3dsMax

CG News

Custom Controls for 3dsMax

3dsMax用のカスタムシェイプ作成ツール Custom Controlsがリリースされました。

https://www.kinematiclab.com/products/custom-controls

 

価格

  • ノードロック €20
  • 3 ユーザーフローティングライセンス €140
  • 5 ユーザーフローティングライセンス €160
  • 10 ユーザーフローティングライセンス €220

 

 

概要

カスタムコントロールは、リギングの際に、アニメーションコントローラ用のカスタムシェイプを作成するのに役立ちます。

簡単に選択でき、美しいコントロールを備えた、アニメーターが使いやすいリグの作成に役立ちます。

新しいスプラインを作成してライブラリに追加したり、既存のオブジェクトをこれらのカスタムシェイプで置き換えたり、サイズや方向、色を変更したりできます。

ベースとなるオブジェクトを置き換えるだけなので、モディファイアやアニメーションコントローラなど、他のものはすべてそのままです。

 

システム要件

  • 3dsmax 2018 ~ 2022

 

ライセンスの詳細

本製品はNode LockedまたはFloat Licenseとして利用できます。

CustomControlsは単なるスプライン形状なので、CustomControlsを使ってシーンを開いたり使用したりするのにライセンスは必要ありません。

CG News

CablePlacer 1.0 for 3dsMax

ジオメトリにケーブルを配置するスクリプト、CablePlacer 1.0がリリースされました。

https://cdanc.gumroad.com/l/cableplacer

 

価格

  • 1 ユーザー $42/年
  • 3 ユーザー $122/年
  • 5 ユーザー $197/年
  • 10 ユーザー $382/年

 

CablePlacerとは?

CablePlacerはスプラインやジオメトリにケーブルを配置するために活用するAutodesk 3dsMax用ツールで、作業のスピードアップに役立ちます。

  • 3dsMaxスクリプト
  • バージョン要件 3ds Max 2013-2022

 

特徴

  • サイズ変更可能なミニマルなUI
  • ケーブルアイテムをサムネイル付きでライブラリに保存・読み込み、サイズを調整できます
  • ケーブル・アイテムのサムネイルを表示します
  • さまざまなパラメータを使ってケーブルノードを構築できます
  • UV付きのKitbashケーブルが含まれており、すぐに使用できます
  • 既存のジオメトリをケーブルノードで置き換える
  • ジオメトリからスプラインを抽出
  • スプラインの形状をビュースクリーンスペースに描画するか、またはヒットサーフェスに合わせて描画する
  • ビューポートでケーブルを操作して、位置、回転、スケール、ツイストを調整

 

ノードロック・ライセンス

ノードロックライセンスとは、ライセンスキーがコンピュータ上で使用され、そのコンピュータの物理的(MAC)アドレスに関連付けられていることを意味しています。

gumroad会員ランクを購入する際には、物理的(MAC)アドレスの欄に、物理的(MAC)アドレスをスペースや特殊文字(「-」、「.」、「:」など)を含まないフォーマットで入力し、セミコロン「;」で区切る必要があります。

例:mac1 = C594B093BDB1

階層別 > 1ユーザー/月 > 物理(MAC)アドレス > mac1

階層>3ユーザー/月>物理(MAC)アドレス>mac1;mac2;mac3

注:物理(MAC)アドレスの項目は、購入後に変更することはできなくなりました。

CG News

HDR Light Studio - Xenon Drop 4

HDR Light Studio - Xenon Drop 4が公開されています。ブラックフライデーセール中でStudio Indie、Pro、Automotiveが15%OFFのようです。HDRモーションブラーが面白いですね。

https://www.lightmap.co.uk/blog/hdr-light-studio-xenon-drop-4/

 

進化したモーションブラー

HDR Light Studio - Xenon Drop 3では、HDRマップ用に使いやすいモーションブラーフィルターを導入しました。今回、最も要求の厳しいユーザーのニーズに応えるために、新たに高度なモーションブラーフィルターを追加し、追加のモーションブラーコントロールを提供しています。これにより、よりリアルでクリエイティブなモーションエフェクトが可能になりました。

カーブとチルト

モーションパスを任意の方向にカーブさせることができます。角を曲がるときのモーションブラーを再現するのに最適です。

 

ノイズプロファイル

パスにノイズプロファイルを追加することができます。ロードノイズの効果を再現したり、クリエイティブなライトトレイル効果を生み出すのに最適です。

 

深度画像

モーションブラーの量は、ロードされた画像の値によってピクセルごとにスケーリングすることができます。ユーザーが画像をペイントすることで、マップのどこにどれだけのモーションブラーをかけるかをコントロールすることができます。

 

Advanced Motion Blurは、自動車イメージの正確な反射や照明を作成するのに最適です。

 

新しい「高度なモーションブラー」フィルターの使い方は、以下のチュートリアルビデオをご覧ください。

 

NVIDIA Omniverseコネクション

NVIDIA Omniverse用の新しいHDR Light Studio拡張機能をリリースします。アーティストが使いやすいリアルタイム照明ツールキットを、3D制作パイプラインのためのNVIDIAの強力なマルチGPUリアルタイムシミュレーションおよびコラボレーションプラットフォームのユーザーが利用できるようになります。

この拡張機能は、HDR Light StudioとOmniverseの間にライブリンクを作成し、自動車、ビジュアライゼーション、エンターテイメントのアーティストが、正確でフォトリアリスティックな照明セットアップをより迅速に、直感的に、創造的に作成できるようにします。

