Breakdown

参考資料

THE EMMY-WINNING SPECIAL VISUAL EFFECTS OF THE MANDALORIAN: SEASON 2

すごい。

視覚効果スーパーバイザーのリチャード・ブラフが、エミー賞7部門(特殊視覚効果、音響効果、撮影、補綴メイク、スタントコーディネーション、スタントパフォーマンス、作曲)を受賞した「マンダロリアン:シーズン2」の効果の舞台裏を語ります。

ルーカスフィルムのDisney+の大ヒットシリーズは、シーズン2では、シーズン1で達成した画期的な技術的・芸術的成果を基に、伝統的な方法論と常に進歩する新技術を組み合わせました。
ILM StageCraft LED Volumeのサイズも大きくなり、全シーンの半分以上で使用されるようになりました。また、このシーズンでは、ILMの最先端のリアルタイム・シネマ・レンダリング・エンジンである「Helios」がデビューしました。この高解像度、高忠実度のエンジンは、LEDスクリーンに表示されるすべての最終ピクセルレンダリングに使用され、今日のエピソード映画や長編映画の制作でよく見られる複雑なシーンに対して、比類のないパフォーマンスを発揮します。

実用的なクリーチャー・エフェクトは、1977年以来、「スター・ウォーズ」の世界の美学と魅力の重要な一部となっています。シーズン2では、エフェクトチームは100体以上の人形化されたクリーチャー、ドロイド、アニマトロニクスのマスクを実現しました。

実用的なミニチュアとモーション・コントロール・フォトグラフィーは、スケールモデルの船や、ILMのStageCraft LEDボリュームで使用するために作られたミニチュア・セット・エクステンションに再び使用されました。
また、Karthon Chop FieldsのScrap Walkerにはストップモーションアニメーションが使用された。タトゥイーンに生息するグレーター・クレイト・ドラゴンは、コンピュータグラフィックスを駆使して100メートルもの高さを実現し、砂が水のようになる液状化現象を利用して、砂の中をサメのように泳ぎ回るというものでした。

ILMのチームはもちろん、Legacy Effects、Hybride、Image Engine、Important Looking Pirates、Ghost VFX、Lola、Stereo D、Tippett Studios、Base FX、Raynault、Virtuous、Yannixなどのパートナー企業とともに、このショーのために心血を注いでくれたことを感謝します。

この「The Mandalorian: Season 2」の内側を楽しんでいただければ幸いです。

参考資料

Olav VFX Breakdown

一人で3ヶ月間、35Kドルの予算で制作されたらしいです。3ds Max、V-Ray、TyFlow、Phoenix FD、Forest Pack Pro、PF Track、Perception Neuron、Marvellous Designer、Metshape、After Effectsで制作されたとのことです。

参考資料

The Virtual Production of The Mandalorian, Season Two

The Mandalorianシーズン2で使用された画期的なバーチャル・プロダクション・テクノロジーの舞台裏をご紹介します。

ルーカスフィルムのディズニー+の大ヒットシリーズ「The Mandalorian」の第2シーズンに向けて、インダストリアル・ライト&マジックはStageCraftバーチャル・プロダクション・プラットフォームを再構築し、バージョン2.0をリリースしました。

その中でILMは、リアルタイム・ビジュアル・エフェクト用に設計されたインダストリアル・ライト&マジック初のシネマティック・レンダー・エンジン「Helios」を導入しました。
映画やテレビの制作を念頭に置いてゼロから設計されたHeliosは、驚異的なパフォーマンス、高忠実度のリアルタイム・レイトレーシング、ILMの比類なきカラーサイエンスを活用しながら比類なき複雑さを持つシーンを処理する能力を備えており、ILM StageCraftとシームレスに動作するように最初から設計されています。

ILM StageCraftとシームレスに動作するように最初から設計されています。目的に応じて構築されたプロダクション向けプラットフォームにより、フィルムメーカーは新しいアイデアを探求し、コンセプトを伝え、ショットを実行することができます。

参考資料

BRIO toys

質感やライティングが綺麗です。薄いフォグがいい感じ。

参考資料

Mulan | Breakdown Reel

Image Engineによる映画「ムーラン」のブレイクダウン。

参考資料

CG Breakdown - EDAG Citybot

コンセプト映像でしょうか、倉庫の奥側は実写かと思ったらフルCGだった。

参考資料

RETRO ARCADE ANIME: R-TYPE

R-TYPEを題材にしたレトロ風のアニメ作品。80年代へのこだわりが凄いです。

 

2Dアニメーションの3D背景トリック

 

80年代風のスペースシップをアニメーション化する方法