Breakdown

参考資料

ヒックとドラゴン2 のテクノロジー

ドリームワークスの内製アニメーションソフトが見れます。
Pixarのモーションソフトもそうですが、ロケータゴテゴテのリグじゃなく、直接部位を選択するのがトレンドな感じなのかな?

参考資料

Monster mayhem: Pacific Rim

映画パシフィックリムの特集記事。
オープニングタイトル、エンディングタイトルのムービーが掲載されてるので、見たくない人は公開後に見ましょう。

Monster mayhem: Pacific Rim

 

参考資料

モニターグラフィックス関連

映画等のモニター、モーショングラフィック関連のリンク。

Guardians of The Galaxy UI Reel
http://motionographer.com/2014/08/18/guardians-of-the-galaxy-ui-reel/

 

TOTAL RECALL

 

TRON: Legacy
http://www.inventinginteractive.com/2011/03/02/interview-gmunk/

 

The Avengers
http://www.inventinginteractive.com/2012/07/08/interview-jayse-hansen/

 

Iron Man 2
http://motionographer.com/features/prologue-iron-man-2/
http://www.dannyyount.com/movies/qt_iron_man.html

 

OBLIVION GFX Montage

 

ENDER’S GAME
http://ashthorp.com/ENDER-S-GAME

 

チュートリアル
http://cgi.tutsplus.com/search?utf8=%E2%9C%93&view=grid&search[keywords]=Iron+Man+widget&button=

参考資料

Back to the Start

畜産をテーマにした映像。
コマ撮り映像の美しさ、アニメーションのおもしろさ、内容の良さが光るのですが、メイキングもなかなか面白い。3Dデータを3Dプリントしてキャラクターや家畜を作成してる。
映画などで模型をスキャニングというプロセスはよく見かけましたが、3DCGを人形化という流れに新鮮さを感じました。

参考資料

ROME ” 3 Dreams of Black ”

WebGLを使用したミュージックビデオが凄すぎる!

http://www.ro.me/

テクノロジー
http://www.ro.me/tech/
Google Chromeでアクセスしてください。Chrome入れてない人はテクノロジー解説のページは見れるかと。
Google協力のもと制作されたWebで視聴するミュージックビデオとのことですが、WebGLを使用した3DCGを使用しリアルタイムで動作しています。
単にリアルタイムなだけでなく映像のクオリティーも高く、ポストエフェクトの効いたリアルタイム3Dは必見。
よくわからないがオープンソースでシェアできるっぽい?

参考資料

Making of AT-AT

頭は別録りなんですね。やっぱり表情が重要だからなのかな。

参考資料

District 9

ゲームHALOの映画化の話がポシャって注目を浴びた「District 9」。
その後どうなったのかな?と思って検索したら、ずいぶん日本ライクなディテールのメカ気になる。
もしやと思ったら、やっぱりEmbassy社でした。

http://www.theembassyvfx.com/

いまだにレンダリングはLightWave使ってるのかな?と思ったら XSI, mental rayだそうです。素晴らしいクオリティーです。
http://blog.mars-inc.net/modo/archives/2009/08/district_9.html