スゲー

参考資料

THE EMMY-WINNING SPECIAL VISUAL EFFECTS OF THE MANDALORIAN: SEASON 2

すごい。

視覚効果スーパーバイザーのリチャード・ブラフが、エミー賞7部門(特殊視覚効果、音響効果、撮影、補綴メイク、スタントコーディネーション、スタントパフォーマンス、作曲)を受賞した「マンダロリアン:シーズン2」の効果の舞台裏を語ります。

ルーカスフィルムのDisney+の大ヒットシリーズは、シーズン2では、シーズン1で達成した画期的な技術的・芸術的成果を基に、伝統的な方法論と常に進歩する新技術を組み合わせました。
ILM StageCraft LED Volumeのサイズも大きくなり、全シーンの半分以上で使用されるようになりました。また、このシーズンでは、ILMの最先端のリアルタイム・シネマ・レンダリング・エンジンである「Helios」がデビューしました。この高解像度、高忠実度のエンジンは、LEDスクリーンに表示されるすべての最終ピクセルレンダリングに使用され、今日のエピソード映画や長編映画の制作でよく見られる複雑なシーンに対して、比類のないパフォーマンスを発揮します。

実用的なクリーチャー・エフェクトは、1977年以来、「スター・ウォーズ」の世界の美学と魅力の重要な一部となっています。シーズン2では、エフェクトチームは100体以上の人形化されたクリーチャー、ドロイド、アニマトロニクスのマスクを実現しました。

実用的なミニチュアとモーション・コントロール・フォトグラフィーは、スケールモデルの船や、ILMのStageCraft LEDボリュームで使用するために作られたミニチュア・セット・エクステンションに再び使用されました。
また、Karthon Chop FieldsのScrap Walkerにはストップモーションアニメーションが使用された。タトゥイーンに生息するグレーター・クレイト・ドラゴンは、コンピュータグラフィックスを駆使して100メートルもの高さを実現し、砂が水のようになる液状化現象を利用して、砂の中をサメのように泳ぎ回るというものでした。

ILMのチームはもちろん、Legacy Effects、Hybride、Image Engine、Important Looking Pirates、Ghost VFX、Lola、Stereo D、Tippett Studios、Base FX、Raynault、Virtuous、Yannixなどのパートナー企業とともに、このショーのために心血を注いでくれたことを感謝します。

この「The Mandalorian: Season 2」の内側を楽しんでいただければ幸いです。

参考資料

Apple Object Capture

AppleがWWDC21で3DキャプチャーAPI「Object Capture」 を発表しました。Object Captureはアングルの異なる複数の画像から3Dモデルを生成する技術です。SDKがダウンロードできる状態のようです。

https://developer.apple.com/videos/play/wwdc2021/10076/

Creating a Photogrammetry Command-Line App
https://developer.apple.com/documentation/realitykit/creating_a_photogrammetry_command-line_app

概要

Object Capture は、ほんの数枚の画像を使用して、現実世界のオブジェクトのリアルな 3D モデルをすばやく簡単に作成する方法を提供します。macOS 用のフォトグラメトリを使用してアセットに命を吹き込む方法を学びましょう。そして、最高品質の結果を達成するのに役立つオブジェクトの選択と画像キャプチャのベスト プラクティスを見つけてください。

リソース

 

 

すでに試してる人もいるみたいです。

CG News

Unreal Engine 5 早期アクセス リリース

Unreal Engine 5 の早期アクセスがリリースされました。Epic Games Launcherからダウンロードすることができます。

https://www.unrealengine.com/ja/blog/unreal-engine-5-is-now-available-in-early-access

 

この Unreal Engine 5 の早期アクセスビルドは実制作に適したものではありませんが、昨年の発表時に大きな反響があった新機能や、今回はじめて発表する新機能に触れる最初の機会となります。お試しいただける主要な新機能を紹介します。

 

Nanite

仮想化マイクロポリゴン ジオメトリ システムの Nanite で膨大なジオメトリディテールを含むゲームを作りましょう。ディテールの法線マップへのベイクや LOD モデルの手動作成といった時間がかかり面倒な作業はなくなります。

ZBrush のスカルプトからフォトグラメトリスキャンまで、映画品質の数百万ポリゴンのソースアートを直接インポートし、そのアセットを数百万個設置しても、見た目の忠実度を損なわずにリアルタイムのフレームレートを維持しているという様子を想像してみましょう。そんなことは不可能と思いますか?今、これが実現します!

