Animation

参考資料

漫画家浅野いにお氏のキャラクターに命を吹き込む

キャラクターアニメーションの制作工程をノーカットで見れる貴重なウェビナーです。Mayaの特別な機能は使用しておらず、移動と回転のみでキャラクターをアニメーションする光景を見ることが出来ます。ソフトを問わず普遍的な作業手順なので、これからアニメーションを作りたい方にはよい参考になると思います。

ちなみにmodoを使用する場合、フェイシャルリグの頬を補正する機能はトランスフォームデフォーマとフォールオフ、ウェーブデフォーマの計算順はデフォーマスタックで同じような表現ができます。

 


Mayaでアニメーションにチャレンジしてみたい皆様向けに、プロフェッショナルのアニメーター、森江康太氏が全くのゼロからアニメーションを作成する様子をウェビナーでお届けします。
https://area.autodesk.jp/movie/maya-animation/

CG News

modo用プラグイン「Channel Chimp 2」リリース

MIDIコントローラ、ゲームパッド、スマートフォンを使用してリアルタイムに操作したアニメーションを記録することができるプラグイン「Channel Chimp 2」がリリースされました。
http://www.apptastic.com/chimp/

 

概要

Channel Chimp 2はこれまで以上にModoをコントロールすることができます!
新しいWebブラウザインターフェイスでは、スマートフォンやタブレットがModoのインタラクティブコントローラになります。リアルタイムのパフォーマンス、キーアニメーション、およびModoの機能を制御できます。

Channel Chimp 2はバーチャルリアリティコントローラをModoにもたらし、クリエイティブな可能性の新しい世界を開きます。使いやすいアセンブリを使用することで素早くオーガニックカメラの動きを作成したり、車両のアニメーションを作成したり、フェイシャルアニメーションを作成したり、Modoのタイムラインを制御したりできます。

また、手頃な価格のインディー・プライス・オプションを導入しました。

 


直感的な操作で素早くキャラクターをアニメートします。手動でキーポーズ、またはリアルタイム操作をモーションキャプチャして有機的なアニメーションを作成します。

 


リアルタイムのモーションキャプチャ録画で、車両のアニメーションやウォークスルーを作成します。

 


あなたのアニメーションに手持ち式カメラモーションを追加します。 スマートフォンやタブレットを搭載したジャイロスコープからのリアルタイム モーションキャプチャで、リアリスティックで自然なカメラの動きを作成します。

 


Channel Chimpはバーチャルリアリティコントローラをサポートします。 VRヘッドセットとコントローラの動きを記録して、モーションキャプチャしたアニメーションを作成します。

 



カスタムインターフェイスを使用すると、Modoの使用に新しい効能が得られます。 Modoの任意のチャンネルを制御できるだけでなく、さらに多くの可能性のためにコマンド、スクリプト、マクロをトリガーすることもできます。

Tips

modoのトランスフォーム配列ツールでアニメーション作成

今回はトランスフォーム配列ツールを使用して、複数のアイテムに手軽にキーを設定する方法を紹介します。

modoはメッシュ生成ツール以外は、アイテムモードでも同じツールを使用することができるという特長があります。
例えば変形タブの「ジッター」「ツイスト」「ベンド」などのツールを使用してアニメーションを作成することができます。その中でも複製タブにある「スキャッタ トランスフォーム」「カーブ トランスフォーム」「トランスフォーム ラディアル 配列」を使うと幾何学的にアイテムを配置出来るので、手軽にフライングロゴっぽいアニメーションを作成することができます。

