PlugIn

参考資料

DNA growth

Maxのプラグインtyflowを使用したテスト動画が公開されてます。どれも綺麗ですね。

参考資料

ポリゴン・ピクチュアズ、レンダリングソフト「PPixel」を開発

「GODZILLA 怪獣惑星」や「シドニアの騎士」などで知られるポリゴン・ピクチュアズが、レンダリングソフトウェア「PPixel」を開発したそうです。

BLAME!では「Maneki」を使用していましたが、自社で開発する必要が出てきたということでしょうか。画像からはAOV対応以外に、どのようなレンダリング的特長があるのかよくわからないですね。ラインもマテリアルの輪郭線だけのように見えます。床の反射がPBRっぽいのが気になる。今後の情報に期待したいですね。
http://www.ppi.co.jp/news_release/ppipr20190912/

概要

レンダリングソフトウェア「PPixel」(ピクセル)を自社開発!独自の映像表現と効率化を実現

株式会社ポリゴン・ピクチュアズ(本社:東京都港区、代表取締役:塩田周三、以下ポリゴン・ピクチュアズ)は、レンダリングソフトウェア「PPixel」(ピクセル)を開発したことを発表いたします。

PPixelはセルルックCG(※注1)スタイルをはじめとするNPR(ノンフォトリアリスティックレンダリング)表現に特化したインハウスのレンダリングソフトウェアです。
本ソフトウェアは、近年多様化する映像表現において独自性のあるルックやスタイル表現を可能にすることを目的に、当社が長年培ったアイデアやノウハウを組み込んで開発した、新しい映像表現の探求に欠かせないツールです。
PPixelの開発、導入により、独自性の高いの映像表現を作り出すとともに、PPixelと既存の制作パイプラインシステムの融合、NPR表現にフォーカスすることによる処理の高速化、レンダリング時間の短縮などの効率化を実現。これまで以上に高品質な映像を高い生産性で制作することが可能になりました。

当社ではCG技術開発だけでなく、近年発展著しいIT技術を効果的に映像制作に活用するための取り組みもおこなっております。ハイエンドな映像制作のために必要なソフトウェアを部分的に内製化することで、今後も先進的IT技術とCG映像制作の親和性を高めることを推進して参ります。

※注1:セルルックとは、3DCGをセル画(手描き)アニメーションのように表現する手法のことです。

CG News

Toolchefs Camera Lattice for Maya

オープンソースのMayaアニメーションツールをリリースしているToolchefsが、Camera Latticeツールを公開しました。tcKeyReducer、harmonicDeformer、tcSoftIKSolver、cameraLatticeを含むToolchefsのオープンソースMayaプラグインは、LGPLライセンスで利用できます。
古くはXSIのTDの方がデモしてたDeformationGridやC4Dのカメラデフォーマのようなカメラスクリーンベースのデフォーマですね。面白そう。
https://www.toolchefs.com/?portfolio=camera-lattice
https://github.com/Toolchefs

CG News

Framer Modifier 3dsMax

3dsMaxトポロジベースのフレームモデリングモディファイヤだそうです。価格は$9.99。
にぎやかしのビル作るのに便利かも。
https://gumroad.com/l/Framer

概要

構造を作成するためのプロシージャツールです。ファサード、構造、グリッド、家具、パターンなどの作成に役立ちます。

調整可能な要素
  • 枠線
  • セカンダリフレーム
  • サーフェス要素
  • バルコニーのエレメント
  • 内部ボリューム
フィルタオプション
  • 選択のみ
  • 側面のみ

 

  • パラメータのランダム化オプション
  • 各要素のマテリアルIDの設定
  • Unify flowオプション:常に正しくガイドされるようにフレームを配置します。
  • ランダムクローンオプション:各コピーから一意のランダムシードを使用してオブジェクトのクローンを作成します。

編集可能ポリゴンでのみ機能します。四角形のみ。サポート:3dsMax 2018.1以降。

参考資料

THX Deep Note Trailer 2019

THXの新しい4kトレイラーが公開されてます。ディレクターはAfterEffectsのTipsとプラグインで有名なVideo CopilotのAndrew Kramer氏です。安定のかっこよさですね、地球にはORBを使用してるようです。

CG News

STARDUST 1.5

AfterEffects用のパーティクルプラグイン、STARDUST 1.5がリリースされました。openVDBに対応したようです。進化のスピードが速いですね。
https://www.superluminal.tv/blog

