Modeling

参考資料

FlowScape

自然環境を描くためにスケッチアプリ「FlowScape」がリリースされたようです。価格は$10。
https://pixelforest.itch.io/flowscape

FlowScapeはスタンドアロンアプリケーションで、樹木、茂み、花、岩、丸太、動物などのアセットをペイントすることができる。環境は空、効果音、カメラと照明をリアルタイムで調整することが可能。現在、3Dシーンをエクスポートすることはできないらしい。

CG News

MadView3D

シンプルなクロスプラットフォーム3Dオブジェクトビューアだそうです。.lwo .lws .lxo .glft .fbx .stl など多くのフォーマットに対応してるみたい。
最近はあまりオブジェクトビューア使わなくなったなあ。
https://www.geeks3d.com/20180823/madview3d-0-3-0-simple-cross-platform-3d-object-viewer/

動作環境

Windows、Linux、macOS、Raspberry Pi 、Tinker Board

 

サポートしてる3Dファイルフォーマット

.3d、.3ds、.3mf、.ac、.ac3d、.acc、.amf、.ase、.ask、.assbin、.b3d、.blend、.bvh、.cob、.csm、.dae、.dxf、.enff、.fbx、.glb、.gltf、.hmp、.ifc、.ifczip、.irr、.irrmesh、.lwo、.lws、.lxo、.md2、.md3、.md5anim、.md5camera、.md5mesh、.mdc、.mdl、.mesh、.mesh.xml、.mot、.ms3d、.ndo、.nff、.obj、.off、.ogex、.pk3、.ply、.pmx、.prj、.q3o、.q3s、.raw、.scn、.sib、.smd、.stl、.stp、.ter、.uc、.vta、.x、.x3d、.x3db、.xgl、.xml、.zgl

 

MadView3Dの機能

  • 周回および飛行カメラモード
  • トラックボールモード
  • ワイヤフレームまたはソリッドレンダリングモード
  • 球状環境マッピングレンダリングモード
  • UVマッピングをチェックするためのデバッグマップ
  • 3Dオブジェクトに関する情報:面と頂点の数、サブメッシュとマテリアルの数と名前
  • 3Dピッキング(SPACEキー+マウスの左クリック)によるメッシュ選択またはリスト内の選択
  • 背景色のカスタマイズ
  • ライト色のカスタマイズ
Tips

modoのプロシージャルモデリングでスライスアニメ

modoのプロシージャルモデリングで、ロゴマークなんかがスライスアニメの作り方について書いてみます。

サンプルファイル(12.2)

スケマティックとメッシュオペレーション リストです。

処理はアニメーションを見た通りです。ロゴのモデルを Merge Mesh で読み込み、複数のSliceノードで縦にカットします。Sliceのオプションででは「分割」「断面を埋める」をONにして、カットした部分のポリゴンを生成しています。
Axis Sliceに「分割」「断面を埋める」のオプションがあれば1ノードで済むのですが、オプションがないのでちょっと処理がスマートじゃないです。スライス幅を調整しやすいように演算ノードを使ってスライスの「開始 X」「終了 X」を制御しています。

スライドするアニメーションはmodo 12.2で追加された Jitter ノードを使用します。「リジッド移動」をONにて「範囲 Y」にキーを設定することでスライドさせています。スライドインする範囲を指定するために Boolean も使用してみました。回転のアニメーションはTransform Deformerを使用しています。

 

ちなみにブーリアンでも同じことができます。キューブを配置してブーリアンした方がノードの数を少なくできたかもしれません。

今回はプロシージャルモデリングの再編集可能な状態でアニメーションを作ると、どんな感じになるかのテストでした。詳細はサンプルファイルを見ていただくとわかりますが、プロシージャルモデリングを使用すると再編集のメリットはありますが細かなノードが増えてしまいます。

ロゴはパスの細かさや厚みを再編集できる状態が便利ですが、エッジベベルで面取りしたりアニメーション作業では通常のメッシュアイテムになってる方が作業しやすいように思います。

Maxの「ポリゴン編集モディファイヤ」のようにダイレクトモデリングツールの編集をスタックできるようになれば、だいぶ使いやすくなる気がします。将来のバージョンに期待したいですね。

 