HDR Light Studioライティングソフトウェアは、NVIDIAのアーティストが10年以上前からワークフローに欠かせないツールとして使用しています。その間、機能や互換性が向上し、マーケティングや広告イメージを制作するプロの3Dアーティストの間で高い評価を得てきました」と、NVIDIAのOmniverse開発プラットフォーム担当副社長のリチャード・ケリスは述べています。「この新しいOmniverse互換性リリースにより、我々のすべてのユーザーは、彼らのビジュアライゼーションを真に際立たせる直感的で高品質な照明ツールを利用することができます」。

新しいOmniverseの接続は、HDR Light Studio - Automotiveに含まれています。

 

アップデートされたBlender Connection

Blender Connection が更新され、Octane と RenderMan レンダラーのサポートが追加されました。
このリリースでは、Blender 2.93.2 以降のバージョンでのシーンエクスポートのバグも修正されています。

 

www.lauktien-friends.de のデジタルアーティストである Rüdiger Lauktien 氏は、新しい Blender Connection と Octane のベータテストを行いました。

「HDR Light StudioとOctaneを使ったBlenderでの作業は非常に中毒性があります。Cyclesと比較して、Octaneのレンダリングのリアルさと速さが気に入っています。しかし、Octaneはネイティブライトをサポートしていないため、ライティングのプロセスには時間がかかりました。Octane用のエミッシブメッシュを手作業で設定する必要がありました」。とRüdiger氏は言います。 「HDR Light Studioを使えば、製品撮影のための完璧な照明設定を簡単かつ迅速に行うことができます。必要な場所に正確にOctaneのライトを作成して配置し、製品のレンダリングを輝かせることができます」と述べています。

 

Cinema 4D R25コネクション

Cinema 4D R25 Connectionは、HDR Light Studio -Xenon Drop 4とともにリリースされ、Cinema 4D Physical Render、Redshift、Octane、Arnold、V-Ray 5、Coronaに対応しています。

 

Houdini 19 Connection - Coming Soon

Houdini 19 Connectionは、現在社内での品質テストを完了しており、数週間以内にリリースされる予定です。

リリースノートと互換性

完全なリリースノートは、HDR Light Studio - Xenon Drop 4のこちらをご覧ください。

CG News

Arnold 7

Arnold 7がリリースされました。

https://docs.arnoldrenderer.com/display/A5ARP/7.0.0.0

 

概要

Arnold 7.0.0はインテルのOpen Image Denoiseを追加した大規模な機能リリースで、全体的なノイズ除去品質の向上、GPUでの重要なスケーラビリティの改善、パフォーマンスとインタラクティブ性の向上が図られています。

また、同一プロセス内で複数のシーンをレンダリングする機能や、シェーダーが複数の出力をサポートするようになるなど、重要なAPIの変更も紹介します。

 

機能強化

Open Image Denoise imager

インテルのOpen Image Denoise (OIDN)は、CPU上で動作するAIで高速化されたデノイザーで、Arnoldに追加のデノイジングオプションとしてimager_denoiser_oidnイメージャーとして統合されています。

 

より高品質なAIデノイジング

OptiXおよびOIDNのデノイザーは、デノイザーに提供されるアルベド機能のAOVとして、新たに導入されたdenoise_albedo_noisy AOVを使用するようになりました。これにより、アルベドに鏡面反射や屈折が追加され、デノイザーの品質を向上させることができます。

以下は、古いアルベド AOV と新しいアルベド AOV (ARNOLD-10812) を使用して、未処理と Optix でのノイズ除去を比較したものです。

デノイズなし、Optix diffuse albedo 、Optix diffuse+specular albedo

 

LUTベースのトーンマッピング

imager_tonemapはOCIOv2でサポートされているすべてのフォーマット(cube, look, 3dl, clfなど)のLUTファイルを適用するためのLUTモードをサポートしています。

imager_tonemap.lut_filenameは、ロードするファイルを指定します。LUTの中には、非線形色空間を想定しているものがあることに注意してください。このため、imager_tonemap.lut_working_color_spaceで作業用の色空間を指定して、指定した空間に変換してからLUTを適用し、再び線形色空間またはレンダリング色空間に変換することができます。

 

OIDNおよびOptiXデノイザーでのボックスフィルタリングの自動選択

OptiX および OIDN のノイズ除去装置は、複数のピクセルにまたがる CPU レンダリングフィルタとの相性が良くありません。
Arnold on CPU は、どちらかのデノイザーが使用されている場合、既知の問題を持つフィルターを使用した出力にボックスフィルターを自動的に強制するようになりました 。

 

Imager_color_curves

輝度とカラーカーブを制御する新しいイメージャーが追加されました。全体の輝度応答を制御するメインカーブに加えて、R、G、B の各コンポーネントに個別のカーブをオーサリングできます。カーブの補間や作業用カラースペースも必要に応じて設定できます。

 

mager_tonemap.mix

imager_tonemapにmixパラメータが追加されました。0は入力をそのまま保存し、1は完全なノード効果を適用します。

 

ignore imagersオプション

グローバルオプション ignore_imagers が追加され、シーン内のイメージャーのポストプロセスを無効にすることができるようになりました。これはデバッグの際に便利で、-ii フラグを使ってキックでも有効にできます。。

 

複数のドライバで共有されるイメージャーのサポートを改善

デノイザーを含むすべてのイメージャーが、異なる AOV 入力を持つドライバで共有できるようになりました。

 

