参考資料

参考資料

より正確なマルチビューヘアキャプチャ

毛髪は再建するのが最も困難な目的の1つだそうですが、ストランドレベルの精度で忠実度の高いヘアジオメトリをキャプチャする論文とビデオが公開されてるようです。

髪の毛のキャプチャーと言えばディズニーの研究を思い出します。需要があるジャンルなのかな。

http://openaccess.thecvf.com/content_CVPR_2019/html/Nam_Strand-Accurate_Multi-View_Hair_Capture_CVPR_2019_paper.html

参考資料

CGモデルにディテールを追加するツール「Nexture」

フランスのCronobo VFXが開発するディテール生成ツール「Nexture」。
NextureはCGモデルにディテールを追加する方法を提供することを目的としたまったく新しいツールです。人工ニューラルネットワーク(ANN)とカスタム画像合成アルゴリズムを組み合わせて、参照パターンバンクからCGテクスチャマップにディテールを転送します。
https://cronobo.com/

AIを使用したディテール生成というと、映画アリータ毛穴生成を思い出しますね。以下のURLインタビューが公開されています。元々VFXとは関係ないエンジニアの方がテクスチャ転写技術に興味を持って作ったのが始まりのようです。数週間以内にインターフェースがあるソフトウェアをリリース予定らしい。
https://beforesandafters.com/2019/06/20/ever-felt-you-might-need-a-texture-micro-details-synthesizer/

概要

NextureはAIを使用して単一のテクスチャから多数のバリアントを合成します。最も細かい部分を統合しながら、テクスチャの構造に合った新しい画像レイヤーを生成します。

4Kディスプレイスメント

 

参考資料

ブラウザベースのGPUレンダリングエンジン「Light Tracer」

ブラウザで動作するGPUレンダリングエンジン「Light Tracer」が公開されてるようです。
OBJモデルをアップロードしPCのGPUを使用してブラウザでレンダリングすることができます。Chrome、Firefoxと互換性があり。Light Tracerは現在無料で使用できます。

ブラウザで動作するレンダラーというとオートデスクに買収された「LAGOA」を思い出しますが、その後どうなったんだろう。

Light Tracer Renderのハイライト

クライアントサイドWebレンダラー

Light Tracerは、Webブラウザ内でGPUによって高速化されたフォトリアリスティックなクライアントサイドレンダリングのための世界初のソリューションです。現時点では、Google ChromeとMozilla Firefoxのみがサポートされています。

 

物理的に正しいエンジン

NVidia / AMDのようなGPUと、Intelのような統合されたGPUの両方のグラフィックカードで動作する物理的に正確で偏りのないレイトレーシングエンジンをベースにしてます。

 

高速かつ効率的

高度に最適化されたGPUパストレースエンジンにより、3Dシーンのナビゲーション中にビューポートで即座にフィードバックを得ることができます。部分的な加速構造の再構築によって可能になったインタラクティブな変更。

 

プログレッシブリファイン

Light Tracer はノイズの多いイメージから開始して、最終的な結果に向けて徐々にリファインするプログレッシブレンダリングモードを使用します。ノイズレベルが許容できると判断した時点でレンダリングを停止できます。

マテリアル

Light Tracer は単純だが堅牢な2層の物理ベースマテリアルモデルを特徴としており、光沢のあるサーフェス、ガラス、金属、セラミック、プラスチック、木材、カーペイントなど、一般的なマテリアルタイプのほとんどをシミュレートできます。

 

ライティング

Light Tracer は主にHDRI環境マップを使用するように設計されていますが、メッシュエミッタや、球状光源や遠方光源などの分析的に定義されたエミッタもサポートしています。

参考資料

Cascadeur: Making a somersault from scratch

物理ベースのキャラクターアニメーションソフト「Cascadeur」の新しいチュートリアルが公開されています。
軽く使ったところ初見で簡単に使える感じのソフトではありませんでしたが、チュートリアルを見るとインハウスソフトらしい最適化されたソフトなのがわかります。もう少し物理ベースの凄さが見てわかると興味わくんですけどね。

