Diary

CG News

EdgeFlow 2.0 for MODO

EdgeFlow 2.0が発売されました。価格はインディー版が14ユーロ、スタジオ版が60ユーロ。v1.0を持ってる場合は8ユーロ引きで購入できるようです。こういうモデリング機能は標準で搭載して欲しいですね。
https://gumroad.com/l/edgeFlow2
https://community.foundry.com/discuss/topic/145739/edgeflow-2-0-teaser

新機能
  • より良くてより速い
  • ビューポート内のGLハンドル
  • 同じツールに基づいた新しいmeshOperator
  • 円弧分布、曲面上のボリュームをより良く保つ
  • 右クリックで反復処理にマッピング

 

 

 

参考資料

Live2Dで制作されたショートアニメ「Beyond Creation」

ゲーム用ミドルウェアLive2Dを使用して制作されたショートアニメとインタビュー記事が公開されています。
https://www.inside-games.jp/article/2019/02/20/120604.html

Live2Dはアニプレックスと業務提携して長編アニメーション映画の制作を発表してましたが、「Live2Dによる長編アニメーション映画制作」に向けた第一歩目のプロジェクトだそうです。手描き頑張ってるので、ギャルゲのOPなんかの髪だけ揺れる映像よりリッチに見えますね。長編映像になったときどういう印象を受けるのか興味深いです。

続きを読む

参考資料

オープンソースのプロダクショントラッキングツール「Kitsu」

オープンソースのプロダクショントラッキングツール「Kitsu」が販売開始したようです。「Kitsu」はフランスの企業が開発してる中小規模のスタジオ向けのプロダクショントラッキングツールで、「エクセルより良く、ショットガンよりも安い」というキャチが直球でいいですね。
https://www.cg-wire.com/en/kitsu.html

価格はユーザー数で大中小の3プラン。

  • € 99 /月 (1〜10人のユーザー、200GBのストレージ)
  • € 299 /月 (11~50ユーザー、1TBのストレージ)
  • € 999 /月 (51~150ユーザー、3TBのストレージ)

このシステムはオープンソースで商用クラウドホスティングソリューションとしても利用可能。フランスの主要なVFX施設と共同で開発中らしいです。

参考資料

DeNA「AIによるアニメ生成の挑戦」の資料公開

DeNAが「AIによるアニメ生成の挑戦」の資料公開を公開しています。「構造的生成学習」技術開発により従来AI生成で難しかった “複雑な構造での高品質生成”、”構造変化が大きい画像間の補完生成・中割” 等の課題を解消しているとのことです。

確かに人の全身のような画像生成が実現できてるみたいです。中割に関してはフレーム間がクロスフェードっぽくなっちゃうのが気になりますが、だいぶ綺麗に補完されてる気がします。

 

Tips

modoでオーバースキャンレンダリング

画像を外側に広げた大きさでレンダリングしたい時に便利な、オーバースキャン レンダリングについて書いてみたいと思います。

 

オーバースキャンとは

もともとはブラウン管テレビの外周にある黒縁のように、データは存在するけど映像が見えない目隠しされている領域を「オーバースキャン」と言います。3DCGでもカメラフレーム外側の領域をレンダリングすることを「オーバースキャン レンダリング」と呼んだりします。

CGではコンポジットで被写界深度やレンズのゆがみを追加したとき画像の端が綺麗に処理されるように、または画面揺れを追加できるように、一般的な映像フォーマット(720p、1080p)より少し大きめのサイズでレンダリングすることが多いと思います。静止画でも印刷用途だと「裁ち落とし」部分まで画像を用意すると思います。

 

オーバースキャン スクリプト

オーバースキャン レンダリングしたいときは「bd_overscan.py」を使うと便利です。

 

オーバースキャン レンダリングの計算方法

大抵は3Dソフトごとにオーバースキャン レンダリング用のスクリプトや機能があるのですが、カメラのフィルムバックを使用すると簡単に計算することができます。

元となるカメラの設定です。

レンダー解像度
  • 幅 1280
  • 高さ 720
フィルムバック
  • フィルム幅 36 mm
  • 高さ 24 mm

カメラのフレームはこんな感じです。

デフォルト設定1280×720ピクセルのレンダリング結果です。オブジェクトを左右ギリギリに配置して、球体の影はフレームにかかるよう配置してます。このデータを使ってオーバースキャンを計算してみます。