IPR におけるイメージャーのリフレッシュレートを改善

フルフレームイメージャーがレンダリング中に更新されるようになり、イメージ全体がレンダリングされる前にイメージャーチェーンの結果をプレビューできるようになりました。これは、場合によってはフルフレームが終了するまで結果を遅らせる必要があった以前の動作を置き換えるものです。

 

プログレッシブレンダリングにおけるフィルタのパフォーマンスが向上

プログレッシブモードでのレンダリングにおいて、Triangle、Sinc、Blackman-Harris、Catmull-Rom、Mitnet などのフィルタのパフォーマンスが改善されました。いくつかのケースでは、パフォーマンスが 48% 改善され、メモリ使用量が 20 倍改善されました 。

 

CPU での複数のパラレルレンダリングセッションのサポートを追加

どのアーノルドユニバースも、独自のレンダリングセッションを使用してレンダリングできるようになりました(ユニバースごとに1つのレンダリングセッションのみ)。それらのレンダリングセッションは、どのような順序でも、並行してでも実行できます。

 

シェーダーの複数出力に対応

Arnoldはシェーダーノードの複数の出力をサポートします。シェーダーの出力は.assファイル内の他のシェーダーノードの入力にリンクするか、リンク時にどの出力を希望するかをオプションで指定して、AiNodeLinkOutput()関数を介してプログラム的にリンクすることができます。出力が指定されていない場合は、ノードのデフォルトの出力パラメータが選択され、Arnoldの既存の動作が維持されます。

複数のOSLシェーダ出力を指定する場合は、標準的なOSL言語のルールが適用されます。3つのカラー出力を持つOSLシェーダの例は次のスニペットのようになり、各出力を別々に接続することができます。

 

可視ライトが透明になりました

可視ライトが透明になり、間接的に見えるライトの動作と一致するようになりました。これは間接的に見えるライトの動作と一致しています。
また、テクスチャのあるライトの黒い部分をマスクできるという利点もあります。これは、以前の正しくない可視光の動作を修正するための、見た目を損なうような変更です。

 

デフォルトでACEScgでレンダリング

ArnoldはデフォルトでOCIOのカラーマネージャーを使用するようになりました。このカラーマネージャーは、デフォルトの OCIO 設定ファイルを使用します。Arnold はデフォルトで ACEScg カラースペースでレンダリングします。

 

標準的なOCIO構成

Arnoldには標準的なOCIOコンフィギュレーションが搭載されており、レンダリングに使用される一般的なカラースペースであるACEScgやscene-linear Rec.709-sRGB、標準ダイナミックレンジビデオ用のACES 1.0 SDR-video ACES出力トランスフォームなどが公開されています。

 

マルチパート EXR

EXR ドライバは、マルチパート EXR ファイルで AOV を個別のイメージ (パート) としてレンダリングできるようになりました (これに対して、マージされた AOV は、シングルパート EXR で AOV をレイヤーとしてレンダリングします)。

マルチパートは、スキャンラインまたはタイル化されたEXRで動作し、driver_exr.multipartブールパラメータで有効になります。

 

AOV を複数のフォーマットに書き込み

1つのAOVを複数の異なるフォーマットで出力できるようになりました。例えば、以下のような出力文字列で正しい結果が出力されるようになりました。

outputs 2 1 STRING "RGBA FLOAT filter testrender" "RGBA RGB filter testrender2"

 

OSL の UDIMs

OSLはUDIMなどのテクスチャタグを解決するために、Arnoldのイメージノードと同じコードを使用するようになりました。これにより、OSL のテクスチャ検索が速くなり、OSL から使用できるテクスチャタグの種類が増えます。

 

SSS setnames with randomwalk

異なるオブジェクト間でサブサーフェス効果を拡散させる sss_setname 機能が、CPU の randomwalk モードでサポートされるようになりました。

 

既存の TX を使う

options.texture_use_existing_txがデフォルトのtrueに設定されている場合、Arnoldはテクスチャーの.txバージョンが利用可能な場合、その使用を試みます。.txファイルは、要求されたソーステクスチャと同じディレクトリにあり、ファイル拡張子を除いて同じ名前である必要があります。

例えば、「foo/bar/floor.png」が要求され、「foo/bar/floor.tx」が存在する場合、「floor.tx」が使用されます。Arnold は、.tx ファイルが使用された場合、要求された色空間変換を無視します。.tx には色空間変換が焼き付けられていると想定されるからです。

 

MaterialX v1.38のサポート

ArnoldはMaterialXのサポートをv1.38に拡張しました。このアップグレードの一環として、Arnoldからエクスポートされたルックとマテリアルは、これまでのShaderRefsとParamsの標準から、NodesとInputsの組み合わせで表現されるようになりました。
Arnoldは、以前のバージョンのArnoldでエクスポートしたMaterialXドキュメントをレンダリングすることができますが、これによりルックが壊れる可能性があります。

 

Cryptomatte 1.1.2

Cryptomatte がバージョン 1.1.2 にアップデートされました。

 

GPU機能強化

ポリメッシュのVRAM使用量を削減

本バージョンではポリメッシュが使用するVRAM量が大幅に減少しました。細分化が激しいシーンでは、ジオメトリのためのGPUメモリ使用量が約33%減少します。

GPU ボリュームの VRAM 使用量の削減

6.2.1ではNVIDIAのNanoVDBシステムを使用してOpenVDBボリュームをGPU上でレンダリングすることで、OpenVDBボリュームに必要なGPUメモリを大幅に削減しました。

