CG News

CG News

Houdini 17.5

Houdini 17.5が発表されたようです。

Houdini 17.5の主な機能

  • 新しいプロシージャル依存グラフ
  • PDG:ユーザーインターフェース
  • PDG:ステロイドのレンダリングオペレータの改良版
  • PDG:VFX生産パイプラインを「アセスメント」する手段
  • PDG:機械学習ワークフローにおける将来の可能性
  • シミュレーション:分散流体シムのサポート、Vellumマルチフィジックスの更新
  • ビューポート:新しいGPUベースのスモークシェーダ、Principledシェーダ
  • ワークフロー:主要なSOPに書き換え、新しいマルチ出力表示オプション
CG News

Rigging Master Course 3

modo用のリギングチュートリアル「Rigging Master Course 3」の進捗ムービーが公開されています。modoでキャラクターリギング のプロセスを追加する予定とのことです。
https://community.foundry.com/discuss/topic/145422/rigging-master-course-3

著者のRichardさんは元PixarのキャラクターTDの方です。modoのデフォーマシステムは市販のソフトの中では最もPixarのソフトに似ている話を見かけますが、スレッドには「modoは私がPixar(およびRhythm and Hues)で学んだことに基づいて、必要なリグを組み立てることを可能にする唯一のセルフアプリケーションです」というコメントもあり、Pixarに通じるキャラクターリグの解説が期待できそうです。
https://community.foundry.com/discuss/post/1159525

CG News

finalRender for Maya オープンベータ開始

finalRender for Maya のオープンベータが開始されています。現在ライセンスが無料で公開されており、商用プロジェクトでの使用が許可されているとのことです。Max版にあるGPUレンダリングアーキテクチャ搭載前にフィードバックを収集するのが目的だそうです。

finalRenderはVray登場前にGIで存在感のあったレンダラーでした。頑張って欲しいですね。
https://www.cebas.com/?pid=productinfo&prd_id=203

finalRender for Mayaの機能

サポート
  • Windows 64 Bit/マルチコア
  • フォトメトリック、リアルエリアライト
ネットワークレンダリング
  • 真の分散ネットワークレンダリング
  • 標準ネットワークファームレンダリング、バッチレンダリングをサポート
カメラ
  • 実世界物理カメラ露光モデル
  • 複数の現実世界のカメラから選択できる
ライト&シェーダーから選択するリアルワールドカメラ
  • 高度なコースティックレンダリングエフェクト
  • 高度に最適化されたマルチレイヤースキンシェーダー
  • Mayaシェーディングネットワークのサポート

 

Depth Of Field

Caustics

Displacement Rendering

Render Elements

Hyper Shade

Photometric Lights

Network Rendering

Texture Baking

Keep Rendering

CG News

ZBrush 2019

ZBrush 2019が発表されました。大きく扱われてるのはNPRですが、フォルダー機能、インターセクションマスカー、Zリメッシャー v3.0が便利そうですね。今回から月額プランが追加になったようです。
https://pixologic.jp/zbrush/zbrush-2019/

続きを読む

CG News

CHAOS CLOUDサービス開始

V-Rayのクラウドレンダリングサービス「CHAOS CLOUD」が利用可能になったようです。20クレジットを無料配布中のようです。
https://www.chaosgroup.com/cloud

 

概要

新しいクラウドレンダリングサービス、Chaos Cloudを開始しました。Chaos Cloudは5年間のR&Dと6か月間で600万フレームと50万以上の仕事をレンダリングした広範なベータプログラムによって支えられています。これらのテストのおかげで、アセットを追跡したり、ライセンスを管理したり、仮想マシンを設定したりすることなく、1フレームをレンダリングする時間でアニメーション全体をレンダリングできます。

 

Chaos Cloudを試すと20個の無料クレジットがもらえます

V-Ray for 3ds Max, Maya, Rhino, Cinema 4D, Revit, Modo, Houdini , SketchUp (Next and 3.6 editions)は、Chaos Cloud内のボタンを介してアクセス利用可能です。

Chaos Cloudの機能は次のとおりです。

SmartSync

SmartSyncテクノロジを使用すると、データをChaos Cloudに一度アップロードするだけで済みます。その後はシーンの変更された部分だけを再同期します。アップロード時間を最小限に抑え、作業中の迅速な繰り返しを保証します。

SmartVault

Chaos Cloudを介してアップロードされたすべてのデータは安全なSmartVaultデータベースに保存され、簡単に呼び戻したり追加のレンダリングを行うことができます。SmartVaultはアセットの「指紋」を追跡しているため、名前の付け方、使用されているシーン、またはローカルの場所に関係なく、それらを再度アップロードする必要はありません。