作成手順です。

  1. テキストツールで適当に文字を入力します。
  2. 「厚み」ツールでテキストに厚みをつけます。
  3. アイテムツリーのメッシュで右クリックして「選択メッシュの統合解除」します。
    「選択メッシュの統合解除」は連結したポリゴン単位を、別のアイテムに分解する機能です。
  4. アルファベット単位に分かれたアイテムを全て選択し、メッシュの中心に「センター」を移動します。
    ファイルメニュー / 編集 / センターをバウンディングボックスへ / センター
    これでアニメーションを作成する準備が整いました。
  5. 全てのアイテムに位置と回転キーを作成します。
  6. 今回は最後にロゴが決まるようにしたいので、綺麗にアルファベットが並んだ状態でタイムラインで後ろのほう、とりあえず90フレームにキーを作成しました。
  7. タイムラインを0フレームに設定します。全てのアイテムを選択して「スキャッタ トランスフォーム」を実行します。
    「スキャッタ トランスフォーム」は指定した範囲内に、アイテムをランダムに配置するツールです。
  8. タイムラインを15フレームに移動して「カーブ トランスフォーム」を実行します。
    「カーブ トランスフォーム」はカーブ状にアイテムを配置するツールです。ツールがアクティブなときは、自由にカーブを編集することができます。
  9. 15フレームのキーをコピーします。タイムラインでキーを選択してCtrl+Cでキーをコピーします。
  10. タイムラインを30フレームに移動して、キーをペーストします。
    タイムラインをスクラブして正しくキーがペーストされたか確認します。今回はキーを設定しやすいように、15フレーム単位で移動と停止を繰り返すように設定しました。
  11. タイムラインを45フレームに移動して「トランスフォーム ラディアル 配列」を実行します。
    「トランスフォーム ラディアル 配列」はアイテムを円状に配置するツールです。位置がずれてるので調節します。配置が決まったらアイテムの回転にキーを作成します。
  12. 45フレームのキーをコピーします。タイムラインでキーを選択してCtrl+Cでキーをコピーします。
  13. タイムラインを60フレームに移動して、キーをペーストします。
    タイムラインをスクラブして正しくキーがペーストされたか確認します。modoは移動ツールがアクティブのときにキーをコピーすると、位置のキーのみがペースト対象になります。タイムラインスクラブして回転のコピーがミスってたのに気がついたので、回転ツールをアクティブにしてペーストしました。
  14. 最後のテキストが完成するキーが90フレ-ムにあるので、タイミングを変更します。
    タイムラインでキーを選択して、タイムラインでマウス右ドラッグしてキーを75フレーム移動します。ちなみに複数のキーをセント無くしている場合は、Ctrl+マウス右ドラッグ でキーをスケールすることができて便利です。これだけでも十分アニメーションしてますが、「ソフトラグ」デフォーマを使用して自動で揺れる動きを設定してみます。
  15. スケマティックビューの「追加」メニューを表示し、アイテムを選択してから「Soft Lag」をダブルクリックします。
    この作業はアイテム1個ずつおこなう必要があります。複数のアイテムを選択した状態で「Soft Lag」を実行すると、なんか上手く動きません。あと必ずスケマティックビューの「追加」メニューを使用してください。アイテムツリーにも同じようなメニューがありますが、アイテムツリーのメニューからはメッシュに「Soft Lag」が適用されません。

アニメーションを再生すると、アイテムがスプリングのように振幅しているのが確認できると思います。ソフトラグの「強さ」は値が大きいと揺れが停止するまでの時間が早く、低いと長く揺れ続けます。ソフトラグは「デフォーマキャッシュ」と相性がよくないので、必ずデフォーマキャッシュをOFFにした状態で調節するといいです。

画面キャプチャだとフレーム数が足りないので、フレームレートの高い画像も貼っておきます。簡単にそれっぽいアニメーションが作成できたのではないでしょうか?
単純なキーフレーム制御なので細かな微調整も簡単です。「Soft Lag」の変わりに「Lag Effector」を使ってみるのも面白いかも知れません。

今回はテキスト使ってフライングロゴっぽくしてみましたが、同じ手法で機械的な物が組み上がるようなアニメーションも作れるんじゃないかと思います。直線的に配列したアイテムをベンドして~とか、ツールの組み合わせでいろんなアニメーションが作れると思います。

たとえば「スキャッタ トランスフォーム」と「カーブ トランスフォーム」を交互に使用して、カーブで文字を書くと下の画像のようにカウントダウンのようなアニメを作れます。ボックスなので寂しい感じですが、ちゃんとしたモデルを使用すると面白い画面になると思います。

下の画像は「トランスフォーム配列」を使用して立体的に並べた例です。最初の下から上にアイテムがスケールして現れる動きはトランフォームデフォーマとリニアフォールオフをアイテムインフルエンスに接続して表現しています。揺れはソフトラグの「強さ」を何パターンか値を変えてランダムさを設定してみました。

パーティクルを使用して同じようなアニメーションを作成することもできますが、MoGraph的な使い方はまたの機会に書いてみたいと思います。

Tips

modoのアクションレイヤー

前回に引き続きチャンネルについて書いてみたいと思います。

modoのチャンネルは複数の値を格納することができます。SDKのページを見ると「アクションレイヤー」という仕組みのようです。このアクションレイヤーを使用している代表的な機能が「アクション」「レンダーパス」「セットアップモード」です。
3dsMaxでは「ステートセット」、Mayaでは「アニメーションレイヤ」「レンダーレイヤ」に該当する仕組みです。modo 11.2 では格納された値をブレンドするノンリニアアニメーションエディタのような機能が提供されていないため、シンプルなレイヤーのON/OFFスイッチとしてのみ利用可能です。

