Diary

CG News

MODO – CharacterBox tutorials

CharacterBoxを使用したキャラクターのセットアップ方法を解説した動画が公開されています。フェイシャルのセットアップやアクションなどCharacterBoxの使用にかかわらず参考になる動画シリーズです。
作者の方は日本のCMも制作されてて、ナブテスコの企業CMでもmodoとCharacterBoxを使用していました。

 

 

Tips

modoで物理演算後にロゴが現れる

物理演算後にロゴが現れるような表現について書いてみます。

 

作り方は簡単で、物理計算後にUVを作成するだけです。

  1. 物理計算を設定したシーンを用意します。
  2. アニメーションが終了する決めのフレームでオブジェクトを選択して、UVマップを作成します。
  3. UVを展開します。UVツールの「ビューから投影」をアクティブにして、カメラビューをクリックします。
  4. テクスチャレイヤーでUVマップを設定します。
  5. UVビューを使用して、ロゴの大きさを調整します。

かなり単純ですね。物理演算の設定を変えるとオブジェクトの位置が変わってしまうので、プロシージャルモデリングの Create UV Map ノードを使ってみるのもいいかもしれません。
ロゴは少し崩れた方がいいかなと思って最後少しずれるタイミングにしてみましたが、レンダリングしたらピッタリ決まる感じの方がよかったかも。

物理演算関連の設定も書いておきます。

物理演算は「複合リジッドボディ」を使用しています。アイテムの形状は 球、カプセル、トーラスの3種類。中央の大きな球体は「キネマティックリジッドボディ」を設定しています。

Vortex Force の「強さ」に0~200~0%でキーを設定して、ぐるぐる回るようにしています。
Radial Force の「強さ」は Vortex Force とクロスフェードするように 0~200%でキーを設定して、球体に小さいアイテムが集まるようにしています。リレーションシップを使ってRadial Force の「強さ」が200%のとき、solver の「重力 Y」を 0 になるようにしています。
これだけだとアイテムが動き回るので「複合リジッドボディ」の「粘性」と「リニア減衰」にキーを設定して、アイテムの動きを遅くします。

 

「シャッター & グルー」を使って粉々になった破片でロゴができるとか、フォースかえたり色々面白い映像を作ることもできるんじゃないかと思います。

CG News

LWCAD 2018 for LightWave リリース

LWCADの最新版がリリースされたみたいです。
https://sites.google.com/view/lwcadmanual/lwcad-5-0/4-changelog/lwcad-2018-new-features

価格

  • 新規購入:LWCAD 2018 FULL:299 EUR or 349 USD
  • LWCAD 5からLWCAD 2018アップグレード:149 EUR or 175 USD
  • LWCADからLWCAD 2018アップグレード4:225 EUR or 259 USD

 

新機能

トライアルモード

新しいトライアルモードでは、LWCADを30日間完全にロック解除できます。トライアルモードで実行するにはインターネット接続が必要です。

オプションパネル マウスウェイトと角度ステップ

ハンドルの重みや角度を調整する際のマウスの感度を定義する新しいパラメータ。

ポップアッププリセットシステム

前方互換性と後方互換性を備えた新しいプリセットシステム。ファイル形式:XXX.lwcad

自動UCSコーナー

自動UCS初期化のための新しいコーナーモード

 UCS定規

寸法はUCSのX軸とY軸に投影されます

スナップパネルスナップボタン

スナップを有効または無効にする

新しいツール

ウィンドウを作成するための新しいパラメトリックツール。オブジェクトをカーブ、ポリゴン、NURBSから作成できます。

  • カスタムのサイズとパラメータに新しいポップアップ プリセットシステムを使用
  • 基本形状タイプ(長方形、アーチ、三角形)
  • カスタムインナー
  • アウターフレーミングと敷居
  • カスタムエッジとコーナー
エッジからレール

既存のジオメトリを選択して手すりを作成するための新しいパラメトリックツール。

  • カーブセグメント、ポリゴンエッジ、NURBSの選択を使用
  • 新しいポップアップ プリセットシステムを使用
  • レールは5つのオプションのレイヤーから組み立てられます:レール、サブレール、ポスト、サブポスト、フィリング
  • すべてのプロファイルは、カーブ、押し出された長方形、円のプロファイルで作成できます。
手すり

