AfterEffects

CG News

AIを使用したAfterEffects用プラグイン

AIを使用したAfterEffects用プラグインを見かけたのでメモ。Depth Scannerはブラックフライデー25% Offセール中です。

Depth Scanner
https://aescripts.com/depth-scanner/
https://github.com/isl-org/DPT

Goodbye Greenscreen
https://aescripts.com/goodbye-greenscreen/
https://github.com/PeterL1n/BackgroundMattingV2

Blace
https://aescripts.com/blace/

 

Depth Scanner

自動深度推定のための人工知能ベースのAfterEffectsプラグイン。

 

視差マッピング

 

ポストエフェクトDoF

 

深度ベースのグレーディング

スライス効果

 

GPUサポート

CUDA 10.2以降をサポートするNVIDIAカードを使用すると、パフォーマンスを大幅に向上させることができます。プラグインのCPUバージョンは、解像度が大きくなると動作が非常に遅くなることに注意してください。

互換性

Depth Scannerは、現時点ではWindows専用のプラグインです。AE2022以降で動作します。購入する前に、無料トライアルを使用して構成をテストしてください。

制限事項

GPUモードはCPUモードほど安定していない可能性があります。

 

 

Goodbye Greenscreen

背景マットとカラーキーイングのための人工知能ベースのAfterEffectsプラグイン。

 

自動マスキング(v1.3の新機能!)

顕著な前景オブジェクトからマットを作成します。手動のクリーンプレート、色の選択、回転ブラシなどは必要ありません!

 

背景マット

ビデオときれいな背景からマットを作成します(ページの下部にあるこのテスト映像をダウンロードしてください!)

 

AIベースのカラーキーヤー

そしてボーナスとして、それは強力なクロマキーイングでもあります!

 

GPUサポート

CUDA 10.2以降をサポートするNVIDIAカードを使用するとパフォーマンスを大幅に向上させることができます。

 

PremiereProの限定サポート

カラーキーイングとオートマスキングは、PremiereProで実行できます。

 

互換性

Goodbye Greenscreenは、現時点ではWindows専用のプラグインです。AE2020以降で動作します。無料トライアルを使用して構成をテストしてください。

 

制限事項

  • AIは主に人間をキーアウトするように訓練されているため、他のオブジェクトではうまく動作しない可能性があります。
  • 16ビットレンダリングはアーティファクトを生成する可能性があります。現在、解決策に取り組んでいます。
  • GPUモードはCPUモードほど安定していない可能性があります。

 

Blace

顔検出とぼかしのための人工知能ベースのAfterEffectsプラグイン。

 

使いやすいAIベースの検出

 

検出領域の制御と検出の除外

 

カスタマイズ可能なスタイル

 

検出サイズをカスタマイズする

 

PremiereProのサポート

制限された機能セット(制限されたマスキングワークフローとカスタムスタイルなし)を備えたPremiereProで実行されます

  • 完全な8 / 16- / 32ビットサポート
  • 検出を使用して他の効果を制御します(カスタムブラーなど)

 

互換性

Blaceは、現時点ではWindows専用のプラグインです。AE2020およびPP2020で実行されます。デモモードで構成をテストしてください。

 

免責事項

AIベースのソリューションは、手動によるアプローチよりも優れている可能性がありますが、予測できない結果をもたらす可能性もあります。
検出フレームワークは広範囲にわたってテストされましたが、場合によっては失敗する可能性があります。たとえば、フッテージの顔を間違えたり、似たようなオブジェクトを誤って検出したりします。

購入する前にプラグインをテストして、ユースケースで機能するかどうかを確認してください。特にBlaceをID保護に使用する場合は、その検出結果を検証する必要があります。

Tips

After Effectsで複数のフッテージのフレームレートを一括で変更する方法

After Effectsで、複数のフッテージのフレームレートを一括で変更する方法について書いてみます。

 

