After Effects

CG News

Crossphere Bokeh

After Effects用の被写界深度プラグイン。2017年11月21日まで30%OFFの特別価格$ 69.99→$ 48.99になっています。
LensCareよりパラメータが絞られていて手軽な感じです。CG用途の場合にResolutionを高く設定するとLensCareに比べて速度的な優位性は感じられませんが、全体的にお手軽な感じがして気になりました。絵的なところは好みの差な感じですが、ハイライトのスレッショルドとスレッショルドソフトネスくらいは欲しいかな。

CG News

RED GIANT UNIVERSE 2.2 リリース

Univers はRED社のAfterEffects用のプラグインです。GPUを使用した高速なエフェクトが特長。
基本的なエフェクトは無料で使えて、高度なエフェクトは年間契約が必要。年契約なので継続的に新しいエフェクトが追加されるのですが、VHSエフェクトがVHSノイズやVHSスタイルのテキスト、タイムコードと機能アイコンがそれっぽくて面白い。

CG News

OLMDigital 新しいAEプラグイン配布開始

新しいAEプラグインが公開されています。ピクセルの処理に少し癖がありますが、高速化の工夫が見えて面白いです。1フレームのマルチスレッドで動作にも対応しているみたい。
http://olm.co.jp/rd/technology/tools/

OLM Blur: After Effects CS5~CC2017 (Windows)
OLM Radial Blur: After Effects CS5~CC2017 (Windows)
OLM Directional Blur: After Effects CS5~CC2017 (Windows)

CG News

Adobe Creative Cloud 2018 リリース

Photoshop CC の新機能

Illustrator CC の新機能

After Effects の新機能

価格
  • 個人向けクリエイティブクラウドオールアプリとシングルアプリのプランは6%増加します。たとえば、Creative Cloud All Apps年間プランの新しい価格は$ 49.99から月額$ 52.99になります。
  • クリエイティブクラウドチームの計画は14%増加します。たとえば、Creative Cloud for Teamsのすべてのアプリの新しい価格は$ 69.99から月$ 79.99になります。
CG News

Stardust 1.1 リリース

After Effectsのノードベースのモジュラー3Dパーティクルプラグインがバージョンアップ。
現在はMac用の早期アクセス版でWindows版は10月リリースとのこと。
ディスカウント価格$299.00→$249.00で販売中。

同時期にVideo Copilotもパーティクルプラグインを開発してるという情報があって待ってるのだけど、その後どうなったんだろう。

新機能
  • パーティクルインスタンスとして3Dモデルとプリミティブ
  • HDRIベースの照明
  • フィジカルマテリアル
  • アンビエントオクルージョン
  • テキストとマスクの押し出し
  • GPU Powered
  • ワークフローの強化
CG News

LoiLo AfterEffectsプラグイン「smooth」をオープンソース化

株式会社LoiLoは、2007年から有償で販売を行っていたAfterEffectsプラグイン「smooth」をオープンソース化し、GitHubにて公開いたしました。
Apache2.0ライセンスにより提供いたします。利用はもちろん、派生品の開発やインハウスでのカスタマイズなども自由に行っていただけます。

GitHub
https://github.com/loilo-inc/smooth

CG News

FX Console リリース

エフェクトに素早くアクセスするためのフリーツールFX Consoleがリリースされました。
プリセット検索やショートカット、png書き出しが便利そうです。
http://videocopilot.net/blog/?s=fx+console

  • FXとプリセットにすばやくアクセス
  • FXショートカットを作成する
  • FXオーバーライドの作成
  • PNGによるスナップショットのエクスポート
  • 自動スナップショットツールとギャラリー
  • + MORE!
CG News

Boris FXとGenArts が合併

Boris FXってそんなに影響力の強いメーカーだったのか。
Sapphireの方が圧倒的に強いイメージだった。
https://borisfx.com/press-releases/boris-fx-and-genarts-announce-significant-merger-of-industry-leading-visual-effects-software-companies/

2016年9月9日 – ビデオと映画の統合VFXとワークフローソリューションのリーダーであるBoris FX は、プレミアム・スペシャル・エフェクト・プラグインの開発者であるGenArts Incを買収する最終合意に調印しました。