Stardustの豊富なツールセットに新たにボリュームワークフローが加わりました。世界的に有名なopenVDBテクノロジをStardustにシームレスに統合することで、Volumeオブジェクトを簡単に作成できるようになりました。
パーティクルシステムとモデル全体をボリュームに変換し、ブール演算、フィルタ、ノイズなどのさまざまなツールで結果を操作します。Stardustのツールセットに追加された他の機能には、魅力的でスタイリッシュなオブジェクトのアウトラインを作成するための驚くべき3Dワイヤーフレームの作成、マスクとテキストの端から数回のクリックで精巧な3Dオブジェクトを作成する「エッジを押し出し」、その他のツールや改良などがあります。

参考資料

mental ray 無料公開

2017年に開発終了したmental rayが無料で公開されているようです。公開されているはmental rayのスタンドアロンとサテライト。対応バージョンはMaya 2018、3ds Max 2018。
https://blog.mentalray.com/2019/08/01/new-unlimited-mental-ray-satellite-standalone/

 

概要

Mental Rayスタンドアロンは、ライセンスを必要としなくなりました。何台でも無料でご利用いただけます。

これは、レンダリングのスループットを向上させるためにネットワーク分散レンダリングに依存しているMental Rayプラグインのユーザにとって、優れた拡張機能です。またコマンドラインから実行したり、Backburnerなどのレンダリングジョブマネージャで管理したりする場合の、レンダリングファームでの使用に関する制限もなくなりました。

 

mental ray Satelliteレンダリングとは?

レンダリングファームで個別のレンダリングジョブを開始するのとは異なり、Satelliteレンダリングモードでは内部ネットワークのリモートマシンをメインのMental Rayレンダリングエンジンに接続することができるため、DCCツールの実行で既にビジー状態になっているメインマシンに負荷をかけることなくイメージやアニメーションのレンダリングの重要な部分を引き継ぐことができます。mental rayはデータ配布とネットワーク通信を内部的に処理しているため、通常の方法でMayaまたは3ds Maxの操作を続行できます。当然のことながらネットワーク速度とマシン構成は、全体的なエクスペリエンスと流れるようなワークフローに大きな影響を与えます。

Mayaではサテライトモードを選択的に有効にして、Render Viewでのプレビューレンダリングやバックグラウンドでのバッチレンダリングを行うことができます。ただしこの分散モードではプログレッシブレンダリングはサポートされていません。そのためmental rayを使用したインタラクティブなビューポートレンダリングではあまり便利ではありませんが、ここでも有効にすることができます。Satellitesにすべてのレンダリングをリモートで行わせ、メインマシンをレンダリングの負荷から解放するか(バックグラウンドバッチレンダーに最適)、必要に応じてメインのレンダリングに寄与するように設定する(クイックプレビューレンダリングの場合など)オプションがあります。

それ以外の場合はAutodesk製品のオリジナルのSatelliteモードと異なり、使用できるマシンまたはCPUコアの数に制限はありません。ただし、技術的には占有されている可能性のあるネットワーク上であまりに多くのリモートマシンを同期させる必要がある場合、全体的なレンダリングの利点が低下することがあります。

この最新のMental Ray Standaloneもコマンドラインから使用できます。もちろん制限やライセンス設定はありません。

 

Mental Ray Free Standalone / Satellite

参考資料

機械学習を使用したカラーグレーディングツール「MagicTints」

MagicTintsは機械学習エンジンを使用して、元のコントラストを維持したまま別の画像から、別の画像色を自動的に割り当てるカラーグレーディングツールです。映像向けに使えたら面白いかも。

動作環境はAdobe Photoshop、Illustrator、InDesign、Lightroom、XD、Affinity Photo, Sketch, モバイル: iOS,、Android、スタンドアロンデスクトップ:macOS、Windows。価格はPhotoshop、Illustrator、InDesign用が$39、現在はセール中で$19です。
http://anastasiy.com/magictints

CG News

Quad Remesher

3ds Max、Maya、Modo で動作するクワッドリメッシュ化プラグインがリリースされました。
https://exoside.com/quadremesher/

価格

  • 永久Proライセンス:$109.90
  • 永久インディーズライセンス:$59.90ドル
  • サブスクリプションライセンス:$15.99/3ヶ月間

 

modo版のレビュー。

CG News

3dsMax用MCGモディファイア「Weaver Modifier 2」

3dsMax用のMCGモディファイア「Weaver Modifier 2」が発売されています。価格は$14.99。MCGも使えれば色々面白そう。
https://gumroad.com/l/VGdSJ

 

概要

リアルタイムトポロジベースのウィービングジオメトリを作成します。三角/四角/ n角形で動作します。3dsmax 2018.1以降をサポート。

 

