Game

参考資料

Battlefield 2042 Opening Cinematic

PS5で見るとエフェクトのグリッチなのか圧縮荒れなのかわからない個所があった。

参考資料

UnityがSpeedTreeのIDVを買収

UnityがSpeedTreeの開発元であるIDVを買収しました。ゲームエンジン界隈で買収競争が起きてそうですね。

https://blog.unity.com/news/speedtreer-creator-interactive-data-visualization-inc-idv-joins-unity

 

Unityは、建築、ゲーム、ビジュアルエフェクト、リアルタイムシミュレーション向けの植生モデリングおよび環境作成製品であるSpeedTreeスイートのメーカーであるIDV社を買収しました。

近年、Unityで作成される世界は飛躍的に複雑化しています。多くのUnityクリエイターが、大規模で複雑、かつリアルな世界を体験したいと考えています。木や葉は、そのような世界に不可欠な要素です。
SpeedTreeは自然で有機的な見た目の植物を環境に素早く効率的に追加したい人にとって、最高のソリューションを提供すると信じています。

SpeedTreeの技術はインディーズからAAAまでのゲーム業界、メディアやエンターテイメント、建築物のビジュアライゼーションプロジェクトなどで、すでに広く使われています。
SpeedTreeは、かなり以前からUnityのエコシステムの重要な部分を占めており、今回の買収により、SpeedTreeのUnityポートフォリオへの統合が強固になり、クリエイターがプロジェクトに有機的な要素を追加することがより容易になります。

SpeedTreeのポートフォリオ(SpeedTree Modeler、SpeedTree Engine、SpeedTree Games SDK)は、強力なプロシージャルツールとハンドモデリングツールを用いて、ビジュアルクリエイターが独自のアーティスティックなビジョンを実現する手段を提供します。
また、SpeedTree Libraryには、樹木や葉物が豊富に用意されており、クリエイターは、自然な雰囲気のアセットをすぐに追加することができます。

 

アーティストのためのチューニング

SpeedTree Modelerは、プロシージャルな植生モデラーであり、あらゆる種類の樹木や葉を作成、修正することができます。タブレットやマウスを使ってモデラーに「描く」だけで、独自の樹木や枝の構造をデザインすることができます。

 

今後の展開

現在SpeedTreeをご利用のお客様は、現在と同じレベルの品質とサポートを期待できます。VivoxやMultiplayを含む多くのUnity製品と同様に、SpeedTreeのツールやすぐに使えるコンテンツの豊富なライブラリは、どのような開発環境でもクリエイターに提供し続けることができるようにエンジンに依存しません。

今のところSpeedTreeやUnityの顧客には何の変化もありません。長期的なメリットとしては、Unityのエコシステムへの統合が進み、製品間のワークフローが改善されます。

スピードツリーが生成したアセットは、UnityのScriptable Render PipelinesやTerrainシステムとシームレスに動作します。
今回の買収により、ユニティのアーティスト・オーサリング・ワークフローと環境作成機能が強化され、あらゆる業種のユニティ制作者が利用できるようになります。

今後も、ユニティとインタラクティブ・データ・ビジュアライゼーションの最新情報にご期待ください。

参考資料

Battlefield 2042 Official Reveal Trailer

最大128人でのオンライン対戦に対応する、マルチプレイ専用タイトル。トレイラー通りバカゲーっぽいバランスになってるなら欲しい。

参考資料

Honor Of Kings x Burberry

ゲームのムービーでしょうか、森の質感が綺麗です。

参考資料

UNIGINE 2.14

リアルタイムエンジンUnigine2.14がリリースされました。雲がサクサク動いてるのが面白いですね。手軽に使える感じのエンジンなのかしら。

  • 積乱雲を含むフルセットの雲タイプ
  • 新しい風景ジェネレータ。Sandworm Tool」(製品化対応)
  • .NET Core 5(C# 9)の統合
  • ウォーターシステムのアップグレード:波のスペクトルを正確にコントロール
  • 平面反射プローブ
  • 物理的に正確なビジュアライゼーションのためのライトメーターツール
  • エンジンと物理システムのより安全な実行シーケンス
  • エフェクトごとの品質プリセットシステム
  • アセットパッケージシステム

参考資料

NVIDIA DLSS

NVIDIA DLSSがUnrealEngineで利用可能になったようです。DLSSはディープラーニングを使用した超高解像度とフレームレートを上げる技術です。使用するにはTensor Core対応のGeForce RTX GPUが必要です。

https://www.unrealengine.com/marketplace/en-US/product/nvidia-dlss

 

NVIDIA DLSS

NVIDIA DLSS (ディープラーニング スーパー サンプリング) は映像の忠実度を上げる AI レンダリング テクノロジで、GeForce RTX GPU の専用 Tensor Core AI プロセッサを使用します。

DLSS はディープラーニング ニューラル ネットワークのパワーを活用してフレーム レートを高め、美しくシャープなゲーム映像を作り出します。また、パフォーマンスに余裕が生まれるため、レイ トレーシング設定を最大化したり、出力解像度を上げたりできます。

妥協のない品質と高性能

NVIDIA DLSS テクノロジにより、レイ トレーシングと超高解像度を利用できます。先進の AI レンダリングを使うことで、一部のピクセルだけをレンダリングしながらも、ネイティブ解像度に匹敵するか、場合によってはそれを上回る画質を実現します。
新しいテンポラル フィードバック技術により、細部に至るまで驚くほどシャープな画像や、フレームごとの安定性改善が実現します。

カスタマイズ可能なオプション

DLSS では「クオリティ」から「ウルトラ パフォーマンス」まで、ゲームに応じていくつかの画質モードを選択できます。ゲーム内のレンダリング解像度設定により、品質とパフォーマンスのバランスを調整できます。
パフォーマンス モードでは最大で 4 倍の AI 超解像度 (1080p -> 4K)、新しいウルトラパフォーマンス モードでは最大で 9 倍の AI 超解像度 (1440p -> 8K) を利用できます。