NPR

参考資料

「コードギアス 復活のルルーシュ」メイキング

「コードギアス 復活のルルーシュ」のメイキング記事が公開されてます。モデルのリテイクやリグの作り直し、担当者が何度か変わる、スケジュール的な問題など、様々なこだわりと苦労がうかがえる記事です。
とても大変そうですが、アクションシーンのCGには作画のような独特のリズムや動きが出てるように見えますね。
https://cgworld.jp/feature/201903-codegeass1.html

 

続きを読む

参考資料

アニマのインハウスツール「AnimaToonShader」「Animaline」

アニマさんのインハウスツール「AnimaToonShader」「Animaline」の紹介記事が公開されています。ラインがジオメトリベースなので「FoV補正」のようなパース的なゆがみを補正する機能が面白いですね。

このツールはアニメ「モンスターストライク」でも使用されてるそうです。アニマさんはLWのイメージがありましたが3dsMaxを経て、2018年からMAYAに移行されてるんですね。パイプラインやmGearを含め内製のツール開発されてるのは素晴らしい。

AnimalineとAnimaToonShaderのご紹介

 

続きを読む

参考資料

Spider-Man: Into the Spider-Verse

映画「スパイダーマン:スパイダーバース」のメイキング記事が掲載されています。機械学習を使用したラインの予測や、ゲームのように2D画像を使用した爆発表現が面白い。

https://www.sidefx.com/community/spider-man-into-the-spider-verse/

 

アーティストはライブラリから画像を選択してから、ビューポートでリアルタイムでアニメーションを表示できます。同じHDAはレンダリング用に別のジオメトリも出力します。

 

爆発は2’sでアニメーション化され、それから1’sにシフトされました。、FXアーティストは単純なパーティクルシステムを使用したり、必要に応じてこれらの要素を手動で配置したり、レンダリングや最終的な外観についてあまり心配せずに要素のタイミングや構成に集中できます。

Imageworksは開発プロセスの早い段階で、インクラインを作成するためのさまざまな解決策をいくつか試しましたが、すぐに「ルール」に基づいてインクラインを作成するアプローチ(トゥーンシェーダなど)は手書きではないことを発見しました。

アーティストは機械学習による予測でショットを開始し、必要な場合にのみ調整します。Houdiniは機械学習に最適です。HoudiniのPythonとの緊密な対話のおかげで、SklearnをHoudini内で直接実行しました。私たちは学習モデルを訓練し、Houdini環境内で直接予測を呼び出しました。

インクラインはHoudiniからKatanaへのポリゴンラインとしてエクスポートされました。アーティストはレンダリング時に照明が線の太さを調整できるようにラインを選択しました。

インクラインツールを使用してHoudiniで絵を描いているアーティストの例。

参考資料

Spider-Versemの独創的なビジュアル

Spider-Versemのビジュアルに関する記事が公開されています。
https://www.fxguide.com/featured/why-spider-verse-has-the-most-inventive-visuals-youll-see-this-year/

Sony Pictures Imageworks(SPI)のアーティストとビジュアルエフェクトチームは、古い漫画本の外観に敬意を表している見事なビジュアルスタイルを実験しました。

映画の中の漫画要素は次のとおりです。

  • ピンぼけを暗示するための位置ずれ
  • グラフィック要素 – 「BOOM」や「POW」のように枠を埋めるために使用されます
  • パネル化 – アクションをパネルに分割し、アニメーションのフレームレートがあるパネルから次のパネルへのジャンプを模倣します。
  • ハーフトーンドット – トーンとテクスチャをレンダリングする
  • 色 – 定義された形状に分割して、よりわかりやすい感じにします
  • 手描き – 煙、火花、爆発などの特定の効果はアーティストによって手描きされます

 

ピンぼけ

カラーオフセットの不完全性をエミュレート。

 

モーションブラー

アニメーションの大部分は画像は1フレームではなく2フレームで保持されます。24ではなく1秒あたり12画像です。これはCGではめったにありません。監督は漫画本のスタイルに忠実であり続けるために一時停止したときに、フィルムの各フレームが絵画のように見えることを望んでいました。このトレインショットのようなシーンでは、電車の上に線が配置され、ロールシャッター効果が導入されて、動きのない場所でモーションブラーが発生するようになります。