ラインツールに基づく新しいレールツール。

更新されたツール

階段

新しいレールのプリセット、レールツールのレールプリセットを階段オブジェクトに直接構築

プロフィール
  • ポリゴンとNURBSモードが同期
  • 新しいハンドル配置モード:セグメント端、コーナー端、レール端
  • プロファイルを地面に合わせるための新しいモード
  • 新しいパラメータの表示プロファイル シーシス
 Rect UV&Quad UV

新しい「Rect UV Linked」パラメータを使用すると、UVマップサイズでリンクまたは長方形のサイズを有効/無効にすることができます。

  • UV寸法の新しいポップアップ プリセット
長方形、ボックス、Windoor、直角屋根、直角階段と壁
  • サイズの新しいポップアップ プリセット
ナイフ
  • 新しいオプションのマルチ ブレードモード(ブレード距離のためのプリセット付き)
Tips

modoでバラバラに散らす表現

modoのソフトボディを使用して、オブジェクトをバラバラに散らす方法について書いてみたいと思います。

作り方は簡単です。オブジェクトをShatterで分割して、フォースで散らすだけです。徐々に動き出すところはフォースのフォールオフを使用します。

  1. ティーポットを作成。
  2. 「シャッター & グルー」を実行する。このとき「法線マップを生成」をONにする。
  3. 不要な Constraint Modifier を削除。
  4. 「シャッター & グルー」が作成したグループロケータをダブルクリックして子のアイテムを全選択し、「メッシュの統合」を実行して1アイテムにする。
  5. リストタブで shatterInterior マテリアルを選択して Delete する。
  6. ティーポットに「ソフトボディ」を適用して、「ローカル密度」を 0.05 に設定します。
  7. solver の「重力 Y」を 0 に設定します。
  8. Turbulence Force を作成して「強さ」を 0.2%、トランスフォームのスケールを 40% に設定します。つぎにTurbulence Force の移動にキーを設定して、適当に移動しつづけるように設定します。
  9. Wind Force を作成して「強さ」を 0.5% に設定して、45°回転します。
  10. Turbulence Force と Wind Force に Linear Falloff を追加します。
  11. Linear Falloff の「長さ」を適当に設定して、移動するアニメーションを設定します。シミュレーションを実行すると、フォールオフの範囲に入ったメッシュがフォースを受けて飛び散ります。

上の画面キャプチャでは忘れてましたが、ソフトボディを適用するメッシュは4角形以上のポリゴンを選択して「三角分割」か「四角形」にしたほうがよいです。多角形のポリゴンをソフトボディ計算するとエラーが発生して、頂点が極端に飛び出したりします。

あと上の画像はサブディビ切り忘れて隙間できてた。ソフトボディはメッシュが細かければ細かいほど布っぽい動きになるのですが、細かくするとトライアンドエラーに時間がかかるのが悩み所です。

 

modoのサンプルモデルを使うとこんな感じになります。

分割したメッシュだけだと少し寂しいので、メッシュが動き出すタイミングでパーティクルを発生させています。パーティクルの発生位置はFXアイテムに Gradient を追加して制御します。入力パラメータを「ロケータまでのY軸距離」、レイヤーエフェクトを「パーティクル密度」に設定しています。
パーティクルは RelationShip を使って回転と、小さくなって消えるようにスケールをアニメーションしています。

 

ベベルを使って面を切り離すと、昔のCGっぽくポリゴン単位でバラバラにすることも出来ます。切り離しただけだとスムージングがかからないので、Merge Meshes と Vertex Merge を使うとスムージングを掛けた感じにできます。ちょっと重くなりますけど。

 

モーショングラフィック作品でよく見かけるような表現がmodoでも手軽にできたりします。Constraint Modifierが同一メッシュ内のソフトボディで使用できるようになれば布が裂ける感じがだせそうなので、もっと進化して欲しいですね。

CG News

Maya用glTF2.0エクスポータ

Maya用のglTFエクスポータが公開されたようです。
https://kashika.co.jp/product/gltfexporter/

 

概要

簡単にglTF2.0形式のファイルをエクスクポートできます。これはglTF 2.0ファイルをエクスポートする最も簡単なMayaネイティブプラグインです。オープンソースで無料です。

Tips

modoで紙吹雪を作る方法

modoのソフトボディを使用した紙吹雪の作り方について書いてみます。
紙吹雪や花びらが降る表現はよく見かけます。作り方としてよくあるのは板ポリに回転するアニメーションを設定して、その板ポリをパーティクルに割り当てる方法です。modoでもパーティクルとリプリケータを使えば同じことができますし、After EffectsのParticularが使われてるのもよく見かけます。