GenArtsの有名なフラッグシップ製品であるSapphire は、世界中の有力映画スタジオや放送施設でハイエンドの視覚効果創造のゴールドスタンダードです。
1996年以来、サファイアエフェクトは、毎年のVFXオスカーノミネート映画、および数々の賞を受賞したテレビ番組の少なくとも1つに使用されています。
サファイアは、引き続き主要製品であるBoris Continuum Complete(BCC)および mocha Proは、Adobe、Apple、Avid、Autodesk、Blackmagic Designなどのアプリケーションを業界で最も強力に補完します。

この買収は、Boris FXの創業者Boris Yamnitskyの積極的な成長戦略の一部です。
Boris FXは最近、英国のモカ:アカデミー賞を受賞した平面追跡ツールの開発者Imagineer Systemsを買収しました。

CG 日記

After Effects CC 2015.3で利用できない機能

AECC2015.3入れてみたけど、1年経つけどフォルダ監視機能使えないままなのね。
マイナーバージョンなのに別にインストールされるし、アップデートじゃダメなのかな。
https://blogs.adobe.com/creativecloud/features-not-available-in-after-effects-cc-2015-13-5/?segment=dva

After Effects CC 2015では、以下の機能が削除または無効にされています。

複数のフレームを同時にレンダリングする(マルチプロセッシング)

After Effects CC 2015(13.5)の新しいアーキテクチャでは、複数のフレームを同時にレンダリングする機能が置き換えられました。
新しいアーキテクチャにより、After Effectsの将来のバージョンでは、複数のフレームを同時にレンダリングする機能よりも効率的にプロセッサスレッドとRAMを利用できます。

[複数のフレームを同時にレンダリング]に関連するオプションが環境設定から削除され、環境設定>メモリとマルチプロセッシングの名前が環境設定>メモリに変更されました。

レンダリングキューを使用して最終的なレンダリングを高速化するには、複数フレームのレンダリングを同時に使用する場合でも、After Effects CC 2014(13.2)でプロジェクトを開くことができます。

 

バックグラウンドでの作業領域のキャッシュ

コンポジション>バックグラウンドで作業領域をキャッシュするコマンドが削除されました。
これは、現在削除された複数フレームの同時レンダリング機能に依存していました。新しいアーキテクチャを利用する同様の機能を将来実現することができます。

 

ブレインストーム

ブレーンストームが削除されました。

 

フォルダのレンダリング監視

ウォッチフォルダレンダリングは、After Effects CC 2017(14.0)、およびAfter Effects CC 2014(13.2)以前で使用できますが、After Effects CC 2015(13.5-13.8)では使用できません。

After Effects CC 2015でファイル/ウォッチフォルダを選択すると、このページへのリンク付きのダイアログが表示されます。

After Effects CC 2017で完成した新しいアーキテクチャへのフォルダレンダリングの追加作業が必要です。

After Effects CC 2015で保存したプロジェクトで、After Effects CC 2014またはCC 2017でウォッチフォルダレンダリングを使用できます。

 

プレビューおよびレンダリングキューのレンダリング中のMac OSドックのAfter Effectsアイコンの進捗インジケータ

Mac OSドックのAfter Effects CC 2015のアイコンは、プレビュー中にプログレスバー、フレーム数、またはレンダリング項目数を表示しません。この機能には、新しいアーキテクチャに対する追加の作業が必要です。

 

現在のプレビューを保存する(以前のRAMプレビューを保存する)

[合成]> [現在のプレビューを保存]コマンドが無効になります。新しいアーキテクチャの追加作業が必要です。

このコマンドは以前Save RAM Previewという名前でした。「RAMプレビュー」という用語が削除されたため、名前が変更されました。

 

代替RAMプレビュー

代替RAMプレビュー機能と、[環境設定]> [プレビュー]のオプションが削除されました。[プレビュー]パネルの[範囲]メニューにある[現在の時間に再生]オプションは、類似していますがより一般的に有用な機能を提供することを目的としています。

 

ピンポンループ

[プレビュー]パネルの[ループ]ボタンを[ピンポン]モードに設定することはできなくなりました。