Composite

CG 日記

Fast Bokeh 使ってみた

フリーで公開されている被写界深度プラグイン「Fast Bokeh」を使ってみました。定番のボケプラグイン「Lenscare」、AE標準の「ブラー(カメラレンズ)」を比較したので画像もアップしておきます。

Fast Bokehはフリーであること、処理速度の速さが素晴らしいですが「エッジを適切に処理して使いやすい」というFast Bokehの特長はそれほど効果は感じられず、細かな設定や調整を考えるとLenscareに変わるものではないと思いました。

フルサイズで画像アップしてるので、エフェクトの変更したパラメータの変更はタイムラインを参考にしてください。

 

ブラー(カメラレンズ)

昔からあるAfter Effects標準のボケエフェクト。GPU処理により高速化されてるものの、ブラー半径が300を超えるような大きな値の場合に処理速度が遅くなる。また深度マップを使用した場合に、深度差が大きいピクセルでの処理が美しくない。周辺にオブジェクトの色がはみだしてる。

 

3倍に拡大した画像。

 

Fast Bokeh

ブラーのサイズによる速度低下がないので高速。しかしガウスベースのブラーのため、色が明るいピクセルと暗いピクセルが一様にブラーされてしまう。細かな設定がないため、カメラの口径ボケのような表現はできません。

 

3倍に拡大した画像。Depth画像のアンチ無し。オブジェクトの輪郭が少し周辺ピクセルと混ざってエイリアスが目立たなくなっているが、期待したほど綺麗に処理されなかった。

 

3倍に拡大した画像。Depth画像のアンチあり。FastBokehはアンチなしを推奨してるが、念のためテストして見た。アンチ部分で斜め方向にブラーが伸びて見える。これはLenscareも同じような結果になる。

 

Lenscare

定番のカメラボケプラグイン。処理はかなり遅いですが、細かな調整ができるのでお気に入り。

 

3倍に拡大した画像。FastBokehに比べるとオブジェクト周辺のエイリアスがガッチリ出てる。

感想としては、半端にエッジを処理されるよりLenscareのシャープな状態にanti-aliasingなどのエフェクトを使ってエイリアスを滑らかにした方が美しい結果になると思う。

 

元素材

テストに使用した素材です。何か試すときに使ってみてね。

 

ちなみに、上の比較ではボケがかかりやすいようにDepthの範囲を調節してます。

CG News

フリーのAE用 被写界深度プラグイン「Fast Bokeh」

フリーのAfter Effects用被写界深度プラグイン「Fast Bokeh」が公開されています。
エッジを適切に処理するというのが気になって試しましたが、エッジの品質的にはLenscareと大きな差は感じないかも。ですがブラーサイズを大きくしても速度が変わらないというのは面白いですね。300ピクセルなど大きな値を設定した場合に圧倒的に早いです。

https://www.rowbyte.com/fast-bokeh

概要

Fast Bokehは、深度マップを使用して滑らかな被写界深度ボケを作成するAfter Effectsのプラグインです。非常に高速で、エッジを適切に処理して使いやすい。

別のぼかしプラグインが必要な理由?

Fast Bokehは、他のレンズブラープラグインとは異なり、以下の3つの要件を満たします。

  • 非常に高速で、ブラー半径に依存しません。
  • エッジを適切に処理します。
  • ガウスブラー同等の品質。
ブラー半径に依存しない

Fast Bokehのパフォーマンスはイメージサイズにのみ依存し、適用されるブラーの量に依存しないため、ほぼ一定のレンダリングパフォーマンスが期待できます。

ハードエッジなし

オブジェクト境界は拡張され、エッジは予想どおりに適切に処理されます。プラグインには、遮蔽されたオブジェクトに関する情報がレンダリングに含まれていないため、まだ制限がありますが、ハードエッジとハローを可能な限り回避する適切なジョブを実行します。

スムーズブラー (滑らか)

このプラグインは、スムースガウスのような高速ブラーを作成します。特別なアパーチャ形状や色収差設定はありません。したがって、すべてのダイナミックカラー範囲で一貫性があります。

32ビットカラー

32bpcはサポートされているだけでなく、最高の品質を得るためにもお勧めします。

 

エフェクトコントロール

  • Blur Radius:ブラーの半径。
  • Depth Map Layer:深度マップとして使用するレイヤです。
  • Invert Depth Map :デプスマップの白と黒のピクセルを反転します。デフォルトでは、白のピクセルは背景、暗いピクセルは前景です。
  • Focus Distance :デプスマップのカレントの合焦距離を設定します。
  • Repeat Edge Pixels:常にオンのままにします。
互換性

