参考資料

参考資料

MindManager Web

マインドマップをブラウザ上で共同編集するサービス。
なかなか面白いかも。
http://www.mindmanager-web.jp/

マインドマップ、思考関連のソフトはジャストシステムがOEM販売してる「アイマス」なんかが使いやすいです。ガンチャートもついてますし。
個人的にはルートを作りたくない。アウトラインプロセッサ、テキスト領域が欲しいなどの理由で、見た目はちょっと寂しいですが「iEdit」というフリーソフトをよく使ってます。

参考資料

多足Segway

とてもカワイイw
年老いて足が不自由になったら、こういう機械に乗って近所の子供を追いかけ回すじじいになりたいヽ(゚∀゚)ノ

参考資料

佐藤秀峰 on Web

なかなか興味深い。

http://satoshuho.com/index.html

ヒット漫画『ブラックジャックによろしく』『海猿』の作者・佐藤秀峰が、このほど公式サイトを開設。
「プロフィール」と題した自らの生い立ちから漫画家として大成するまでを描いた漫画の中で、『ブラックジャックによろしく』の連載終了の経緯など編集部との軋轢や、激務で作画スタッフから賃上げ要求を迫られたことなど、漫画家の厳しい実情を赤裸々に描いている。

参考資料

無人兵器

無音なほうがリアルですよね

参考資料

Dante’s Inferno Cinematic Trailer HD

インクのようなエフェクトがいい感じです。
最近こういった方向性のムービー多いですね>EA

参考資料

とらぶるツインズ

なんの事はない全年齢のPC用ギャルゲーです。
偶然アンテナに引っかかった。

妙に立ち絵が動くって話は珍しくもないのでスルーw
ギャルゲーくわしくないのですが、このゲームちょっと特殊?
サイトがしっかり作られてるわりに、原画は記載されてもシナリオが書かれてない。
おかしいな…と思いページを色々見てみると、コピーライトが「とらぶるツインズ製作委員会」と記載されている。

ちょっと調べるとゲームではなくCDとして流通してるっぽい。CDにゲームディスクが付いてくる。
発売はドワンゴ・エージー・エンタテインメント/TeraBytes Records。
ゲームは有名なエロゲブランド制作っぽいですね。TeraBytes Records関連。
変則的な販売のソフトは過去にもありましたが、なかなか興味深い。

参考資料

YAMACOブランド

卓越した技術力が評価され、1991年にストックホルムで行われたノーベル賞創設90周年を記念する晩餐会用のオリジナルテーブルウェアを担当し、今日まで継続的に採用されています。

http://shop.yamazakitableware.jp

へー
そう言えばiPod 裏の鏡面仕上げも新潟ででしたね。