3dsMax

参考資料

SSSS_GRIDMAN 3Dショット

SSSS_GRIDMANの3DCGショットが公開されています。迫力があり特撮っぽいアクションがいいですね。

続きを読む

CG News

3ds Max 2019.3 リリース

3ds Max 2019.3 がリリースされました。
https://area.autodesk.com/blogs/the-3ds-max-blog/3ds-max-20193-updates/?fbclid=IwAR2uT71MdTaukNk9r9W3OU3CI11hVvBfZRx3d2JjXbcjmpAGO4-ca9SW3iM

インタラクティブな ActiveShade ビューポート

ActiveShade が新たに強化されて、同じビューポート内で対話処理とレンダリングを同時に行えるようになりました。ActiveShade ビューポート モードではレンダリング ワークフローが拡張されるため、ワークフローを作成しながら、最終的な調整結果を確認することができます。

Revit バージョンの互換性

3ds Max 2018 と Revit Interoperability for 3ds Max がインストールされている場合は、Revit 2018 ファイルを読み込むときに、ファイルをアップグレードしなくてもよくなりました。

Alembic と Maya の相互運用性

Autodesk Maya との相互運用性の改善とともに、Alembic のサポートも継続しています。Maya のカスタム アトリビュートのグループ化により、変換とシェイプのアトリビュートがサポートされるようになりました。また、頂点カラー セットが Maya の読み込み/書き出しと互換性を維持するようになりました。

OSL マップ

OSL ソース エディタの改善点には、ブラケットのハイライト表示、構文のハイライト表示、ドッキング機能の強化などが含まれます。ノードのプロパティや Bump マップ サポートの強化などの OSL 機能をサポートするように、ビューポートも強化されました。

Revit の読み込み

Autodesk Revit ファイルの読み込みが以前よりも 2 倍高速になり(データセットに応じて異なる)、(FBX/RVT を介して) Revit から読み込まれたライトの動作およびレンダリングが正しく行われるようになり、読み込みダイアログのわかりやすと使いやすさが向上しました。

全般的な改善

100 を超える既存の問題が修正されました。その多くは最初に 3ds Max ユーザ コミュニティから報告されたものです。お客様が直面している問題の詳細については、リリース ノートを参照してください。ご協力いただき、ありがとうございました。

CG News

Appleseed 2.0 ベータリリース

オープンソースの物理ベースのグローバルイルミネーションレンダリングエンジン「Appleseed」の2.0ベータ版が公開されたようです。
https://appleseedhq.net/news.html
https://github.com/appleseedhq/appleseed/releases/tag/2.0.0-beta

「カートゥーンシェーディングを実装したOSLシェーダと輪郭レンダリングを実装、ノンフォトリアリスティックレンダリング(NPR)の世界への最初のステップを進めました」とのことなので、今後も継続的にNPR機能が開発されるのかな?

CG News

3dsMax用リトポツール「TopoLogiK」

ノードロックライセンス(1台のコンピュータでのみ使用できます) 価格は€30

 

説明

TopoLogiKは3dsmax用の新しいRetopologyツールです
これは3dsmaxのより高度な手順でパラメトリックかつ効率的なリトポロジーを実現します いくつかの機能はBlenderやTopoGunのような他のソフトウェアで見ることができます

 