パーティクルを使用した方法は手軽ですが、ソフトボディを使用すると落下方向とポリゴンの面の傾きで動きに変化がでて、パーティクルにはないリアルな動きを表現できます。

紙吹雪のモデリング

板ポリをランダムに配置するだけです。方法はいろいろあると思いますが、modo 12で改良されてたジッターツールのリジッドモードが便利なので使ってみました。

  1. 平面ポリゴンを作成します。
  2. 平面分割(Shift+D)を4回実行。
  3. ポリゴンを選択して、ベベルを「グループ化」OFFで実行。面ごとにベベルします。
  4. 選択中のポリゴンを非表示(H)。
  5. ベベルで生成されたポリゴンを削除。
  6. ポリゴンを表示(U)。
  7. 移動ツール(W)をアクティブにして、ポリゴンを複製(Ctrl+Shift+ドラッグ)。
  8. ジッターツールの「リジッド回転」「リジッド移動」をそれぞれ実行してポリゴンをバラバラに配置します。

花びらや葉っぱのようにテクスチャを使う場合は、平面を配列ルールで複製した方がUVを維持できていいと思います。

 

ソフトボディの設定

紙吹雪のソフトボディはローカル密度を0.005と小さな値を設定して、紙のような軽さが出るように設定してます。「リニア減衰」に大きな値を設定しているのはゆっくり落ちるようにするためです。このあたりの設定はシーンの大きさやフォースの設定なんかで適当に設定してます。

  1. 平面ポリゴンを作成します(地面用)。
  2. 平面ポリゴンに「スタティックリジッドボディ」を適用。
  3. 紙吹雪用のメッシュに「ソフトボディ」を適用。
  4. ダイナミクスのプロパティで「密度」を0.005、「リニア減衰」を10%に設定します。
  5. Turbulence Force を追加し「強さ」を0.03%に設定します。トランスフォームの「スケール」を40%に設定し、位置にキーを追加してテクスチャロケータが移動し続けるように設定します。
  6. Vortex Force を追加し「強さ」を0.01%に設定します。このあたりのフォースの設定は好みにいじった方がいいと思います。
  7. Turbulence Force と Vortex Force にLinear Falloffを追加し、「長さ」を2mに設定します。
  8. シミュレーションを実行すると紙吹雪っぽい動きになると思います。平面に落ちたときプルプル動くのは止められなかった。

これだけでも簡単に紙吹雪っぽい動きになりましたが、パーティクルを使用したときとあまり変わらない感じがするかもしれません。そこでLiftのパラメータを設定します。Lift は空気抵抗で紙が上昇するような動きが加わって、ヒラヒラ舞う感じになります。
このパラメータはチャンネルビューポートにのみ表示されるパラメータです。余談ですがダイナミクス系のパラメータの頭に付く re は Recoil の略称かな?

 

Lift

Liftの値を変えて変化を見てみました。フォースはなしで重力のみの設定です。「密度」「リニア減衰」の値によっても動きが変わるので、ザックリとした参考だと思ってください。

Lift 0

 

Lift 0.01

 

Lift 0.1

 

Lift 1.0

 

最終的に「reLift」を 1 にして、Liftの効果が出やすくするために「リニア減衰」をデフォルトの4%に変更しました。

 

紙の裏側は、折り紙のように白色になるように設定してます。

質感は Variation Texture と Gradientを使用しています。Variation Texture の変化ソースを「メッシュパート」にすると、連続ポリゴン単位で色を変えることができます。ポリゴン背面の色はグラディエントの入力パラメータを「背面」に設定し、ブレンドモードを「スクリーン」にして白くなるようにしています。


ソフトボディでもパーティクルと同じくらい簡単に紙吹雪が作れるんじゃないかと思います。

ちなみにソフトボディを使用する場合は、solverの「シーンスケール」の値は変えない方がよいです。仕様なのかどうかわかりませんが「圧力」が反応しなくなったり、パラメータの動きが変になるような気がします。実物のサイズでソフトボディが上手く動作しないときは、シーン全体を大きくしてから計算する上手くいくかも知れません。

 

ソフトボディを使用した紙吹雪の表現は、LightWaveのプラグインMotionDesignerが別売だったときのチュートリアルに書かれてました。今でもドキュメントに載ってたりするのかな?