参考

Tips

modoのAxis Sliceでスライスしたエッジを選択する方法

modoのプロシージャルモデリングで、編集したコンポーネントの選択方法を見かけたの書いておきます。

サンプルファイル

プロシージャルな等高線の作り方」でAxis Sliceでスライスしたエッジを選択する方法がないと書きましたが、Assign Selection Setで現在の全てのエッジで選択セットを作成し、Edges to Curves の Select By Selection Set で[反転]をONにすると、新規に生成されたエッジのみ選択できるようです。これは編集後のコンポーネントを直接選択するオプションが無い場合に、他の機能でも使える考え方かも知れません。

Assign Selection Setは発想しだいで便利に使えるんだね。勉強になった!

CG News

ZWrap for ZBrush

ZWrap for ZBrushがリリースされたようです。ZWrapは既存のトポロジを自動的にモデルにフィットさせるプラグインで、3Dスキャンされた人物のトポロジに変換を高速化するツールです。価格は$ 99 /年。
https://www.russian3dscanner.com/zwrap/

以前から似たようなソフトがあったなと思いましたが、スタンドアロンソフトのWarpXをZBrushに移植したものみたいです。

Tips

modoでプロシージャルな等高線の作り方

modoのプロシージャルモデリング機能を使用した、オブジェクトの等高線のような表現方法について書いてみたいと思います。

プロシージャルモデリングとモデリング機能のように呼ばれていますが、modoのプロシージャルモデリングは自由度が高いので、アニメーション作成でも便利に使うことができます。例えば入力データに依存しないアセンブリやエフェクトを作成することができます。このサンプルファイルでは、好きなメッシュをMerge Meshにリンクすると等高線のようなカーブを生成します。

サンプルファイル(12.2以降)

 

スケマティックはこんな感じ。

処理は簡単です。プロシージャルモデリングのAxis Drillでスライスしてエッジを作成、Edges to Curves でエッジからカーブを作成しています。レンダリングは「カーブをレンダリング」機能を使用してます。

本当は等間隔でエッジを作るにはAxis DrillよりAxis Sliceを使うのがスマートです。Curve Slice、Slice Effector、Pen Slice、Curve Sliceというスライス関連のノードがありますが、Axis Sliceには「エッジ選択セット」を作成する機能がないため、スライスしたエッジを選択する手段がありませんでした。しかたがないのでArrayで平面を複製してスライス専用のメッシュとして使用しました。(2018/12/11追記、Assign Selection Setで追加したエッジのみ選択する方法を見つけました

Merge Meshes でメッシュの入力を分けてるのは好みの問題です。アニメーションしているメッシュにノードをまとめることもできますが、メッシュオペレータは処理が重いので、分けたほうが表示をオンとオフで切り替えるのが簡単です。処理をライブラリ化して使い回したい場合にも便利だと思います。

テクスチャでも似た感じのことができると思いますが、メッシュをスケールしたときに、均一な太さの線にならないんじゃないかな?という気がします。

 

メッシュ入れ替えた例。いちど処理を作ってしまえば再利用できるのがいいですね。

ダイレクトモデリング機能でも同じようにエッジからカーブを作ることができますが、プロシージャルモデリング機能では自動的に等間隔のカーブを作ることができます。しかもアニメーションしているメッシュを使用できるというのが、プロシージャルモデリングの魅力ですね。

 

参考

CG News

3dsMax用リトポツール「TopoLogiK」

ノードロックライセンス(1台のコンピュータでのみ使用できます) 価格は€30

 

説明

TopoLogiKは3dsmax用の新しいRetopologyツールです
これは3dsmaxのより高度な手順でパラメトリックかつ効率的なリトポロジーを実現します いくつかの機能はBlenderやTopoGunのような他のソフトウェアで見ることができます

 