After Effects CS6とCreative Cloud。CC2017、CC2018、CC2019.macOS 10.8以上またはWindows7以上でテスト済み。

重要な注意

最良の結果を得るにはアンチエイリアシングなしでデプスマップを使用することをお勧めします。

CG News

Red Giant VFX Suiteリリース

Red GiantがVFX Suiteをリリースしました。After Effects用のキーイング、トラッキング、クリーンアップ、ビジュアルエフェクトのための9個のプラグインセットです。価格は$999。各プラグインは個別に購入することもできますが、VFX Suiteを購入すると$492お得です。

どことなくVC ReflectionS_DistortChromaを思わせるプラグインが追加されてますが、後発なぶん表現力が高いのかな?

https://www.redgiant.com/products/vfx-suite/

 

Supercomp

Supercompは複雑でシームレスな合成を簡単に作成できる合成環境です。Supercompではライトと大気のエフェクトは以前よりもはるかに自然で、プリコンポーズが少ない方法で、すべてのレイヤとシーンのエレメントと相互作用します。Supercompには、すべての要素を最終ショットに統合するための15以上のGPUアクセラレーテッド コンテキストアウェアツールが含まれています。

  • 価格 $399

 

PRIMATTE KEYER 6

Primatte Keyerは、高速で自動のクロマキーイングを行う強力なツールです。グリーンスクリーンでもブルースクリーンでもPrimatte KeyerのAuto Compute Algorithmsは自動的に完璧なキーを引き出すことができます。新しいユーザインタフェースとクリーンアップツールを使用すると、背景と前景を簡単に選択して分離できます。
Primatte Keyer6はGPUアクセラレーション機能を備えており、以前のバージョンよりも最大3倍高速になっています。

  • 価格 $199
  • アップグレード価格 $99

 

KING PIN TRACKER

King Pin Trackerを使用すると、After Effectsの内部で高速かつ正確な平面トラッキングを行うことができます。
キングピンを使用すると、単純な長方形でなくてもショットに標識やオブジェクトを簡単に配置できます。強力な [終点] ピンと [始点] ピン、および平面空間でのオフセットと回転機能を使用すると、任意の場所に任意のピンを配置できます。
King Pin Trackerは非常に高速で正確で、フレームから離れてもライトの変化に応じてサーフェスを追跡できます。

  • 価格 $199

 

SPOT CLONE TRACKER

Spot Clone Trackerは映像を移動するための組み込みトラッカーを備えた、簡単なオブジェクト削除ツールです。キズの補修や小物の取り外しが簡単。Spot Clone Trackerは使いやすく、ライト、カラー、テクスチャのクローンを作成するオプションを使用して、ライトを自動的にマッチングします。

  • 価格 $99

 

OPTICAL GLOW

Optical Glowはビジュアルエフェクトやモーショングラフィックスで使用するための、高速でゴージャスなフォトリアリスティックグロー効果です。これまで何年も使ってきたグローより良く見える理由には、多くの科学的根拠があるのだが、肝心なのは、とにかく超素晴らしいということです。

  • 価格 $99

 

CHROMATIC DISPLACEMENT

Chromatic Displacementはレイヤーを使用して別のピクセルを置き換えながら、色を滑らかに分離します。 After Effectsのディスプレイスメントマップエフェクトとは異なり、Chromatic Displacementはディスプレイスメントイメージを高さマップとして使用するので、美しい有機的な結果が得られます。
Chromatic Displacementは、フォースフィールド、ヒートリップル、光の屈折、クロークエフェクトなど、プロフェッショナルなビジュアルエフェクトを作成するために設計されましたが、モーショングラフィックにも適しています。

  • 価格 $99

 

KNOLL LIGHT FACTORY 3.1

Knoll Light Factoryは、ILMのChief Creative OfficerであるJohn Knoll氏によって設計され、新しいGPUアクセラレーションにより、フォトリアルなレンズフレアを高速にレンダリングします。直感的なレンズエディタを使用して、独自のフレアをゼロから作成するか、200のプリセットをカスタマイズできます。(既存のユーザ向けの無料アップデートです)

  • 価格 $199
  • アップグレード価格 (v.2から) $99

 

SHADOW

Shadow はアルファチャンネルや明るさなどに基づいて、レイヤーの前後にパースビューシャドウを簡単に追加できます。柔らかさ、曲がり具合、長さ、色など、さまざまなプロパティのオプションが用意されています。

  • 価格 $99

 