CG News

リアルタイムモーショングラフィックス ツール「Notch 0.9.22」

リアルタイムモーショングラフィックスおよびVFXオーサリングツール「Notch 0.9.22」が発表されました。

リアルタイム レイトレーシング、リアルタイム HDRI ライティング、リアルタイム デノイズ、Substance Designer インテグレーション、シャドーキャッチャー、NotchLCのAdobeプラグイン、Unicodeのサポート、BlackTraxとXsensの統合、300以上の新機能、更新、および修正が含まれているとのことです。

Notch Builderのライセンスはレンタルのみ、Base版は£99/月、Professional版は£189/月です。
https://medium.com/notchblog/notch-0-9-22-is-out-today-d4a46961dcbf

参考資料

Artem Smirnov RnD reel

破壊、液体、エフェクトのRnDリール。シミュレーション時間が凄いことになってそう。

参考資料

MotionReel 2019

使用ツールはCinema4d、X-particle、Redshift、Octane、Cycles4d。

参考資料

Netflix アニメーション制作仕様

Netflix パートナーヘルプセンター でアニメの納品仕様とガイドが公開されてます。「作業解像度は作画、スキャン、背景、CG、VFXを含む制作作業全般において3840×2160以上であること」という高解像度に指定されてるが興味深いです。

アニメーション制作仕様 (シリーズ)
https://partnerhelp.netflixstudios.com/hc/ja/articles/360001479067-%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E5%88%B6%E4%BD%9C%E4%BB%95%E6%A7%98-%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-

アニメーション制作仕様(映画)
https://partnerhelp.netflixstudios.com/hc/ja/articles/360001472848-%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E5%88%B6%E4%BD%9C%E4%BB%95%E6%A7%98-%E6%98%A0%E7%94%BB-

アニメ制作における最低必要要件
https://partnerhelp.netflixstudios.com/hc/ja/articles/360000593927-%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E5%88%B6%E4%BD%9C%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E6%9C%80%E4%BD%8E%E5%BF%85%E8%A6%81%E8%A6%81%E4%BB%B6

続きを読む

参考資料

Epic GamesがTwinmotionを買収し2019年11月まで無料化

Epic Gamesが建築、建設、都市計画を目的としたリアルタイムビジュアライゼーション ツール「Twinmotion」の買収を発表しました。Twinmotionは2019年11月まで無料で提供さます。その後は有償の製品になるようです。元々はTwinmotion 2019(シングルライセンス)285,000円、Twinmotion 2019 Team (ネットワークライセンス)435,000円で販売されていたソフトのようです。
https://www.unrealengine.com/en-US/twinmotion
https://www.unrealengine.com/en-US/blog/epic-twinmotion-join-forces-easy-high-quality-real-time-visualization?sessionInvalidated=true

Twinmotionは描画にUEを使用していたようですね。現在はEpic Games Launcher経由でインストールすることができます。ファイルフォーマットはFBX、SKP、C4D、OBJのようなメジャーな物から、modoのlxo形式もネイティブで読み込むことができました。

Twinmotionは巨大なプリセットのようなソフトで、マテリアル、ロケーション、天候、時間などをスライダーで手軽に変更できます。草木の追加や、パスを書いて人を歩かせたり、車を走らせたりが手軽にできます。

クオリティはムービーの通りで一昔前のゲーム画面のようですが、建築系は昔からリアルタイムで確認したいという需要があるみたいですね。

参考資料

PlayCanvas

WEBブラウザで動くゲームエンジン。以前からあったみたいですがメモ。
https://playcanvas.com/

工業製品のビジュアル化にUnityやUEのようなゲームエンジンが使われることが増えてるみたいですが、ブラウザで編集して3Dモデル見るならコレ系のサービスでも十分楽しそうな気がします。