特徴

これらのツールはすべて参照メッシュ上の連続投影で機能します

ストライプ
  • ペイントストライプ
  • ベジェの結び目を動かす
  • ベジェを変更するノットは曲線を維持しながらカウントします
  • ストライプサブディビジョンを変更してください
  • テーパーエンド
  • 他の端にスナップします
  • 幅の自動調整
  • カスタムエッジリングをストライプのように編集します
  • ブラシ半径
サーフェス
  • ペイントサーフェス
  • ベジェの結び目を動かす
  • ベジェを変更するノットはカーブを維持しながらカウントされます
  • サーフェスの幅と高さのサブディビジョンを変更します
  • サーフェスの後にサーフェスを続けます
  • エッジ選択を拡張できます
  • ブラシ半径
面を作る
  • エッジ、頂点またはコーナーから新しい面を作成します
  • 最も近い頂点またはエッジに自動的にスナップ/結合します
  • エッジループを選択して拡張します
  • 頂点を移動します
  • 面を削除します
ブランチ
  • ブランチをペイントします
  • エンドポイントを移動する
  • 幅と高さのサブディビジョンを変更します
  • ツイストと回転
  • 分岐後に分岐を続行します
  • 開いているブランチを拡張する
ブリッジ
  • 開始エッジループと終了エッジループを選択します
  • ブリッジサブディビジョンを変更する
キャップ
  • キャップホール
  • キャップメッシュを回転させて、完全な向きを見つけます
  • 可能なすべてのケースでキャップ サブディビジョンを変更します
  • リラックス
  • リラックスブラシ
  • 半径と強さの変更
移動
  • 最も近いサブ要素(面、エッジ、頂点)を自動的に探します
  • 最も近い頂点に自動的にスナップします
  • 選択範囲に追加して削除します
  • 選択範囲を移動します
  • 選択範囲を削除するか、またはペイント削除(フェース、エッジまたは頂点)を選択します
  • エッジループを選択します
  • エッジに沿ってスナップします
フリーズツール(変更から面を保護する)
  • ブラシをフリーズする
  • フリーズ&アンフリーズ
  • 全フリーズ&アンフリーズ
  • 面の選択をフリーズ&アンフリーズ
スプリット
  • 最も近いエッジリングの自動検出
  • 新しいエッジループを最も近いエッジに沿ってスライドさせます
  • カスタムの開始エッジから終了エッジまで分割します
カット
  • 頂点にスナップします
  • 端に沿ってスナップ
  • 選択したエッジを削除します
不透明度コントロール
投射距離
ライブプロジェクト(編集可能なポリまたはメッシュを使用してプロジェクトする)
動的なショートカット通知
CG News

Gaeaの新しい早期アクセスビルド リリース

Gaeaが新しい早期アクセスビルドをリリースしました。地形の侵食ツールが追加されてるようです。動作が重そうですけど面白いですね。価格は現在プレリリース中で15%割引。インディーライセンスは$84、プロフェッショナルライセンスは$169、エンタープライズライセンスは$254。
http://quadspinner.com/gaea/

 

 

手続き型ランドスケープ作成ツールの浸食は、普通は全領域に適用されるか、またはマスクすることができますが、Gaeaでは細かい調整や地形のアートディレクションのために、侵食効果を「スカルプト」する機能を追加しました。

ユーザーがさまざまなタイプの侵食をペイントできる12の新しいツールが含まれています。

  1. LandBreaker、一般的な汎用の侵食ブレークダウン。
  2. ブレーカースタイルの幅広いフローラインを作成するフローライン。
  3. 土壌堆積ツール。
  4. WideFlowを使用すると、長いワイドフローを作成できます。
  5. 強力な岩の彫刻のためのカーバー。
  6. 穏やかな流れの谷間を作るためのギャリー。
  7. 小さな衝撃の穴のためのポケットマーク。ディテールに役立ちます。
  8. 岩石を作るための岩。
  9. カオスな土壌/岩流のためのラフフロー。
  10. 表面を細部化して粗面化するための粗さ。
  11. 表面的なスクラッチを作成するためのスクラッチ。
  12. 強い土壌の流れのための堆積物。

ツールは3つのモードのいずれかで使用できます。ノーマルモードは、自然界で予想されるように動作し、侵食は地形から物質を取り除き他の場所に堆積させます。2つめのモード、無限の流れは土地に残骸を堆積させるが、どこからでもそれを除去することはない。最後に 腐食モードは逆の処理を行い、再デポジションを行わずにマテリアルを削除します。

方向付けられた浸食の詳細については、Quadspinner by Mediumのブログ記事を参照してください 。
https://medium.com/quadspinner/introducing-directed-erosion-3871d8fd0c