7.0ではNanoVDBボリュームの圧縮がさらに改善され、典型的なボリュームシーンでは、GPUメモリが約50~60%削減されました。GPUボリュームが消費するVRAMの量は、同等のCPUボリュームが消費するRAMの量よりも少なくなりました(注:赤い線は別のCPUレンダーのRAM使用量を示しています)。

マットに対応

GPU インテグレータに matte のサポートが追加されました。これにより、マットクロージャー、マットシェーダー、マットシェイプフラグのすべてがサポートされました。

 

USDの機能強化

  • USD 21.08: コアSDKに含まれるプロシージャルが、USD 21.08を使って構築されるようになりました
  • UsdImaging アダプタ。Arnold-USDには、Arnold特有のスキーマ用のUsdImagingアダプターのセットが含まれており、HydraでプロシージャルやArnoldシェイプを直接使用することができます。
  • ディープレンダリング。レンダリングデリゲートは、DelegateRenderProductsを介して、ディープAOVのレンダリングをサポートするようになりました。
  • 複数のフレームを 1 つのファイルにまとめました。USDライターが1つのUSDファイルに複数のフレームを追加できるようになりました。
  • Hydra シーンデリゲート。Arnold-USD に Hydra 用の実験的なシーンデレゲートが追加されました。
  • Husk 使用時にプログレッシブが無効になりました。プログレッシブレンダリングが husk 経由でのレンダリング時に無効になりました。
  • プロシージャルパスマッピング。プロシージャルは USD ファイルの読み込み時に Arnold Path Mapping をサポートするようになりました。
  • カスタム PrimID Hydra バッファ。レンダリングデリゲートは、Hydra ビューポートでの選択をサポートするために、専用の primId AOV を使用するようになりました。これにより、レンダリング時のプロシージャルのサポートが改善され、ビルトインの id パラメータはシェイプでは変更されません。
  • レンダリングデリゲートでのダブルサイド。レンダーデリゲートは USD プリミティブのビルトイン doubleSided パラメータをサポートし、アーノルド固有のプリムバーによるオーバーライドを正しくサポートするようになりました。
  • Velocity and Acceleration を使った Motion Blur。レンダリングデリゲートは、速度または加速度のプリムバーが存在し、位置のための複数のサンプルがない場合、ポイントの位置を外挿するようになりました。
  • ライトリンキング プロシージャルがライトリンクをサポートするようになりました。
  • 高速カメラアップデート。レンダリングデリゲートがカメラのみのアップデートをより効率的に処理するようになり、ピクセルまでのファーストタイムが改善されました。
  • 標準的なサーフェイスのフォールバック。プリムにマテリアルが割り当てられていない場合、レンダーデリゲートは標準サーフェイスをフォールバックとして使用するようになりました。
  • String array parameters: 文字列配列のプリムバーは組み込みパラメータに変換されるようになりました。
  • 複数のハイドラセッション。レンダリングデリゲートは複数のレンダリングセッション API を使用するようになりました。
CG News

Pulldownit 5 for 3ds Max

3dsMax用の破棄プラグインのPulldownit5がリリースされました。RayFireの知名度が高いので、このプラグイン知らなかった。

https://pulldownit.com//
https://thinkinetic.blog/2021/10/18/pulldownit-5-for-3ds-max-released/

価格

  • ノードロック 270€/年
  • フローティング 340€/年
  • 3DMax&Mayaバンドル510 € /年

 

 

概要

Pulldownit 5 for 3ds Maxは、新しい破壊機能と、パフォーマンスと操作性の重要なアップデートをもたらします。

  • 破砕ソルバーの計算速度が約2倍になり、さらなる調整を必要とせずにインパクトエリアにより多くの破片を得ることができるようになりました。
  • カーブの一部に沿って粉砕する新しい機能により、ユーザーは視覚的な方法で必要なだけクラックを精密化することができます。また、サーフェイスクラックを境界線で囲み、簡単に素敵なストレス効果を作り出すことができ、クラックの反転はワンクリックでできます。
  • デフォルトでは、ジャグジネスはシミュレーションの壊れた部分にのみ適用されるので、レンダリングやゲームエンジンへのエクスポート時にメッシュを軽くすることができます。

他にもパフォーマンスや使い勝手の改善がいくつかありますので、以下でご確認いただけます。また、Pulldownitのバージョンログページで修正点の全リストを確認することができます。

Pulldownitウェブサイトのバージョンログで修正点の全リストを読む

 

Shatter の新機能

Shatter itツールの新しいExtentパラメータ

この新しいパラメータは視覚的な方法でシャター領域を縮小することができ、モデルの任意の領域でフラグメントの密度を非常に簡単に高めることができます。

 

Shatter itでカーブの一部を除外する新機能

マウスをドラッグするだけで、粉砕に使用する曲線の範囲を必要に応じて選択することができます。

 

ジャグジネスが壊れた部分にのみ適用されるようになりました。

デフォルトではJagginesはシミュレーションで壊れた部分にのみ適用されるようになり、レンダリングやゲームエンジンへのエクスポートの際に、より軽量なメッシュが得られるようになりました。

 

Dynamicsの新機能

PDIフラクチャーソルバー2倍速

数百から数千のフラグメントを含むダイナミクスシーンにおいて、旧バージョンと同等の安定性を保ちながら、約2倍の速度で計算できるようになりました。

 