 

漫画本のパネル

ストーリーのさまざまな時点で、フレームは複数の漫画本のフレームに分割されます。映画撮影の観点からは、これは本当に頭痛の種でした。

 

ハーフトーンとクロスハッチ

4色印刷の驚くべきデジタル版とクロスハッチインキングとハーフトーンドットの組み合わせを使用して、質感と視覚的な関心を高めています。

 

ライン アクション

コンピュータはすべて正しく処理するので、常に正しい視点とジオメトリを使用できます。アートで興味深く表現力があるのは、人間が創造するものと密接に関連するすべての不完全性です。デザインと感情は正確さとリアリズムよりも優先されました。

 

特別なモデリングの考慮事項

漫画のアーティストが遠近感を誇張することは珍しいことではありませんが、3Dでは新しいレベルの複雑さをもたらします。これは映画の中で、街の環境作業の中で大いに行われました。

映画の中でマイルが建物から飛び降りて街に戻ったとき、ニューヨークの建物はすべて彼の周りの輪のように方向づけられています。それらの建物は地面に対して垂直ではありません。ひどく傾いていて、その高さは5倍から8倍まで変わります。

 

異なるアニメーションスタイルの統合

この映画の驚くべき功績の1つは、スクリーン上にそのような異なるスタイルで非常に多くのまったく異なるキャラクターを提供しながら、それらがあたかもそれらが同じ光源によって照らされる同じ物理的空間にあるかのように感じさせることです。

アニメーターは通常1週間に約4秒のアニメーションを作成しますが、Spider-Man:Spider-Verseでは、パイプラインは非常に複雑で画期的なので、1週間に平均1秒のアニメーションしか作成できませんでした。このためより多くのアニメーターを雇ってワークロードを引き受け、独自のビジュアルスタイルを実現しました。結局、30以上の異なる国からのアーティストが異なったスタイルを統合して、映画の作品に貢献しました。

 

顔とリグ

キャラクターリグの大部分は、以前のリグやブレンドシェイプモデルとそれほど変わりませんでした。しかしPeniは大きな例外だ。

アニメの外観を実現するために彼女の顔は「デカール」として置き換えられました。Peniには正式な顔のジオメトリ形状はありません。彼女の外見はアニメーションによるものですが、完全に平らな、そして平らな陰影付きのデカールに変換されます。

 

クラシック漫画本ツール

この映画は、印刷された漫画本か高められた多くのデバイスやツールを使用しています。最も注目すべきことは、説明文や観客の指示としてスクリーン上のテキストを使用することです。これらのテキストボックスは、カメラの動きの一部としてオーバーレイまたは移動されます。

 

漫画のサウンドFX

焦点と深さを示すために、より絵画的なスタイルに移動することに加えて、効果音を強調するためにスクリーン上にクラシカルなテキストを追加します。

サウンドはアニメーション後に行われましたが、チームはサウンドの設計とサウンドエフェクトチームによるアクションの時間を考慮しています。

 

参考資料

SSSS_GRIDMAN 3Dショット

SSSS_GRIDMANの3DCGショットが公開されています。迫力があり特撮っぽいアクションがいいですね。

続きを読む

参考資料

Age of Sail

海外のノンフォト系のショートフィルム。輪郭線のないギザギザした輪郭が印象的。Steam  、Google Play  、  iTunes  でVR 360°バージョンが見でるらしい。

CG News

Appleseed 2.0 ベータリリース

オープンソースの物理ベースのグローバルイルミネーションレンダリングエンジン「Appleseed」の2.0ベータ版が公開されたようです。
https://appleseedhq.net/news.html
https://github.com/appleseedhq/appleseed/releases/tag/2.0.0-beta

「カートゥーンシェーディングを実装したOSLシェーダと輪郭レンダリングを実装、ノンフォトリアリスティックレンダリング(NPR)の世界への最初のステップを進めました」とのことなので、今後も継続的にNPR機能が開発されるのかな?