楽しい

参考資料

Direct TV, Ice Cream

海外の人形メカもいい感じに進化してていい時代になりました。

参考資料

TODOR PETRU

実写と手描きのミックスですがカッコイイ!アキラを彷彿とさせる腕の暴走がいい感じw
腹のアップは…いらないと思うです(´Д`υ)

参考資料

MINI Countryman TV Commercial: Flow

昔こんな感じのゲームと、かなーり昔、実写でこんな感じのスタント、方輪走行やったCMありましたね。

参考資料

Hair Conditioner

ああー凄い上手い。いつか真似したい。毛の生えた車w
最後のティルトアップはこうでなくちゃね!って感じ。

参考資料

Google Chrome Speed Tests

Chromeはええええーーー!!w
最近、firefoxから乗り換えてるって人もチラホラ。
こういうバカバカしい映像は良いですね。

参考資料

Japan – The Strange Country

デザインや映像のテンポも気持ちよく、紹介系の映像としてダレずに見れて面白い。
資料やグラフも見せ方しだいで何倍も興味を引くことが出来るんだとお思った。

参考資料

Pixels

ドット絵、ゲームをモチーフにした映像作品。
素晴らしいクオリティーです。僕も時間があれば似たようなの作りたい。

参考資料

pCubee

カナダの名門、ブリティッシュコロンビア大学の研究者が、様々な角度からレンダーを操作できるキュービック型3Dディスプレイを発表。

参考資料

立体かくし絵 アッタコレダ

これは面白い。ゲームとして面白かはともかくw顔認識とかで見てる人をトラックする感じなのかな?
iPhonで傾きセンサーで角度変わるアプリ見せてもらったことあるけど、
これ系は画面に3D感を出す方法としてアリなんじゃないかと思う。

http://www.nintendo.co.jp/ds/dsiware/krgj/

参考資料

Graffiti Analysis

iPhoneで思い出したけどなかなか面白げ。
奥行きのある線になるのと、インタラクティブアート的なプレイヤーが面白い。
時間が出来たら遊んでみよう。

http://graffitianalysis.com/downloads/

参考資料

MTV EMA 2009 Opners

3Dドット系のモーショングラフィックスは色々ありますが、嫌いじゃないです。