特徴

これらのツールはすべて参照メッシュ上の連続投影で機能します

ストライプ
  • ペイントストライプ
  • ベジェの結び目を動かす
  • ベジェを変更するノットは曲線を維持しながらカウントします
  • ストライプサブディビジョンを変更してください
  • テーパーエンド
  • 他の端にスナップします
  • 幅の自動調整
  • カスタムエッジリングをストライプのように編集します
  • ブラシ半径
サーフェス
  • ペイントサーフェス
  • ベジェの結び目を動かす
  • ベジェを変更するノットはカーブを維持しながらカウントされます
  • サーフェスの幅と高さのサブディビジョンを変更します
  • サーフェスの後にサーフェスを続けます
  • エッジ選択を拡張できます
  • ブラシ半径
面を作る
  • エッジ、頂点またはコーナーから新しい面を作成します
  • 最も近い頂点またはエッジに自動的にスナップ/結合します
  • エッジループを選択して拡張します
  • 頂点を移動します
  • 面を削除します
ブランチ
  • ブランチをペイントします
  • エンドポイントを移動する
  • 幅と高さのサブディビジョンを変更します
  • ツイストと回転
  • 分岐後に分岐を続行します
  • 開いているブランチを拡張する
ブリッジ
  • 開始エッジループと終了エッジループを選択します
  • ブリッジサブディビジョンを変更する
キャップ
  • キャップホール
  • キャップメッシュを回転させて、完全な向きを見つけます
  • 可能なすべてのケースでキャップ サブディビジョンを変更します
  • リラックス
  • リラックスブラシ
  • 半径と強さの変更
移動
  • 最も近いサブ要素(面、エッジ、頂点)を自動的に探します
  • 最も近い頂点に自動的にスナップします
  • 選択範囲に追加して削除します
  • 選択範囲を移動します
  • 選択範囲を削除するか、またはペイント削除(フェース、エッジまたは頂点)を選択します
  • エッジループを選択します
  • エッジに沿ってスナップします
フリーズツール(変更から面を保護する)
  • ブラシをフリーズする
  • フリーズ&アンフリーズ
  • 全フリーズ&アンフリーズ
  • 面の選択をフリーズ&アンフリーズ
スプリット
  • 最も近いエッジリングの自動検出
  • 新しいエッジループを最も近いエッジに沿ってスライドさせます
  • カスタムの開始エッジから終了エッジまで分割します
カット
  • 頂点にスナップします
  • 端に沿ってスナップ
  • 選択したエッジを削除します
不透明度コントロール
投射距離
ライブプロジェクト(編集可能なポリまたはメッシュを使用してプロジェクトする)
動的なショートカット通知
CG News

3ds Max 2019.2 リリース

3ds Max 2019.2 がリリースされたようです。
https://area.autodesk.com/blogs/the-3ds-max-blog/introducing-3ds-max-20192/

 

流体

キャッシュされたシミュレーション データを簡単にロードして操作できるようになりました。 完成したシミュレーションで、各オブジェクトを個別に変換したり、再生をオフセットしたり、マテリアルを割り当てて任意の数をレンダリングまたは非表示にしたりすることができます。

Arnold による流体チャネル データのレンダリングのサポート。

液体および[流体ローダ](Fluid Loader)オブジェクトの表示およびレンダリング設定をコピーし、選択したターゲット オブジェクトに適用できるようになりました。

3ds Max セキュリティ ツール

3ds Max セキュリティ ツールは、悪意のある CRP や ALC のサードパーティ スクリプトからユーザを保護します。

Autodesk Drive

3ds Max サブスクリプションにこのクラウド ストレージ アプリケーションが追加されて、60 種類以上のオートデスクおよびサードパーティのファイルを表示できるようになりました。

Arnold

テクスチャのベイク処理用の最初のサポート。

Alembic ファイルの読み込みと書き出し

バージョン 1.7 にアップデートされた Alembic はインスタンスをサポート。Inspector Window でのツリー ビューと検索機能が改善され、3ds Max と Maya で共有されているファイルが UV と互換性を持つようになりました。

OSL (Open Shading Language)

OSL ソース エディタの改善点は、行番号の表示、より直感的なキーボード ショートカット、および一致するブラケットのハイライト表示などです。また、「マップを使用するリアリスティックモード」の場合に、より多くの OSL シェーダがビューポートでサポートされるようになりました。

CG News

V-Ray Next for 3ds Max リリース

V-Ray Nextがリリースされたようです。
https://www.chaosgroup.com/vray/3ds-max/

  • レンダリング全体のパフォーマンスを最大25%向上
  • 新しい適応ドームライトは最大7倍高速で、窓や開口部に天窓の入り口を設置する必要がありません。
  • V-Rayフィジカルカメラには簡略化されたUIに加えて、自動露出とホワイトバランスが追加されています。
  • 新しいGPUレンダリングアーキテクチャ、生産のレンダリングの速度を倍増することを約束。
  • エンベローメントフォグ、ボリュームエフェクト、VRScans マテリアルに対するへのGPUのサポートが強化されました。
  • ディズニー・リサーチをベースにした新しいフィジカル・ヘア・マテリアル。光沢、柔らかさ、ランダム性をコントロールするためのスライダーで簡単に見えるようにしました。メラニン・コントロールは色を変え、ヘアカラーの色を変えます。
  • NVIDIA Al Denoiser
  • レンダーエレメントをデノイズする能力。
  • ヒートマップとデータオーバーレイを使用して、シーン内の光レベルを分析し測定するライティング解析ツール。
  • Alembic 1.7をサポート。レイヤリングを含む。
  • オブジェクトに適用された複数のマテリアル間を変更する新しいV-Rayスイッチ。
  • V-Rayプラグインとテクスチャを使用して、UnityやUnrealの手続きテクスチャとPBRマテリアルを含むあらゆるバージョンのV-Rayから3DS Maxに任意のテクスチャや素材をロードできます。