 

パーセント指定する方法

「フィルムバック」を使用する方法

例えば120%に拡大したい場合は、現在の「レンダー解像度」と「フィルムバック」に1.2を掛けます。フィルムバックを使用するとカメラの「焦点長」を変更せずに済むので便利です。

レンダー解像度
  • 1280 * 1.2 = 1536
  • 720 * 1.2 = 864
フィルムバック
  • 36 mm * 1.2 = 43.2 mm
  • 24 mm * 1.2 = 28.8 mm

120%したプロパティです。

120%でレンダリングした画像です。

 

「焦点長」を使用する方法

フィルムバックの設定がないソフトの場合は「焦点長」を1.2で割る方法が使えます。3dsMaxの「レンズ」でも同じ計算方法が使えます。

レンダー解像度
  • 1280 * 1.2 = 1536
  • 720 * 1.2 = 864
焦点長
  • 50 mm/1.2 = 41.666 mm

120%したプロパティです。

120%でレンダリングした画像です。

ピクセル数を指定する方法

1280pixを1600pixのようにピクセル数を指定する場合は「変更したいサイズ÷現在のサイズ*フィルムバックサイズ」で計算できます。

レンダー解像度
  • 1280 → 1600
  • 720 → 900
フィルムバック
  • 1600 / 1280 * 36 mm = 45 mm
  • 900 / 720 * 24 mm = 30 mm

1280×720を1600×900に変更したプロパティです。

1280×720を1600×900でレンダリングした画像です。

 

ピクセル数を指定して「焦点長」を求めるにはアークタンジェントとかいう計算が必要っぽいので、今回はスルーします。どうして計算方法を書いたかというと、他のソフトでも使うことができるんじゃないかなと思いました。

modoでオーバースキャン レンダリングするときは、シーンを別名で保存/管理する方法もありますが、カメラの動きを修正した場合を考えてレンダーパス使う方法や、バッチレンダリング時にコマンドでオーバースキャンの値を設定する方法が柔軟性があって便利な気がしますね。

 

参考

https://www.pixelfondue.com/blog/2016/12/9/overscan-rendering

CG News

MODO用の作画支援ツール「TMSCAM」

アニメ制作会社トムス・エンタテインメントが企画・開発したMODO用のカメラツールの情報が公開されています。「この春目標にダウンロード公開を予定いたしております」とのことなので、どんなツールなのか公開が楽しみですね。modoでアニメというのが興味深いです。
http://modogroup.jp/modo/free_kits/tmscam

TMSCAM

TMSCAM(トムスカム)は、MODOの機能を独自にカスタマイズした作画(2D)とCG(3D)の相互支援ツールです。

2Dと3Dそれぞれのカメラを共通化することで、アニメ制作における双方の連携強化やレイアウト作業の効率化などを実現するために開発されました。現在、アニメ業界ではデジタル作画や3Dレイアウトといったデジタルを活かしたアニメ制作が行われています。TMSCAMは、これらをスタジオに限らず個人でも利用しやすいツールにすることを目指しています。

 

参考資料

ディープラーニングを用いたアニメの自動彩色開発インタビュー

OLMデジタルと奈良先端科学技術大学院大学共同研究による、チームディープラーニングを用いたアニメの自動彩色のインタビュー記事が公開されてます。
「ピカチュウは高確率でサトシの肩に乗っているので、どこの領域までがピカチュウで、どこからがサトシなのかを機械に判断させるのが難しい」というような話は面白いですね。
https://cgworld.jp/feature/201902-autocolor.html

Presentation

CG News

Unityが300個のフリー測定マテリアル公開

Unityが300個のフリー測定マテリアルを公開したようです。このライブラリーは自動車のレンダリングに合わせて作られており、皮革や布地、クロム、ガラス、プラスチック、自動車用塗料、木材や布地のような内部仕上げの実世界の測定されたマテリアルで構成されてるみたいです。
https://blogs.unity3d.com/jp/2019/02/08/we-have-you-covered-with-the-measured-materials-library/