参考資料

ディズニーが「モアナと伝説の海」の島のデータを公開

ディズニーは2016年の映画「モアナと伝説の海」から、、海、珊瑚、樹木、その他の植生を含むモトヌイ島の完全なデータセットを公開しました。
https://www.disneyanimation.com/technology/datasets

プロダクションで使用される実際のシーンで、プロプライエタリツールなしでレンダリングできるように変更されたデータは、レンダリングアルゴリズムをテストするための標準データセットとして使用することを意図しています。

また、プロダクションデータがどのように構造化されているか、ハードウェアがフィーチャアニメーションで典型的な複雑さのシーンをレンダリングできるかどうかを調べたい人にとっては、優れた学習リソースです。

 

150億のインスタンス化されたプリミティブを含む

データは実際の制作シーンであり、初期のティーザーの一部として使用されます。
「9000万を超えるユニークな四角形と三角形と5百万の曲線」を含むメッシュと、葉、残骸、岩石の2,800万件以上のメッシュを含む20の要素で構成されています。すべてが完全にインスタンス化されると、シーンには150億を超えるプリミティブが含まれます。

ジオメトリはOBEX形式で提供され、Ptexテクスチャ、シェーディング情報、アニメーションがあります。シーンには7つのカメラが含まれています。元のアニメーションテストで使用されたプライマリショットカメラ、およびその他の6つのビューです。

 

ディズニー独自のツール

オリジナルはBonsai植生ジェネレータやHyperionレンダラを含むDisneyの社内ツールをベースにしています。ディズニー外にレンダリングできるようにするために、レンダリング用にシーンが修正されています。
ジオメトリとマテリアルから細かいディテールを取り除くだけでなく、ショットを1回のパスでレンダリングするように調整し、「生きている」アニメーションをベーキングまたは削除することを意味します。

しかし、場合によっては、変換作業がシーンの複雑さを実際に増加させました。元のショットはディズニーの海パイプラインの初期バージョンを使用しました。これは、映画で使用されている最新の技術にアップグレードされ、オリジナルの「ミニマリスト」の水に合わせられました。

 

フィーチャアニメーションで遭遇する主要課題の

WDASはこのシーンを「典型的な制作環境」で遭遇するいくつかの課題を代表するものとして説明しています。インスタンス化されたジオメトリの巨大化、複雑なボリューム光のトランスポートなどです。

モーションブラーや、多数の光源(多数の他の主要な製造上の課題)はありませんが、これはパブリックドメインで本物のアニメーションデータに近づく可能性が最も高いものです。

また、グラフィックスの研究者にとっても素晴らしいリソースです。技術テストでMotunuiをもっと多く見て、今後数年間デモをレンダリングすることを期待してください。

 

可用性とシステム要件

WDASのMoana Island Sceneは、研究、ソフトウェア開発、ベンチマークのみを可能にするカスタムライセンスの下で利用できます。

期待どおり、それは大きなダウンロードです。静止画をレンダリングするのに必要なベースシーンは44.8GB、アニメーションデータはさらに23.6GBです。また、よりシンプルな6.1GBのクロックで動作するオープンソースのpbrtレンダラで動作するように変換されたバージョンのデータもあります。

WDASは、ミツバでレンダリングするためにセットアップされ、クリエイティブコモンズライセンスの下で利用可能な、実際の生産データではなく、複雑な量産クラウドデータセットもリリースしました。

CG News

Needle Kit for Modo

簡単にステッチを作成するキットがリリースされました。価格は€99。現在は早期割引コード「StitchAhead」を入力すると25%OFF(2018年7月1日終了)。

 

概要

このキットはMODOでステッチの作成と管理をより簡単かつ迅速に行います。シンプルでパワフルなプリセットシステムと組み合わせることで、作品のクリエイティブな部分に集中できます。
キットはシーン内のステッチを作成、表示、編集するのに必要なすべてのツールを備えた小さなツールパレットを提供します。さらに、ユーザーはカスタムプリセットを素早く作成し、使用することができます。

このキットはMODO 11.2v2以降のバージョン用に作成されています。

CG News

Rocket 3F 1.5 リリース

ポリゴンモデラーRocket 3F 1.5がリリースされました。
https://www.rocket3f.com

Rocket 3FはポリゴンモデラーNvilを使いやすいUIに置き換えて、別ソフトとして販売している製品です。 1.5ではレンダリングエンジンが追加されて、以前€55で販売されていたソフトウェアの基本版(すべてのツールは含まれているが、カスタマイズ不可)がフリーバージョンとして提供開始されました。Pro版の価格は€155から€79に値下げになりました。

