PlugIn

CG News

Stardust新バージョン

After Effects用のモジュラー3Dパーティクルシステムプラグイン、Stardustの次のバージョンが発表されました。物理演算が搭載になるようです。
https://www.superluminal.tv/category/blog

After Effectsのモジュラー3DパーティクルシステムであるStardustの次のバージョンを発表することに興奮しています。
すばらしい新しいツールセット物理シミュレーションを紹介します。パーティクルとモデルは衝突したり、力の影響を受けながら互いにやりとりしたりすることができ、アニメーションを簡単に作成できます。

新しいバージョンは来週に利用可能になる予定です。

 

主な新機能
  • 物理パーティクル:パーティクルと3Dモデルを衝突させ、相互作用させる。
  • Live Update : Auto Cacheをオンにすると、現在の物理シミュレーション状態が表示されます。
  • ノードワークフロー : 物理シミュレーションワークフローはAfter Effectsに完全に統合されているため、シミュレーション要素を既存のコンポジションレイヤーやライトにリンクすることができ、アニメーションを調整しながら実際の結果をコンポジションで直接見ることができます。

CG News

Live2D Cubism 3 のAEプラグインリリース

Live2D Cubism 3 で作成したモデルをAEに読込めるようになるプラグインのベータ版です。タイムラインで直接キーを打つことやモデルのモーション編集が可能とのことです。
http://docs.live2d.com/cubism-editor-manual/after-effects/

 

beta版についての注意
  • beta版公開中は無償でご利用いただけますが、正式リリース後はCubism3 PROライセンスが必要になります。
  • データについては、念のためバックアップを作成することをおすすめします。
  • beta版での提供となりますので、今後リリースするバージョンとの互換性は保証できない可能性もございます。
    最大限配慮いたしますが、あらかじめご了承いただければと思います。
  • beta版での不具合やご要望についてはコミュニティまでぜひお寄せください。

 

正式版までに今後対応予定の機能案
  • モーションの読み書きだし
  • model3.jsonの読み込み時の手順簡略化
  • CC2018へ対応
  • AE上でパラメータ名を表示
  • ファイル収集機能対応
CG News

Needle Kit for Modo

簡単にステッチを作成するキットがリリースされました。価格は€99。現在は早期割引コード「StitchAhead」を入力すると25%OFF(2018年7月1日終了)。

 

概要

このキットはMODOでステッチの作成と管理をより簡単かつ迅速に行います。シンプルでパワフルなプリセットシステムと組み合わせることで、作品のクリエイティブな部分に集中できます。
キットはシーン内のステッチを作成、表示、編集するのに必要なすべてのツールを備えた小さなツールパレットを提供します。さらに、ユーザーはカスタムプリセットを素早く作成し、使用することができます。

このキットはMODO 11.2v2以降のバージョン用に作成されています。

CG News

LWCAD 2018 for LightWave リリース

LWCADの最新版がリリースされたみたいです。
https://sites.google.com/view/lwcadmanual/lwcad-5-0/4-changelog/lwcad-2018-new-features

価格

  • 新規購入:LWCAD 2018 FULL:299 EUR or 349 USD
  • LWCAD 5からLWCAD 2018アップグレード:149 EUR or 175 USD
  • LWCADからLWCAD 2018アップグレード4:225 EUR or 259 USD

 

新機能

トライアルモード

新しいトライアルモードでは、LWCADを30日間完全にロック解除できます。トライアルモードで実行するにはインターネット接続が必要です。

オプションパネル マウスウェイトと角度ステップ

ハンドルの重みや角度を調整する際のマウスの感度を定義する新しいパラメータ。

ポップアッププリセットシステム

前方互換性と後方互換性を備えた新しいプリセットシステム。ファイル形式:XXX.lwcad

自動UCSコーナー

自動UCS初期化のための新しいコーナーモード

 UCS定規

寸法はUCSのX軸とY軸に投影されます

スナップパネルスナップボタン

スナップを有効または無効にする

新しいツール

ウィンドウを作成するための新しいパラメトリックツール。オブジェクトをカーブ、ポリゴン、NURBSから作成できます。

  • カスタムのサイズとパラメータに新しいポップアップ プリセットシステムを使用
  • 基本形状タイプ(長方形、アーチ、三角形)
  • カスタムインナー
  • アウターフレーミングと敷居
  • カスタムエッジとコーナー
エッジからレール