Unity Store
https://assetstore.unity.com/packages/2d/textures-materials/unity-measured-materials-library-138814

Tips

modoのセンターとピボット

modoの「センター」と「ピボット」について書いてみます。とりあえず他の3Dソフトで言う「ピボット」を編集したい場合、modoでは「センター」を使っておきましょうという話です。

 

modoはアイテムモードで移動/回転/スケールするとき、メッシュのどの位置を基点にするか指定する機能として「センター」と「ピボット」という2つの要素があります。「センター」はメッシュの基準となる位置、「ピボット」はセンターからのオフセット位置と、アイテムを移動/回転/スケールするときの基点となる位置として使用されます。

ピボットはセンターからのオフセットとして動作しています。

センターはアニメーションできませんが、ピボットはキーを設定してアニメーションしたりリギングに使用することができます。

サンプルファイル

 

modoのピボットはトランスフォームアイテムです。ピボットの位置を編集するとピボット用のトランスフォームアイテムが追加されます。ピボットを編集しない場合はセンターがピボット位置として機能します。
トランスフォームアイテムの計算順はチャンネルビューポートで確認することができます。

 

ロケータで親子関係を設定すればピボットを直接アニメーションしなくても同じようなことができますが、サイコロを転がすようなアニメーションの場合は、ピボットを使用した方がアイテムリストがスッキリしていいかもしれません。

 

ちなみに、メッシュの中心にセンターやピボットを移動したいときは、専用のコマンドがあるので便利です。

 

とりあえず「センター」を使うとよい

他の3Dソフトを使用した経験があると「センター」と「ピボット」の関係が少しややこしいですが、回転などトランスフォームの基点になるという意味ではmodoも他のソフトと同じで「ピボット」が使用されます。ピボットのオフセット位置を計算するための基点として「センター」という概念が導入されているのだと思います。

それでは他のソフトのピボットと同じような感覚で、modoのピボットを使用すればいいかと言うと違います。理由は以下の通り。

  • modoはFBX出力するときにセンターをピボットとして出力する
  • modoのリジッドボディダイナミクスは回転の基点にセンターを使用する

他のソフトやゲームエンジンとの連携を考えると、ピボットを直接アニメーションしたいとき以外は「センター」を編集した方が何かとトラブルに遭遇しなくてすむと思います。
Foundryのフォーラムで「センターはピボット、ピボットはピボット オフセットに名称を変更した方がいい」という書き込みを見かけましたが、確かにその方が他のソフトを使用してるユーザーにはなじみがいいように思いました。

 

3dsMaxやLightWaveなど設計の古いソフトはピボットをアニメーションすることができませんでした。このためセンターという概念や用語がありませんでした。
MayaやMaxのプラグインBipedやCAT、Messiahなどアニメーションに強いと言われるソフトはピボットのアニメーションに対応してる場合が多かったように思います。modoの「センター」と「ピボット」はその辺りをふまえた設計なのかもしれません。

 

参考

http://modogroup.jp/modo/column/animation05

CG News

Paintstorm Studio 2.32 アップデート

Paintstorm Studioが2.32にアップデートされました。細かいところが便利になってきてますね。Paintstormは葉っぱブラシが用意されてるのと、ブラシサイズがパースに対応してるので、サクッとそれっぽい背景が欲しいときに便利に使ってます。
http://www.paintstormstudio.com/index.html

 

