参考資料

参考資料

服飾アニメーションのインタラクティブオーサリングのための組み込みの服飾スペース学習

クロスアニメーションのインタラクティブオーサリングに関する研究のようです。メッシュを入力すると間を補完してくれる的な物のようです。
http://geometry.cs.ucl.ac.uk/projects/2019/garment_authoring/

ここでは半自動の衣服アニメーションオーサリングワークフローについて説明します。

(a) ボディアニメーションシーケンスが与えられると、アーティストはキーフレーム(黄色)を選択します。
(b)そのフレームに対する衣服の形状を入力し、システムはこの設計の固有のプロパティを学習し、この設計を他のフレーム(緑色)に自動的に伝播します。
(c)アーティストはガーメントのアニメーションをさらに調整することができます。新しいキーフレームを挿入し(黄色)、ガーメントのシェイプを編集します。次にキーフレームを妥当なトランジション(オレンジ色のボックス)にリンクすることによって、アニメーションシーケンスが自動的に更新されます。
(d) このワークフローでは、アーティストがコンポジション中にボディアニメーション(赤いボックス)を変更することもできます。これは、このシステムが基礎となるボディモーションからインタラクティブなレートで衣服のシェイプを推測するためです。

 

要約

体の動きに関するキャラクタアニメーションのための動的な衣服の形状をオーサリングすることは,CG産業における基本ステップの一つである。確立されたワークフローは時間と労力がかかる(つまり、コントローラを使用した高密度フレームの手動編集)か、キーフレーム・レベルの制御がない(物理ベースのシミュレーション)かのいずれかです。
驚くことではありませんが、縫製は多くの生産パイプラインのボトルネックとなっています。代わりに筆者らは衣服アニメーションの半自動オーサリングのための深層学習ベースのアプローチを提示した。そこではユーザはキーフレームの選択において所望の衣服形状を提供したが,筆者らのシステムはその動作に依存しない固有のパラメータ(例えば、重力、布材料など)に対する潜在的表現を推論した。
新しいキャラクタの動きが与えられると、潜在的な表現によって、適切な衣服のアニメーションをインタラクティブな速度で自動的に生成できます。キャラクタの動きを考慮しなくても、学習された固有の衣服スペースによって新しいモーションシーケンスのキーフレーム間のスムーズなトランジションが可能になります。技術的には動作駆動オートエンコーダネットワークを用いて固有の衣服空間を学習する。ここでエンコーダは衣服の形状を体の動きの条件下で固有の空間にマッピングするが,デコーダはキャラクターの体の動きと固有のパラメータの変化に従って衣服の形状を生成するための微分可能なシミュレータとして動作する。
著者らは一般的な衣服タイプに関して,著者らのアプローチを定性的および定量的に評価した。実験は著者らのシステムがインタラクティブなユーザインタフェースを介して現在の衣服オーサリング作業手順を著しく改善できることを実証した。標準のCGパイプラインと比較して,本システムは必要なキーフレームの比率を20%から1−2%に著しく低減した。

モーション不変エンコーディング

筆者らは下にあるキャラクタの動きを因数分解しながら,潜在空間における同じ固有パラメータを持つ衣服形状を同じ位置に写像する運動不変符号化を訓練し,提供されたキャラクタの動きを使用して潜在空間における位置を様々な衣服形状に復号した。潜像空間において、同じ色のドットは同じ固有パラメータによって生成されたインスタンスを表す。

フリーシェイプ生成

本稿で提案した運動不変符号化ネットワークの視覚図を示す。学習した動き記述子を係数として用い,各ネットワーク層内の複数のサブネットワークを線形にブレンドし,動きに従ってネットワーク挙動を動的に変化させた。

参考資料

Unityアニメの新しい威力

「あした世界が終わるとしても」のUnity使用例を見ることができます。MaxとUnityのPencilのレンダリング比較画など。やはりDCCとUnityでデータのやりとりするところが手間取りそうですね。

参考資料

EasyToon for Maya

コミックおよびアニメスタイルの制作のための強力なツールキットおよびレンダリングソリューションだそうです。パース変形やモーションブラーが面白いですね。使ってるレンダラーは3Delightのようですね。

参考資料

THE PEAK

マーザ・アニメーションプラネットによるUnityを使用した映像作品。THE GIFTの主人公サラの新たなエピソード。

メイキング。手描きの2D素材に自動的に厚みをつけてエフェクト作ってるの面白いですね。

参考資料

「七つの大罪」をゲームで高品質グラフィックを具現化するための技法と開発最適化

「七つの大罪」をゲーム化するにあたり、工夫した点が解説されてます。

シェーディングにMatcapを使用してライトに関係なくシェーディング、顔の頂点法線を編集、眉毛の描画順を髪の前面に変更。カメラの角度でテクスチャ切り替えるImposter Shaderが面白いですね。

参考資料

Unity上でセルルックCGアニメ映画「HELLO WORLD」のシーン再現にチャレンジ

Unite 2019で行われた「Unity上でセルルックCGアニメ映画「HELLO WORLD」のシーン再現にチャレンジ」のレポートが公開されています。
http://jp.gamesindustry.biz/article/1909/19093002/

続きを読む

参考資料

Transient

スローモーション撮影用のカメラPhantom Flex4Kで撮影した雷の映像素材のようです。

参考資料

Dancer Til Enda

実験的な映像のようですが、手描きとグリッチエフェクトがカッコイイ。

参考資料

DNA growth

Maxのプラグインtyflowを使用したテスト動画が公開されてます。どれも綺麗ですね。