カッコイイ

参考資料

Nike chase

Nike Japanのキャンペーン映像のようです。
アメリカンながらも日本のアニメを意識したデザインが素晴らしい。

参考資料

Pixels

ドット絵、ゲームをモチーフにした映像作品。
素晴らしいクオリティーです。僕も時間があれば似たようなの作りたい。

参考資料

GRENDIZER RETURNS RELOADED

グレンダイザーかっけー!
Cinema4DはVrayがリリースされたりfinalRenderがあったり、Max環境に似てていい感じです。

参考資料

District 9

ゲームHALOの映画化の話がポシャって注目を浴びた「District 9」。
その後どうなったのかな?と思って検索したら、ずいぶん日本ライクなディテールのメカ気になる。
もしやと思ったら、やっぱりEmbassy社でした。

http://www.theembassyvfx.com/

いまだにレンダリングはLightWave使ってるのかな?と思ったら XSI, mental rayだそうです。素晴らしいクオリティーです。
http://blog.mars-inc.net/modo/archives/2009/08/district_9.html

CG News

Optical Flares

Optical Flaresのプロダクトページ公開。発売は今月25日から。
64bit版は無償で提供予定。

http://www.videocopilot.net/products/opticalflares/

素晴らしいです。
欲しい機能が全て入ってるほか、LightFactory使ってて、こういう機能欲しいよねという機能が全て入ってる。
いつ俺の脳をスキャンしたんだよ!ってレベルで欲しい物が入ってます。
圧倒的にリアルなルックですし、自分がテクニック的に使うような表現も機能として見事に落とし込まれてる。
flicker機能とレンズの汚れなんかは全く思いつかなかった。独自UIの動作も素晴らしい出来。コレで$139は安すぎる。

惜しむらくはAEオンリーな事でしょうか。今後コレを超えるレンズフレアプラグインは登場しないでしょう。
あとは、個別のエレメントのアニメーションがどんなもんか気になる。間違いなく買いです。

参考資料

NINJA’S UNBOXING

ストップモーションなんですが凄く滑らか。相変わらず忍者が無国籍ですw
グリーンバック併用でここまで自然な映像が作れるんですね~驚きました。
デジタル+人形劇ってのはアクロバティックな事できて面白いかもしれない。

参考資料

Graffiti Analysis

iPhoneで思い出したけどなかなか面白げ。
奥行きのある線になるのと、インタラクティブアート的なプレイヤーが面白い。
時間が出来たら遊んでみよう。

http://graffitianalysis.com/downloads/

参考資料

The Third & The Seventh

前にも書いたことある人の新作の動画。フルCG。
コンポジットとカラーグレーディングテクニックが凄い。

Compositing Breakdown

Exeter Shot — Making Of

参考資料

How We Built Britain

実写マッチムーブ系ですが、自然で綺麗な見せ方のムービーです。建物がアルファベット。
マッチムーブ系は見せ方次第で、まだまだ驚くような視覚効果が作れる気がします。

私も全裸で撮影して、マッチムーブで服を着せるみたいの作りたいw