参考資料

参考資料

Nukeのディープコンポジット用プラグイン「DeepC」

Nuke用のディープコンポ用プラグイン「DeepC」が公開されています。現在10個の独立したプラグインで構成されており、すべてNukeの内蔵ツールよりもディープコンポジットプロセスをより細かく制御できるように設計されています。
大規模なスタジオでは似たツールがあると思うけど、DeepCはオープンソースプロジェクトで、中小規模のスタジオでも利用できるとのこと。
https://github.com/charlesangus/DeepC

Examples

Base Image

 

DeepCPMatte and DeepCGrade

 

Flat Masks and DeepCGrade

 

DeepCPNoise and DeepCPMatte

 

DeepCPNoise in 4D

参考資料

AE用の2D物理エンジン「Physics Now!」

After Effects用の2D物理エンジン「Physics Now!」がリリースされてるようです。価格は$129。

Newton同様にレイヤー単位で2D物理計算するもののようですが、ジョイント(レイヤー間のコンストレイント)はないのかな。NewtonはBox2Dというメジャーな物理エンジンライブラリを使用していましたが、Physics Now!は何かライブラリ使ってるのかしら。

https://crunchycreatives.com/products/physicsnow/

高速で強力な2D物理シミュレーションプラグインを使用して、After Effectsで表示されているレイヤーを簡単にシミュレートできます。

参考資料

After 3dsMaxの高速化版

3dsmaxのカメラ情報をafter effectsに変換させるツールのAEスクリプトを高速化したスクリプトが公開されています。
http://after3dsmax.artandgj.com/

参考資料

Future of 3DS Max

3ds max 2020以降で追加を予定しているパブリックロードマップが公開されていましたが、新機能ビデオも公開されてるようです。

  • 3dsmax用の取り外し可能なビューポート
  • 新しいテクスチャベイク処理
  • 新しいリトポロジーツール
  • パブリックロードマップから出すことができる他のいくつかのヒント
  • Bifrostが3ds maxに火と煙をもたらします

参考資料

UE4 のレイトレを映像出力に使ってみる

UE4に搭載されたRay Tracingを映像用途で使用すると、現在どのような問題やメリットがあるのかについての講演資料が公開されています。現時点では問題も多いが、もう少し操作性が改善すれば高速なレンダリングは魅力的になりえる。という感じでしょうか。

レイトレGI使用バージョン

 

レイトレ不使用バージョン

 

レイトレ設定を重くしたらワイヤーフレーム表示に

 

FXAAとTemporal AAの比較

 

レイトレ使用(RTGIなし)バージョン

 

複数のライトマップ設定の動画をクロスフェード合成した例

 

統合ソフトとオフラインレンダラーの操作感

参考資料

『L.S』Pilot Film

YAMATOWORKSさんが『L.S』のパイロットフィルムと、ブレイクダウンビデオを公開しています。元は2016年に公開されてたもので、2018年公開予定だったものですね。

FORCE OF WILL株式会社が運営するトレーディングカードゲーム「Force of Will」のアニメーションプロジェクト「Force of Will the Movie」。その第1弾となる、クトゥルフ神話をモチーフにしたアニメ「L.S」のパイロット映像。

「Force of Will the Movie」は『Force of Will』のコンセプトを引き継いだ約15分の短編アニメーション6作品から構成される、オムニバス長編映画(約90分予定)です。『Force of Will』の世界観同様、民話や神話、童話をベースとし、6つの異なるテイストのエンタテイメント作品になります。

参考資料

Interdax Launch Video

Interdaxという暗号取引プラットフォームのローンチビデオだそうです。

参考資料

KandaoのAIを使用したスーパースローモーション変換

中国のカメラメーカー Kandaoが機械学習システムを使用して、30fpsの通常のビデオを最大300fpsの超スローモーションに変換できる「AIスローモーション」と呼ばれる新機能を発表しています。
この機能は360 / VRカメラであるObsidianとQooCamに適用され、どちらも高品質のスローモーションを作成できるカメラにアップグレードされる。
https://www.kandaovr.com/2019/04/09/kandao-cameras-use-ai-to-turn-normal-video-into-300fps-super-slow-motion/

新機能を使用すると、ユーザーは撮影後にフッテージを最大10倍のスローモーションできます。たとえば、元々8K 30fpsでキャプチャされた360度ビデオは8Kで240fpsのスローモーションに変換でき、4K 60fpsのビデオは4K 480fpsでエクスポートできます。

参考資料

MayaからUnrealEngineを制御「PiStage」

MayaからUnrealEngineを制御するツール。価格は月$199、年間$1,999。
こういうツールあるだろうなと思ってたけど、やっぱりあった。UnrealEngineを覚えなくていいというのがいいですね。
https://www.pisquare.com.tw/pistage

PiStageの機能

コンテンツ作成ツール

モデル、スケルトン、シェーダなどのゲームエンジンに準拠したコンテンツを簡単に作成するのに役立ちます。

MayaからUnreal Viewportへの同期

アニメーター、ライター、カメラマン、FXアーティストは、シーンを編集しながら最終結果を即座に確認できます。この機能は、3Dライブショーを作るのにも役立ちます。

アセットコンバーター

3DアセットをMayaからUnreal Engineに簡単に変換します。

レンダラ

Mayaの他のレンダラと同じように、Beauty、Alpha、Depth、Ambient Occlusion、Normalの各レンダリングを任意の解像度で渡します。Maya Render Layersの限定的なサポートが含まれています。

シーンパッカー

あなたのシーンのレイアウトやアニメーションをプレイ可能なゲーム映画に変換します。

 

PiStageの利点

  • Mayaのアニメータがトレーニングなしでゲームエンジンを制御できるようにすることで、コストを最小限に抑えます。
  • Unreal Engine 4の画像品質とレンダリング速度を活用します。
  • Mayaで作成したアセットをインポートするためにUE4エディタを使用する必要はありません。
  • 高解像度のマルチレイヤー画像を生成するハイエンドレンダリングコントロール。