REFLECTION

Reflectionはレイヤーに簡単にリフレクションを追加できます。柔らかさ、距離のフェード、長さなどのコントロールを使用すると、このエフェクトは反射を作成する標準的な方法をはるかに超えます。

  • 価格 $99

 

CG News

Exr-IO V2

PhotoShop用EXR読み込みプラグイン「Exr-IO V2」がリリースされています。大きな機能追加としてCryptomatteをサポートしてるようです。

CGの編集は静止画でもAE使うので、あまりPhotoShopで素材編集することはないですが、機会があったらつかってみよう。
https://www.exr-io.com/exr-io-2-00/

Cryptomatte サポート

Exr-IOファイルフォーマットプラグインの新バージョンにはCryptomatte のサポートが含まれています。3Dのすべてのオブジェクト、レイヤー、マテリアル、またはユーザー定義のオブジェクト選択は、表示、編集可能なPhotoshopレイヤーマスクになります。

 

ミップマップとリップマップのサポート

Exr-IO 2はミップマップとリップマップのカスタマイズ可能な読み書きを提供します。これらは簡単に修正でき、あらゆる種類のテクスチャ作成に対応できます。

 

巨大な画像データを管理

Exr-IOファイルフォーマットプラグインの新バージョンには、メモリ消費量の削減、品質、互換性、安定性の向上、エラー処理の向上などの追加機能が組み込まれています。アーティストは読み取りパフォーマンスを高く保ちながら、以前よりも大幅に少ないメモリで多数のレイヤーを持つ巨大なデータセットを開くことができます。

このほか互換性と安定性の改善、エラー処理の改善などの追加機能のサポートが含まれます。Exr-IO 2.00は可能な限り完全な範囲のEXR画像データを読み書きすることを可能にするために可能な限り完全な機能を目指しています。

参考資料

Netflix アニメーション制作仕様

Netflix パートナーヘルプセンター でアニメの納品仕様とガイドが公開されてます。「作業解像度は作画、スキャン、背景、CG、VFXを含む制作作業全般において3840×2160以上であること」という高解像度に指定されてるが興味深いです。

アニメーション制作仕様 (シリーズ)
https://partnerhelp.netflixstudios.com/hc/ja/articles/360001479067-%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E5%88%B6%E4%BD%9C%E4%BB%95%E6%A7%98-%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-

アニメーション制作仕様(映画)
https://partnerhelp.netflixstudios.com/hc/ja/articles/360001472848-%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E5%88%B6%E4%BD%9C%E4%BB%95%E6%A7%98-%E6%98%A0%E7%94%BB-

アニメ制作における最低必要要件
https://partnerhelp.netflixstudios.com/hc/ja/articles/360000593927-%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E5%88%B6%E4%BD%9C%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E6%9C%80%E4%BD%8E%E5%BF%85%E8%A6%81%E8%A6%81%E4%BB%B6

続きを読む

参考資料

Nukeのディープコンポジット用プラグイン「DeepC」

Nuke用のディープコンポ用プラグイン「DeepC」が公開されています。現在10個の独立したプラグインで構成されており、すべてNukeの内蔵ツールよりもディープコンポジットプロセスをより細かく制御できるように設計されています。
大規模なスタジオでは似たツールがあると思うけど、DeepCはオープンソースプロジェクトで、中小規模のスタジオでも利用できるとのこと。
https://github.com/charlesangus/DeepC

Examples

Base Image

 

DeepCPMatte and DeepCGrade

 

Flat Masks and DeepCGrade

 

DeepCPNoise and DeepCPMatte

 

DeepCPNoise in 4D

参考資料

KandaoのAIを使用したスーパースローモーション変換

中国のカメラメーカー Kandaoが機械学習システムを使用して、30fpsの通常のビデオを最大300fpsの超スローモーションに変換できる「AIスローモーション」と呼ばれる新機能を発表しています。
この機能は360 / VRカメラであるObsidianとQooCamに適用され、どちらも高品質のスローモーションを作成できるカメラにアップグレードされる。
https://www.kandaovr.com/2019/04/09/kandao-cameras-use-ai-to-turn-normal-video-into-300fps-super-slow-motion/

新機能を使用すると、ユーザーは撮影後にフッテージを最大10倍のスローモーションできます。たとえば、元々8K 30fpsでキャプチャされた360度ビデオは8Kで240fpsのスローモーションに変換でき、4K 60fpsのビデオは4K 480fpsでエクスポートできます。

CG News

Nuke Point Render

Nuke用のポイントレンダリングエンジンがリリースされてます。価格はシングルライセンス€30、サイトライセンス€200。
https://higx.net/point_render/