リース2.0

ダブルストローク
  • ギャップ幅パラメータ
  • 各ストローク方向のオプション
  • 三角/ N角形のための別のオプション
フローツイスト
  • 各ストローク方向のオプション
平均接続幅
  • 不均一な製織でも流れを維持するのに役立ちます。
手動制御フロー(四角)
  • 四角三角の編集による織りの流れ制御
変動性
  • すべてのウィービングオプションが一緒に機能することで、たくさんのバリエーションが生まれます。

CG News

3dsmax用の新しいフルードシミュレーター、メッシャー、Bullet Physicsプラグイン

3dsmax用の新しいフルードシミュレーター、メッシャー、Bullet Physicsプラグインが告知されています。価格や発売予定日についての詳細は発表されていません。
https://magicpics-software.com/

 

Aquarius Fluid Simulator

もうすぐ登場

 

Aq Mesher

3dsmax用のOpenVDBベースのパーティクル/オブジェクト/ VDBメッシングプラグインです。
このプラグインは、多くのOpenVDB関数を使いやすく反応させることができます。剛体シミュレーションのためのMeshing、Levelset filter、Fractureおよびlevelset sphere関数など。

特徴
  • オブジェクト/パーティクル/ PRTファイル/ VDBファイルからレベルセット
  • アダプティブメッシング(三角/四角メッシュ)
  • 速度/頂点カラーチャンネルの作成
  • レベルセットフィルタ
  • メッシングエリアクロッピング
  • レベルセット粉砕
  • Sphere / bullet Sphereへのレベルセット(Aq Bullet Pluginが必要です)
  • VDBエクスポート

 

Aq Bullet

3dsmax用のBullet Physicsベースのマルチボディ物理シミュレータです。このプラグインは、リジッドボディ、ソフトボディ、ロープ、コンストレイントを簡単にシミュレートできます。また、キーフレームまたはポイントキャッシュによってシミュレーション結果を取得し、編集、変更、配置を簡単にすることができます。

特徴
  • 剛体シミュレーション(ダイナミック/スタティック/キネマティック)
  • ソフトボディ/クロスシミュレーション
  • ロープシミュレーション
  • コンストレイント機能(P2P、ヒンジ、スライダー、コーンツイスト、6自由度、ソフトボディアンカー、ロープアンカー)
  • Bullet プリミティブオブジェクト(ボックス、コーン、スフィア、カプセル、シリンダー)
  • 凹面/複合オブジェクトの箇条書き複合オブジェクト
  • 使いやすい/制御しやすい

 

OpenSubdiv-MPS

3dsmax用の超高速OpenSubdiv修飾子です。このプラグインは標準的なOpenSubdivモディファイヤよりもどんな状況でもはるかに良い反応をします。そしてこのプラグインは標準の頂点折り目修モディファイヤで動作します。

参考資料

RayFire for Unity

3dsMaxで人気の破壊系プラグインRayFireのUnity版がリリースされたようです。価格は$170。
https://assetstore.unity.com/packages/templates/systems/rayfire-for-unity-148690

 

概要

RayFireはランタイムで3Dオブジェクトを無限に解体したり、編集モードでオブジェクトを細かく粉砕することができます。フラグメンテーションには通常のVoronoi、Wood Splinters、Slabs、Radial、Slicing by planes、およびTetrahedrondベースのフラグメンテーションタイプがあります。
クラスタリングを使用すると、より複雑な凹形状をシミュレートして分割できます。また、RayFireは、必要に応じてシミュレーションオブジェクトや解体されたフラグメントをアクティブにするなど、高度なダイナミックシミュレーションコントロールを提供します。これにより、WIndフォースとVortexフォースによるシュート、爆発、および作用が可能になります。

CG News

thinkingParticles Subscription Drop 8

thinkingParticles Subscription Drop 8がリリスされてるようです。
https://www.cebas.com/?pid=productinfo&prd_id=187

Drop8はthinkingParticles内で動作するOpenVDBを起動し、ツール群に約35の新しいオペレータを追加します。他のアプリケーションで作成されたボリュームデータをThinkingParticlesに簡単にインポートできるようになり、3ds Max内でより簡単で高度なビジュアルエフェクト処理が可能になりました。

破壊のスペシャリストには、FracturreVDBとMorphVDBがお勧めです。

thinkingParticlesのユーザは、OpenVDBでのボリュームデータの高度な操作と保存によって、非常に柔軟に操作できます。

ビデオコンテンツ:

  • OpenVDBの統合の強化-VDBボリュームの作成、共有、インポート、100%プロシージャル
  • 3dsmax内でのリアルタイムボリュームフィールドの相互作用とボリュームデータのネイティブ処理
  • 完全マルチスレッドボリュームグリッドアクセス
  • リアルタイムtPスモーク&流体ソルバー/シミュレーション
  • 最先端の球面加工梱包
  • すべての単一ボリュームデータへのフルアクセスが可能な真の体積マルチスレッドパッキング
  • 高度なOpenVDBマルチフィジックス:フルマルチスレッドの流体およびボリュームの相互作用
  • サーフェスから速度への伝達と水密ボリューム境界による、高パフォーマンス変形ボリュームメッシュ境界

FLUID SOLVER 6.8–超安定、高速、柔軟性、制御性に優れています。

  • 前例のない超薄型ウォーターシート
  • 応答性が高く、ボリュームの節約に優れてい
  • 強化された圧力伝達の安定した渦度

OpenVDBに35の新規オペレータ追加

  • LoadVDB
  • SaveVDB
  • OpenVDB
  • ShowVDB
  • UBoolean
  • AdvectVDB
  • BodyforceVDB
  • BooleanVDB
  • BoundaryVDB
  • CompositeVDB
  • FilterVDB
  • FractureVDB
  • MorphVDB
  • PartToVolumeVDB
  • PotentialFlowVDB
  • Renormalize
  • ResizeVDB
  • SegmentVDB
  • ShapeToVolumeVDB
  • SignedFloodFillVDB
  • VolumeToShapeVDB
  • VolumeToSpheresVDB
  • AccumulateVDB
  • CellIteratorVDB
  • Convert /CurlVDB
  • DilateVDB
  • ErodeVDB
  • GetGridVDB
  • InitiatorVDB
  • InputFromVDB
  • InterpolateVDB
  • OutputToVDB
  • PruneVDB
  • SetGridVDB
  • UFilterVDB
CG News

フリーのAE用 被写界深度プラグイン「Fast Bokeh」

フリーのAfter Effects用被写界深度プラグイン「Fast Bokeh」が公開されています。
エッジを適切に処理するというのが気になって試しましたが、エッジの品質的にはLenscareと大きな差は感じないかも。ですがブラーサイズを大きくしても速度が変わらないというのは面白いですね。300ピクセルなど大きな値を設定した場合に圧倒的に早いです。

https://www.rowbyte.com/fast-bokeh

概要

Fast Bokehは、深度マップを使用して滑らかな被写界深度ボケを作成するAfter Effectsのプラグインです。非常に高速で、エッジを適切に処理して使いやすい。

別のぼかしプラグインが必要な理由?

Fast Bokehは、他のレンズブラープラグインとは異なり、以下の3つの要件を満たします。

  • 非常に高速で、ブラー半径に依存しません。
  • エッジを適切に処理します。
  • ガウスブラー同等の品質。
ブラー半径に依存しない

Fast Bokehのパフォーマンスはイメージサイズにのみ依存し、適用されるブラーの量に依存しないため、ほぼ一定のレンダリングパフォーマンスが期待できます。

ハードエッジなし

オブジェクト境界は拡張され、エッジは予想どおりに適切に処理されます。プラグインには、遮蔽されたオブジェクトに関する情報がレンダリングに含まれていないため、まだ制限がありますが、ハードエッジとハローを可能な限り回避する適切なジョブを実行します。

スムーズブラー (滑らか)

このプラグインは、スムースガウスのような高速ブラーを作成します。特別なアパーチャ形状や色収差設定はありません。したがって、すべてのダイナミックカラー範囲で一貫性があります。

32ビットカラー

32bpcはサポートされているだけでなく、最高の品質を得るためにもお勧めします。

 

エフェクトコントロール

  • Blur Radius:ブラーの半径。
  • Depth Map Layer:深度マップとして使用するレイヤです。
  • Invert Depth Map :デプスマップの白と黒のピクセルを反転します。デフォルトでは、白のピクセルは背景、暗いピクセルは前景です。
  • Focus Distance :デプスマップのカレントの合焦距離を設定します。
  • Repeat Edge Pixels:常にオンのままにします。
互換性

After Effects CS6とCreative Cloud。CC2017、CC2018、CC2019.macOS 10.8以上またはWindows7以上でテスト済み。

重要な注意

最良の結果を得るにはアンチエイリアシングなしでデプスマップを使用することをお勧めします。

CG News

Obj Sequence Exporter for MODO

modoからobjのシーケンスをエクスポートキットが公開されています。After EffectsのElement 3Dでの使用を想定したもののようです。MeshOps、Deformer、Mesh Fusionをサポート。価格は無料ですが、コーヒーがお好きなようです。
https://gumroad.com/l/objExp

以前公開されていた同様のスクリプトに比べると機能の対応範囲が広そう。