 

Lumen

次は完全に動的なグローバルイルミネーションソリューションの Lumen です。Lumen は動的でリアルなシーンの作成を可能にします。太陽の角度変更、 懐中電灯の点灯、ドアを開く、といった直接ライティングやジオメトリの変更に対して間接光がその場で適応して更新されます。

Lumen によって、ライトマップ UV を作成する必要も、ライトマップのベイクを待つ必要も、リフレクション キャプチャを配置する必要もなくなります。Unreal Editor でただライトを作成し編集すれば、ゲームのコンソールでの実行時の最終結果と同じライティングをその場で確認できます。

 

オープンワールド

私たちはオープンワールドの作成を高速に、簡単に、どのような規模のチームにとっても共同作業が行いやすいものにすることを常に目指しています。最新の成果の一部をお試しください。

まず、World Partition システムはワールドを自動的にグリッドに分割し、必要なセルをストリーミングします。One File Per Actor (1 アクタあたり 1 ファイル) システムによって共同作業が簡単になります。チームメンバーはお互いに足を引っ張ることなく同一のワールドの同一の領域について同時に作業できるようになります。

そしてData Layers によって、一つのワールドについて複数のバリエーションを作成できます。例えば、同じ空間に存在するレイヤーとして、日中のバージョンや夜のバージョンを用意し、ゲームプレイの中で切り替えることができます。

 

アニメーション

アニメーション作成や編集を行うために毎回 Unreal Engine の外で作業をしないといけないのは、時間がかかり大変です。イテレーションを行う障害にもなります。そこで Unreal Engine 5 ではアニメーション向けのツールセットを拡張し強化しました。実際の環境の中で詳細なキャラクターを制作できます。

コントロールリグのようなアーティストが使いやすいツールで、手早くリグを構築し、複数のキャラクターでリグを共有することができます。シーケンサーでポーズを作り新しい Pose Browser でポーズの保存と適用ができます。新しいフルボディ IK で自然な動作を簡単に作成できます。そして Motion Warping を使うことで、単一のアニメーションから様々なターゲットに合わせてキャラクターのルートモーションの位置を動的に調整できます。例えば、様々な高さの壁に対する飛び越えアニメーションを作成できます。

 

MetaSounds

ルックデベロップメントのようなコントロールと柔軟性がオーディオ作成にもあったら良いのに、と思ったことはありますか?UE5 ではオーディオ制作の根本的に新しい方法を提供します。MetaSounds はサウンドソースからオーディオ DSP グラフでの生成とフルコントロールを提供する高パフォーマンスのシステムです。オーディオ レンダリングのすべての面の管理から、次世代プロシージャル オーディオ体験の駆動までを実現します。

MetaSounds は、サウンドにおけるプログラマブルなマテリアル パイプライン、レンダリングパイプラインにあたるようなものです。マテリアルエディタがシェーダーの制作を助けるように、オーディオでプロシージャルなコンテンツ制作が可能になります。動的なデータ駆動のアセット、ゲームのパラメータとサウンド再生のマッピング作成、大幅なワークフロー改善など様々な恩恵があります。

 

エディタ UI とワークフローの強化

リニューアルの時間です!UE5 では Unreal Editor のビジュアルが更新され、ワークフローの効率化、画面デザインの最適化によって、より簡単に、高速に、気持ちよく使えるようになっています。

早期アクセスの新機能の一部を紹介します。コンテンツブラウザを簡単に呼び出したり、非表示にしたりする機能や、エディタタブを折り畳めるサイドバーにドッキングする機能を追加しています。メインツールバーに新しく追加された新規作成ボタンで、ワールドへのアクタ配置も簡単になります。新規プロジェクト作成のワークフローも見直しを行い簡単になりました。