CG News

LWCAD 2018 for LightWave リリース

LWCADの最新版がリリースされたみたいです。
https://sites.google.com/view/lwcadmanual/lwcad-5-0/4-changelog/lwcad-2018-new-features

価格

  • 新規購入:LWCAD 2018 FULL:299 EUR or 349 USD
  • LWCAD 5からLWCAD 2018アップグレード:149 EUR or 175 USD
  • LWCADからLWCAD 2018アップグレード4:225 EUR or 259 USD

 

新機能

トライアルモード

新しいトライアルモードでは、LWCADを30日間完全にロック解除できます。トライアルモードで実行するにはインターネット接続が必要です。

オプションパネル マウスウェイトと角度ステップ

ハンドルの重みや角度を調整する際のマウスの感度を定義する新しいパラメータ。

ポップアッププリセットシステム

前方互換性と後方互換性を備えた新しいプリセットシステム。ファイル形式:XXX.lwcad

自動UCSコーナー

自動UCS初期化のための新しいコーナーモード

 UCS定規

寸法はUCSのX軸とY軸に投影されます

スナップパネルスナップボタン

スナップを有効または無効にする

新しいツール

ウィンドウを作成するための新しいパラメトリックツール。オブジェクトをカーブ、ポリゴン、NURBSから作成できます。

  • カスタムのサイズとパラメータに新しいポップアップ プリセットシステムを使用
  • 基本形状タイプ(長方形、アーチ、三角形)
  • カスタムインナー
  • アウターフレーミングと敷居
  • カスタムエッジとコーナー
エッジからレール

既存のジオメトリを選択して手すりを作成するための新しいパラメトリックツール。

  • カーブセグメント、ポリゴンエッジ、NURBSの選択を使用
  • 新しいポップアップ プリセットシステムを使用
  • レールは5つのオプションのレイヤーから組み立てられます:レール、サブレール、ポスト、サブポスト、フィリング
  • すべてのプロファイルは、カーブ、押し出された長方形、円のプロファイルで作成できます。
手すり

ラインツールに基づく新しいレールツール。

更新されたツール

階段

新しいレールのプリセット、レールツールのレールプリセットを階段オブジェクトに直接構築

プロフィール
  • ポリゴンとNURBSモードが同期
  • 新しいハンドル配置モード:セグメント端、コーナー端、レール端
  • プロファイルを地面に合わせるための新しいモード
  • 新しいパラメータの表示プロファイル シーシス
 Rect UV&Quad UV

新しい「Rect UV Linked」パラメータを使用すると、UVマップサイズでリンクまたは長方形のサイズを有効/無効にすることができます。

  • UV寸法の新しいポップアップ プリセット
長方形、ボックス、Windoor、直角屋根、直角階段と壁
  • サイズの新しいポップアップ プリセット
ナイフ
  • 新しいオプションのマルチ ブレードモード(ブレード距離のためのプリセット付き)
Tips

modoで紙吹雪を作る方法

modoのソフトボディを使用した紙吹雪の作り方について書いてみます。
紙吹雪や花びらが降る表現はよく見かけます。作り方としてよくあるのは板ポリに回転するアニメーションを設定して、その板ポリをパーティクルに割り当てる方法です。modoでもパーティクルとリプリケータを使えば同じことができますし、After EffectsのParticularが使われてるのもよく見かけます。

パーティクルを使用した方法は手軽ですが、ソフトボディを使用すると落下方向とポリゴンの面の傾きで動きに変化がでて、パーティクルにはないリアルな動きを表現できます。

紙吹雪のモデリング

板ポリをランダムに配置するだけです。方法はいろいろあると思いますが、modo 12で改良されてたジッターツールのリジッドモードが便利なので使ってみました。

  1. 平面ポリゴンを作成します。
  2. 平面分割(Shift+D)を4回実行。
  3. ポリゴンを選択して、ベベルを「グループ化」OFFで実行。面ごとにベベルします。
  4. 選択中のポリゴンを非表示(H)。
  5. ベベルで生成されたポリゴンを削除。
  6. ポリゴンを表示(U)。
  7. 移動ツール(W)をアクティブにして、ポリゴンを複製(Ctrl+Shift+ドラッグ)。
  8. ジッターツールの「リジッド回転」「リジッド移動」をそれぞれ実行してポリゴンをバラバラに配置します。