既存のジオメトリを選択して手すりを作成するための新しいパラメトリックツール。

  • カーブセグメント、ポリゴンエッジ、NURBSの選択を使用
  • 新しいポップアップ プリセットシステムを使用
  • レールは5つのオプションのレイヤーから組み立てられます:レール、サブレール、ポスト、サブポスト、フィリング
  • すべてのプロファイルは、カーブ、押し出された長方形、円のプロファイルで作成できます。
手すり

ラインツールに基づく新しいレールツール。

更新されたツール

階段

新しいレールのプリセット、レールツールのレールプリセットを階段オブジェクトに直接構築

プロフィール
  • ポリゴンとNURBSモードが同期
  • 新しいハンドル配置モード:セグメント端、コーナー端、レール端
  • プロファイルを地面に合わせるための新しいモード
  • 新しいパラメータの表示プロファイル シーシス
 Rect UV&Quad UV

新しい「Rect UV Linked」パラメータを使用すると、UVマップサイズでリンクまたは長方形のサイズを有効/無効にすることができます。

  • UV寸法の新しいポップアップ プリセット
長方形、ボックス、Windoor、直角屋根、直角階段と壁
  • サイズの新しいポップアップ プリセット
ナイフ
  • 新しいオプションのマルチ ブレードモード(ブレード距離のためのプリセット付き)
CG News

Maya用glTF2.0エクスポータ

Maya用のglTFエクスポータが公開されたようです。
https://kashika.co.jp/product/gltfexporter/

 

概要

簡単にglTF2.0形式のファイルをエクスクポートできます。これはglTF 2.0ファイルをエクスポートする最も簡単なMayaネイティブプラグインです。オープンソースで無料です。

CG News

modoのプラグイン集「Dara」がオープンソース化

modoのプラグイン集「Dara」がオープンソース化されたようです。$399で販売されていた物ですが、アップデートが滞った状態だったみたいです。
https://gumroad.com/mechanicalcolor

リポジトリ
https://github.com/9bstudios

 

Ignition

10個のカースタータープリセットモデル。

 

Tagger

CADインポートなどの大規模なデータで、マテリアル、パーツ、選択セットの管理に役立つプラグイン。

 

Zen

ワークフローをより速く、よりすばらしいものにするためのツールバーとレイアウトのコレクション。

 

Passify

パス管理を簡単にします。QuickFloor、Ultralight、Toggler、Managerといった複数のプラグイン。

 

Cropper

クロップレンダリングツール。

 

Kelvin

スタジオレンダリングのためのリグとプリセットのコレクション。

 

Neat Freak

アイテムリストとシェーダツリーをクリーンアップするユーティリティ。

 

Render Monkey 2

簡単なレンダリング管理ツール。プログレッシブレンダリング、バッチレンダリング、任意のフレームレンジのレンダリング、パスグループに対応。

 

Metermade

ワンクリックでライブアップデートする寸法ツール。

 

Snap

バックアップを簡単に保存するシンプルなプラグイン。

 

Flipper

簡単な多軸シンメトリープラグイン。

 

Wheely

簡単に放射状シンメトリーをモデリングするためのプラグイン。

 

Bling

ワンクリックメニューで「matcap」シェーダを追加/削除するためのプラグインです。

 

Life Saver

Configsのバックアップ。

CG News

Window Maker Kit for MODO

mARCH kitの作者の新しい窓作成キットがリリースされたようです。C ++で書かれたプラグインとのこと。価格は£48。現在はスペシャルオファーで£36。
https://www.thethirdguild.com