フレームレート情報を格納した動画ファイルの読み込みで問題になることは少ないかもしれませんが、CGのように連番ファイルを読み込む場合、意図したフレームレートで読み込まれない場合が多々あります。

読み込んだ複数のフッテージのフレームレートを一括で変更する場合は、コピーしたいフレームレートのフッテージを選択して右クリックメニューから「変換を記憶」を実行し、ペーストしたい複数のフッテージを選択して右クリックメニューから「変換を適用」を実行します。

フッテージを変換 / 変換を適用

 

フレームレートの変更手順。

 

たまに忘れてしまうので、メモ的に記事を残しておきます。

Tips

After Effectsのタイムラインでレイヤーを詰めて並べる方法

After Effectsのタイムラインで、レイヤーの長さでレイヤーを詰めて並べる方法を紹介します。コンポジションをループさせたい場合にタイムリマップを使用するとレンダリング時間が長くなるため、複製したコンポジションを並べたい場合に便利です。

 

After Effectsのタイムラインで、隙間が出来ないように各レイヤーの長さごときっちり詰めた状態で並べたい場合があります。

上の画像を、下の画像のようにレイヤーを階段状に、きっちり詰めて並べたい。

 

詰めてレイヤーを配置したい場合は「シーケンスレイヤー」を使用します。

アニメーション / キーフレーム補助 / シーケンスレイヤー

 

 

シーケンスレイヤーダイアログで「オーバーラップ」をONにしトランジションを設定すると、時間を指定してレイヤーがフェードするように設定することもできます。

 

たまに機械的にレイヤー並べたい場合があるのですが、毎回忘れちゃうのでメモとして記事にしました。

レイヤー構成や使用してるエフェクトによりますが、タイムリマップを使用してループすると毎フレーム計算されますが、コンポジションを複数並べた場合は、コンポジション単位でキャッシュされるのでタイムリマップよりレンダリングが速くなる場合があります。

Tips

After Effects ベータ版のインストール方法

After Effects のBeta版のインストールする場合は、Creative Cloud アプリから「ベータ版アプリケーション」のカテゴリを選択してインストールします。

 

After Effectsのベータ版では、削除された「複数フレームレンダリング」に変わるマルチフレームレンダリングが搭載されており、レンダリングの高速化を試すことができます(対応エフェクト以外のエフェクトを使用すると速度が低下します)。AE 2021よりは複数のCPUを使用してレンダリングしてる気がします。

ベータ版を試そうかと思ったときに、インストール方法に迷ったのでメモしておきます。

参考資料

Olav VFX Breakdown

一人で3ヶ月間、35Kドルの予算で制作されたらしいです。3ds Max、V-Ray、TyFlow、Phoenix FD、Forest Pack Pro、PF Track、Perception Neuron、Marvellous Designer、Metshape、After Effectsで制作されたとのことです。

CG News

Deadlineがライセンスフリーモードを10に拡張

レンダリング管理ソフトDeadline 10.1.15.2がリリースされました。今回のアップデートからライセンスフリーモード使用できるワーカーの数が2から10になり、使用制限が緩和されたようです。数台のPCでレンダリングするぶんには十分使えそうです。

https://docs.thinkboxsoftware.com/products/deadline/10.1/1_User%20Manual/manual/release-notes.html#deadline-release

改善点

  • ライセンスフリーモードで許可されるワーカーの数が、2から10に増えました。
  • Deadlineが、MongoDB 4.2をサポートするようになり、新しいRepositoryをインストールする際にMongoDB 4.2.12をインストールするようになりました。
  • ホワイトスペースを含むリポジトリパスにコマンドを送信すると、リモートコマンドの実行に失敗することがある不具合を修正しました。
  • アプリケーションロードバランサーの背後にある場合に、リモート接続サーバーがリクエストを受け付けないという問題を修正しました。
  • Env:<EnvVariable>フォーマットを使って、Deadline InstallersとDeadline Commandにパスワードを指定する機能を追加しました。
  • Free on AWSのライセンスに、GovCloudや中国を含む追加のAWSリージョンのサポートを追加しました。
  • .NET Coreをバージョン3.1.113にアップグレードしました。
  • PATH環境変数を上書きした場合に、DeadlineSandboxが失敗するバグを修正しました。
  • 1台のマシン上で同時に実行できるリモート接続サーバは最大1台に強制しました。
Tips

