AfterEffects

CG News

DOF PRO for After Effects

DOF PRO for After Effectsがリリースされました。動作環境はCS6以降で価格は$199.99です。

少し試したところポスト処理にありがちな深度マップ境界の不自然なピクセルが発生しにくいよう工夫されてるようですが、3Dでレンダリングしようか迷う程度に処理が遅いです。リリース直後と言うことでパラメータの値を高くしたときに計算エラーが目立ちました。口径食のレモンボケを再現できるエフェクトは貴重かもしれません。

DOF PROは元々PhotoShop用の被写界深度プラグインとして2005年にリリースされた製品です。当時はX-DOFLensCare、IrisFilterなどカメラのボケを表現できるポストエフェクトが流行っていて、その流れで発売された後発の製品というイメージでした。
当時からAfterEffects版のリクエストが多かったため連番をバッチ処理する機能が提供されていましたが、今回ついにAfterEffects版がリリースされました。

http://richardrosenman.com/shop/dof-pro-ae/

 

ワークフロー

DOF PROはデプスマップに基づいた写実的な被写界深度を適用して動作します。デプスマップとは、画像内の全ての物体のカメラからの距離を記述したグレースケール画像のことです。この距離に基づいて、DOF PROは画像情報を分析し、正確な被写界深度効果を処理します。

デプスマップは、3ds Max、Maya Blender、Lightwave、Modoなどを含むほぼすべての3Dソフトウェアから非常に簡単に作成できます。写真撮影の場合、デプスマップは手動で作成する必要がありますが、DOF PROの内蔵グラデーションツールでほとんどの場合は十分です。手動で深度マップを作成するには、After Effectのマスキングツールを使用して、シーン内のすべてのオブジェクトを選択し、シーン内の深度に関連するソリッドグレースケールレベルを割り当てる必要があります。ほとんどの場合、2つまたは3つのレベルの深度だけを処理する必要があります。

DOF PROは、他に類を見ない出力を提供しますが、すべてのポスト被写界深度プロセッサと同様に、真のレイトレーサーに対抗することはできません。3D生成された被写界深度は、レイトレーサーがシーン全体にアクセスできるため、デフォーカスされたオブジェクトの前後を正確にレンダリングすることができるため、あらゆるポスト被写界深度処理よりも常に優れた結果が得られます。ポスト被写界深度処理は、2Dデプスマップに依存しており、デフォーカスされたオブジェクトの前後で欠落した情報をある程度推測しなければなりません。その結果、DOF PROは、計算量の多い3D被写界深度のより高速な代替品として考えられるべきであり、代替品ではありません。

しかし、3Dで生成された被写界深度が通常数時間、時には数日かかるのに対し、DOF PROは文字通り数秒でフォトリアリスティックな被写界深度効果を生成することができます。何事もそうですが、最終的にはスピードと品質のバランスです。

ポスト被写界深度処理は、3Dレイトレーサーとほぼ同じ結果を出すことができるケースがたくさんあります。他のケースでは、重くデフォーカスされた背景の上に薄い焦点を当てたオブジェクトや、その逆の場合など、細かいディテールに関わる場合は、アーチファクトが発生することがあります。そのためポスト被写界深度処理の出力は、シーンに部分的に依存します。

 

写真撮影では、DOF PROは、追加の被写界深度を必要とする画像を撮影する際に役立ちます。繰り返しになりますが、出力はシーンおよび/または深度マップに依存します。

画像にはデフォーカスされた背景要素に対して完全にシャープな前景要素が含まれている場合があります。典型的なワークフローは、要素を合成して画像全体にDOF PROを適用することですが、よりクリーンな代替案は、背景のみにDOF PROを適用してから、フルシャープな前景要素を合成するか、またはその逆です。これにより、画像にアーティファクトが残らないことが保証されます。

不必要に被写界深度を追加しすぎると、夢中になってしまいがちです。そのため、被写界深度がどの程度で、どの程度が許容され、どの程度が許容されすぎなのかを把握するために、まず参考画像を研究することが役立ちます。

 