「アクション」「レンダーパス」「セットアップモード」と専用に名前がついていると「アクション」はアニメーション専用のように感じるかもしれませんが、仕組みとしては使用するチャンネルは制限されていません。
例えばアクションやセットアップモードでマテリアルの色を変更したり、レンダーパスでアニメーションを切り替えるようなこともできます。セットアップモードでアイテムの表示を切り替えるような使い方は、リギングで便利に使えると思います。

 

アクションレイヤーの階層構造

modoには「アクション」「パス」「セットアップモード」の他にも、いくつかアクションレイヤーが存在します。以下の図はレイヤーの階層構造です。この図はUIから見た動作をまとめたもので、実際の動作とは異なる可能性があります。
マニュアルでは「セットアップアクションステート」「セットアップレベル」「シーンレベル」など断片的に用語や図が出てきますが、残念ながら全体をまとめた解説がありません。

全てのチャンネルのベースとして「初期状態」が存在していて、その上に初期値から変更された値を格納する「Setup」レイヤー、デフォルトでキーを格納する「Scene」レイヤー、一番上にアクション / レンダーパスを格納するレイヤーという構造になっています。アクション / レンダーパスは数を自由に増やすことができます。
チャンネルのレイヤー情報はチャンネルビューポートの「ソース」から確認することができます。


レイヤーの動作は Action / Render Pass レイヤーの値を編集すると、下にある Scene、Setup 、初期状態の値を上書きします。レイヤーで値を変更しないチャンネルは下のレイヤーの値が使用されます。
Scene でキーが作成されているチャンネルを、Action で編集したときは Scene のキーが Action に追加されます。

特殊なレイヤーとして「Edit」があります。「Edit」はテンポラリのようなレイヤーで、ユーザーが編集した値を一時的に格納します。タイムラインの移動、レイヤーの切り替え、キーの作成、「適用」ボタンを押したときなど編集が確定したタイミングで本来のレイヤーに値を反映します。ソースが Edit のときは「破棄」ボタンで編集をキャンセルすることができます。この動作はmodoのダイレクトモデリングツールがアクティブのときは編集や設定の変更をくりかえしテストできるのと同じ仕組みだと思います。

 

アクションレイヤーの種類

各レイヤーについ少し詳しく解説してみたいと思います。

初期状態

アイテムの初期状態です。チャンネルの○アイコンが灰色の状態です。
メッシュ、カメラ、ライト、マテリアルなどアイテムを新規に作成したとき、全てのチャンネルは 初期状態 に置かれます。

 

Setup

パラメータを初期値から変更した場合に値を格納するレイヤーです。

 

セットアップモード

セットアップモードはリギング用の特殊な空間です。セットアップタブのセットアップボタンを押すとビューポートに黄色の枠が表示されセットアップモードに切り替わります。

セットアップモードは他のレイヤーと異なりチャンネルにキーを作成してアニメーションすることはできませんが、チャンネルに「セットアップ/静止値」を設定することができます。
「セットアップ/静止値」はmodoの標準機能だとバインドしたスケルトン、トランスフォームデフォーマ、スプラインデフォーマなどメッシュを変形するために使用するアイテムの初期位置を格納するために使用されています。

「セットアップ/静止値」はセットアップモードでチャンネル右クリックメニューにある「セットアップ/静止値を設定」から設定することができます。「セットアップ/静止値」を設定したチャンネルはセットアップモードのとき○アイコンがライトグレーで表示され、セットアップモード OFF のときはパス同様にライトグリーンのアイコンが表示されます。チャンネルを編集した場合はソースが Scene になります。

 

Scene

デフォルトでキーを格納するレイヤーです。アクター や レンダーパス を使用していいない場合は Scene に値が格納されます。「セットアップ/静止値」が設定されているチャンネルを編集したときも  Scene が使用されます。

 

Action / Render Pass

アクター や レンダーパス で使用されるレイヤーです。パスやアクションに追加されているチャンネルの○アイコンはライトグリーンが表示されます。
アクター や レンダーパス は「グループ」として機能が提供されています。グループの順番や、グループ内のアクター / レンダーパスの順番はグループビューポートのリストで変更することができます。

 

アクションレイヤーの仕組みはこんな感じです。こんなチャンネルの仕組みが modo 601の時点で完成していたなんて驚きですね。
余談ですが、アクションを選択するとタイムラインのドープシート部分に Action Clip という行が表示されます。現在は何も機能しないようですが、今後アクション機能が拡張されるのが楽しみです。

 