ライブビューとリモートコントロール

Chaos Cloudインターフェースは完全にブラウザベースであるため、スマートフォンを含むほぼすべてのデバイスからそれを制御できます。ライブビューとリモートコントロールを使用すると、ユーザーは進行状況を監視したり、画像をプレビューしたり、インターネットを使用してどこからでもレンダリングを一時停止したりキャンセルしたりできます。

 

価格設定

一部のクラウドレンダリングサービスとは異なり、Chaos Cloudの価格はすべて込みです。ライセンス、アップロード、ダウンロード、保存、またはすぐにレンダリングジョブを開始するための隠れた料金や追加料金はありません。

Chaos Cloudクレジットのパッケージを購入することができます。これは数量割引で利用できます。今のところパッケージは100クレジット$100から始まり、価格はより大きなパッケージでは1クレジットあたり55セントにまで下がります。

CG News

EdgeFlow 2.0 for MODO

EdgeFlow 2.0が発売されました。価格はインディー版が14ユーロ、スタジオ版が60ユーロ。v1.0を持ってる場合は8ユーロ引きで購入できるようです。こういうモデリング機能は標準で搭載して欲しいですね。
https://gumroad.com/l/edgeFlow2
https://community.foundry.com/discuss/topic/145739/edgeflow-2-0-teaser

新機能
  • より良くてより速い
  • ビューポート内のGLハンドル
  • 同じツールに基づいた新しいmeshOperator
  • 円弧分布、曲面上のボリュームをより良く保つ
  • 右クリックで反復処理にマッピング

 

 

 

CG News

MODO用の作画支援ツール「TMSCAM」

アニメ制作会社トムス・エンタテインメントが企画・開発したMODO用のカメラツールの情報が公開されています。「この春目標にダウンロード公開を予定いたしております」とのことなので、どんなツールなのか公開が楽しみですね。modoでアニメというのが興味深いです。
http://modogroup.jp/modo/free_kits/tmscam

TMSCAM

TMSCAM(トムスカム)は、MODOの機能を独自にカスタマイズした作画(2D)とCG(3D)の相互支援ツールです。

2Dと3Dそれぞれのカメラを共通化することで、アニメ制作における双方の連携強化やレイアウト作業の効率化などを実現するために開発されました。現在、アニメ業界ではデジタル作画や3Dレイアウトといったデジタルを活かしたアニメ制作が行われています。TMSCAMは、これらをスタジオに限らず個人でも利用しやすいツールにすることを目指しています。

 

CG News

Unityが300個のフリー測定マテリアル公開

Unityが300個のフリー測定マテリアルを公開したようです。このライブラリーは自動車のレンダリングに合わせて作られており、皮革や布地、クロム、ガラス、プラスチック、自動車用塗料、木材や布地のような内部仕上げの実世界の測定されたマテリアルで構成されてるみたいです。
https://blogs.unity3d.com/jp/2019/02/08/we-have-you-covered-with-the-measured-materials-library/

Unity Store
https://assetstore.unity.com/packages/2d/textures-materials/unity-measured-materials-library-138814

Tips

modoのセンターとピボット

modoの「センター」と「ピボット」について書いてみます。とりあえず他の3Dソフトで言う「ピボット」を編集したい場合、modoでは「センター」を使っておきましょうという話です。

 

modoはアイテムモードで移動/回転/スケールするとき、メッシュのどの位置を基点にするか指定する機能として「センター」と「ピボット」という2つの要素があります。「センター」はメッシュの基準となる位置、「ピボット」はセンターからのオフセット位置と、アイテムを移動/回転/スケールするときの基点となる位置として使用されます。

ピボットはセンターからのオフセットとして動作しています。

センターはアニメーションできませんが、ピボットはキーを設定してアニメーションしたりリギングに使用することができます。

サンプルファイル

 

modoのピボットはトランスフォームアイテムです。ピボットの位置を編集するとピボット用のトランスフォームアイテムが追加されます。ピボットを編集しない場合はセンターがピボット位置として機能します。
トランスフォームアイテムの計算順はチャンネルビューポートで確認することができます。

 

ロケータで親子関係を設定すればピボットを直接アニメーションしなくても同じようなことができますが、サイコロを転がすようなアニメーションの場合は、ピボットを使用した方がアイテムリストがスッキリしていいかもしれません。

 

ちなみに、メッシュの中心にセンターやピボットを移動したいときは、専用のコマンドがあるので便利です。

 

とりあえず「センター」を使うとよい

他の3Dソフトを使用した経験があると「センター」と「ピボット」の関係が少しややこしいですが、回転などトランスフォームの基点になるという意味ではmodoも他のソフトと同じで「ピボット」が使用されます。ピボットのオフセット位置を計算するための基点として「センター」という概念が導入されているのだと思います。