デプスマップのアンチエイリアシングは、画像の解像度が高くなるにつれて目立たなくなります。

デプスマップのアンチエイリアス処理は、実際には誤った結果をもたらします。アンチエイリアス処理されたエッジの陰影は、その特定のオブジェクトに複数の深度平面があることを示唆しています。一方、エイリアス化された深度マップは、処理された画像にエイリアス化されたエッジを生成する傾向があります。エッジの周りに目に見えるアーチファクトがある場合は、お好みの3Dアプリを使用してフィルタリングされていないデプスマップを生成することをお勧めします。

 

DOF PROは、アルファチャンネル/透明度をサポートしています。これは、特定の要素レイヤーが被写界深度を受け取ることができ、他のレイヤーと正しく合成されることを意味します。

インターフェースはAfter Effectsで処理されるため、シングルモニターまたはデュアルモニターのセットアップに合わせて動的にサイズを変更し、必要に応じてより大きなプレビューウィンドウを提供することができます。

グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)は、論理的な単位に属するコントロールのグループに構成されています。他のコントロールの設定に応じて、個々のコントロールまたはコントロールグループ全体を有効または無効にすることができます。

CG News

STARDUST 1.6 リリース

AfterEffects用のシミュレーションプラグインSTARDUST 1.6がリリースされました。新機能のボリュームレンダリングと、VDBファイルのインポートは面白そう。

https://superluminal.tv/blog

新しいエキサイティングな機能

ボリュームレンダリング:パーティクルシステムの設定から煙の効果を作成します。他の3 DパッケージからVDBファイルをインポートして素晴らしいシミュレーションを行うと、コンポジション内でAEのカメラを使用して制御とレンダリングを行うことができ、コンポジティングワークフローとの統合が容易かつシームレスになります。

  • ボリュームレンダリング:VDBファイルからロードするか、パーティクルから作成します
  • 更新されたパネルUI:新しいノードのデザインとカラー
  • Physics:Save and Load State-Physicsの初期状態を保存します
  • モデル:Nullを使用して複製、AE Nullを使用して3 Dモデルを複製します
  • Physics:空気密度、アニメート可能な空気密度を追加します
  • マテリアル:Stencil、マテリアルをStencilに設定するオプションが追加されました
  • Physics:Properties Timeサンプル、現在の時間/パーティクル発生時のPhysicsプロパティのサンプル
  • モデル:UVリピートおよびオフセット
  • Stardust Studio:Studio Lights、Studio Cameraにカスタムライトを追加します
  • モデル:Export OBJ、カレントモデルをOBJファイルとしてエクスポートします
  • パーティクル:Limit rotations、パーティクルのランダムな回転を固定値に設定します。例:90度
  • エミッター:ライトサイズ
  • グラフ:反転
  • Physics:ライフのタービュランス
  • 補助:非表示のパーティクルに関する問題が修正されました
CG News

After Effects 17.1リリース

After Effects 17.1がリリースされました。新機能はシェイプのオプション追加。シェイプが大量のプロジェクトでは、ドラッグまたはスナップが「最大50%高速」になってるようです。
https://helpx.adobe.com/after-effects/using/whats-new/2020-1.html
https://theblog.adobe.com/adobe-video-audio-performance-report/

ストロークのテーパー

パスのオフセットシェイプエフェクト

その他の機能強化

  • ProRes RAWインポートのサポート
  • オーディオデバイスを自動的に更新する(macOSのみ)
  • メディアを共有場所にコピーする
  • クラウドドキュメントでのコラボレーションを有効にする
  • ミニマックスエフェクトでGPUアクセラレーションがサポート
  • Set Channelsエフェクトで32 bpcカラーがサポート
CG News

Apple ProRes RAW for Windows 1.0 ベータ公開

Appleが 不可逆 映像圧縮フォーマットであるProResのWindows版(ベータ)を公開しました。AfterEffectsの圧縮形式にリストされないので、説明通り再生専用のようです。
https://support.apple.com/kb/DL2033?locale=ja_JP

このソフトウェアを使用すると、Windowsシステム上の互換性のあるアプリケーションでProRes RAWおよびProRes RAW HQビデオファイルを再生できます。

互換性のあるアプリケーション

  • Adobe After Effects(ベータ)
  • Adobe Media Encocder(ベータ)
  • Adobe Premiere(ベータ)
  • Adobe Premiere Rush(ベータ)

 


