参考資料

参考資料

SUPERFLAT FIRST LOVE

村上隆×ルイ・ヴィトンとのコラボ短編アニメの新作が公開されているようです。今回はキャラも3Dっぽいですね。
http://www.honeyee.com/feature/2009/superflat/contents.html

前作の「SUPERFLAT MONOGRAM」は監督細田守ということで、記憶にある人も多いのではないでしょうか。

 

参考資料

ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~

劇場用特報が公開されてたようです。背景は通しで2Dなんですかね?
柔らかい動きやキャラクターのデザイン・質感が良い感じです。

参考資料

Google、Web向け3DグラフィックAPI「O3D」と対応プラグイン公開

http://news.mynavi.jp/news/2009/04/22/009/
VRMLをはじめ多くのブラウザベースの3Dが提案されてきたわけですが、どれも根付かないままヒッソリと使われ続けてます。
普及のネックになるのはプラグインを見る側がインストールしなければならなかったり、
魅力的なコンテンツが提案できず3Dビュアー止まりだったりと、消費者との間に大きな溝を感じずにはいられません。
Flashあたりが早いとこ本格的な3D表示とオーサリングが可能になれば良いのですけどね。
そもそも、これは3Dじゃなきゃ駄目だよね!ってコンテンツやサービスが出てこなければ、何処がやってもビュアー止まりだと思いますけど。

https://code.google.com/archive/p/o3d/

参考資料

センコロール

サイトが新しくなりトレーラーが追加されました。
以前の派手なアクションシーケンスの多い映像から、静かな物語性を感じる内容に変わってます。
音楽には「メルト」のryo氏が担当のようですね。

http://www.cencoroll.com/

参考資料

独創的なグラフィックのゲーム

IGFで大賞受賞した作品「Blueberry Garden」

 

PixelJunk Eden

 

Fez
ビッグリトルプラネットもそうですが、ここ最近は独創的なアートスタイルのゲームが増えてますね。
Epic GamesもGoW2のインタビューで、リアルさよりも魅力的な絵づくりが必要だという内容の話もあった気がします。
インタラクティブアートよりのゲームと言えば、「塊魂」や「のびのびBOY」もそんな感じの路線ですね。

参考資料

Valve語る「Left 4 Dead」協力プレイ、リプレイ性、AIディレクターの秘密

デモすら未プレイですが、映像演出的なものをゲームプレイに落とし込んでる感じ?
ゾンビの出現が絶妙だという話は聞きます。
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20090327_80051.html

Valveの実験心理学博士が明かす、プレイテスト手法のあれこれ。
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20090329_80132.html

参考資料

PS3のゲーム開発ツール値下げ

ソニーは今月からPS3のゲームソフトウェア開発に必要な基本機能を集約したリファレンス・ツールの新モデルを従来の約5分の1にあたる20万円で提供開始。
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090324_ps3/

ネックとなっていたらしい開発キットの価格がだいぶ下がったようです。
今後は中小のメーカー参入が増えるのでしょうか。