それでは他のソフトのピボットと同じような感覚で、modoのピボットを使用すればいいかと言うと違います。理由は以下の通り。

  • modoはFBX出力するときにセンターをピボットとして出力する
  • modoのリジッドボディダイナミクスは回転の基点にセンターを使用する

他のソフトやゲームエンジンとの連携を考えると、ピボットを直接アニメーションしたいとき以外は「センター」を編集した方が何かとトラブルに遭遇しなくてすむと思います。
Foundryのフォーラムで「センターはピボット、ピボットはピボット オフセットに名称を変更した方がいい」という書き込みを見かけましたが、確かにその方が他のソフトを使用してるユーザーにはなじみがいいように思いました。

 

3dsMaxやLightWaveなど設計の古いソフトはピボットをアニメーションすることができませんでした。このためセンターという概念や用語がありませんでした。
MayaやMaxのプラグインBipedやCAT、Messiahなどアニメーションに強いと言われるソフトはピボットのアニメーションに対応してる場合が多かったように思います。modoの「センター」と「ピボット」はその辺りをふまえた設計なのかもしれません。

 

参考

http://modogroup.jp/modo/column/animation05

CG News

Paintstorm Studio 2.32 アップデート

Paintstorm Studioが2.32にアップデートされました。細かいところが便利になってきてますね。Paintstormは葉っぱブラシが用意されてるのと、ブラシサイズがパースに対応してるので、サクッとそれっぽい背景が欲しいときに便利に使ってます。
http://www.paintstormstudio.com/index.html

 

アップデート内容

  • 万華鏡モード追加。それは信じられないほどの装飾品を作成するための強力なツールです
  • フレームと “Free transform”ポイントを移動するためのアンドゥ/リドゥオプションが追加されました。また、 “Free transform”フレームはエッジを越えて移動することができます
  • 「ハイライトレイヤー」機能追加(ハイライトオプションは、[オプション] > [メイン] > [ハイライトレイヤー]でカスタマイズできます)
  • 「スナップ」機能追加。レイヤーを動かすときだけでなく “Free transform”フレームを動かすときにそれを使うことができます
  • レイヤーをそろえる機能が追加されました。対応する[整列]ボタンが[レイヤー移動ツール]パネルに表示されます
  • 「最近使ったファイル」パネルが完全に変わりました。ドキュメントのプレビューを確認したり、対応するファイルのあるフォルダにすばやく移動することもできます
  • [自動保存]設定がオプションパネルに追加されました。自動保存は “FileName-date-time”形式で保存され、保存するフォルダと最大ファイル数を選択できます。またjpgの “Drawing Stage”に自動保存機能を追加しました
  • レイヤーやフォルダを隣の文書にドラッグ&ドロップできるようになりました
  • トップメニューでドキュメントをポイントしたときにプレビューが表示されるようになりました。オプションはOptions-> Interfaceで無効にできます
  • ブラシのアンチエイリアシングを無効にできるようになりました
  • キャンバスに近似したピクセルのグリッドを表示できるようにする機能が追加されました([オプション] > [openGL] > [ピクセルグリッドを表示])
  • 「グラデーション」パネルに反転ボタンを追加
  • いくつかの新しいホットキーが追加されました。「左右にレイヤーを反転」「上下にレイヤーを反転」「画像のサイズ変更」「キャンバスのサイズ変更」「次のドキュメントに切り替える」
  • 複数のレイヤーの「不透明度」と「ブレンドモード」を一度に変更できます。
  • 一度に複数のレイヤーを複製することができます。
  • いくつかのレイヤーを選択した状態でフォルダーをクリックするとグループ化されます
  • ブラシの透明度を「オプション」で変更できる機能を追加しました
  • 「オプション」に「TABのメニューを隠す」機能を追加しました
  • パネルアニメーションを有効または無効にできるようになりました([オプション] > [インターフェイス] > [パネルアニメーションを有効にする])
  • 現在のフォルダとテクスチャが青でハイライトされている間、テクスチャウィンドウはテクスチャの中心になります。 「カスタムフォーム」にも同じ機能が適用されます
  • すでに開かれているファイルを開くことはできなくなります。このファイルを再度開くように指示されます。
  • 小さなバグ修正
CG News

新しいモーションデザインツール「Cavalry」

「3Dのパワーと柔軟性、2Dの使いやすさを兼ね備えた」新しい手続き型アニメーションアプリ「Cavalry」が発表されました。現在クローズドベータ版中のようです。AfterEffectsっぽいですね。
https://mainframe.co.uk/cavalry