フラクチャーソルバーの品質向上

クラックがよりリアルになり、フラクチャリングエリアの境界にある小さな断片を、追加の調整なしで引き出せるようになりました。

 

クラッカーの新しい制限付き動作

切り離されたフラグメントの移動距離をコントロールできるようになりました。表面に張り付くようにしたり、自由に落下させたりできます。

 

UIの強化

  • クラッカーの方向を逆にする機能が追加され、パネルボタンをクリックするだけでダイナミッククラックを逆にすることができるようになりました。
  • 何千ものフラグメントからなるフラクチャーボディをPDIソルバーで作成するのに数秒しかかからないようになり、フラクチャーボディの作成が2倍速くなりました。また、フラクチャークラスターの作成や修正もほぼ瞬時に行えます。
  • ストレス ビューでの可視化が改善されました。ストレス ビューでは、材質にかかわらず、すべてのフラグメントがソリッドカラーで表示されます。
  • ストレス ビューで「フレームで破壊」されたクラスターは、緑色で表示されるようになりました。
CG News

3ds Max2022.2 リリース

3ds Max2022.2がリリースされました。Mayaに搭載されていたUnfold3DがMaxにも搭載になったみたいですね。

https://makeanything.autodesk.com/3dsmax
https://help.autodesk.com/view/3DSMAX/2022/ENU/?guid=GUID-749B4EF3-31AB-4382-AB84-65A2CDDB773C

 

ファイル保存のパフォーマンス

3ds Max では、ワークフローの混乱を最小限に抑えるため、シーンファイルの保存パフォーマンスが大幅に改善されました。

以前のバージョンに比べて、シーンの保存速度が平均で 2 倍以上になりました。パフォーマンスの向上は、シーンのサイズや複雑さ、ハードウェアの性能などの要因によって異なります。

 

Unfold3d for the Unwrap UVW Modifier

Unfold3dが3ds Maxに統合され、より優れたUVマッピングの結果を出せるようになりました。

Unwrap UVWモディファイアのEdit UVウィンドウでUVデータを扱うアーティストは、Unfold3Dの強化されたピール、リラックス、パッキングアルゴリズムを利用できます。

 

強化されたスマート押し出し

インタラクティブな押し出し操作がこれまで以上に簡単になりました。スマート押し出しがさらに強化され、編集可能なポリオブジェクトに対して複数の "部分的な "カットスルー操作を1回の操作で実行できるようになりました。

内側または外側に向かってスマート押し出しを実行すると、既存のポリサーフェスに部分的に重なる結果が加算または減算され、交差部分に沿ってきれいに縫い合わされます。これにより、インタラクティブなポリモデリング操作の柔軟性と使いやすさが向上しました。

 

アップデートされたペンタブレットの筆圧サポート

3ds Max はペンタブレット デバイスで提供されるフルレンジの筆圧感度をサポートするようになりました。3ds Maxのすべてのブラシツールや、スキンウェイトのペイント、ビューポートキャンバス、頂点ペイントなどの機能で、フルレンジの筆圧を利用することができます。

 

シンメトリ モディファイヤ

ご要望の多かったSymmetry modifierの溶接アルゴリズムが更新され、鏡面上の一致するペアの頂点を見つけることで、より予測可能な結果が得られるようになりました。

また、許容範囲のしきい値を設定することで、許容範囲内にある一致するペアのオープンエッジを探すことで、シンメトリーラインに沿ったすべてのオープンギャップを解決できるようになりました。

これらの機能強化により、オープンサーフェスのモデルであっても、シンメトリー操作を従来よりも高速かつ正確に行うことができます。

 

Unwrap UVWモディファイアのパフォーマンス向上

Unwrap UVW モディファイアに様々なパフォーマンスの最適化が適用され、モディファイアのスレッディングと全体的な処理が改善されました。

Unwrap UVWモディファイアーの適用が最大8.5倍、UV編集ウィンドウの表示が最大2.5倍速くなりました。また、「UV編集」ウィンドウでのUVデータの選択と操作も高速化されています。

 

セキュリティ設定の管理

3ds Max にはIT 管理者が管理できるセキュリティ設定が搭載されています。これにより、すべての 3ds Max に同一のセキュリティ設定が適用され、結果的にスタジオ全体のソフトウェア セキュリティ ポリシーに 3ds Max を含めることができるため、より安心して使用することができます。

 

 

USD for 3ds Max (Public Beta)

USD for 3ds Maxは、ノードトランスフォームアニメーションや頂点アニメーションキャッシュなどのアニメーションデータのエクスポートに対応しました。

また、メッシュとシーンデータのエクスポートのパフォーマンスが向上し、フォトメトリックライトとカメラのエクスポート/インポートのサポートが強化されました。また、USDViewは必要な依存関係を伴って出荷されるようになりました。

 

その他の機能

  • USD Exporterで隠しノードを含める/除外するエクスポートオプションを追加しました。
  • メッシュからのマップチャンネルデータのエクスポートをコントロールするオプションを追加しました。
  • シーンをエクスポートした後に、エクスポートしたUSDファイルをUSDViewで自動的に開くオプションを追加しました。

