Diary

参考資料

PS3にPhysXテクノロジを提供

NVIDIA、PS3向け開発ツール&ミドルウェアのライセンス契約を締結。
今回のライセンス契約締結に伴い、プレイステーション 3でゲームを開発するディベロッパーは、NVIDIA PhysX テクノロジSDKを無償でダウンロードでき、SCEIデベロッパ・ネットワーク上で利用可能となる。
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20090318_76096.html

参考資料

レイトレーシングを20倍高速化、Caustic Graphics社が開発

どうやら今時のマルチコアCPUに最適化されたレイトレーシングアルゴリズムのようですね。
200倍高速化は今後のCPUやCoプロセッサの処理速度向上を見据えた数値でしょうか。

 

第一世代の技術で20倍、2010年はじめに公開予定の第二世代で200倍高速化を目指す。
http://japanese.engadget.com/2009/03/17/20-caustic-graphics/

 

プレス
http://www.caustic.com/company_press-releases.php
Caustic Graphicsの創設者は米Appleでグラフィックス関係のエンジニアとして働いていた。
Caustic Graphicsのほかの社員も,Appleや米Autodesk,米Intel,米NVIDIA,米AMD傘下のATI Technologiesなどの出身者で占められている。

参考資料

面白法人カヤック

いろいろ面白いことしてますね。
サイトのデザインも良いしバラエティー豊かで勢いを感じます。

http://www.kayac.com/

参考資料

wonderfl build flash online

知り合いに教えてもらったのだけど楽しそう!
時間が出来たらやってみよう。

http://wonderfl.kayac.com/

wonderflは、サイト上でFlashをつくることのできるサービス。
通常Flashをつくるためには、Flash IDEやFlex、FlashDevelop等といったツールを使って、コードを書き、コンパイルする必要がありますが、wonderflでは、サイトにあるフォームにActionscript3コードを書き、サーバサイドでコンパイルを行います。
コンパイル結果はサイト上に表示され、作成されたFlash(swf)はページ上に自動的に表示されるので、完成したFlashをリアルタイムに見ながらコードを書くことができます。

参考資料

核弾頭の製造方法が分からなくなり、米国でトライデントミサイル再整備計画が停滞

ファンタジーでも何でもなく、こういう事があるんだ。
http://slashdot.jp/articles/09/03/11/0247202.shtml

> 一見原始的な機構にも見えかねない蒸気機関車ですら、極端に高度なものは修復不可能なパーツがありがち

へー職人技術のデジタルアーカイブとか細々行われてますが、職人が指先で感じとるような技術の継承が難しくなってるんですね。

参考資料

PlayCrafter

PlayCrafterはブラウザ上の簡単操作でゲームを作って、それをサイト上で公開・共有できるサイト。
すごい!時間があったらやってみよう。
http://www.playcrafter.com/

 

PlayCrafter Teaser ムービー

参考資料

MindManager Web

マインドマップをブラウザ上で共同編集するサービス。
なかなか面白いかも。
http://www.mindmanager-web.jp/

マインドマップ、思考関連のソフトはジャストシステムがOEM販売してる「アイマス」なんかが使いやすいです。ガンチャートもついてますし。
個人的にはルートを作りたくない。アウトラインプロセッサ、テキスト領域が欲しいなどの理由で、見た目はちょっと寂しいですが「iEdit」というフリーソフトをよく使ってます。