どうしてチャンネルの話を書いてるかと言うと、この仕組みが理解できていないとデフォーマを使用したリグを構築できなからです。特に「セットアップ/静止値」は重要です。
よくある失敗として「セットアップ/静止値」が設定されているチャンネルを、別のチャンネルとリンクするという操作があります。「セットアップ/静止値」をリンクで上書きしてしまうため、セットアップモードでもアイテムの位置が変わってしまいます。
そんなときはリンクするアイテムの位置に「セットアップ/静止値」を設定することで問題を解決する事ができます。チャンネルのリンクだけでなくコンストレイントを使用した場合も同じなので、覚えておくとリギングがはかどるかと思います。

 

 

参考資料

https://help.thefoundry.co.uk/modo/content/help/pages/rendering/render_passes.html
https://help.thefoundry.co.uk/modo/content/help/pages/animation/channels.html
https://community.foundry.com/discuss/topic/80813/what-exactly-does-apply-to-setup-do?mode=Post&postID=757873
http://modo.sdk.thefoundry.co.uk/wiki/File_Formats#ACTN

Tips

modoのチャンネル

チャンネルについて基本的なことを書いてみます。チャンネルはアニメーションやリグを作る場合はもちろんですが、静止画用途でも知ってると便利なことが多いです。

チャンネルとは?

チャンネルとはマニュアルによると「簡単に言えばアイテムのアニメーション可能なアトリビュートのことです」と書かれています。チャンネルビューポートに表示される項目は全てチャンネルなのですが、パラメータ(アトリビュート)の右に○アイコンがついてるものはキーを設定してアニメーション可能なチャンネルです。○アイコンは色でチャンネルの状態をあらわしています。

初期状態

チャンネルは初期値のとき、背景色と同じ灰色で表示されています。

変更状態

値を変更した場合はライトグレーになります。
WEBでプロパティの画像が公開されていた場合や昔のシーンファイルを開いたとき、どのパラメータを変更したのかアイコンを見れば一発でわかるデザインになっています。凄く便利でお気に入りの機能です。

アニメーション

チャンネルは○アイコンをクリックすることでキーを作成することができ、パラメータの値をタイムラインに沿ってアニメーションさせることができます。カレントフレームにキーがある場合は赤色になります。カレント以外のフレームでは緑色になります。

ちなみにキー作成のショートカットはトランスフォームツール起動中、またはチャンネル選択状態で S キーです。チャンネル選択してCtrl+C、Ctrl+Vでキーフレームをコピーペーストすることができて便利です。
作成したキーを全て削除したい場合や初期値に戻したい場合は、パラメータラベル右クリックして「全て除去」を実行します。「キーの除去」はカレントフレームのキーを削除し、キーが1個だけの状態のときは値を残したままキーを削除します。

ドリブン

他のチャンネルから入力されている場合は青色のギア アイコンになります。チャンネルの入力と出力には矢印が表示されます。

アクション/ パス

アクション、レンダーパス機能によってチャンネルに複数の値が格納されているとき、パラメータが初期値から変更がない場合はライトグリーンのアイコンになります。値を編集した場合はライトグレーになります。アニメーションの緑色と少しまぎらわしいですね。

modoで使用頻度の高いチャンネルは以上です。次の記事では1つのチャンネルに複数の値を格納するしくみ「アクション/ パス」について書いてみたいと思います。

CG News

Tropism for Modo

木や稲妻をリアルタイムで生成するプラグインが開発中のようです。アニメーションやシーンのライティングによって木の成長具合が変わるシミュレーションのような機能も開発予定のようです。modo11になってからプロシージャルモデリング関連のプラグイン開発が活発になってて面白いですね。
https://community.foundry.com/discuss/topic/136719/tropism-for-modo



TropismはModoのカスタムMeshOps上に構築された完全な手続き型 “トロピズムシミュレーション”ベースのシステムです。アトラクターポイントとしてメッシュレイヤーの頂点を使用して分岐するメッシュを手続き的に作成します。

特徴
  • 木、潅木、植物、静脈、稲妻をリアルタイムで伸ばす
  • 組み込みポイントジェネレータを使用して、メッシュ境界内、メッシュサーフェス上またはポイントクラウド内に伸ばす
  • メッシュサーフェスに頂点ペイントし、ペイントした場所でブドウの木が成長するのをリアルタイムで確認
  • 1つまたは複数のロケータ(ルート)を使用して成長の開始位置を定義
  • いくつかのルートがあれば、すべてのエンティティの分岐は衝突なしにコリジョンします
  • デフォーマ、エフェクタを使用して、成長の変形やアニメーション化
  • メッシュのUVは自動生成
  • 成長のためのガイドとしてカーブを使用
  • リーフシステム(開発中)
コントロール
  • 長さを成長
  •  細分化(分枝分割)
  •  ブランチ曲線
  • 半径(グラディエントを使用)
  • ねじれ
  • 重力
  •  メッシュタイプ(Quads、Subsurface、Catmull)
  • ポリゴンディテール(ゲームに最適)
  • コントロールを使用して「設定されたスタイル」内でランダム化
  •   向日性、シーンのライトが成長に影響を与える(開発中)
  • 風力システム(将来の研究開発)