アップデート内容

  • 万華鏡モード追加。それは信じられないほどの装飾品を作成するための強力なツールです
  • フレームと “Free transform”ポイントを移動するためのアンドゥ/リドゥオプションが追加されました。また、 “Free transform”フレームはエッジを越えて移動することができます
  • 「ハイライトレイヤー」機能追加(ハイライトオプションは、[オプション] > [メイン] > [ハイライトレイヤー]でカスタマイズできます)
  • 「スナップ」機能追加。レイヤーを動かすときだけでなく “Free transform”フレームを動かすときにそれを使うことができます
  • レイヤーをそろえる機能が追加されました。対応する[整列]ボタンが[レイヤー移動ツール]パネルに表示されます
  • 「最近使ったファイル」パネルが完全に変わりました。ドキュメントのプレビューを確認したり、対応するファイルのあるフォルダにすばやく移動することもできます
  • [自動保存]設定がオプションパネルに追加されました。自動保存は “FileName-date-time”形式で保存され、保存するフォルダと最大ファイル数を選択できます。またjpgの “Drawing Stage”に自動保存機能を追加しました
  • レイヤーやフォルダを隣の文書にドラッグ&ドロップできるようになりました
  • トップメニューでドキュメントをポイントしたときにプレビューが表示されるようになりました。オプションはOptions-> Interfaceで無効にできます
  • ブラシのアンチエイリアシングを無効にできるようになりました
  • キャンバスに近似したピクセルのグリッドを表示できるようにする機能が追加されました([オプション] > [openGL] > [ピクセルグリッドを表示])
  • 「グラデーション」パネルに反転ボタンを追加
  • いくつかの新しいホットキーが追加されました。「左右にレイヤーを反転」「上下にレイヤーを反転」「画像のサイズ変更」「キャンバスのサイズ変更」「次のドキュメントに切り替える」
  • 複数のレイヤーの「不透明度」と「ブレンドモード」を一度に変更できます。
  • 一度に複数のレイヤーを複製することができます。
  • いくつかのレイヤーを選択した状態でフォルダーをクリックするとグループ化されます
  • ブラシの透明度を「オプション」で変更できる機能を追加しました
  • 「オプション」に「TABのメニューを隠す」機能を追加しました
  • パネルアニメーションを有効または無効にできるようになりました([オプション] > [インターフェイス] > [パネルアニメーションを有効にする])
  • 現在のフォルダとテクスチャが青でハイライトされている間、テクスチャウィンドウはテクスチャの中心になります。 「カスタムフォーム」にも同じ機能が適用されます
  • すでに開かれているファイルを開くことはできなくなります。このファイルを再度開くように指示されます。
  • 小さなバグ修正
Tips

modoで車リグの作り方

modoで車リグの作り方について書いてみたいと思います。本格的で複雑なリグではなく、タイヤが地形に合わせて動くような単純なものです。

 

タイヤの回転

車のタイヤ(ホイール)の回転にはRevolveノードを使用します。Revolveノードはオブジェクトの移動距離から、回転を計算してくれる便利なノードです。

スケマティックはこんな感です。

ロケータに円柱をペアレントして、ロケータに移動アニメーションを設定しています。Revolveの「方向軸」はロケータをどの軸方向に移動したとき回転するかを指定します。また画像では直径1mのプリミティブの円柱を使用しているので、「半径」に半径500mmを設定します。

ロケータを直接アニメーションする場合は、ロケータの進行方向に沿って回転する必要があります。スケマティックを見るとわかる通り、Revolveは「ワールド位置」と「ワールド回転」を計算に使用します。移動方向に回転が設定されていない場合は、回転の計算が正しくおこなわれません。

Revolveを使用する場合は、パスコンストレイントを使用すると手軽に回転させることができると思います。

 

タイヤの接地

タイヤと地面の接地には、Intersectノードを使用します。Intersectはメッシュにロケータを沿わせることができるノードです。メッシュに近い位置のパーティクル色パーティクルのサイズを変えたりすることもできる便利なノードです。

Revolveで制御してるタイヤをIntersectでメッシュに沿わせたロケータにペアレントすると、地面の起伏に沿って回転するタイヤを表現することができます。ただしRevolveは平面上の移動から回転を計算するので、起伏がある地形では少しずれが発生してると思います。

 

車体の制御

起伏がある地形で車を走らせる場合、タイヤの位置にあわせて車体の傾きを制御したいと思うかもしれません。車体の傾き制御は以下の2つの処理で行います。

  • 車体のバンク角は前輪と後輪の平均した角度を使用します。
  • 車体ピッチ角は前輪と後輪の位置を使用します。

スケマティックはこんな感です。

左上の水色のグループはIntersectを使用して接地させる処理です。タイヤ4個ぶんロケータを作成しています。

左下の緑色のグループはRevolveを使用してタイヤを回転させる処理です。タイヤは全部同じように回転しています。Time Offsetはロケータの移動から、自動でステアリングを回転させる処理に使ってます。現在の回転値と-10フレームの回転値を減算することで、カーブでステアリングが回転して10フレしたら回転値が0になるようにしてます。動かないと違和感があったので、いいかげんな処理ですが入れてみました。RelationShipはステアリングの角度を±35°に制限するためと、イーズの効いた自然な動きにするために使用してます。