花びらや葉っぱのようにテクスチャを使う場合は、平面を配列ルールで複製した方がUVを維持できていいと思います。

 

ソフトボディの設定

紙吹雪のソフトボディはローカル密度を0.005と小さな値を設定して、紙のような軽さが出るように設定してます。「リニア減衰」に大きな値を設定しているのはゆっくり落ちるようにするためです。このあたりの設定はシーンの大きさやフォースの設定なんかで適当に設定してます。

  1. 平面ポリゴンを作成します(地面用)。
  2. 平面ポリゴンに「スタティックリジッドボディ」を適用。
  3. 紙吹雪用のメッシュに「ソフトボディ」を適用。
  4. ダイナミクスのプロパティで「密度」を0.005、「リニア減衰」を10%に設定します。
  5. Turbulence Force を追加し「強さ」を0.03%に設定します。トランスフォームの「スケール」を40%に設定し、位置にキーを追加してテクスチャロケータが移動し続けるように設定します。
  6. Vortex Force を追加し「強さ」を0.01%に設定します。このあたりのフォースの設定は好みにいじった方がいいと思います。
  7. Turbulence Force と Vortex Force にLinear Falloffを追加し、「長さ」を2mに設定します。
  8. シミュレーションを実行すると紙吹雪っぽい動きになると思います。平面に落ちたときプルプル動くのは止められなかった。

これだけでも簡単に紙吹雪っぽい動きになりましたが、パーティクルを使用したときとあまり変わらない感じがするかもしれません。そこでLiftのパラメータを設定します。Lift は空気抵抗で紙が上昇するような動きが加わって、ヒラヒラ舞う感じになります。
このパラメータはチャンネルビューポートにのみ表示されるパラメータです。余談ですがダイナミクス系のパラメータの頭に付く re は Recoil の略称かな?

 

Lift

Liftの値を変えて変化を見てみました。フォースはなしで重力のみの設定です。「密度」「リニア減衰」の値によっても動きが変わるので、ザックリとした参考だと思ってください。

Lift 0

 

Lift 0.01

 

Lift 0.1

 

Lift 1.0

 

最終的に「reLift」を 1 にして、Liftの効果が出やすくするために「リニア減衰」をデフォルトの4%に変更しました。

 

紙の裏側は、折り紙のように白色になるように設定してます。

質感は Variation Texture と Gradientを使用しています。Variation Texture の変化ソースを「メッシュパート」にすると、連続ポリゴン単位で色を変えることができます。ポリゴン背面の色はグラディエントの入力パラメータを「背面」に設定し、ブレンドモードを「スクリーン」にして白くなるようにしています。


ソフトボディでもパーティクルと同じくらい簡単に紙吹雪が作れるんじゃないかと思います。

ちなみにソフトボディを使用する場合は、solverの「シーンスケール」の値は変えない方がよいです。仕様なのかどうかわかりませんが「圧力」が反応しなくなったり、パラメータの動きが変になるような気がします。実物のサイズでソフトボディが上手く動作しないときは、シーン全体を大きくしてから計算する上手くいくかも知れません。

 

ソフトボディを使用した紙吹雪の表現は、LightWaveのプラグインMotionDesignerが別売だったときのチュートリアルに書かれてました。今でもドキュメントに載ってたりするのかな?

CG News

RizomUV Virtual Spaces 2018 リリース

Rizom-LabがUVマッピング ツール がRizomUV (Unfold3d)をリリースしました。
https://www.rizom-lab.com

  • 新しい名前
  • オーバーホールされたインターフェイス
  • テクセル密度表示
  • モデルの特性に基づいて選択を行う能力
  • 継ぎ目が広がってパックするいくつかのオートモード
  • 先進のパッキングアルゴリズム
  • UDIMサポートなど
  • ツールをソフトウェアとパイプラインに統合したいユーザーは、新しいC ++ライブラリを利用することもできます。