Cavalryは2Dの使いやすさと3Dのパワーと柔軟性を組み合わせた、新しい2Dアニメーションアプリケーションです。際立っているのは、Cavalryは完全に手続き型であるということです。いつでも戻って何でも変更することができます。手続き主義への私たちのアプローチはかなり過激です。

Cavalaryは3Dアニメーション用ではありませんが、3Dアニメーターにはなじみのあるワークフローが組み込まれています。キーフレーム作成や曲線編集だけでなく、本格的なグラフエディタを備えています。つまり、変形、リギング、ダイナミクス、スキャッタリング、インスタンス化が可能です。
ユーザーは既成の動作をオブジェクトにドラッグアンドドロップするだけで、複雑な手続き型アニメーションシステムを構築することもできます。

CG News

Quixel Mixerベータ版を無料公開

QuixelはPBRテクスチャ編集ソフト「Mixer」のベータ版を無料公開すると発表しました。
https://quixel.com/blog/2019/1/30/the-year-of-mixer

ベータ期間は1年以上あるようです。Mixerの開発にはPhotoshopプラグインだったNDOとDDOのホームを作成する意図があると説明しています。MixerはMegascansの一部としてのみ利用可能でしたが、Quixelは無料ベータ期間が終了すると$99の永久ライセンス方式で利用可能になることも発表されました。

https://quixel.com/mixer

DDOは購入してましたが、新規に作り直すと発表され初期バージョンは無料公開されてました。現在はDDO自体がダウンロード出来ない状態で不安に思ってましたが、開発が続いてたということかな?

CG News

modo用ノードベースマテリアルエディタ「NoMo」公開

modo用のノードベースマテリアルエディタ「NoMo」が公開されています。価格は£45、現在アーリーアダプター価格で25%OFFとのことです。
https://gumroad.com/l/ZvnKx

現在はmodoのスケマティックでできることと同じ程度の機能ですが、modoのスケマティックより拡張した物を作りたくて開発中とのことです。将来的にノードライブラリとカスタムモードを作成したいとのこと。またノードにプレビューを追加する予定らしいです。
https://community.foundry.com/discuss/topic/145287/nomo-published-a-node-based-material-editor-for-modo

オリジナルのスケマティック追加してるのが面白いですね。modoはこういう拡張性もあるんだね。

 

概要

Modosプロシージャルテクスチャを利用して複雑なテクスチャの作成をスピードアップする、Modo用のノードベースのマテリアルエディタ。

CG News

Kanova スタンドアローン製品としての開発終了

Foundryが開発していたVR対応の3Dスカルプトソフト「Kanova」のスタンドアローンソフトとしての開発終了が発表されています。2018年にベータテストしながらどのような製品にするか検討するということで公開されていましたが、スタンドアロンソフトとしてリリースすることは無くなったようです。今後は既存のソフトに統合されるのかな?
https://steamcommunity.com/app/730550/discussions/0/1743358239838983230/

 

Kanovaスタンドアロン開発は終了しています

悪い知らせと良い知らせの両方があります。残念ながら我々はKanovaのスタンドアローン製品としての開発を終了しています。KanovaはFoundryでここで取り組むべきエキサイティングなプロジェクトでした。 Vilya HarveyがADFテクノロジを使って行った作業は他に類を見ないものです。

KanovaはVR環境における立体スカルプト/モデリングの可能性を調査することを目的とした研究プロジェクトとして始まりました。研究の観点からそれは大成功でした。スカルプトはもちろんボリュームの操作に関して始めるべき自然な場所でした。ただしスカルプト専用の新しいアプリケーションを既存の一連の3Dツールと一緒に市場に投入することは、戦略的には有利ではありません。それはまた、私たちが提供したいワークフロー向上の結束を私たちの製品ユーザーに提供しません。

9ヵ月前のKanovaの公開中および公開後に私たちが受けたフィードバックは、私たちの技術的研究と市場調査の両方にとって非常に役に立ちました。私達はここFoundryの舞台裏で常に新しいアイディアや技術をいじっていて、その過程でアーティストを巻き込むことができたのは素晴らしいことです。意見を表明した皆さんのおかげで良いことも悪いことも私たちにとって助けになりました。

Kanovaは現在の状態で利用可能なままになります。私たちはそれを使っている人々からそれを奪いたくありません。さらに、これはKanovaの開発の終わりであるかもしれませんが、それはADFの開発の終わりではありません。 ADFは開発が非常に困難なテクノロジです。それは非常にデータ量が多く、初期のパフォーマンスとサーフェース品質の課題を提示しました。これはまた私達にDCC VR開発について多くのことを教えてくれました。私たちは自分たちの予想をはるかに超えてこれらの問題をうまく解決できました。将来の形態が特にKanovaではないとしても、私たちが知っている技術が商業的に実行可能であることを知っています。