CG News

Autodeskが従量課金制サービス「Flex」発表

Autodeskはオンライントークンを購入することでソフトウェアの料金を毎日支払うことができる、新しい従量課金制のサービス「Flex」を発表しました。

2021年9月24日に、3ds Max、Maya、Mudbox、MotionBuilder、Flameなどの限られたアプリケーションで開始されます。

https://www.autodesk.com/benefits/flex

 

http://www.cgchannel.com/2021/09/autodesk-to-introduce-pay-as-you-go-pricing/

Autodeskのアプリケーションを「低価格」で試せる従量課金制

Flex は、ユーザーが利用トークンを事前に購入することで、Autodeskのソフトウェアを従来の月額サブスクリプションよりも短い期間で利用できるようにするものです。

ユーザーが対応するAutodeskのアプリケーションを開くたびに、24時間ごとに一定数のトークンが消費されます。

消費されるトークンの数はアプリケーションごとに異なり、ほぼサブスクリプションの価格に比例します。例えばMudboxは1日に1トークンを消費しますが、3ds MaxとMayaは6トークンを消費します。

Autodeskはこの価格設定について、「新規のお客様には、サブスクリプションを必要とせず、低価格で当社製品をお試しいただけます」と説明しています。

 

個人アーティストにとってのメリットは限定的

トークンの価格設定を見ると、この文脈では、「お客様」とは個人のアーティストではなくスタジオのことを指しているようです。

トークンの有効期限は1年で、最低購入数は500個、価格は1,500ドルとなっています。

これは、3ds MaxやMayaのインディーズ向け年間サブスクリプションの価格(米国では現在、年間280ドル)よりもはるかに高いため、インディーズプランの収入基準に満たない人にとっては、乗り換えるメリットはありません。

また、各国の基準額(通常は年間5万〜10万ドル)を超える収入を得ているアーティストや、10万ドル以上のプロジェクトに携わっているアーティストにとっても、コスト面でのメリットはほとんどないように思われます。

このようなユーザーの場合、1,500ドルを支払うと、1年のうち83日間、3ds MaxまたはMayaを使用することができます。

一方、どちらかのアプリケーションの月額サブスクリプションを3回利用すると645ドル、1年間のサブスクリプションを利用すると1,700ドルかかるため、Flexが意味を持つのは、ソフトウェアを定期的に、かつ短時間で使用する場合のみです。

また、Mudbox のように年間サブスクリプションが 90 ドルのアプリケーションの場合、Flex は実際には年間 1,400 ドル以上も高くなり、500 トークンの多くを無駄にすることになります。

 

スタジオのマルチユーザーサブスクリプションの長期的な代替となるか?

Flexはアーティストが様々なDCCアプリケーションを使用しているスタジオに適していると思われる。

Autodeskは、新しいネームドユーザー・サブスクリプション・ポリシーの一環として、2022年8月7日にソフトウェアのマルチユーザー・サブスクリプションを停止し、スタジオ内の複数のアーティストがサブスクリプションを共有することを不可能にします。

これにより、スタジオ内で複数のアーティストがソフトウェアを共有することができなくなります。スタジオは、1年間に特定のソフトウェアパッケージを使用するすべてのアーティストのために個別にサブスクリプションを契約するのではなく、アーティスト間やアプリケーション間でクレジットを共有できるようになります。

Flexがマルチユーザーサブスクリプションよりも安くなるかどうかは、一度に購入するクレジットの数、スタジオ内のアーティストの数、使用するアプリの数によって異なります。

しかし、マルチユーザーサブスクリプションの価格が近年急激に上昇しているにもかかわらず、従来のフローティングライセンスの方が安いケースもあると思われます。

 

価格と販売時期

Autodeskは2021年9月24日にFlexを導入し、当初は「3ds Max」「Maya」「MotionBuilder」「Mudbox」「Flame」など、限られた範囲の自社アプリケーションが対象です。

価格は500トークンで1,500ドルからで、購入数に応じて1トークンあたりのコストが下がります。各アプリケーションで消費されたトークンの数は、以下のリンクから確認できます。

Tips

3dsMaxでFBXファイルに未使用マテリアルが保存される

3ds Maxから出力したFBXファイルに未使用のマテリアルが保存される問題について書いてみます。

 

 

3ds Maxでは1つのオブジェクトに複数のマテリアルを設定する場合、ポリゴンのIDとマテリアルの関連付けをマルチ/サブオブジェクト マテリアルが管理します。

マルチ/サブオブジェクト マテリアルはオブジェクトに使用していないマテリアルもリストに追加して管理することができます。

 

3ds MaxはFBX出力時にサブマテリアルリストに含まれるマテリアルを全て出力します。

ツール等を使用して未使用マテリアルを大量にリストに追加してる場合、FBXファイルの容量が無駄に大きくなったり、インポート先のソフトに未使用のマテリアルが大量に生成されます。

FBXを使用して他のソフトとデータをやり取りする場合は、不要な未使用のマテリアルは削除した望ましいです。

 

Mayaにインポートした場合の例

FBXインポート時のオプションで、ファイルに含まれるマテリアル数を確認することができます。

 

FBXを読み込むと未使用のマテリアルも読み込みます。

 

 

MayaやmodoのFBXエクスポートでは、オブジェクトで使用されていない未使用のマテリアルは出力しません。

3ds Maxはサブマテリアルリストを使用してマテリアルを管理する仕様の関係のせいで、未使用のマテリアルをFBXファイルに含めるみたいです。未使用マテリアルがふんだんに詰まったFBXを見かけたのでメモ用の記事でした。