ProResは4Kなど高解像度の映像を綺麗に圧縮できるということで、かつてFinal Cut Proと共に重宝されたコーデックです。

Final Cut Proは映画の編集などプロユースで浸透してたのですが、Final Cut Pro XでiMovieのようなコンシュマーユーザー向けのように機能を改悪し、プロユースは泣く泣くPremiereに移行。高品質なProResがMacを使用するメリットと言われるようになってました。

その後、SONY Vegasが独自にProResに対応しWindowsでも使用できるようになりましたが、今回Appleから公式にWindows用のコーデックが配布開始されました。

CG News

MaxonとRed Giantが合併

Nemetschek GroupがRed Giantを買収したことにより、Cinema 4Dの開発元であるMaxonと、 AfterEffects用のプラグインを開発販売するRed Giantの合併が発表されました。今後はモーショングラフィック関連に力を入れていくのかな?MaxonはRedShiftを買収するなど、活発に業務拡大してるように見えますね。

https://www.maxon.net/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/maxon%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/article/maxon-and-red-giant-to-combine-forces/

https://www.redgiant.com/blog/2019/12/17/maxon-and-red-giant/

追記。今回の買収はメディア&エンターテイメント部門の能力と市場での地位を強化を目的としたもののようです。

  • NemetschekブランドのMaxonと米国のRed Giantが力を合わせ、3Dおよびモーションデザイン/ビジュアルエフェクトの世界的なマーケットリーダーに
  • 技術とノウハウの融合により、顧客基盤を大幅に拡大し、成長を加速し、サブスクリプションビジネスを推進

米国ポートランドを拠点とするRed Giantは、Nemetschek Groupの平均を上回る高い収益性を持つ急成長企業です。同社は2019年の収益を2100万ユーロと見込んでいる。2002年以来、Red Giantはモーショングラフィックと革新的なビジュアルエフェクトソフトウェアソリューションの受賞歴のある包括的な製品ポートフォリオを通じてブランドを構築してきました。この合併により、主力の3D製品 「Cinema4D」 と 「Redshift」 レンダリングエンジンで知られるMaxonは、この業界の純粋な市場リーダーとなり、最も包括的で革新的な製品ポートフォリオを顧客に提供することになる。

3Dおよびモーションデザイン/VFXソフトウェアの大手企業が提携し、デジタルコンテンツ作成のための強力なソリューションを提供

プロフェッショナル3Dソフトウェアソリューションの開発者であるMaxonと、エディター、VFXアーティスト、モーションデザイナーのためのユニークなツールクリエータであるRed Giantは今日、両社がNemetschek Groupのメディア&エンターテイメント部門の下で統合し、ポストプロダクションおよびコンテンツ制作業界により良いサービスを提供するという最終合意に達したことを発表した。買収手続きは規制当局の承認と慣習的な完了条件を経て、2020年1月に完了する見込みです。

MaxonとRed Giantは、すでにデジタルコンテンツ制作(DCC)業界で広く知られ確立されており、理念と長期目標において相乗効果を発揮しています。両社は、製品の品質とアクセスのしやすさ、および芸術コミュニティのサービスとサポートに対する妥協のない取り組みで、比類のない評判を得ています。それぞれの企業の従業員は、このユニークな機会を最大限に活用するために必要な業界の専門知識、組織の成熟度、経営幹部の経験を備えています。

Maxonは主力3D製品 「Cinema4D」 でよく知られており、非常に強力でありながらアクセスしやすい3Dソフトウェアソリューションを提供することに情熱を注いで、1986年に設立されました。世界中のアーティストが最先端の映像を制作するためにマクソンの製品を利用しています。Maxonは今年4月、GPUで加速されたRedshiftレンダリングエンジンを開発しているRedshiftを買収した。

2002年以来、Red GiantはTrapcode、Magic Bullet、Universe、PluralEyesなどの受賞歴のある製品や革新的な視覚効果ソフトウェアによりブランドを構築してきました。同社の独自の業界標準ツールは、映画、放送、広告の分野で主要な役割を果たしています。Red Giantはソフトウェア制作に対するアーティスト主導のアプローチ、人気の高いトレーニング、受賞歴のある短編映画を通じて、業界で差別化を図ってきました。

CG News

After Effects 17.0リリース

After Effects 2019年11月(バージョン17.0)がリリースされました。パフォーマンスの改善、EXRの高速化、Cryptomatteのネイティブサポートがよさそうです。
https://helpx.adobe.com/uk/after-effects/using/whats-new/2020.html
https://theblog.adobe.com/adobe-after-effects-is-faster-than-ever/