アーティストフレンドリー

Window Maker Kitは使いやすいように設計されており、手続き的に高度な調整が可能で、ウィンドウのレイアウトや外観に対するコントロールができます。

重要な箇所のディテール – 必要な場所に余分なディテール(例:面取り)を適用します。

簡単な選択とテクスチャリング – ポリゴンパートとUVが自動的に生成されます。UVスケーリングは3つのツールすべてで一貫しています。

ビジュアル的な混乱を減らす – 各ツールのユーザーインターフェイスは論理的なセクションに分割され、個々に折りたたむことができます。

CG News

Render Output Manager V2.0 for MODO

ファイル出力を便利にするスクリプト Render Output Manager V2.0 がリリースされました。価格はインディー版$29、スタジオ版$99。
https://gumroad.com/l/renderManager2

2018年5月20日まで40%になるクーポンコードが配布されています。
https://community.foundry.com/discuss/post/1128537

V2機能のリスト:
  • レンダー出力をタイプ別に追加、選択、削除
  • すべてのプリセットチェックボックスを選択、選択解除
  • altまたはctrlを押してチェックボックスの各グループを選択、選択解除
  • 個々の追加ボタンは、altまたはctrlを押して追加されたレイヤーのサフィックス名を「オンザフライ」で追加
  • シェーダーツリーで、すべてのレンダリング出力を選択、選択解除、削除
  • [SCENENAME]に現在のシーンの名前を付けたタグ
  • バージョンパターンと一緒に[VERSION]タグを使用可能。V ### – > V001、V002など
  • [PASS]タグ、これはアクティブパスの名前を “CAUTION”にします:これは動作しませんパスグループをレンダリングすると(レンダリング中に名前を変更できません)
  • プリマルチプライ デフォルトオプション
  • レンダーマネージャのログを保存し、現在のmodoシーンの名前を含むテキストファイルを各フォルダに保存するレンダリングに使用
  • レンダリング出力のレンダリング
  • modoの起動時に出力パターンを強制的に設定する “_ “(設定ファイルにデフォルト値を保存する)
  • アップデート モーション、Detph、AO がワンクリック
  • あなたがアップデート ボタンをクリックしたときに、Motion、Detph、AOも更新したい場合のオプション
  • 可視性向上のための新しいアイコン
  • 若干のUI改善

CG News

Stardust 1.1.4 for After Effects

After Effects用のモジュラーパーティクルプラグイン Stardust がアップデートされたようです。
https://www.superluminal.tv/category/blog 

3Dモデルが他のモデルにシャドーを落とせるようになりました。3Dモデルの追加レンダリングモード。環境照明はシーンのライトとシャドウの影響を受けます。

新機能:

  • 3Dレンダーエンジン、シャドー、追加の3Dモデル、環境シェーディング、その他
  • 3Dモデルでの作業を簡素化し、3Dモデルをコンポジッションに数秒で追加できます。
  • ワークフローの改善、複数のビデオソース、新しいグラフモード
  • パス上のパーティクルコントロールが強化
  • モデルへの3Dシャドー
  • 追加の透明マテリアル
  • 新しいグラフモード
  • ソースノードの新しい「レイヤーセット」を使用して、複数のソースビデオでビデオウォールを簡単作成
  • 環境シャドー – ライトがイメージベースの照明環境に影響
  • プリセットは環境やモーションブラーなどのレンダー設定を保存して読み込むことができます。
  • モデルワークフローを単純化、モデルノードを追加して単一インスタンスを追加するだけです。
  • モデルのアニメーションを簡略化し、ワンクリックでモデルを作成して3Dヌルにします。
  • モーションノード – 方向を指定するオプションを追加しました。
  • プリセット – タグとレンダー設定を保存します。
  • その他のバグ修正

参考資料

New V-Ray Toon Shader

V-Ray Next の新しいトゥーンシェーダーのビデオが公開されています。
Mayaを使用したデモで、ランプとシャドーをミックス、ライトの色をミックス、ハイライトを分割、ハイライト形状の編集、テクスチャによるタッチの追加など細かな制御機能ができるみたい。

CG News

Octopusリリース

3ds MaxでMayaのマーキングメニューやmodoのパイメニューのような機能を実現するツール「Octopus」がリリースされました。ただのメニューではないとのことで、最後のアクションの繰り返しなんかができるようです。
https://rapidmxs.com/octopus/