Paint

CG News

Paintstorm Studio 2.10

Paintstorm Studio の2.10が公開されています。使い勝手に関するアップデートがメインのようです。http://www.paintstormstudio.com/changelog.html

– 新たに«Refine Edge»が選択に追加されました。選択した領域を展開したり、羽を付けたり、滑らかにすることができます。

– «Lasso»ツールが改善されました。 Altキーを押しながら多角形のラッソーモードに戻って戻るには、Backspaceを押して最後の点を変更するかEnterキーを押して適用します。より正確な選択のためにラスタ用の«スタビライザ»スライダが追加されました。選択の端がより滑らかになりました。

“自動アクション”オプションが追加されました。自動的に選択した後にアクションを実行するために使用することができます:塗りつぶし、グラデーション、削除。

– «カラーホイール»をカスタムパネルにドラッグできるようになりました。«C»(デフォルト)を保持している場合、”カスタム1″パネルはマウスポインタに移動し透明な背景になり、リリース時に元の位置に戻ります。

– «ブラシヒストリー»が追加されました。 «ブラシ»パネル設定で有効にします。

– «ルーラー»が改良されました。ルーラーの状態を保存/ロードできるようになりました。線の色を選択することができます:グレー、RGBまたはカスタム色。ALT + Rキー(デフォルト)を押すとすべてのルーラーの状態を強調表示し、必要なものをすばやく選択することができます。2点および3点のパースペクティブについては地平線を回転させるために使用できる点が追加されます。«次のルーラーを無効にする»機能が追加されました。

– H、S、Bブラシのパラメータが少し変更されました。スライダを動かすとより正確なランダム値の分布になります。

– 画像を現在のドキュメントにインポートするため メニュー / ファイルに«画像を配置»機能を追加しました。複数のファイルを選択すると別々のレイヤーとしてインポートされます。

– メニュー / ファイル / オプション / カーソル からカーソルタイプを矢印、ポイント、クロスに変更できるようになりました。«ブラシ ドラッグリサイズ»ツールモードも選択できます。

– «ツールチップ»が追加されました。ホットキーを設定することもできます。

– 選択したプリセットを«New File»パネルのデフォルトとして設定することができます。再起動後に新しいデフォルトサイズの新しいキャンバスが作成されます。

細かなところ:
– ガイド、ルーラー、ヘルパーなどのために、メニュー / ファイル / オプション / メイン に新しいく«線幅»スライダーを追加しました。

– «フリートランスフォーム»は、Altキーを押しながら両方向に伸び、Shiftキーを押しながら5度ずつ回転できます。

– «グラデーション»ツールは、Shiftキーを押しながら使用すると方向を5度ずつ調整できます。

– レイヤーを移動するときにShiftキーを押すことで垂直/水平方向に移動します。

– 「フリートランスフォーム」ツールを使用している間に「ブラシツール」をクリックすると、トランスフォームが適用されすぐに描画を開始できます。

CG News

Surforge

UnityでPBRテクスチャを作成できるエディタ拡張機能。凄い。
https://www.assetstore.unity3d.com/en/#!/content/79171

[主な機能]
– フルコントロール:インスタントフィードバックを使用して、リアルタイムで調整できます。
– GPUレンダリング:高品質のアンビエントオクルージョン、汚れ、数秒でベーキングする磨耗エッジ。
– UVアイランドベースの対称。
– ディテールツール:数回のマウスクリックでテクスチャのディテールを追加します。
– リアルタイムのフィードバックを伴う材料のドラッグアンドドロップ。
– x、y 対称。
– リッチなディテールのライブラリ。
– ポリ ラッソツールl:あらかじめ設定されたハイトプリセットやエッジラウンドプロファイルを使用して、数クリックで3次元形状を作成します。
– チューブやワイヤーを含む多種のポリラッソプロファイル。
– UVアイランドをダブルクリックで塗りつぶし。
– リアルタイムメッシュカットツール。
– UVにスナップ。
– 解像度に依存しない標識、ストライプ、警告ラベルの豊富なライブラリ。
– 編集可能なテキストラベル、マウスクリックによるランダムテキストラベル。
– ラベルは、スペキュラ/グロス、ノーマル、AO、および摩耗エッジと相互作用します。
– リアルタイム エミッション コントロール。
– テクスチャ要素の縮小/拡大。
– マテリアルの鏡面と光沢を簡単調整。
– リアルタイム マテリアル シャッフル。
– スカイボックス選択でプレビュー
– シェーダでダイレクトレベル調整を組み込みました(Photoshopのレベル調整に似ています)
– 自動三つ編みとケルト装飾ツール

CG 日記

modoでPSDをレイヤーごと分けて読み込む方法

modoでPSDファイルをレイヤーごと分けて読み込む時は、画像の読み込みじゃなく「レイヤー画像の読み込み」を使う。
「レイヤー画像の読み込み」はPSDやEXRをレイヤーごと読み込めるけど、レイヤーにペイントは出来ないので注意が必要です。
801の初回リリースからこの仕様だけど、編集できるようになれば便利なんですけどね。

CG News

Paintstorm 1.72 リリース

Paintstorm 1.72が出たみたい。

バージョン1.72(05.12.2016)

  • 「スマートカラーコレクション」フィルターが追加されました。これはRGB / HSL / HSB曲線、選択色、グラデーションマップ、その他多くのクールな機能を含む画像編集のためのツールセットです。
  • シームレスなテクスチャとパターンを作成するために使用できる新しい「シームレスモード」が追加されました。
  • シームレスモードでは、すべてのブラシだけでなく、無料の変換ツール(CTRL + T)によってサポート。メニュー- >編集- >シームレスモードでこのモードを有効。
  • グラデーションが少し快適になりました。
  • 二つの新しい「クローンモード」追加。新しいモードを選択するには、ブラシオプション “Clone “をオンにして、トップパネルの 「Clone modes:」
  • 「現在のドキュメントを閉じる」ホットキーを追加します(ctrl + w)
  • いくつかの小さなバグが修正されました。
CG News

PaintstormStudio 半額セール

追加ライセンスポチった。UI周りや細かな動作で気になる部分は多いけど、塗り用のペイントエンジンとして好みです。
PayPal使いたい場合は右のメニューの言語、日本からUSAに変更するといいです。
http://paintstormstudio.com/buy.html