V-Ray Nextの新しいワークステーションライセンスは$1,180。既存のライセンスへのアップグレードには$580。年間レンタルも$470で利用可。

CG News

Octopusリリース

3ds MaxでMayaのマーキングメニューやmodoのパイメニューのような機能を実現するツール「Octopus」がリリースされました。ただのメニューではないとのことで、最後のアクションの繰り返しなんかができるようです。
https://rapidmxs.com/octopus/

CG News

Foundryが新しいクラウドベースのVFXプラットフォーム 「Athera」発表

 

Webブラウザ経由で Nukeファミリ、Katana、Modo、Mari、Cara VR、V-Ray、Houdini、BlenderなどのVFXツールにアクセスできるサービス「Project Elara」が「Athera」という名称になったようです。GPU、ネットワーク、ストレージ機能などクラウドサービスプロバイダに Google Cloud Platform を使用するみたい。4月26日からAtheraのトライアルをリクエストすることが可能。
https://www.foundry.com/news-awards/athera-announcement

Webブラウザ経由でVFX向けという挑戦的なサービスですが、対象は大きなスタジオではなく、フリーランサーやインディーズを目指しているらしい。ライブ撮影中の作業や、クライアントのオフィスでの作業を想定してるみたいです。
http://www.cgchannel.com/2018/04/foundry-unveils-athera-its-new-cloud-based-vfx-platform/

ベータプログラムにはさまざまな規模の企業が含まれていますが、主にフリーランサーや小規模なスタジオをターゲットにしています。

そのようなアーティストにとって Athera の主な利点の1つは、ビジネスを運営するために高価なハードウェアを購入または維持する必要がないことです。すべてがクラウドで実行され、ディスプレイだけがユーザーにストリーミングされます。

Atheraは現代のほとんどのブロードバンド接続でうまく動作するはずです。Netflixを4Kでストリーミングできる環境、データセンターとの距離が近ければ接続速度は十分に速くなります。

Atheraはアメリカ西海岸、 西ヨーロッパ、東海岸、おそらく東ヨーロッパ、南アメリカ、オーストラリアに続くデータセンターで利用できるようになります。

Foundryは最初は単一の「資格」を提供することを明らかにした。1人のユーザーに仮想のワークステーションと、その上で実行されるソフトへ最大300時間のアクセスが与えられ、レンダリングはノード単位で課金されます。

Atheraを通じて入手可能なソフトウェアには、Foundry製品 Nukeファミリー、Modo、Mari、Katana、Houdini、V-Ray、Blenderが含まれます。ショットガンのサポートは発売直後に行われますが、Mayaや3ds Maxの予定がありません。

Mazerolle氏によると、Foundryは開発中にAutodeskと少し作業しましたが、最終的にはベータを続けることを拒否しました。「ベータユーザーからAutodesk製品、特にMayaに多くの欲求があった」と同氏は述べた。しかし、Autodeskは私たちが望んでいたほど熱心ではなかった。

CG News

Arnold 5.1

新しいToonシェーダが組み込みこまれたようです。絵を見た感じシェーダーベースのラインに見えます。どんな感じか使ってみよう。
https://www.solidangle.com/news/arnold-5-1/

 

トゥーンシェーダー

Contour Filterと組み合わせて提供されるノンフォトリアリスティックレンダリング(NPR)ソリューションの一部として新しい Toonシェーダ が統合し、信じられないほど新しいスタイルや効果を実現しやすくなりました。Arnoldは美しいフォトリアリスティックな画像を作成することで長い間知られていますが、多くのユーザーがトゥーンやノンフォトのルックを可能にする機能を求めています。この新しいシェーダは非常に幅広い選択肢を広げます。