CG News

modoのプラグイン集「Dara」がオープンソース化

modoのプラグイン集「Dara」がオープンソース化されたようです。$399で販売されていた物ですが、アップデートが滞った状態だったみたいです。
https://gumroad.com/mechanicalcolor

リポジトリ
https://github.com/9bstudios

 

Ignition

10個のカースタータープリセットモデル。

 

Tagger

CADインポートなどの大規模なデータで、マテリアル、パーツ、選択セットの管理に役立つプラグイン。

 

Zen

ワークフローをより速く、よりすばらしいものにするためのツールバーとレイアウトのコレクション。

 

Passify

パス管理を簡単にします。QuickFloor、Ultralight、Toggler、Managerといった複数のプラグイン。

 

Cropper

クロップレンダリングツール。

 

Kelvin

スタジオレンダリングのためのリグとプリセットのコレクション。

 

Neat Freak

アイテムリストとシェーダツリーをクリーンアップするユーティリティ。

 

Render Monkey 2

簡単なレンダリング管理ツール。プログレッシブレンダリング、バッチレンダリング、任意のフレームレンジのレンダリング、パスグループに対応。

 

Metermade

ワンクリックでライブアップデートする寸法ツール。

 

Snap

バックアップを簡単に保存するシンプルなプラグイン。

 

Flipper

簡単な多軸シンメトリープラグイン。

 

Wheely

簡単に放射状シンメトリーをモデリングするためのプラグイン。

 

Bling

ワンクリックメニューで「matcap」シェーダを追加/削除するためのプラグインです。

 

Life Saver

Configsのバックアップ。

CG News

MODO用パーティクルオペレータアセンブリ「グリッド キット」

グリッド状にパーティクルを移動させるアセンブリが発売されたようです。価格は€8。https://gumroad.com/l/TheGrid

恐らくmodo標準機能で構築されたアセンブリだと思います。X-Particlesのデモ見て作ってみようとしてたので頑張れば作れると思いますが、買った方が手軽かも知れません。

 

概要

グリッドキットは、modoパーティクルを使用してグリッド/迷路のような構造を作成するためのツールであり、パーティクルの動きから作成されたカーブで簡単に作業できます。「どうやって作るのか」を考え技術的に闘うよりも、創造する時間を費やして楽しく過ごすことができます。
 

 

 


 

 

 

Tips

modoのパーティクル速度を使用して回転する方法

パーティクルの速度に応じて回転する方法について書いてみます。パーティクルオペレータの使い方の応用的な内容で、「速度」に応じて回転する風車のような表現ができるようになります。

Vortex Force を使用した単純な構成の画像です。移動速度に応じて回転数が上がります。
スケマティックはこんな感じ。

パーティクルオペレーターに「速度」と「回転」を追加します。「速度」を「回転」にリンクしたいところですが、「速度」と「回転」はチャンネルタイプが異なるので、Matrix From Euler を使用して「速度」をマトリクスチャンネルにしてから「回転」にリンクします。「速度」そのままだと回転の値が小さいので乗算ノードで30倍にします。

 

Wind ForceにLinear Falloffを設定して回転を制御してみた。

速度をそのまま回転に使用しているので、フォールオフの影響範囲に入った円柱の角度がジャンプしてしまいました。こういう使い方の場合は他の特性と組み合わせた方がいいかもしれません。

Wind Forceでは「強さ」を 1 、「速度」を 20 にしてパーティクルが移動しないように設定しています。Linear Falloffの影響範囲にあるぉパーティクルに速度が追加されることで回転させています。

サーフェースエミッターは1フレームで欲しいだけのパーティクルを発生できないので「放射レート」にキーを設定して、必要なパーティクル数になったら「放射レート」を0にしています。また「初期速度」「速度の広がり」を0にしてパーティクルが移動しないように設定しています。

 

矢印をパーティクルの進行方向を向け、速度に応じてスピンするような回転を設定してみた。

進行方向に回転する処理は、パーティクルオペレータの「前の位置」「位置」を Matrix Construct ノードを使用してベクトルチャンネルを位置のマトリクスに変換します。次ぎに Matrix Construct の出力を Direction Constraint の「起点」と「終点」にリンクします。これで「回転出力」を「回転」にリンクすればパーティクルの進行方向に合わせて Replicator が回転するのですが、今回は「速度」を回転に加えたいので、Direction Constraint の「回転出力」をMatrix To Euler の「ワールド回転」にリンクします。