After Effectsでフォルダ内の複数のシーケンスを読み込む方法

After Effectsで複数のシーケンスを読み込む便利スクリプト「ST_Smart Import」を紹介します。

After Effectsで画像シーケンスを読み込む場合、ファイルメニューの「読み込み」、またはWindows エクスプローラからフォルダをドラッグすることが多いんじゃないかと思います。

 

フォルダをドラッグ アンド ドロップでシーケンス読み込み

画像シーケンスが入ってるフォルダを、プロジェクトにD&Dすると画像シーケンスを読み込むことができます。

 

しかし、フォルダ内に複数種類のシーケンスが含まれている場合は最初のシーケンスしか読み込むことができません。

 

ST_Smart Import

ST_Smart Importを使用すると指定したディレクトリ内のシーケンスを一度に読み込むことができます。

https://www.aenhancers.com/viewtopic.php?t=2479

 

ST_Smart ImportはAfter Effectsに標準で入ってるSmart Import.jsxを強化したスクリプトで、いくつか機能が強化されてます。

  • 読み込むシーケンスのフレームレート指定
  • 重複したシーケンスの読み込みをスキップ
  • フォルダ内の複数シーケンスの読み込みに対応

 

インストール方法

ダウンロードしたファイル「ST_Smart Import - v1.2.jsx」をAfter Effectsの「Scripts」フォルダにコピーするとします。

C:\Program Files\Adobe\Adobe After Effects CS6\Support Files\Scripts

「スクリプトを実行」から毎回ファイルを指定する方法もありますが、「Scripts」フォルダにコピーするとスクリプトがメニューにリストされるようになります。

 

歯抜けシーケンスを読み込む

歯抜けシーケンス(見つからないフレーム)を詰めて読み込みたい場合は、読み込みの「アルファベット順にする」に該当するオプションをスクリプトの143行目に追加します。ただし、このオプションを使用すると、読み込んだシーケンス名にフォルダ名が使用されます。

importOptions.forceAlphabetical = true;

 

 

 

3Dソフトでは同じディレクトリに複数のシーケンスを保存する場合があります。ST_Smart Importを使用すると、複数のフォルダ、同じフォルダ内の複数のシーケンスを一度に読み込むことができるので便利です。

より高度な読み込みがしたい場合には、有料のスクリプトを使用するのがいいかも知れません。

https://aescripts.com/immigration/

 

ちなみに、1つのフォルダ内の複数シーケンスに限ればファイル読み込みダイアログで「複数シーケンス」オプションを使用することもできます。

CG News

DOF PRO for After Effects

DOF PRO for After Effectsがリリースされました。動作環境はCS6以降で価格は$199.99です。

少し試したところポスト処理にありがちな深度マップ境界の不自然なピクセルが発生しにくいよう工夫されてるようですが、3Dでレンダリングしようか迷う程度に処理が遅いです。リリース直後と言うことでパラメータの値を高くしたときに計算エラーが目立ちました。口径食のレモンボケを再現できるエフェクトは貴重かもしれません。

DOF PROは元々PhotoShop用の被写界深度プラグインとして2005年にリリースされた製品です。当時はX-DOFLensCare、IrisFilterなどカメラのボケを表現できるポストエフェクトが流行っていて、その流れで発売された後発の製品というイメージでした。
当時からAfterEffects版のリクエストが多かったため連番をバッチ処理する機能が提供されていましたが、今回ついにAfterEffects版がリリースされました。

http://richardrosenman.com/shop/dof-pro-ae/

 

