参考資料

参考資料

Battlefield: Bad CO. 2 Multiplayer Trailer HD

ゲームのプレイ感を残しつつ緊張感のある展開と迫力のシーン。いい感じのムービーですね。
ゲームとしてはショックパドルの復活、輸送ヘリの復活がうかがえます。
システムとしてはゴールドラッシュがメインのようですね~発売が楽しみ。

コンクエもあるようです。

http://www.youtube.com/watch?v=zg3oVOYUlK0

参考資料

「メモリーズオフ」などの素材を使ってノベルゲームを作成できる「のべすと(β)」

Flashで作られたノベルエンジンと簡単な作成ツール。
読み込みが途中に入ることを除けば、なかなか良くできてる気がします。WEBのデザインがうるさいのがちょっと気になる。
吉里吉里など実績のある無料ソフトがある中で、こんなサービスが開始されるほどノベルゲームは制作者が多いのかな?
画像素材を購入させたいようなので、既存ゲームの二次創作者がターゲットなのでしょうか。

http://www.4gamer.net/games/091/G009173/20090521059/

参考資料

Ghostbusters: The Video Game

懐かしいですね~原作の作家Harold Ramis氏とDan Aykroyd氏が脚本を手がけ映画『ゴーストバスターズ2』の2年後が描かれる本作。
また各キャラクターの声はBill Murray氏やErnie Hudson氏など本人が担当らしいです。

参考資料

Beyond Good and Evil 2

確かにMirror’s Edgeのような移動とアクション、三人称視点ということでASSASSIN’S CREEDにも似た印象を受けます。
ムービーのスピード感がスゴイ!
絵が綺麗すぎるので、コンセプト映像でしょうか。

参考資料

16:9の画面の意味

ちょっと見かけたのでメモ。
http://www.kyo-kan.net/archives/2009/04/169.html

普通の視聴者はいろいろ考えながら見てるんだなーとか思いました。
件の「タユタマ 第2話で多用されている横向きの画面の意味」についてはコメントにもありますが、もとは2000年前後からギャルゲーのイベント絵に多用されはじめました。画面にキャラクターをより大きく表示させるため、斜めに配置し始めたのではないかと言われてます。
ゲームのアニメ化にあたり、原作のイベント絵のイメージを損なわないため同じように斜めにレイアウトした流れが起源だと思われます。
その後その表現が定着し「横向き」にまで極端な演出を実験的に行っているんじゃないかな?と個人的に思う。
絵の重力まで意識してコンテが切られてるか怪しいと思いますが…
何らかの思惑で横位置になり、そこに意味を見いだし受け取る人が現れれば、いずれ何らかの演出手法に昇華されるかもしれませんね。

参考資料

吉里吉里を内蔵したメタバース「Synthe(シンセ)」のサービスを発表

UGC、CGMといった今時のコンテンツの流れを取り入れ、吉里吉里、FBX、粘土ロイドとのタイアップといった作る側には文句なく良い仕様のように思えます。
問題は単純にユーザーにとって魅力的なコンテンツ、コミュニティーになり得るのか。
上手く人が集まってピラミッド構造が築けると良いですね~
また、運営会社がフィギュアなどの企画・販売を行っている会社だというのも興味深い。
これまではデジタルコンテンツに関係する企業が立ち上げるケースがほとんどでしたからね。

http://www.4gamer.net/games/090/G009084/20090501025/

参考資料

SUPERFLAT FIRST LOVE

村上隆×ルイ・ヴィトンとのコラボ短編アニメの新作が公開されているようです。今回はキャラも3Dっぽいですね。
http://www.honeyee.com/feature/2009/superflat/contents.html

前作の「SUPERFLAT MONOGRAM」は監督細田守ということで、記憶にある人も多いのではないでしょうか。

 

参考資料

ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~

劇場用特報が公開されてたようです。背景は通しで2Dなんですかね?
柔らかい動きやキャラクターのデザイン・質感が良い感じです。

参考資料

Google、Web向け3DグラフィックAPI「O3D」と対応プラグイン公開

http://news.mynavi.jp/news/2009/04/22/009/
VRMLをはじめ多くのブラウザベースの3Dが提案されてきたわけですが、どれも根付かないままヒッソリと使われ続けてます。
普及のネックになるのはプラグインを見る側がインストールしなければならなかったり、
魅力的なコンテンツが提案できず3Dビュアー止まりだったりと、消費者との間に大きな溝を感じずにはいられません。
Flashあたりが早いとこ本格的な3D表示とオーサリングが可能になれば良いのですけどね。
そもそも、これは3Dじゃなきゃ駄目だよね!ってコンテンツやサービスが出てこなければ、何処がやってもビュアー止まりだと思いますけど。

https://code.google.com/archive/p/o3d/

参考資料

センコロール

サイトが新しくなりトレーラーが追加されました。
以前の派手なアクションシーケンスの多い映像から、静かな物語性を感じる内容に変わってます。
音楽には「メルト」のryo氏が担当のようですね。

http://www.cencoroll.com/