参考資料

UNIGINE 2.14

リアルタイムエンジンUnigine2.14がリリースされました。雲がサクサク動いてるのが面白いですね。手軽に使える感じのエンジンなのかしら。

  • 積乱雲を含むフルセットの雲タイプ
  • 新しい風景ジェネレータ。Sandworm Tool」(製品化対応)
  • .NET Core 5(C# 9)の統合
  • ウォーターシステムのアップグレード:波のスペクトルを正確にコントロール
  • 平面反射プローブ
  • 物理的に正確なビジュアライゼーションのためのライトメーターツール
  • エンジンと物理システムのより安全な実行シーケンス
  • エフェクトごとの品質プリセットシステム
  • アセットパッケージシステム

参考資料

フレーム補間ソフト「Rife-APP」

ディープラーニングを使用したフレーム補間ソフト「Rife-APP」がリリースされました。価格は$ 24.90 以上。

https://grisk.itch.io/rife-app

概要

Dain-Appの後継であるRife-Appは、新しいアルゴリズムを使用してい ます。

Rife-APPはDain-Appの25 倍の速度で動作し、Vram の使用量も少なくて済みます。Nvidiaカードはアプリケーションの速度を向上させることができますが、Dain-Appとは異なりCPU上で実行することもできます(低速)。

Rife-Appは入力されたmp4/gif/webm/etcのフレームを補間して、入力されたFPSの2倍/4倍/8倍にします。

 

CG News

デジタルヒューマンをモデル化するツール「MetahumanCreator」スニークピーク

Epicが今年後半にリリース予定の忠実度の高いデジタルヒューマンを作成するための新しいツールを発表しました。ゲームのキャラクターメイクのような感じでリアルなデジタルヒューマンを短時間で作成できるようです。

作成したデータはモーションキャプチャツールとUnreal Engines Live Link FaceiOSアプリを使用してアニメーション化できるようです。MetaHuman Creatorは数か月以内に早期アクセスプログラムの一部として試すことができるようになるらしい。

https://www.unrealengine.com/ja/digital-humans

高忠実度のデジタル ヒューマンをわずかな時間で

説得力のあるリアルタイム デジタル ヒューマンを作成するのは非常に困難で時間がかかります。何か月にもわたるリサーチ、高額なスキャン機器、大勢のテクニカルアーテイストが必要になることもあります。もし、品質に妥協することなく、そのプロセスを根本的によりシンプルに、より高速に、よりスケーラブルにすることができるとしたらどうでしょう?
この新しいツールを使用すれば、誰でも、完全にリギングされ、髪や服を備えたカスタムメイドのフォトリアルなデジタル ヒューマンをほんのわずかな時間で作成することができます。

MetaHuman Creator のスニークピーク

MetaHuman Creator はかつてないほどの品質、忠実度、リアリズムの水準で、これまで数週間から数か月かかっていたデジタル ヒューマンの作成を1時間以内で行うことができるクラウドストリーミング ベースのアプリケーションです。
作成が完了したらエクスポートしダウンロードすると、リギングされてUnreal Engine でアニメートする準備が整っています。

 

無料の MetaHuman サンプル

MetaHuman Creator で作成された2体の高品質で完全にリギングされたサンプル キャラクターは、リアルタイム デジタル ヒューマンの最先端技術を表しています。
これらのキャラクターは、Unreal Engine 4.26.1 及び、これ以降のバージョンで試し、変更し、使用することができます。

参考資料

Gullwing

メルセデスベンツ300SLガルウィングをフィーチャーしたcgショートフィルム。アニメーションも気持ちよくてライティングも綺麗、溢れ出る車好きを感じます。

参考資料

Brawl Stars - Barley’s Bar

手描きと3Dとドット絵が混ざってるのに統一感のある映像が面白い。

参考資料

2Dイラストから3Dモデルを自動生成

2Dイラストから3Dモデルを自動生成する実験をしてる人を見かけました。面白いですね。