参考資料

参考資料

Azureus Rising

フルCGのショートフィルム。モーションやモデリングなど素晴らしい。
インタビューにもありますが、ドラゴンボールZ 攻殻機動隊など日本のアニメーションの強い影響がうかがえます。
ゲーム的な印象が強い映像ですね。
メイキングページなど詳細なインタビューは参考になりそうです。

http://azureusrising.com/index.php/videos

 

参考資料

Hair Conditioner

ああー凄い上手い。いつか真似したい。毛の生えた車w
最後のティルトアップはこうでなくちゃね!って感じ。

参考資料

John Lewis “Woman” Ad

良いですね~こういう系の映像&音楽が好きです。
上手いことしてやったりな映像も作ってみたい。これ系は日本では中々お目にかかれないですね。

参考資料

Google Chrome Speed Tests

Chromeはええええーーー!!w
最近、firefoxから乗り換えてるって人もチラホラ。
こういうバカバカしい映像は良いですね。

参考資料

Marvel vs. Capcom 3: Teaser Trailer

カプコンはスト4以降変わった質感の映像を使うようになりましたね。
今回はアメコミ調の素晴らしい映像になっています。

参考資料

Coke Quest

コーラのCMでしょうか。なにやら凄い映像です。

CG News

TURBULENCE.4D for Lightwave

まさかのTURBULENCE.4DのLW版来た!!!!!!!!!!!!!!!!
俺、今の仕事落ち着いたらベータテストするんだ…
というかCoreが控えてる現状、購入するタイミングがむづかしいですね。2年前なら確実に買ってました。

かつてLWで販売されていたDynamite!はVoxel+fluid+solidとてんこ盛りの内容でしたが、シンプルな機能故、表現が単調になる感じでしたが TURBULENCE.LW はどんな感じになるでしょうか?
久々にテンション上がる製品です!

http://jawset.com/downloads.php

 

参考資料

Japan – The Strange Country

デザインや映像のテンポも気持ちよく、紹介系の映像としてダレずに見れて面白い。
資料やグラフも見せ方しだいで何倍も興味を引くことが出来るんだとお思った。

参考資料

Nike chase

Nike Japanのキャンペーン映像のようです。
アメリカンながらも日本のアニメを意識したデザインが素晴らしい。

参考資料

Pixels

ドット絵、ゲームをモチーフにした映像作品。
素晴らしいクオリティーです。僕も時間があれば似たようなの作りたい。

CG News

Mari

Mariは Weta DigitalのR&Dによって作られた3Dペイントツール。
ロードオブザリング、 キングコング、 Avatarで使用されています。インタラクティブに100万以上の多角形にペイント可能。 巨大なテクスチャのサポート32K x 32K pixels。ディズニーのPtex形式対応。

http://www.thefoundry.co.uk/pkg_overview.aspx?ui=3366FFA1-E59B-4772-9BB3-94F496491576

FoundryはAfterEffectとAvid用のエフェクトプラグイン、Kronos 5.0、CameraTrackerをNABで発表予定。
Kronos 5.0は高精度のタイムリマッププラグイン。CameraTrackerはカメラトラッキングプラグインのようです。