Tips

FBXファイルのUp軸

FBXファイルの拡張オプション「軸変換」のUp軸について書いてみます。

3Dソフトは座標系の違いによってシーンの上方向をY軸(Y-Up)であらわすソフトと、Z軸(Z-Up)であらわす2種類のソフトが存在します。Y-Upの代表的な3DソフトはMaya、modo、LightWave、Cinema 4Dです。Z-Upの代表的な3Dソフトは3ds Maxです。

FBX形式を使用してデータをやり取りする場合、Y-Upのソフト間では軸が問題になることは少ないですが、Z-Upの3ds MaxからFBXを出力する場合は注意が必要です。

 

FBXの軸変換オプション

3ds MaxからFBXファイルを出力する場合、拡張オプションに「軸変換」というオプションがあり、Y-UpとZ-Upを指定することができます。

 

しかし、残念なことに「軸変換」はトランスフォームに-90°を入れて回転するだけで、インポート先のソフトにあわせて軸を変換(回転をフリーズ)しません。軸変換でY-UpやZ-Up変更しても、FBX出力したソフトのUp軸が維持されます。

例えば下の画像は3ds MaxからY-Upで出力したFBXをMayaに読み込んだ物です。見かけのUp方向はあってますがトランスフォームの回転に-90が入っており、オブジェクトの軸はZ-Upのままです。

 

Mayaでは「トランスフォームのフリーズ」を使用すると回転値をフリーズして、Y-Upにすることができます。

 

3ds MaxからY-UpでFBX出力する方法

FBXのインポート先でMayaのようにトランスフォームをフリーズできる場合は問題ありませんが、FBX出力時にトランスフォームを適切なUp軸にしたい場合があります。

3ds MaxからY-UpでFBX出力したい場合は「基点のみに影響」をONにして基点を回転します。

 

 

modoの軸変換

modoでは読み込んだFBXの軸変換に2つの方法が使用されています。

Y-UpのFBXファイルを読み込んだ場合、トランスフォームアイテムのPreRotationが追加されて-90°回転した状態になります。

 

Z-UpのFBXファイルを読み込んだ場合、FbxUpAxisConvertという名称のロケータが追加されて-90°回転した状態になります。

 

Y-UpのソフトからZ-Upで出力したFBXの場合、FbxUpAxisConvertとPreRotationが追加され両方の回転に値が入ります。

 

modoでトランスフォームの「フリーズ」を使用すると、回転を0にして軸をY-Upにすることができます。

CG News

PolyDamage 1.5 for 3dsMax

モデルにダメージや磨耗を追加する3ds Max用プラグイン「PolyDamage」の新バージョンをリリースされています。価格は$49。

バージョン1.5の新機能は、マルチエレメントのサポート、正確または高速モードの選択、チップや細かいディテールの追加機能、安定性の向上、ビューポートでの自動更新、いくつかのバグ修正などです。

https://www.cgtrader.com/3d-models/scripts-plugins/modelling/polydamage-for-3dsmax

 

 

概要

PolyDamageプラグインは、モデルにダメージや不完全な部分を素早く追加するツールです。

  • 現実には完璧なものはありませんので、モデルにダメージを加えることで、よりリアルに見せることができます。
  • PolyDamageは他のソフトウェアパッケージを使用して手動でダメージをスカルプトする代わりに、すばやく使用できます。
  • PolyDamage はコンクリートの壁、地面、石、柱などにリアルな印象を与えます。
  • PolyDamageはコーナーやエッジに素早くダメージを加えます。
  • プロシージャルなので、1つのオブジェクトに何百万ものダメージバリエーションを作ることができます。
  • ダメージのシード値を保存しておけば、次回からはこのシード値で同じ結果を得ることができます。
  • パラメータを調整して、ダメージの深さやエッジのダメージ量を調整することができます。
  • 解像度スライダを調整して、ダメージ部分の詳細レベルを上げることができます。
  • PolyDetailはダメージを受けた面に固有のマテリアルIDを与えるので、ダメージを受けた面だけに特定のダメージマテリアルを適用することができます。

 

v1.01の新機能
  • 3dsMax 2022のサポートを追加しました。
v1.5での変更点
  • 相対的な設定が可能になりました。
  • マルチエレメントオブジェクトに対応しました。
  • 正確さ」と「速さ」の切り替えが可能になりました。
  • チップや細かいディテールを追加するオプションを追加しました。
  • 自動更新オプション
  • 全体的な安定性の向上
  • バグ修正
参考資料

Multimax rig

3ds Max用のキャラクターリグ「MultiMax」がリリースされてます。価格は$25。

https://lopa.artstation.com/store/9bgA/multimax-rig

 

概要

Multimaxは、調整可能な3dsMaxキャラクターリグで、基本的なスキニング以外のリギングスキルがなくても、すぐに設定できます。
キャラクターをインポートし、チューナーを適切な位置に移動させるだけで、リグがリアルタイムに調整されます。
以下のような業界標準の機能を備えた二足歩行のキャラクターリグを手に入れることができます。

  • IK/FKスイッチ
  • IK/FKスナップ
  • 弧状の手足
  • ストレッチ/スカッシュ
  • ボリュームの保存
  • 余分な手足の長さ/曲げのコントロール
  • 簡略化された指/足のコントロール
  • ハイブリッドIK/FKスパインセットアップ
  • ミラー/フリップ/リセット・ポーズ

