93967/exclusive-our-secret-news?mode=Post&postID=841195&show=Foundry,Mischief#841195

記事によるとFoundryはMischiefよりADF技術とADF技術の発明者の獲得が目的っぽいですね。
驚いたのはMischief買収よりもTaronとSculptrisの開発者がFoundryに加わったらしい。
ADF技術を使用した新しいスカルプトソフトを開発中のようです。
https://www.fxguide.com/featured/whats-the-foundry-buying-the-tech-of-adf/


ADF技術は三菱電機研究所(MERL)が開発したベクター技術。データ量が少ないのが特長。アジア圏のフォント等に最適で、Kindleにも使われてるらしい。
ADFの特長にディスタンスフィールドというのがあるみたい。これによってMischiefは2Dソフトだが、エンジンはボリュームの3Dブラシストロークを持つように拡張することができる。

CG News

ZBrush 4.0 Unleashed!!!

ZBrush 4.0がリリース開始されたようです。使いやすくなってるか気になります。

http://www.zbrushcentral.com/showthread.php?t=091973

ZProjects
* Save all loaded tools, document size, light, material, timeline and render settings in one click.
* ZBrush 4 even includes sample projects to help you discover new features.

Best Preview Render
* Renders Shadows, Ambient Occlusion, Fibers, SSS and Transparency with advanced anti-aliasing.
* Multi-pass rendering with Shadow, Color, Ambient Occlusion, Mask and Depth as separate maps.
* Render for still images or animations.

Project presentation
* Timeline for more than just simple turntables and animations.
* Keyframe management: copy, move, etc.
* Audio support with color beats for manual animation synchronization.
* Fade in/out and cut keyframes for nice transitions.
* Ease in/out keyframes.
* MDD animation file format support for exporting and importing animation.
* Animation-capable layers, Tools, ZSpheres, background and more.

Concept creation
* Shadow Box for free-form creation.
* Move Elastic Brush to create stretch-free extrusions.
* Reproject improved for more finely tuned control of the results.
* Mannequin for quick scene setup.
* TransPose units to help you in proportions and sizes.

Hard Sculpting
* Clip brushes for slicing your models.
* By Radius and By Polygroups modes for the Clip brushes.
* Shadow Box to create original sculpting bases, combined with radial symmetry.
* New Strokes: Circle, Square, Curves.

Major brushes:
* MatchMaker, the perfect brush to deform your mesh to conform to other 3D models.
* Deco brushes, turn, spin – perfect for creative patterns!
* Clay Buildup will be your new Clay brush for the rough sculpting.
* Move Elastic, Move Topo, Move Parts: Stretch and deform with no constraints.

Strokes:
* Roll mode improved with the Roll distance.
* New lasso/marquee selection mode, circle by center, perfect circle, curve for masking and hiding.
* Marquee, Lasso and Circle strokes working with symmetry for hiding, masking and slicing.

Pipeline and Productivity
* GoZ with Autodesk Maya (2008, 2009, 2010, 2011), Autodesk 3DSMax (2009, 2010, 2011), Luxology modo 401 (Sp2 to sp5),

Cinema 4D R11 and R11.5
* GoZ SDK for integrating GoZ in additional software packages.
* Xpose to explode all SubTools, making it easy to work on a hidden one or create stunning animated effects.
* SubTool Duplicate and Insert, List All + ABC, Merge All for more flexibility when working on complex models.
* Solo mode to quickly isolate the current SubTool.

3D Painting and Materials
* PolyPaint Layers for more freedom in 3D painting.
* SpotLight to edit textures on the fly and then use them to paint by projection.
* Gradient transparency for anti-aliased transparency in PolyPainting.
* New shaders: Fast Overlay and Fresnel Overlay for more effects in your materials.
* New Fresnel and SSS settings for more realistic materials!
* New Blinn Specular added to the default shader for a better skin specular effect.
* Large number of blending modes between materials: Add, Subtract, difference, darken, etc.

Misc
* Topology auto masking to protect closed areas which are not directly connected.
* Elasticity settings to stretch your model without stretching the topology.
* Orientation settings: rotate your alphas while sculpting.
* Tile alphas for more creativity with brushes.
* Non-Square alphas are supported, avoiding distortions.
* Contact support for SubTools: deform multiple SubTools while maintaining your defined contact points between them!
* Relax Deformation: relax your topology without altering the shape.
* Inflate Balloon Deformation for a variation of the relax deformation.
* Deformations are now in real-time when moving the sliders, giving you live feedback.
* New File menu to manage all content.

Plugins
* Decimation Master is now 64bits.
* Original size is kept when exporting with 3D Print Exporter.
* Unwrap all SubTools at once with UVMaster.
* New Multi-map exporter for fast and easy creation of many maps at once including: normal, displacement, ambient occlusion,

etc.
* Various additions in SubTool Master and TransPose Master.

CG News

「Sculptris」がPixologic社の下で開発される事に決定

ZBrushがまともな使い勝手になって欲しいw。

http://www.oakcorp.net/zbrush/news.shtml

ネットが一般の人まで普及するようになって顕著化してきたように思うのが、中間的な物が売れなくなってる気がする。
一極集中。売れる物だけがとことん売れ、それ以外は全く売れない。ゲームなんかの記事でもよく言われてることだ。
みんな失敗したくないから買う前に情報を集める。集めやすくなったのも原因だと思う。
ZBrushは間違いなく売れてる製品。この流れを上手く開発に生かして欲しい。
それにしてもバージョンアップ料を取らないのは凄いビジネスモデルだよね。
恐らくメインの収益はソフト販売ではなく、映画等のカスタムツール開発なんだと思うけど、海外だから出来る事だよな……