パフォーマンスの新機能

パフォーマンスの最優先事項がレンダリングコアの強化です。CPUスレッドの改善と画面にピクセルをプッシュするための新しいGPUアーキテクチャの組み合わせにより、リアルタイムでプレビューしながらアプリを操作できます。

  • マルチチャンネルEXRファイルは最大10〜12倍高速で、レイヤー化されたコンポジションとしてインポートできます。新しいワークフローには、より強力で正確なCryptomatteのネイティブ サポートが含まれており、特定のパスをすばやく見つけるための便利なコンタクトシートビューもあります。
  • シェイプレイヤは、特にスナップ時によりスナップします。複雑で形状の重いコンポジションでの作業は、今でははるかに快適になりました。また、新しいコンテキストメニューを使用すると、図形のグループ化とグループ解除をすばやく簡単に実行でき、複数の図形を一度に、タイムライン上で管理できます。
  • 以前のリリースでは、時間の経過に伴って変化しないエクスプレッションもフレームごとに再計算されるため、コンポジションのパフォーマンスが低下していました。これで、1回だけ実行するエクスプレッションは、実際には1回だけ実行されます。また、エクスプレッションとマスタプロパティを一緒に操作すると、パフォーマンスが大幅に向上します。
  • ビデオ用の「コンテンツに応じた塗りつぶし」は、処理速度は2倍になりメモリ使用量も半分になりました。

 

エクスプレッション用の新しいカスタムドロップダウンメニューを使用すると、読みやすいメニューでレイヤプロパティを制御できます。スライダ、チェックボックス、カラーコントロールと同様に、これらのコントロールはコンポジション、マスタープロパティ、およびMotion Graphicsテンプレートで使用できるため、同僚と効率的にグラフィックを編集できます。ドロップダウンメニューを文字スタイル式と組み合わせて、複数レイヤーの文字書式を1つの場所でコントロールします。

 

更新されたCinema 4D

After Effectsの新しいリリースには、Maxon Cinema4D Lite(R21ベース)の更新バージョンが含まれています。

 

フォーマットとシステムのサポート

Canon XF-HEVCの新しいネイティブサポートに加えて、デルタフレームを使用したアニメーションとMJPEGの2つのレガシーフォーマットの読み込みもサポートしています。さらに、10ビットH .265 HD/UHD、HEVC HD/UHD、ProResファイルのパフォーマンスも向上しています。

新しいAfter Effectsでは、PCで使用されている特定のハードウェアやドライバに関する既知の問題が検出され、警告が表示されるようになりました。また、互換性と最適なパフォーマンスを確保するためのアップデートにも役立ちます。

参考資料

Unity上でセルルックCGアニメ映画「HELLO WORLD」のシーン再現にチャレンジ

Unite 2019で行われた「Unity上でセルルックCGアニメ映画「HELLO WORLD」のシーン再現にチャレンジ」のレポートが公開されています。
http://jp.gamesindustry.biz/article/1909/19093002/

続きを読む

参考資料

THX Deep Note Trailer 2019

THXの新しい4kトレイラーが公開されてます。ディレクターはAfterEffectsのTipsとプラグインで有名なVideo CopilotのAndrew Kramer氏です。安定のかっこよさですね、地球にはORBを使用してるようです。

CG News

STARDUST 1.5

AfterEffects用のパーティクルプラグイン、STARDUST 1.5がリリースされました。openVDBに対応したようです。進化のスピードが速いですね。
https://www.superluminal.tv/blog

Stardustの豊富なツールセットに新たにボリュームワークフローが加わりました。世界的に有名なopenVDBテクノロジをStardustにシームレスに統合することで、Volumeオブジェクトを簡単に作成できるようになりました。
パーティクルシステムとモデル全体をボリュームに変換し、ブール演算、フィルタ、ノイズなどのさまざまなツールで結果を操作します。Stardustのツールセットに追加された他の機能には、魅力的でスタイリッシュなオブジェクトのアウトラインを作成するための驚くべき3Dワイヤーフレームの作成、マスクとテキストの端から数回のクリックで精巧な3Dオブジェクトを作成する「エッジを押し出し」、その他のツールや改良などがあります。