右側の紫色のグループが車体の制御の処理です。Position Constraint に2つのロケータの「ワールド位置」をリンクすることで、左右のタイヤの中間位置にロケータをコンストレイントしてます。Direction Constraint も同様で、左右のタイヤの平均にするためにコンストレイントしてます。(Position Constraintの変わりにMatrix Blendを使用しても問題ありません。気分的にDirection Constraintに合わせて、コンストレイント系のノードにそろえてみました)

前輪と後輪の中間位置にあるロケータの「ワールド位置」を Matrix Blend_1 にリンクして、前輪と後輪の中間位置を車体制御用のロケータ(Body_Rotation)にリンクします。Direction Constraint はピッチ角制御です。前輪と後輪の高さに合わせて、車体の前後方向をコンストレイントしています。Matrix to Eulerを使用して マトリクスを3軸の角度に分解して、車体制御用のロケータにリンクします。

Matrix Blend_2 はバンク角制御です。Matrix Blendを使用して前輪と後輪の中間の回転値を求めてます。Time Offsetは車体が回転するタイミングをずらすことで、サスペンションが揺れてる感じが出せないかと思って入れてみました。本格的にバネのようなサスペンションの揺れを再現するには、CBOXのマッスルデフォーマを使用すると作れると思います。

手作業で車体の揺れが調整できるように、車体制御用のロケータ(Body_Rotation)に車体のメッシュをペアレントしています。下の画像の最後の揺れは、自動ではなく手付けです。

 

制御用のロケータを表示した画像です。青色のシリンダーがホイールの中心位置、紫のピラミッドが車体の傾き制御用のロケータです。

 

実際にはこれだけでは不完全です。Intersectのモードに「レイ」のY軸を使用しているので平面や多少の起伏なら問題ありませんが、傾斜が大きい場合に前輪と後輪の距離が離れてしまいます。タイヤの距離を一定に保つシャーシのような仕組みが必要です。

Direction Constraintを使用してタイヤの距離を一定に保ったり、Relationshipを使用してタイヤの距離を調整することはできるのですが、すっきり解決する方法が思いつかなかったので、とりあえずここまでの記事としておきます。

 

参考

車はフリー化されたignition-masterのモデルを使用しました。タイヤの回転やスケールに望ましくない値が入っていたので修正して使ってます。
https://github.com/9bstudios

参考資料

Spider-Man: Into the Spider-Verse

映画「スパイダーマン:スパイダーバース」のメイキング記事が掲載されています。機械学習を使用したラインの予測や、ゲームのように2D画像を使用した爆発表現が面白い。

https://www.sidefx.com/community/spider-man-into-the-spider-verse/

 

アーティストはライブラリから画像を選択してから、ビューポートでリアルタイムでアニメーションを表示できます。同じHDAはレンダリング用に別のジオメトリも出力します。

 

爆発は2’sでアニメーション化され、それから1’sにシフトされました。、FXアーティストは単純なパーティクルシステムを使用したり、必要に応じてこれらの要素を手動で配置したり、レンダリングや最終的な外観についてあまり心配せずに要素のタイミングや構成に集中できます。

Imageworksは開発プロセスの早い段階で、インクラインを作成するためのさまざまな解決策をいくつか試しましたが、すぐに「ルール」に基づいてインクラインを作成するアプローチ(トゥーンシェーダなど)は手書きではないことを発見しました。

アーティストは機械学習による予測でショットを開始し、必要な場合にのみ調整します。Houdiniは機械学習に最適です。HoudiniのPythonとの緊密な対話のおかげで、SklearnをHoudini内で直接実行しました。私たちは学習モデルを訓練し、Houdini環境内で直接予測を呼び出しました。

インクラインはHoudiniからKatanaへのポリゴンラインとしてエクスポートされました。アーティストはレンダリング時に照明が線の太さを調整できるようにラインを選択しました。

インクラインツールを使用してHoudiniで絵を描いているアーティストの例。