パーティクルオペレータの「速度」を乗算ノードで適当に50倍にして、 Matrix To Euler の値と加算した値を Matrix From Euler でマトリクスに変換。Matrix From Euler の「ワールド回転」をパーティクルオペレータの「回転」にリンクすれば完成です。今回はZ軸方向に回転したかったので速度Zしか使用していませんが、XYZの3軸で好きに回転できると思います。

 

紙吹雪や花びらを回転する場合でも速度を使用すると移動量に合わせた回転になるので、「寿命」を使って回転するより少しリアルな感じが出せるようになる気がします。

CG News

V-Ray Next for 3ds Max リリース

V-Ray Nextがリリースされたようです。
https://www.chaosgroup.com/vray/3ds-max/

  • レンダリング全体のパフォーマンスを最大25%向上
  • 新しい適応ドームライトは最大7倍高速で、窓や開口部に天窓の入り口を設置する必要がありません。
  • V-Rayフィジカルカメラには簡略化されたUIに加えて、自動露出とホワイトバランスが追加されています。
  • 新しいGPUレンダリングアーキテクチャ、生産のレンダリングの速度を倍増することを約束。
  • エンベローメントフォグ、ボリュームエフェクト、VRScans マテリアルに対するへのGPUのサポートが強化されました。
  • ディズニー・リサーチをベースにした新しいフィジカル・ヘア・マテリアル。光沢、柔らかさ、ランダム性をコントロールするためのスライダーで簡単に見えるようにしました。メラニン・コントロールは色を変え、ヘアカラーの色を変えます。
  • NVIDIA Al Denoiser
  • レンダーエレメントをデノイズする能力。
  • ヒートマップとデータオーバーレイを使用して、シーン内の光レベルを分析し測定するライティング解析ツール。
  • Alembic 1.7をサポート。レイヤリングを含む。
  • オブジェクトに適用された複数のマテリアル間を変更する新しいV-Rayスイッチ。
  • V-Rayプラグインとテクスチャを使用して、UnityやUnrealの手続きテクスチャとPBRマテリアルを含むあらゆるバージョンのV-Rayから3DS Maxに任意のテクスチャや素材をロードできます。

V-Ray Nextの新しいワークステーションライセンスは$1,180。既存のライセンスへのアップグレードには$580。年間レンタルも$470で利用可。

CG News

RizomUV Virtual Spaces 2018 リリース

Rizom-LabがUVマッピング ツール がRizomUV (Unfold3d)をリリースしました。
https://www.rizom-lab.com

  • 新しい名前
  • オーバーホールされたインターフェイス
  • テクセル密度表示
  • モデルの特性に基づいて選択を行う能力
  • 継ぎ目が広がってパックするいくつかのオートモード
  • 先進のパッキングアルゴリズム
  • UDIMサポートなど
  • ツールをソフトウェアとパイプラインに統合したいユーザーは、新しいC ++ライブラリを利用することもできます。
Tips

modoのリプリケータでモーフ制御

modoのリプリケータで複製したアイテムのモーフ制御する方法について書いてみます。
modoにはリプリケータという、アイテムを頂点やパーティクルの位置に複製する機能があります。この複製したアイテムのモーフを制御したいことがあります。

modo 12 からは MergeMesh を使用することで、リプリケータのモーフを制御できるようになりました。モーショングラフィックなんかで、シーケンシャルにモーフを変更したい場合にフォールオフを使用してアニメーションすることができます。

 

Radial Falloff を使うとこんな感じです。

スケマティックはこんな感じです。

Cube には球体になるモーフマップを作成しています。背景コンストレイントで適当に作った物です。MergeMeshを使用すると、Morph Influence にはCube のモーフマップを設定できるようになります。Morph Influence に設定したフォールオフをアニメーションするとモーフをアニメーションさせることができます。

もちろんParticleにも使えます。花や傘が開くアニメーションなんかに使えそう。

難点は MergeMesh を使用するので、ポリゴンが多いと処理が重くなります。リプリケータのモーフを直接制御できれば便利で軽そうなんですけどね。

 

参考

https://community.foundry.com/discuss/topic/139207/using-falloff-to-control-morph-animation-along-replicas-solved-using-modo-12?mode=Post&postID=1121667