ワークフロー

DOF PROはデプスマップに基づいた写実的な被写界深度を適用して動作します。デプスマップとは、画像内の全ての物体のカメラからの距離を記述したグレースケール画像のことです。この距離に基づいて、DOF PROは画像情報を分析し、正確な被写界深度効果を処理します。

デプスマップは、3ds Max、Maya Blender、Lightwave、Modoなどを含むほぼすべての3Dソフトウェアから非常に簡単に作成できます。写真撮影の場合、デプスマップは手動で作成する必要がありますが、DOF PROの内蔵グラデーションツールでほとんどの場合は十分です。手動で深度マップを作成するには、After Effectのマスキングツールを使用して、シーン内のすべてのオブジェクトを選択し、シーン内の深度に関連するソリッドグレースケールレベルを割り当てる必要があります。ほとんどの場合、2つまたは3つのレベルの深度だけを処理する必要があります。

DOF PROは、他に類を見ない出力を提供しますが、すべてのポスト被写界深度プロセッサと同様に、真のレイトレーサーに対抗することはできません。3D生成された被写界深度は、レイトレーサーがシーン全体にアクセスできるため、デフォーカスされたオブジェクトの前後を正確にレンダリングすることができるため、あらゆるポスト被写界深度処理よりも常に優れた結果が得られます。ポスト被写界深度処理は、2Dデプスマップに依存しており、デフォーカスされたオブジェクトの前後で欠落した情報をある程度推測しなければなりません。その結果、DOF PROは、計算量の多い3D被写界深度のより高速な代替品として考えられるべきであり、代替品ではありません。

しかし、3Dで生成された被写界深度が通常数時間、時には数日かかるのに対し、DOF PROは文字通り数秒でフォトリアリスティックな被写界深度効果を生成することができます。何事もそうですが、最終的にはスピードと品質のバランスです。

ポスト被写界深度処理は、3Dレイトレーサーとほぼ同じ結果を出すことができるケースがたくさんあります。他のケースでは、重くデフォーカスされた背景の上に薄い焦点を当てたオブジェクトや、その逆の場合など、細かいディテールに関わる場合は、アーチファクトが発生することがあります。そのためポスト被写界深度処理の出力は、シーンに部分的に依存します。

 

写真撮影では、DOF PROは、追加の被写界深度を必要とする画像を撮影する際に役立ちます。繰り返しになりますが、出力はシーンおよび/または深度マップに依存します。

画像にはデフォーカスされた背景要素に対して完全にシャープな前景要素が含まれている場合があります。典型的なワークフローは、要素を合成して画像全体にDOF PROを適用することですが、よりクリーンな代替案は、背景のみにDOF PROを適用してから、フルシャープな前景要素を合成するか、またはその逆です。これにより、画像にアーティファクトが残らないことが保証されます。

不必要に被写界深度を追加しすぎると、夢中になってしまいがちです。そのため、被写界深度がどの程度で、どの程度が許容され、どの程度が許容されすぎなのかを把握するために、まず参考画像を研究することが役立ちます。

 

デプスマップのアンチエイリアシングは、画像の解像度が高くなるにつれて目立たなくなります。

デプスマップのアンチエイリアス処理は、実際には誤った結果をもたらします。アンチエイリアス処理されたエッジの陰影は、その特定のオブジェクトに複数の深度平面があることを示唆しています。一方、エイリアス化された深度マップは、処理された画像にエイリアス化されたエッジを生成する傾向があります。エッジの周りに目に見えるアーチファクトがある場合は、お好みの3Dアプリを使用してフィルタリングされていないデプスマップを生成することをお勧めします。

 

DOF PROは、アルファチャンネル/透明度をサポートしています。これは、特定の要素レイヤーが被写界深度を受け取ることができ、他のレイヤーと正しく合成されることを意味します。

インターフェースはAfter Effectsで処理されるため、シングルモニターまたはデュアルモニターのセットアップに合わせて動的にサイズを変更し、必要に応じてより大きなプレビューウィンドウを提供することができます。

グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)は、論理的な単位に属するコントロールのグループに構成されています。他のコントロールの設定に応じて、個々のコントロールまたはコントロールグループ全体を有効または無効にすることができます。

CG News

STARDUST 1.6 リリース

AfterEffects用のシミュレーションプラグインSTARDUST 1.6がリリースされました。新機能のボリュームレンダリングと、VDBファイルのインポートは面白そう。

https://superluminal.tv/blog

新しいエキサイティングな機能

ボリュームレンダリング:パーティクルシステムの設定から煙の効果を作成します。他の3 DパッケージからVDBファイルをインポートして素晴らしいシミュレーションを行うと、コンポジション内でAEのカメラを使用して制御とレンダリングを行うことができ、コンポジティングワークフローとの統合が容易かつシームレスになります。

  • ボリュームレンダリング:VDBファイルからロードするか、パーティクルから作成します
  • 更新されたパネルUI:新しいノードのデザインとカラー
  • Physics:Save and Load State-Physicsの初期状態を保存します
  • モデル:Nullを使用して複製、AE Nullを使用して3 Dモデルを複製します
  • Physics:空気密度、アニメート可能な空気密度を追加します
  • マテリアル:Stencil、マテリアルをStencilに設定するオプションが追加されました
  • Physics:Properties Timeサンプル、現在の時間/パーティクル発生時のPhysicsプロパティのサンプル
  • モデル:UVリピートおよびオフセット
  • Stardust Studio:Studio Lights、Studio Cameraにカスタムライトを追加します
  • モデル:Export OBJ、カレントモデルをOBJファイルとしてエクスポートします
  • パーティクル:Limit rotations、パーティクルのランダムな回転を固定値に設定します。例:90度
  • エミッター:ライトサイズ
  • グラフ:反転
  • Physics:ライフのタービュランス
  • 補助:非表示のパーティクルに関する問題が修正されました
CG News

After Effects 17.1リリース

After Effects 17.1がリリースされました。新機能はシェイプのオプション追加。シェイプが大量のプロジェクトでは、ドラッグまたはスナップが「最大50%高速」になってるようです。
https://helpx.adobe.com/after-effects/using/whats-new/2020-1.html
https://theblog.adobe.com/adobe-video-audio-performance-report/

ストロークのテーパー

パスのオフセットシェイプエフェクト

その他の機能強化

  • ProRes RAWインポートのサポート
  • オーディオデバイスを自動的に更新する(macOSのみ)
  • メディアを共有場所にコピーする
  • クラウドドキュメントでのコラボレーションを有効にする
  • ミニマックスエフェクトでGPUアクセラレーションがサポート
  • Set Channelsエフェクトで32 bpcカラーがサポート
CG News

Apple ProRes RAW for Windows 1.0 ベータ公開

Appleが 不可逆 映像圧縮フォーマットであるProResのWindows版(ベータ)を公開しました。AfterEffectsの圧縮形式にリストされないので、説明通り再生専用のようです。
https://support.apple.com/kb/DL2033?locale=ja_JP

このソフトウェアを使用すると、Windowsシステム上の互換性のあるアプリケーションでProRes RAWおよびProRes RAW HQビデオファイルを再生できます。

互換性のあるアプリケーション

  • Adobe After Effects(ベータ)
  • Adobe Media Encocder(ベータ)
  • Adobe Premiere(ベータ)
  • Adobe Premiere Rush(ベータ)

 


ProResは4Kなど高解像度の映像を綺麗に圧縮できるということで、かつてFinal Cut Proと共に重宝されたコーデックです。

Final Cut Proは映画の編集などプロユースで浸透してたのですが、Final Cut Pro XでiMovieのようなコンシュマーユーザー向けのように機能を改悪し、プロユースは泣く泣くPremiereに移行。高品質なProResがMacを使用するメリットと言われるようになってました。

その後、SONY Vegasが独自にProResに対応しWindowsでも使用できるようになりましたが、今回Appleから公式にWindows用のコーデックが配布開始されました。