フルスイート

ポイントレンダリングには、ジェネレータ、モディファイヤ、シェーダ、ユーティリティなどの一連のノードが付属してい ます。それらは複雑なルックスを思いつくことを容易にし、そしてその最終的なルックスを決めるために素早く繰り返す。

 

ワンピクセル

「ポイントレンダリング」という名前は、それが1ピクセルサイズのアダプティブ ポイントを描画するという事実に由来しています。画面を埋めるにはたくさんのポイントが必要ですが、ポイントレンダリングでは何百万というポイントをインタラクティブな速度で簡単に処理できます。システムRAMが唯一の制限事項です。

ネイティブノードのみ

ネイティブのニュークノードのみを使用して作成されています。これはアップデートを必要とせずに、今後あらゆるバージョンのnukeで動作することを意味します。

 

オープンソース

すべてのBlink Scriptノードは、必要に応じて探索、学習、および変更できるように開いたままになっています。

 

CG News

Flame 2020

AutodeskがNAB2019でFlame 2020を発売するそうです。新機能として機械学習を使用して、静止画像や動画の分析に基づいてモーションベクター、Z深度、3D法線の抽出が可能になるそうです。
https://www.fxguide.com/quicktakes/flame-embraces-deep-learning/

Z深度マップジェネレータ

 

人間の顔法線マップジェネレータ

 

CG News

After Effects CC 16.1 リリース

After Effects CC 16.1がリリースされました。目玉機能はAdobe Senseiエンジンを使用した「コンテンツに応じた塗りつぶし」、動画から人やカンバンを自動で消すことが出来る機能です。面白そう!
https://www.adobe.com/products/aftereffects/features.html

ビデオ向けコンテンツに応じた塗りつぶし

ブームマイクから看板、人まで、不要なオブジェクトをクリップから簡単に完全除去できます。Adobe Senseiエンジンによるコンテンツに応じた塗りがクリップ全体に適用されるため、フレームごとにオブジェクトの消去や置換を繰り返す手間と時間を大幅に節約できます。

 

エクスプレッションエディター

新しいエクスプレッションエディターには、行番号、ペアの波括弧のハイライト表示、コードの折り畳み機能があり、エクスプレッションの記述が簡単にできます。

パフォーマンスの強化

ラフエッジ、色を変更など、GPU高速処理対応エフェクトの種類が増えました。16-bpc、32-bpc両方のカラーをサポート。

ガイドを保存してPremiere Proのエディターと共有

ガイド設定の読み込みと保存により、新規プロジェクトでの再利用やPremiere Proのエディターと共有して相手のシーケンスのパラメーターを設定できます。

フォントの自動同期

別のマシンまたは別のプロジェクトに切り替える際、環境に無いフォントは、Adobe Fontsにあれば自動的に同期されます。

幅広いフォーマットのサポート

REDのデベイヤー処理がmacOSのMercury GPU高速処理(Metal)に対応しました。Sony VENICE X-OCNの映像素材の読み込みができます。

その他

フレームブレンドとモーションブラーを自動的に有効にし、旧エクスプレッションを新しいJavaScriptエクスプレッションエンジンと新スクリプトに容易に更新できます。

参考資料

機械学習を使用してマット生成「Rotobot」

機械学習を使用してマットを作成するOpenFX プラグイン「Rotobot」の記事。品質はまだまだみたいだけど、こういう方向の機械学習の使い方は好き。

https://www.fxguide.com/quicktakes/rotobot-bringing-machine-learning-to-roto/

Rotobotは人や車などのオブジェクトの「セマンティック」クラスに属するピクセルのインスタンスを分離することができます。これは反復畳み込みニューラルネットワーク(CNN)を使用してイメージを分析することによって、81カテゴリを分離することができます。これらのカテゴリごとに最大100個のインスタンスを一度に分離することができます。これはVFXにとって便利です。素早く汚いホールドアウトマットを生成するための素早いツールがあることを意味します。

 

 

 

このプログラムは超高速で粗いものからより洗練されたものまで、さまざまな品質レベルで設計されています。Rotobotによって達成されるロトの品質は、フレーム間でちらつく傾向があるので時間的に安定していません。これはフレームごとのソリューションを生成するので、編集可能なスプラインがなくなるため修正や作業を続けることができません。Kognatは結果の忠実度をはるかに高い基準に高めるよう努めています。

似た技術だとAdobeのFASTMASKがあるけど、Adobeのは対象の数が限定されてそう。こういう作業的な物はAIに頑張って欲しいですね。