あなたが手にするのは

  • マルチマックスリグ
  • デモキャラクター
  • デモキャラクター用4kテクスチャ3セット

将来的には、適切なドキュメントとチュートリアルを追加し、より多くの機能を追加し、ゲームエンジンへのエクスポート用に軽量化したバージョンを作る予定です。

 

リリースノート
  • ゲームエンジンでのエクスポート用に、軽量版を追加しました。
  • 手足のボーン数を減らし、"bendy limbs "機能を追加しませんでした。
    背骨と手足のストレッチ/スカッシュのためのボリューム保存はありません。

CG News

3ds Max 2022.1 リリース

3ds Max 2022.1がリリースされました。機能追加の数は少ないですが、モディファイヤのパフォーマンス向上など悪くないアップデートに見えます。

https://makeanything.autodesk.com/3dsmax
https://help.autodesk.com/view/3DSMAX/2022/JPN/?guid=GUID-D4681150-CA88-4692-BCB3-45B6EA488D26

https://area.autodesk.jp/movie/3ds-max-2022-1/

スマートエクストルードの高速化

スマートエクストルードのパフォーマンスが大幅に向上し、モデル上のポリゴンを選択してスマートエクストルードアクションをこれまで以上に高速に実行できるようになりました。
スマートエクストルードを使用してジオメトリをマージまたはカットする際には20倍以上の速度向上が見られ、また、いくつかの洗練された再結合操作により最終的な出力結果がさらに改善されます。

 

変形モディファイアのパフォーマンスの向上

3ds Max の Explicit Normals を使用してメッシュを変形するモディファイアのパフォーマンスが向上しました。
[スキン] [パス変形][ベンド] [FFD][ミラー] [ノイズ][スキュー][テーパ][ツイスト] [マグネット編集][リンクした Xフォーム][溶解] [スキンラップ パッチ][球状化] [サーフェス ラップ]などのモディファイアを使用する際の作業速度が 2~4倍になりました。

 

スムーズ モディファイヤの更新

ソースからの明示的な法線データを修正/クリアするために、スムーズモディファイアは、オブジェクト(またはコンポーネント選択)に適用されたときに、法線とスムージンググループのデータをクリアするようになりました。
このスムーズ モディファイアの強化により、新しいデータの適用が容易になりました。

 

 

オクルードを無視

[編集可能ポリゴン]モディファイヤと[ポリゴンを編集]モディファイアに、「Ignore Occluded」という新しい選択フィルタが追加されました。
これを有効にすると、自分のビューでのみ表示されているコンポーネント(頂点、エッジ、ポリゴン)を選択できるようになります。この要望の多いフィルターは、ポリモデリングのワークフローを改善します。

 

出荷時設定の復元

アプリケーションの設定が破損し、予期しない UI アーティファクトやパフォーマンスの問題が発生した場合、3ds Max を迅速かつ簡単に初期のスタートアップ設定に戻すことができます。工場出荷時の設定に戻すツールは、アプリケーションの設定を再初期化し、ユーザー定義のスクリプトやアイコンを復元します。

 

起動時の障害回復

[出荷時の設定に復元]ボタンが追加され、予期しない UI の動作やパフォーマンスの問題が発生した場合に、ソフトウェアから 3ds Max の既定の設定を復元できるようになりました。 さらに、起動時に、初期化が破損して 3ds Max が起動できないことが検出された場合、[起動エラーの検出]ウィンドウが表示されるようになりました。

 

機能強化点および変更点

  • FBX 読み込みでの頂点カラーのサポート
  • ノイズ マップのマルチスレッド処理
  • ビューポート メッシュ計算の改善
  • Retopology Tools 1.1
  • 流体ローダ パーティクル ID データ
  • 頂点ペイントの改善

 

参考資料

Olav VFX Breakdown

一人で3ヶ月間、35Kドルの予算で制作されたらしいです。3ds Max、V-Ray、TyFlow、Phoenix FD、Forest Pack Pro、PF Track、Perception Neuron、Marvellous Designer、Metshape、After Effectsで制作されたとのことです。

CG News

Deadlineがライセンスフリーモードを10に拡張

レンダリング管理ソフトDeadline 10.1.15.2がリリースされました。今回のアップデートからライセンスフリーモード使用できるワーカーの数が2から10になり、使用制限が緩和されたようです。数台のPCでレンダリングするぶんには十分使えそうです。

https://docs.thinkboxsoftware.com/products/deadline/10.1/1_User%20Manual/manual/release-notes.html#deadline-release

改善点

  • ライセンスフリーモードで許可されるワーカーの数が、2から10に増えました。
  • Deadlineが、MongoDB 4.2をサポートするようになり、新しいRepositoryをインストールする際にMongoDB 4.2.12をインストールするようになりました。
  • ホワイトスペースを含むリポジトリパスにコマンドを送信すると、リモートコマンドの実行に失敗することがある不具合を修正しました。
  • アプリケーションロードバランサーの背後にある場合に、リモート接続サーバーがリクエストを受け付けないという問題を修正しました。
  • Env:<EnvVariable>フォーマットを使って、Deadline InstallersとDeadline Commandにパスワードを指定する機能を追加しました。
  • Free on AWSのライセンスに、GovCloudや中国を含む追加のAWSリージョンのサポートを追加しました。
  • .NET Coreをバージョン3.1.113にアップグレードしました。
  • PATH環境変数を上書きした場合に、DeadlineSandboxが失敗するバグを修正しました。
  • 1台のマシン上で同時に実行できるリモート接続サーバは最大1台に強制しました。