リリース日は未定だけどQ1にクローズドベータ版がリリース予定です。

CG News

modo のモーショングラフィック向けプラグイン「TRacerX」

定番の頂点からカーブ生成する機能がいいですね。画像からウェイトマップ生成する機能も面白いです。
インディーライセンスが €25
スタジオライセンスが €65

modo SDKとC++ で作られたプラグインで、すべてmeshOpで実装されているとのことです。
https://gumroad.com/l/TRacerX

Tracer X

アニメーション(デフォーム)したメッシュの頂点からのカーブをトレースできます。

Noise X

modoでperlinノイズを生成する別の方法がありますが、これはmeshOpとして実装されており高速のワークフローを対象としています。
modoの機能はウェイトフォールオフに対応していませんが、NoiseXはウェイトマップによるマスクをサポートしています。
またノイズ強度を定義するグラディエントカーブもサポートしています。

ImageToWeight X

このmeshOpはクリップブラウザから画像を取得し、ウェイトマップに書き込みます。
画像シーケンスもサポートされているので、アニメーションしたウェイトマップを生成できます。
サポートされているブレンドモードは、Normal、Multiply、Add、Min、Max、Add / Subです。
画像を別の画像にブレンドするには、単に新しいImageToTextureをmeshOpスタックに追加し、同じウェイトマップに書き込むことを選択します。

Push X

これはキットの中で最もシンプルなmeshOpです。ウェイトマップをサポートしている点を除いてmodoのプッシュとまったく同じです。
例えば、ImageToTextureXと組み合わせると、頂点移動に画像を使用できます。


ユーザーさんが動画をギャラリーに投稿していたので貼っておきます。

 

CG News

Akeytsu 1.0 発表

バージョン1が10月25日にリリースされるそうです。現在早期アクセス割引中で、Indy版 $179が$79、Pro版$589が$279で販売中です。

Akeytsuは2年以上ベータ版として開発していた、スタンドアロンのアニメーションソフト。スケルトン作成、ウェイト設定、アニメーションレイヤーなど近代的な機能が搭載されています。

以前少しさわってみましたが、UIが独特でサクッと良いところどりできるような感じではなかったですね。

https://www.nukeygara.com/akeytsu

Tips

ACS2のパフォーマンスを上げる方法


アドバンスドビューポートでACSのパフォーマンスが上がるのに気がつきました。環境は modo 10.2v3 サブディビジョンはOFFです。
はじめデフォルト表示だと6FPS程度ですが、アドバンスド表示に切り替えてしばらくアイテムを動かすと何かをキャッシュしてリグのレスポンスが20FPSまで上がる気がります。
modo 11.1でリグの操作が早くなったと思いましたが、10.2でも早くなったので以前からの仕様のようです。PC環境に依存した問題かもしれませんが、アニメーションを作成する場合はとりあえず表示をデフォルト→アドバンス→デフォルトと切り替えてから作業開始するといいかもしれません。

Tips

modoでアイテムの編集を速くする方法

modoのアイテム編集で体感2〜3倍速くする方法見つけました。
初期設定 / リマッピング / 入力デバイス で「タブレット」にする。またはマウスではなくタブレットを使用するといいです。
環境依存かもしれないけど、Win+ロジクールマウス+modo10の環境では結構速く感じます。

ビューポートが遅い原因はいくつかありますが、たぶんビューポートの再描画が遅い場合に有効です。ACSとかキャラクターリグは顕著に速くなりました。

modoはマウスの移動量とアイテムの移動量が、ビューの重さによって変わります。
重いシーンはアイテムは移動しづらくなり体感的に重くなる。
ペンタブやタブレット入力にすると画面の絶対値で座標を処理するらしく、ビューポートの重さの影響を受けずにアイテムを編集出来るようになるようで体感速度が速くなったように感じます。
ビューポートのFPSは早いのにアイテムの移動が遅く感じるときには、この方法で体感速度が改善されると思います。

プロシージャルのカーブスイープにスプラインデフォーマ設定して、ロケータをアニメーションしようとしたらすごく重い。 気まぐれでペンタブ使ったらグリグリ滑らかに移動出来るようになってマウス入力が原因と気がつきました。